ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「育毛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「育毛」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スピン経済の歩き方:
マジか!? コロナ禍で「薄毛ビジネス」が盛り上がっている理由
「薄毛の人は、新型コロナで重症化する確率が高い」――。少し前、このようなニュースが流れた。「薄毛」に関係するビジネスは好調のようで、新型コロナとの関係性は……。(2020/9/15)

ヤフー、体型など「コンプレックスを露骨に表現した広告」を禁止
「体毛が濃くて異性にもてなかった人が除毛製品でもてるように」「ダイエット関連商品を使ってやせたら、人に避けられなくなった」といった内容の広告を禁止するとのこと。(2020/9/3)

ヤフー、「コンプレックスを露骨に表現した」広告禁止を改めて通知 「差別を助長する」
ヤフーは、Yahoo!JAPAN広告で出稿を禁止している、「コンプレックス部分を露骨に表現した」出稿が最近、複数みられたとして、広告主に対して、そういった広告入稿をやめるよう改めて通知した。「一部の身体的特徴をコンプレックスであるとして表現することは、差別意識を温存、助長するものであり、決して許さるべきものではない」としている。(2020/9/3)

毛量超された! ブラマヨ小杉、フサフサな第3子誕生に祝福の“ヒーハー”が相次ぐ
おめでとうございます!(2020/7/10)

グノシー、「子会社が誇大広告制作」報道にコメント 「過去の事例は確認のうえ再発防止策を実施している」
完全子会社のdigwellが、架空のクチコミや商品と無関係の写真を使用した虚偽広告を制作していたと報じられていました。(2020/3/18)

まつ毛美容液による危害が急増 「医薬部外品として承認されたものはない」と国民生活センターが注意喚起
2018年度から危害の相談が急増しているとのこと。(2019/8/12)

銚子電鉄が映画制作!? 超C級エンタメ「電車を止めるな!」発表、クラウドファンディングを実施中
どこかで聞いたことある感……!(2019/5/19)

ペヤング「スカルプDやきそば」発売決定 育毛シャンプーとコラボしたヌルヌル塩味
ヌルヌルとは。(2018/11/22)

男たちよ、立ち上がれ!:
ペヤングが「スカルプD」とコラボ ワカメなど“髪に良い食材”使った焼きそば発売
髪に良い食材を使った「ペヤングスカルプDやきそば」が12月3日に発売される。ワカメ、サケのエキス、ビワ葉パウダーなどを使用。風味は「ヌルヌル塩味」。(2018/11/21)

「どうしようハゲちゃったら」 モト冬樹、前頭部の総員退却にファンからハゲましの声届く
この変化に気づく奥さんスゴい。(2018/5/15)

銭湯を盛り上げたい:
バスクリン若手社員が立ち上げた「銭湯部」の効能
入浴剤の老舗メーカーのバスクリンで若手社員が立ち上げた部活動「銭湯部」。廃業によって減っている銭湯を「盛り上げたい!」という思いから始めた活動だが、社内の世代間交流促進にもつながっている。その取り組みについて、仕掛け人に聞いた。(2017/9/29)

Amazonで「第1類医薬品」の購入が可能に 「ロキソニンS」「ガスター10」「リアップ」などを取り扱い
Amazon.co.jp内のドラッグストアで、購入時に薬剤師からの情報提供が必要な「第1類医薬品」の販売が始まった。注文を確定するには、薬剤師による適正利用の確認が必須だ。(2017/4/18)

鼻炎薬に「乳房が大きくなる」副作用!? →調べたらやはり夢の薬ではなかった…… 製薬会社「用法用量を守ってお使いください」
鼻炎薬にそんな副作用が……!?(2017/3/14)

PR:女性向けシャンプーを髪を失った中年男性にレビューしてもらうとこうなる
上司の薄毛をいじってはいけない(戒め)。(2017/2/24)

悲しみの肌色率高め……! いらすとや、いろいろなハゲ頭のフリー素材でおれたちの精神ポイントを削りにくる
これで自己紹介がはかどるな(白目)。(2017/1/21)

「温泉」が薄毛問題を解決する? 育毛博士に聞く発毛研究の最先端
(2017/1/19)

また髪の話をしに行こう 育毛の聖地「髪毛黒生駅」に特別列車「髪毛黒生・黒髪祈願号」運行決定
この枯渇した大地に黒髪を。(2017/1/17)

育毛博士に聞く 薄毛に至る「4つの原因」と改善法
(2017/1/17)

育毛剤にしか見えない「トレンディエンジェル斎藤さんふりかけ」登場 ご飯より頭に掛けたくなる
「斎藤さんのふりかけがついに商品化!」。何がついになのか。(2016/12/9)

よし、生やすぞ〜! シャープ、空気清浄機でおなじみプラズマクラスター技術に育毛効果があることを発表
ありがとう、シャープさん。(2016/10/14)

「プラズマクラスターに育毛効果」 シャープが実証
シャープは、プラズマクラスター技術により育毛効果が得られることを実証したと発表した。(2016/10/14)

やまもとありさ×ねとらぼ:
SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」
SNSが台頭してきた現代マンガ業界を、「あいこのまーちゃん」のやまもとありさが痛烈に描く。(2017/6/8)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(7):
ロボットにDeep Learningを導入して画像認識の精度が向上すると、どう便利になるのか
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、Pepperで使われているDeep Learningを例に、精度が高い画像認識機能を持つロボットの利点を解説する。(2016/12/19)

医療技術ニュース:
脱毛症・薄毛に悩む人を対象に臨床研究を開始
東京医科大学は、東邦大学医療センター大橋病院と資生堂再生医療開発室と共同で、脱毛症や薄毛に悩む人を対象に、医師主導の臨床研究を行うと発表した。自家毛髪培養細胞を用いた細胞治療法の有効性・安全性を検証する。(2016/7/18)

髪の毛増える? 理研と京セラなど、毛髪再生医療を共同研究
脱毛症を治療する再生医療技術の実用化を目指す共同研究を京セラ、理化学研究所などが始める。(2016/7/13)

次世代器官再生医療の先駆けとなるか:
毛包器官再生で脱毛症を治療、人への臨床応用へ
京セラと理化学研究所、オーガンテクノロジーズは、再生医療分野である「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関して、共同研究を始める。細胞培養技術や移植技術の確立、細胞加工機器の開発などに取り組み、早ければ2020年にも実用化を目指す。(2016/7/13)

自分の細胞から毛髪再生 脱毛・薄毛の新治療法に 東京医科大、資生堂などが臨床研究
東京医科大学や資生堂などが、毛髪を再生する臨床研究をスタート。患者本人の細胞を採取し、培養した後で移植する。(2016/6/28)

リーブ21がウーロン茶に“育毛を促進する作用”を確認 マジかよウーロン茶買い占めた
今後はウーロン茶エキスを配合した商品開発を進めていくとのこと。(2016/3/29)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
アデランスが頭皮形状の型取りを3Dデータ化、“激重データ”をグリグリ運用できるわけ
アデランスではオーダーメイドウィッグを作製する際、これまで特殊樹脂を使って顧客の頭皮形状を型取りしていた。この作製工程の日数およびコスト削減のために、同社は3D型取りシステムを導入する。3Dデータという巨大データを現場で問題なく運用するために同社が選んだデバイスとは?(2015/4/6)

今年もみんなよくやるな! 2015年エイプリルフールまとめ
今年もネットがウソだらけに。もうおなかいっぱいだよぉぉぉ!(2015/4/1)

青汁に毛根の未来をゆだねる時か……! 育毛できる青汁「Icumo青汁」登場 クリスマスキャンペーン実施中
頭皮ではなく、毛根に輝かしい明日が訪れんことを(2014/12/21)

医療技術ニュース:
東北大学、体に張ると発電し、薬の浸透が促進される皮膚パッチを開発
酵素によるバイオ発電の技術を利用して、体に張ると微弱な電流が発生し、皮膚を通した薬の浸透が促進される「バイオ電流パッチ」を開発。電池などの外部電源を必要とせず、張るだけで薬剤の浸透を加速できる。(2014/12/9)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
育毛剤の効き目を見極めるにはココを見よ!
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。育毛剤メーカーの株を売り払ってしまったあずさ。その理由は株主総会にあったようですが……。(2014/7/5)

ギリギリまだ間に合う?:
あなたが考えるウェアラブル端末は? ――インテルが“アイデアソン”を開催
米Intelの日本法人であるインテルは2014年6月5日、世界規模で展開しているウェアラブルデバイスのアイデア・開発コンテスト「インテル’Make It Wearable’チャレンジ」への応募アイデアを募る“アイデアソン”を開催した。(2014/6/9)

それ、不妊の原因かも? 「妊活中」の男性が避けたい5つの行動
原因が男性にもある場合も多い「不妊」。そんな現状と原因についてまとめた書籍『男性不妊症』を紹介します。(2014/5/8)

食べるな:
オードムーゲを食べたい → 食べてみた
「オードムーゲあります!」のアレです。(2014/2/26)

【解決編】編集長を殺したのは誰だ!? ねとらぼ推理劇場 〜マウスが残したダイイングメッセージ〜【PR】
ねとらぼ・カトウ編集長が何者かに殺害された。手がかりはPCに残されていたスキャン画像1枚のみ。果たして犯人の正体は……?(2013/10/7)

ハゲハゲ連呼しすぎ! 頭髪の専門ニュースサイト「自己毛発NEWS」オープン
ページのあちこちに広がる「ハゲ」「薄毛」の文字がインパクト大。(2012/11/5)

16万マス超の世界最大クロスワードを1人で解け、期間は12月10日まで
第一三共ヘルスケアは、ワード数6万4000語、合計16万マス以上のクロスワードを出題。キーワードを見つけて応募することで、ギフトカードや育毛剤が当たる。期間は12月10日まで。(2012/8/30)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

薄毛の対策方法、かつらや植毛から、発毛・育毛剤やヘアケア剤に
矢野経済研究所は、2011年度のヘアケア市場規模は前年度比0.1%増の4288億円と見込んだ。分野別にみると、毛髪業市場や植毛市場が縮小する一方、発毛・育毛剤市場やヘアケア剤市場が伸びているようだ。(2012/3/6)

誠 Weekly Access Top10(2010年12月4日〜12月10日):
「えっ。そんな商品も!?」、2010年にヒットしたものを振り返ってみる
2010年もあと2週間ほどとなり、この1年にヒットしたものについて各媒体がランキングを発表している。忘年会の話題についていくためにも、それぞれのランキングのトップをチェックしてみよう。(2010/12/15)

女性に聞く、男性の薄毛についてどう思う?
男性の薄毛について、女性はどのように感じているのだろうか。20歳以上の女性に聞いたところ、約9割が「応援できる」と答えていることが分かった。AGA対策プロジェクト調べ。(2010/10/14)

「買ってはいけない」の? 渡辺雄二×北村肇×ひろゆき
シリーズ累計250万部の人気書籍「買ってはいけない」第7弾の刊行記念ニコ生。著者の渡辺雄二さんと、「週刊金曜日」編集長の北村肇さん、西村博之さん(ひろゆき氏)の3人が語る。「育毛剤、サプリメント、メタボ対策のトクホなど、健康や加齢への不安を支える商品は、広告やCMでうたうほどの効果は本当にあるのでしょうか? 効果があると思わされているだけかもしれません。そんな気になる商品を実名で検証して取りあげます」(2010/10/5)

男性が、「魅力的な自分でいたい」と思うワケ
「魅力的な自分でいたい」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜60代の男女に聞いたところ、86%の人が「そう思う」と回答していることが分かった。ヤフーバリューインサイト調べ。(2010/7/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国市場は軟調だが、持高調整の買いを急ぐ動き、先物主導で大幅高
(2010/4/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用改善への失望感や過熱感から売られて軟調
(2010/4/1)

かつら市場は縮小も、育毛剤や植毛市場は拡大――矢野経済研究所調査
矢野経済研究所はヘアケア市場の2009年度市場規模を前年度比1.8%減の4262億5000万円と推計。分野別に見ると、ヘアケア剤市場や毛髪業(かつら)市場は縮小しているものの、育毛剤・養毛剤・発毛促進剤・発毛剤市場や植毛市場は拡大しているようだ。(2010/3/31)

misonoが「TOS」テーマソングを約6年ぶりに熱唱――テイルズ オブ フェスティバル 2009
バンダイナムコゲームスの人気RPG「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2009」から、出演声優によるシリーズおなじみのスキット(朗読劇)やシリーズテーマソングのライブの模様をお届け。(2009/7/27)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第48回:
男の頭皮に気持ちイイ洗浄ブラシ「モミダッシュPRO」
ツインバード工業の「モミダッシュPRO」は、柔らかいブラシで頭皮を気持ちよくマッサージできる頭皮洗浄ブラシ。シャンプーするときはもちろん、育毛剤を使っている人にも最適だ。その使い心地をリポートしよう。(2009/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。