ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「水素自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
「フェス化」で激変する東京モーターショーのかたち
東京モーターショーを見守ってきた筆者が気づいた「変化」とは?(2019/10/31)

蓄電・発電機器:
数十秒で水素を高速製造、新しいアンモニアの分解手法を発見
大分大学の研究グループは、室温でアンモニアと酸素(空気)を触媒に供給するだけで、瞬時に水素を取り出でる新しい触媒プロセスを開発したと発表した。従来アンモニアの分解を行うには触媒層を加熱するために常に外部から熱供給が必要だったが、こうしたプロセスを簡易化し、効率よく水素を取り出せるという。高効率かつ省エネな小型の水素製造装置の実現に寄与するとしている。(2017/5/8)

自動車7500台を収容可能な世界最大級の次世代自動車運搬船の見学会が開催
水素自動車での案内も。(2016/1/25)

スマートシティ:
日本最古の「ため池」のまち、水素と再生可能エネルギーで化石燃料ゼロへ
1400年の歴史を持つ日本最古のダム式ため池が残る大阪府大阪狭山市。同市ではこうした「水」に関連した地域文化と「水素」をキーワードに、再生可能エネルギーなどを組み合わせて“化石燃料使用ゼロ”を目指す新たなまちづくりプロジェクトを開始した。(2016/1/6)

日本式イノベーションの起こし方:
<新連載>なぜ今、「イノベーション」が必要なのか?
スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。(2015/11/10)

どこまでオープンにし、どこまでクローズドにするかがオープンイノベーションの経済学
うちの会社の商品はなぜ売れないのか。理由は、簡単で良くないからである。良い、悪いを決めるのは企業の視点ではなく、顧客の視点である。顧客により良い価値を提供するためには、外部の技術やアイデアを活用するオープンイノベーションが有効になる。(2015/10/26)

BMW 開発担当取締役 インタビュー:
たたき上げの開発担当取締役が目指す“BMWらしさ”とは
2014年末にCEOと開発担当取締役の交代をほぼ同時期に発表したBMW。新任の開発担当取締役に就任したのは、トレーニー(研修生)からたたき上げのクラウス・フルーリッヒ氏だ。同氏が目指す“BMWらしさ”や、製品開発のモジュール化、トヨタ自動車との協業などについて、自動車ジャーナリストの川端由美氏が聞いた。(2015/4/15)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(1):
会社の成長に“イノベーション”は不要? 本物の企業価値とは
企業の業績の低迷や、製品のシェア低下といった状況だけを見て、「日本のモノづくりは弱くなった」と主張する声は少なくない。そして、たいていは「イノベーションが必要だ」と声高にうたっている。だが、企業の成長は本当にイノベーションに依存しているのだろうか。本当に“強い”企業に必要な要素は、他にないのだろうか。(2015/2/16)

エネルギー技術 電気自動車:
燃料電池車に再び熱い視線、大手自動車メーカーが次々協業
2013年7月、General Motorsとホンダが燃料電池車の共同開発を発表した。その半年前となる1月には、日産、ダイムラー、フォードも燃料電池車の開発で協業すると発表している。今後ますます厳しくなる自動車の排出ガス基準に対応すべく、燃料電池車への注目が再び高まっている。(2013/7/16)

残るはフォルクスワーゲン:
燃料電池車の共同開発が加速、ホンダとGMが環境技術で提携へ
ホンダとGeneral Motors(GM)が環境技術で提携することが明らかになった。燃料電池車(FCV)をはじめとする環境対応車両の開発で協力する見通し。(2013/7/2)

トヨタとBMWだけじゃない:
スポーツカー冬の時代、共同開発は切り札になり得るか
トヨタ自動車とBMWが締結した提携内容には、中型スポーツカーの共同開発が含まれている。この他にも、トヨタ自動車と富士重工業、マツダとフィアット、ルノーとケータハムなど、スポーツカーを共同開発する事例が増えているが、スポーツカー冬の時代を乗り切るための切り札になり得るのだろうか。(2013/1/25)

ベンダー社長が語る「CAE業界にまつわるエトセトラ」:
日本の強さと弱さをよく理解すれば、また強くなれる
日本の「現場合わせ自慢」、スペースX、クラウド、そして「解析専任者は出世できない」件……などなど、CAE業界を巡る話題と、日本製造業が抱える課題について、CAEベンダーのトップが語り合った。(2012/8/17)

THS搭載「MINI」はイケるかも:
トヨタと提携拡大するBMW、FRハイブリッド技術と水素エンジン車はどうなる?
トヨタ自動車とBMWが技術提携を拡大するとの報道が相次いでいる。この提携拡大が実現した場合、両社がこれまで開発してきた技術にどのような影響が出るのだろうか。(2012/6/26)

電気自動車:
これがロータリーエンジンの生きる道、水素を燃やしてEVの走行距離を伸ばす
マツダが、水素ロータリーエンジンをレンジエクステンダー(航続距離延長装置)として搭載する電気自動車(EV)を開発中だ。ロータリーエンジン搭載車「RX-8」の生産は終了するが、新たな用途に向けてロータリーエンジンの開発は継続される。(2012/6/6)

マツダ、シティコミューターとしてのEVに意欲――2012年にデミオベース投入
マツダは、「マツダ デミオ」をベース車両にする電気自動車を開発し、2012年春に地方自治体や法人向けのリース販売を行う。200キロ程度の航続距離を目指す。(2011/1/25)

松田雅央の時事日想:
市民が選ぶ「エコカー・オブ・ザ・イヤー」に、どのクルマが選ばれた?
ドイツに「エコカー・オブ・ザ・イヤー」という賞があるのをご存じだろうか。自動車業界ではなく、VCD(ドイツ交通クラブ )という環境系市民団体が主催している。業界のしがらみに一切とらわれないので、“市民が選ぶエコカー”といえるだろう。(2010/9/1)

松田雅央の時事日想:
フランクフルト空港はどんな「エコ空港」を目指しているのか(後編)
世界に誇る「エコ空港」を目指しているドイツのフランクフルト空港。空港を管理運営するフラポートはどのような空港を計画しているのだろうか。同社の環境課長Dr.ペーター・マルクス氏に話を聞いた。(2009/11/10)

松田雅央の時事日想:
環境+クルマ=未来が少し見えてきた…… フランクフルトの国際モーターショー(後編)
クルマ社会が急速に変化する中、各自動車メーカーはエコカーの開発にしのぎを削っている。ドイツを代表するメルセデス・ベンツやBMWは、どのようなクルマを開発しているのだろうか。フランクフルト国際モーターショーの様子を紹介する。(2009/10/7)

神尾寿の時事日想・特別編:
水素充填を初体験。究極のエコカー、ホンダ「FCXクラリティ」に乗ってみた (後編)
未来のエコカーとみられている、水素をエネルギーとして使う燃料電池車(FCV)。そのFCVの1つが、ホンダの「FCXクラリティ」だ。前編ではその乗り心地をレポートしたが、後編では有明水素ステーションでの水素充填の模様をお伝えする。(2009/10/5)

電気自動車:
開発が加速する車載2次電池、リチウムイオン電池の採用が間近
トヨタ自動車とGSユアサ、AESCの開発責任者が車載用の電池技術の開発動向を明らかにした。(2009/4/1)

「PGR 4」ダウンロードコンテンツ配信。タイトル アップデートも実施
(2008/2/15)

藤田正美の時事日想:
1カ月で10ドル上昇――原油高騰が止まらない3つの理由
原油相場が高騰し、日本でもガソリンを筆頭にさまざまな物の値上がりが続いている。2006年あたりから原油は価格の急上昇と乱高下を繰り返し、不安定かつ高めの状態にあるが、この原因となっているのは、供給側・需要側それぞれの構造的な問題だ。(2007/10/22)

組み込み企業最前線 − ナショナルインスツルメンツ −:
組み込み分野へ急接近、リアルとシミュレーションをつなぐ
計測・制御分野の雄、米ナショナルインスツルメンツが組み込み分野で存在感を高めている。グラフィカル言語「LabVIEW」を中心とした同社のソリューションは、組み込み分野のプログラム設計や機能検証に大きな影響を与え始めている。(2007/9/18)

神尾寿の時事日想:
究極のエコカー「EV」の可能性
小型の電気自動車(EV)の販売を目指す三菱自動車が、ジーエス・ユアサコーポレーション、三菱商事と合弁でリチウムイオン電池を製造する会社を設立する。排出ガスゼロのクリーンカーとして、EVの開発に追い風が吹いている。(2007/5/11)

+D Style News:
マツダRX8改の水素カー、日本科学未来館へ納車
マツダが、水素でもガソリンでも走行できるデュアルフューエルシステムを採用した水素ロータリーエンジン車「マツダRX-8ハイドロジェンRE」を日本科学未来館に納車したと発表。6台目。(2007/1/18)

木材から水素の生産に成功 産総研
(2004/10/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。