ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hitachi Unified Compute Platform」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hitachi Unified Compute Platform」に関する情報が集まったページです。

既存のFC SANでも利用可能
NVMeの最新標準「NVMe over Fibre Channel」とは何か?
「FC-NVMe」とも呼ばれる新しい標準が公開された。ファイバーチャネルSANによるパフォーマンスの遅れをこの標準がどの程度軽減するかは、これから数カ月の動向を見守る価値があるだろう。(2019/2/20)

NVMeベースのVSPアレイ、リリースはいつ?
AIとクラウドに重点を置くHitachi Vantaraのストレージ その戦略とは
ストレージベンダーのHitachi Vantaraは、前身のHitachi Data Systemsから方針転換し、ストレージ自体の性能から、ストレージとAI技術やIoTデータの連携に重点を移しつつある。(2018/12/12)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】
消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界
Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。(2017/1/19)

日立、SAP HANAマシンに小型モデルを投入
中小規模システムや開発・検証に適したモデルという。(2015/9/17)

Weekly Memo:
垂直統合型システムはユーザーに受け入れられているか
ハードウェアとソフトウェアがあらかじめベンダーによって最適化された形で組み上げられた「垂直統合型システム」は、果たしてユーザーに受け入れられているのか。(2015/3/9)

日立、クラウド基盤向けの新サーバを発表
設備制御や監視システムなど長期の安定稼働が求められるシステム向けに、10年間のハードウェア保守に対応したモデルも用意する。(2014/9/25)

ハード集約の次のステップへ:
PR:スマートなプライベートクラウドを実現する秘訣とは?
コスト削減や事業のスピードアップなどを目的に、仮想化技術やプライベートクラウドに対する企業の関心は高い。だが、その一方で、クラウド導入する上で大きな障壁となっているのが、既存の個別最適なシステムをクラウド環境にどうやって構築していくかだ。その指針となるのが「全体最適なシステム」を作るという観点だ。そのために、ITリソースに加え、ミドルウェアの共有と標準化が鍵となる。(2014/2/13)

仮想化/クラウド時代の解:
PR:垂直統合型プラットフォームは有益な武器となり得るのか?
ミドルウェア導入などの煩雑な作業から解放されることで開発生産性を高めたい――。こうしたニーズからPaaS型のクラウドや垂直統合型プラットフォームに対する企業の関心が日増しに高まっている。そうした中、日立製作所は「ベストオブブリードvs.垂直統合─IT基盤モダナイゼーションの本命は?」と題したセミナーイベントを開催。本稿ではその模様をレポートする。(2013/9/3)

株式会社日立製作所主催セミナー
ベストオブブリード vs. 垂直統合 ──IT基盤モダナイゼーションの本命は?
(2013/7/26)

ビッグデータ時代のIT管理者に求められる役割とは?
システムの複雑化やデータ量の増大といった課題に対し、企業のIT管理者はどのような手段を取っていくべきか。日立製作所への取材から、今後のIT部門に求められる役割を探った。(2013/7/5)

Weekly Memo:
NECが打ち出す垂直統合型システムの正体
NECが今春にもハードウェアやソフトウェア、ネットワークを一体化した垂直統合型システムを市場投入する。果たしてどんなものか。同社のキーパーソンを直撃取材した。(2013/1/28)

2013年新春特集「負けない力」:
ITの“総力戦”再び――半世紀にわたる実績で挑む日立製作所
ITのみならず社会インフラの幅広い領域でビジネスを展開する日立製作所。「ビッグデータ」や「スマートシティ」に注目が集まる中、2013年のグローバル市場でどのような役割を目指すのか。同社ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部長の阿部淳氏に聞く。(2013/1/21)

Weekly Memo:
激戦区「垂直統合型」システム市場の行方
大手システムベンダーから、ハードウェアとソフトウェアを一体化した「垂直統合型」システムが出揃ってきた。激戦区となりつつある同市場の行方やいかに。(2012/12/17)

vCloud Data Center Servicesプログラムに参加:
日立、VMwareを使った最上位のクラウドサービスを提供へ
日立製作所は11月5日、米ヴイエムウェアの製品群を包括的に利用するクラウドサービスのプログラム「VMware vCloud Data Center Services(vCDC)」に参加、これに基づくサービスを2013年度中に提供開始すると発表した。vCDCはヴィエムウェア製品を利用するクラウドサービスとして最上位に位置するプログラム。これに参加するのは、全世界で11社目。国内ではソフトバンクについで2社目となる。(2012/11/5)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

新製品Hitachi Unified Compute Platform:
日立の統合プラットフォーム第1弾は運用自動化ツールが特徴
日立が10月22日に発表した「Hitachi Unified Compute Platform」は、同社にとって、統合プラットフォームの第1弾製品。米国の日立が開発した仮想化環境運用自動化製品「Hitachi UCP Director」が、大きな特色となっている(2012/10/23)

日立、クラウド構築を支援する2つの統合プラットフォームを発売
「Hitachi Unified Compute Platform」は、サーバやストレージ、ネットワークなどのハードウェアを統合し、事前検証や基本設定を済ませた状態で提供することで、企業のクラウド構築作業を簡素化するという。(2012/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。