ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Social Search」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Social Search」に関する情報が集まったページです。

Google、検索結果にGoogle+のデータを利用したパーソナライズ機能を追加
Google+のアカウントを持っていてもいなくても、検索結果にGoogle+の情報が反映されるようになる。トグルボタンで従来の検索結果のみを表示することも可能だ。(2012/1/11)

Google、「Google+」の公開データを利用できるAPIを公開
GoogleがGoogle+アプリを開発できるAPIを公開した。サークルやプライベートデータにはアクセスできないが、今後利用範囲が拡大される見込みだ。(2011/9/16)

Google、「Social Search」に「Google+」の投稿を反映
Google検索の結果に友達のコメントが反映される「Social Search」のソースとして、「Google+」でサークル内のメンバーが一般公開設定で投稿したコメントが追加された。(2011/8/15)

Google、Facebook対抗のソーシャルプロジェクト「Google+」を発表
「Google+」(グーグルプラスと読む)は、Facebookのような友達のグループ分け機能やグループビデオチャット、フィードリーダー、位置情報付きの投稿が可能なモバイルアプリなどで構成される総合的なソーシャルサービスだ。(2011/6/29)

Google、ソーシャル分析のPostRankを買収
Googleが買収したPostRankは、コンテンツに関するTwitterやFacebookでの反応をリアルタイムで収集・分析するツールやGoogle Reader向けのランキング拡張機能を提供する新興企業だ。(2011/6/6)

Googleの「Social Search」が日本語対応に
Google検索の結果をパーソナライズする機能「Social Search」が日本語に対応した。日本語の検索結果でもURLの下にそのURLを共有する友達のアイコンが表示される。(2011/5/20)

Facebookが大手代理店を通じてGoogle批判記事をメディアに依頼? 米報道
Facebookが米大手代理店のBurson-Marstellerを通じて、Googleのソーシャル機能がプライバシーを侵害しているという記事を書くようメディアやブロガーに依頼していたと複数のメディアが報道している。(2011/5/13)

Google、Facebookの「いいね!」対抗ソーシャルボタン「+1」を発表
ソーシャルサービスでFacebookに後れを取っているGoogleが、「いいね!」に似た「+1(プラスワン)」ボタンを検索結果のリンクとAdWords広告に追加する。(2011/3/31)

Google、サービス利用時のアカウント設定変更を簡易化
ユーザーは身の安全を守るため、偽名で市民デモの動画をYouTubeにアップロードしたい場合もある――。Googleが、ログイン状態を簡単に変更できるようナビゲーションバーを改訂した。(2011/2/25)

Google Social Searchに対抗:
Microsoft、Bingの検索結果にFacebookの「いいね!」を統合
Bingの検索結果についてFacebookの友達が「いいね!」を投稿していると、結果の下に友達のアイコンが並ぶ。(2011/2/25)

Google、検索結果をよりパーソナライズ――Social Searchを融合
Googleが英語版検索で提供している「Social Search」をアップデートし、一般的な検索結果にユーザーの友人のコンテンツやコミュニティーが推奨する情報を反映させた。(2011/2/18)

Googleの新しいソーシャル機能は、「Shareボタン」?
Googleのソーシャルサイト「Google + 1」のスクリーンショットとされるものが出回っている。Shareボタンのついたツールバーで、GoogleはFacebookに挑戦しているつもりなのだろうか。(2010/12/9)

GoogleはTwitterを買収するべきだ――しないだろうが
GoogleはFacebookに対抗するために、Twitterを買収する必要があると一部の専門家は主張している。しかし、GoogleはTwitterなしでも成功しており、買収は不要だとの見方も。(2010/10/6)

Google、「Social Search」のソースとして「Google Buzz」を追加
Googleは、「Googleプロフィール」を利用したソーシャル検索機能を今後も強化していくとしている。(2010/6/30)

Google、「Social Search」をβ公開 友人の画像にも対応
Googleの検索結果として友人のブログ投稿や写真などを表示させる機能がβ公開された。(2010/1/28)

Google、2010年はモバイル分野に注力
好調な業績を発表したGoogleは、この数字をさらに伸ばすためモバイル分野の検索、広告、アプリケーションの融合に注力する方針だ。(2010/1/27)

Google、アカウント情報を一望できる「Google Dashboard」発表
自分がGoogleでどのサービスを使っているか、どの情報を公開しているかをまとめて把握し、設定を変更できるダッシュボード機能が公開された。(2009/11/6)

Google Social Search、Labsでスタート
Web 2.0 Summitでの発表時「数週間のうちに公開」としていた「Social Search」の試験運用が始まった。(2009/10/27)

検索結果を自分のコミュニティーに限定:
Google、「Social Search」を発表
「Googleの検索結果は十分参考になるが、信頼できる友人のアドバイスはもっと貴重」とGoogleのマリッサ・マイヤー氏は語った。(2009/10/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。