ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「機動戦士ガンダムオンライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機動戦士ガンダムオンライン」に関する情報が集まったページです。

サイコム、ゲーミングPC「G-Master Mace」に“ガンダムオンライン”推奨モデルを追加
サイコムは、「機動戦士ガンダムオンライン」推奨モデルとなるミドルタワー型ゲーミングPC「G-Master Mace H170-MSGO」の販売を開始した。(2016/2/18)

G-Tune、「ガンダムオンライン」推奨のミドルタワーPCを発売
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「NEXTGEAR」のラインアップに「機動戦士ガンダムオンライン」推奨モデルを追加した。(2016/2/9)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」にGTX 960搭載の“ガンダムオンライン”推奨モデル
Project Whiteは、「機動戦士ガンダムオンライン」推奨となるゲーミングデスクトップPCの販売を開始した。(2016/1/15)

週末アキバに行くならちょっと寄っていこう!:
12月12日と13日の2日間、秋葉原でPCオンラインゲームのイベント「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」が開催
秋葉原で、PCオンラインゲームの楽しさを思いっきり堪能できるPCゲームイベントが開催している。コスプレのお姉さんもいっぱいいるぞ!(2015/12/12)

自演乙氏も来場「これで勝つる」:
ゲーマー専用PC「GALLERIA」に第4世代Core搭載モデル──「ゲーム動作を“保証”、これが他社とは違う」
サードウェーブデジノスが、第4世代Core搭載ゲーマーPCを“いち早く”発売。「PCゲームするならGALLERIA。GALLERIAなら問題ない」と同社製ならではの強みをアピールした。(2013/6/2)

G-GEARを届けてくれよ。あれは、いいものだ……:
ゲーミングPC「G-GEAR」で「一年戦争」を駆け抜けろ
TSUKUMOが販売する「G-GEAR」シリーズは、BTOメニューを駆使して幅広い構成を選べるゲーミングPCだ。今回は9万円台の「GA7J-C43/E」をピックアップ。「宇宙に出るの、初めてなんですよ……」という人は是非。(2013/2/8)

先行登録を実施中――「機動戦士ガンダムオンライン」、オープンβテストを12月19日開始
100人規模の大規模オンラインバトルが楽しめる「機動戦士ガンダムオンライン」が、オープンβテストをスタート。カウントダウンイベントのライブ配信も行われる。(2012/12/10)

開幕まであと1週間!――東京ゲームショウ2012、各社出展タイトル&イベント情報
あと1週間となったTGSに向けて、各社から出展タイトルやステージイベントの情報が続々と公開中です。そこで、現在までに発表となっているものについてまとめてみました。(2012/9/13)

「機動戦士ガンダムオンライン」、アルファ2テストに登場のモビルスーツ6機体を発表
今回発表となったのは、ジオン公国軍、地球連邦軍それぞれ3機体。あわせて、4月17日には募集要項も公開となると発表された。(2012/3/30)

Windows専用PCオンラインゲーム「機動戦士ガンダムオンライン」始動 αテスト募集開始
バンダイナムコオンラインは12月9日、αテストの参加者募集を開始した。(2011/12/9)

PRIMEシリーズ:
タッチパッドでノートPCライクな操作感 “高速AF”で撮影も素早く――「P-01B」
新型ヒンジを採用したWオープンスタイルで、3.3インチの大画面を実現した「P-01B」。ダイヤルキーにタッチパッド機能を持たせ、PCライクな操作感でネットを閲覧できる。(2009/11/10)

6体のモビルスーツが同時に動く――「P-07A」の“ゲーム機”度を探る
「P-07A」にプリインされた「機動戦士ガンダムオンライン プロローグ版」は、iアプリオンラインに対応し、“6人同時対戦”を実現したケータイゲームだ。同ゲームの迫力ある映像を実現した、P-07Aの“ゲーム機”度を動画とともにチェックしよう。(2009/8/4)

開発陣に聞く「P-07A」:
起動は速く、暗所に強く、端末を閉じたまま撮影――「P-07A」が目指した“使えるケータイカメラ”の姿
端末を閉じたまま、素早く起動し、カメラに“おまかせ”で撮影――。単なる画素数のアップにとどまらない“使えるカメラ”としての機能を追求した第4世代のVIERAケータイ「P-07A」。進化したカメラ機能を中心に、開発の舞台裏を聞いた。(2009/6/10)

写真で解説する「P-07A」
ボディスタイルは「Wオープン」から「トリニティ」へ――。LUMIXでもおなじみの「おまかせiA」と大型サブディスプレイの搭載で、「簡単に、素早く、きれいに撮る」機能が大幅に向上した「P-07A」。“4倍滑らか”なワンセグ補間技術や高色再現性液晶、さらに本職ゲーム機に迫るハイクオリティーな内蔵ゲームも魅力だ。(2009/5/21)

PRIMEシリーズ:
おまかせiA+背面液晶で“とことんデジカメ”、ワンセグは“4倍滑らか”――「P-07A」
「これは、“バリアングル”デジカメなのか?」――第4世代の“VIERAケータイ”「P-07A」は、おまかせiAやLEDフラッシュを備えた810万画素カメラと大型サブディスプレイで、シーンを問わずカメラの性能を発揮。ヒンジ機構を活用すれば、“自分撮り”もラクラクだ。さらに自慢のワンセグ補間技術は滑らかさを一層強化した。(2009/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。