ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「H・G・ウェルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「H・G・ウェルズ」に関する情報が集まったページです。

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
どちらをかりるのかまよっています… こぐまのケーキ屋さん(14)「ぜいたく」
図書館に行った2人は帰る時も一緒です。(2018/3/18)

ディルバート(513):
夢の「タイムマシン」が完成?
ついにタイムマシンのプロトタイプが完成……って、それ本当に安全なの?(2017/8/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

BooktrackとIndaba Music、一般公募で読書のBGMトラックを発表
読書をさらに楽しむ「環境音楽」が盛り上がりつつある。海外では名作古典の環境音楽を一般公募する事例も出てきた。(2012/8/28)

著作権延長法がなければ――パブリックドメイン研究センターが文化的損害を嘆く
「ミッキーマウス保護法」とも呼ばれる米著作権延長法がなければ、2010年1月1日にアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」など多数の有名作品がパブリックドメインになっていた。(2010/1/6)

Google、「UFOロゴの謎」を明らかに H・G・ウェルズの生誕祝い
日本のビデオゲーム「ゼロウィング」の発売記念、UFOフェスティバル記念、がん予防キャンペーン……諸説飛び交ったGoogleのUFOロゴの謎が明らかになった。(2009/9/22)

Google、謎のUFOロゴ第2弾 H・G・ウェルズに関係?
Googleのトップページに第2弾のUFOロゴが現れた。日本のビデオゲームに関連しているという説もあったが……。(2009/9/15)

Googleの謎のロゴ、日本のゲームと関係か? ネットで諸説飛び交う
Googleがトップページに掲載した謎のUFOロゴをめぐり、さまざまな憶測が飛び交っている。日本のビデオゲーム「ゼロウィング」と関連があるという説も。(2009/9/7)

「SPORE」発売記念――生命誕生と進化の過程を謎解く
9月5日、エレクトロニック・アーツはWindows版「SPORE」の発売を記念して、評論家の唐沢俊一さんと現役東大タレントの木村美紀さんを招いたトークショーを開催した。(2008/9/5)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ここんとこ頻繁に侵略しに来る「スペースインベーダー」
どうも。わたしが、「2006 CESAゲーム白書」に記事を書かせていただいた、府元晶ことゲイムマンです。ゲーム白書掲載記念&連載第25回記念。今回は超大物ゲーム「スペースインベーダー」を取り上げてみます。(2006/7/26)

新作DVD情報:
最終戦争の幕が開く! スピルバーグ×トム・クルーズのSF超大作が世界最速で登場──「宇宙戦争」
トム・クルーズが容赦ない異星人から家族を守ろうと奔走し、天才子役ダコタ・ファニングが恐怖に大絶叫! 未曾有の恐怖が支配するSFスペクタクル巨編、これを見ずして生き残れるか!?(2005/9/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。