ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ID連携」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ID連携」に関する情報が集まったページです。

Yahoo!マネーがPayPayに統合 9月末に
ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を9月30日時点で「PayPay」に統合する。Yahoo!マネープラスの残高は、払い出し可能な新しいPayPay残高に移行される。(2019/6/28)

ビジネス活用事例:
ZOZOとJAL、音声AIアシスタント活用で生み出すそれぞれの新顧客体験
音声AIアシスタントが生み出す価値と施策実現のためのプロセスを先進企業の取り組みに学ぶ。(2019/6/12)

ユーザーの行動から“信用度”算出「Yahoo!スコア」はデフォルトで「オン」 拒否する方法は
ヤフーはこのほど、Yahoo! JAPAN IDユーザーの行動などを分析したビッグデータを基に、各ユーザーの“信用度”を数値化する「Yahoo!スコア」をスタートした。自らの行動がスコア化され、利用されることが気持ち悪いと思う人は、設定画面から手動でオフにする必要がある。(2019/6/5)

ユーザーへの特典付与や審査プロセスの簡略化などに活用可能:
ヤフーが信用スコアサービス提供へ
実証実験では、シェアサイクルの優良ユーザーの抽出と特別料金プランの提供、フリーランスと仕事発注者とのマッチング精度向上など、スコアの有効性を確認している。(2019/6/5)

Yahoo! IDユーザーの行動を点数化し、事業者とマッチングする「Yahoo!スコア」発表
ヤフーは、同社のサービスの利用実績から機械的に算出する「Yahoo!スコア」を、事業者向けに提供する。ユーザーに対する特典などの付与や、審査プロセスの簡略化、コンテンツの最適化、サービスの改善、広告の配信などに利用できる。(2019/6/5)

優良ユーザーを“信用”で抽出する「Yahoo!スコア」7月1日開始 事業者とユーザーのマッチングなどに活用
ヤフーのビッグデータからYahoo! JAPAN IDユーザーの“信用度”などを総合的に数値化する「Yahoo!スコア」を企業などに提供するサービスを、7月1日に開始する。(2019/6/3)

ヤフー、ユーザーの“格付け”「Yahoo!スコア」を企業向けに提供開始へ 
「プライバシーには十分配慮」するとのことです。(2019/6/3)

「Yahoo! JAPAN ID」オフラインでも活用 スポーツジムの入退館など管理
ヤフーは、Yahoo! JAPAN IDをオフラインで活用する実証実験を、ティップネスが運営するトレーニングジム「FASTGYM24」と連携して始めた。ジムの会員情報とYahoo!IDを連携させ、入退館やトレーニングメニューの管理などを行える。(2019/5/13)

今日のリサーチ:
「LINE」が半数超え ソーシャルログインの利用アカウント――フィードフォース調査
フィードフォースが実施した2019年版ソーシャルログイン利用状況調査の結果です。(2019/3/1)

モバイル決済Q&A:
PayPayのアカウントは削除できない?
取りあえずPayPayのアカウントを作成したものの、やっぱり削除したいという人もいるだろう。だがPayPayのアカウントは削除できない。サービスを辞めたい場合はどうすればいいのか?(2019/2/15)

「新たな収益の柱に」 ヤフー、ビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売へ
ヤフーは、顧客企業や自治体が持つデータとヤフーのビッグデータを掛け合わせて分析するサービスを10月から提供する。(2019/2/13)

ヤマトの配達予定、Yahoo!JAPANアプリでプッシュ通知 不在連絡も
宅急便の配達予定や不在連絡などを、「Yahoo!JAPAN」アプリにプッシュ通知する機能がスタート。ユーザーの利便性向上や再配達の削減が狙い。(2018/10/10)

PR:「あの資料どこだっけ」に一瞬で答えてくれる――AIチャットボットと「LINE WORKS with KDDI」の連携がもたらす価値
(2018/9/12)

生体認証と多要素認証を当たり前にする:
PR:オンプレミスの業務アプリとクラウドサービスのハイブリッド利用における認証課題の現実解とは
昨今ではOffice 365の導入が進むなど、業務アプリケーションの実行環境をオンプレミスからクラウドへ移行する企業が増えてきている。だが、従来のオンプレミスで動く業務アプリケーションと比べて、認証における課題を抱えているのが実情だ。オンプレミス&クラウドのハイブリッド環境で多要素認証を実現するための現実解とは。(2018/9/10)

ALIPAY DAY 2018:
ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」の強みとは? 中山社長が語る
ソフトバンクとヤフーが合弁会社「PayPay」を設立。このPayPayが、2018年秋からQRコードを使った決済サービスを開始する。コード決済サービスは既に多数存在するが、PayPayの強みはどこにあるのか?(2018/9/6)

加盟店の手数料は3年間無料:
ソフトバンクとヤフーの合弁会社、コード決済「PayPay」を2018年秋に提供
ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、新たなコード決済サービス「PayPay」を2018年秋に提供する。PayPayやYahoo!Japanのアプリから利用する。店舗側が負担する決済手数料は3年間無料とする。(2018/7/27)

利用者と事業者それぞれのメリットは?:
電子チラシサービス「Shufoo!」、ID連携サービスを開始
凸版印刷は電子チラシサービス「Shufoo!」において、ID連携サービスを開始した。会員基盤を持つ企業と連携し、チラシアプリ上でポイント通帳や電子クーポン配信などを提供する。(2018/7/26)

Microsoft、IDサービスや「OpenID」規格の脆弱性情報募る 最高賞金1100万円
多要素認証バイパスの脆弱性や、標準設計の脆弱性については、最高で10万ドルの賞金を支払う。(2018/7/19)

IDフェデレーションのあらゆる要素を管理
「IDフェデレーション管理」とは何か、なぜ必要なのか
ID連携を実現する「IDフェデレーション」は比較的新しい技術であり、課題もある。導入に苦労しないために理解しておきたい手段が「IDフェデレーション管理」だ。(2018/5/23)

ユーザーの利便性を向上:
ソーシャルログインの「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応
フィードフォースは、同社のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応したと発表した。 (2018/5/18)

電子チケット表示の際に購入者のSNSアカウントを照合:
ソーシャルログインで電子チケットの不正転売抑止、「ソーシャルPLUS」と「Funity」が連携
フィードフォースのソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」とユニー・ファミリーマートグループのEVENTIFYが提供するチケット販売管理システム「Funity」が連携した。(2018/3/30)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
UXを損なわないセキュリティのために、LINEが取り組む3つのリスクコントロール
@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、特別講演「LINEが追求する『安心して使えるアプリ』〜多様化・複雑化するサービスのセキュリティコントロール〜」の内容をお伝えする。(2018/3/14)

セキュアかつ柔軟なID連携でマルチクラウドによる高付加価値サービスを創出:
PR:サービス連携は数時間で完了――リコーのセンシングソリューションビジネスにおけるID管理、“柔軟性とセキュア”を両立できた理由とは
リコーはマルチクラウド環境を用いたセンシングソリューションで、エンドユーザーにとっての利便性向上と強固なセキュリティを両立したID管理基盤を実現した。プロジェクト担当者に、実現方法や取り組む上でのポイントを聞いた。(2018/2/21)

ホワイトハットハッカーを有効活用
失効したユーザーでもログイン可能、Slackも影響を受けたSAMLの脆弱性とは?
失効したログイン認証情報を使用してシステムの利用許可権限が与えられてしまうSAMLに関する重大な脆弱(ぜいじゃく)性の問題がSlackにおいて発見された。「Confused Deputy」と名付けられた問題の解決方法とは?(2018/1/30)

au STAR会員向け「三太郎の日」特典 11月は「Wowma!」と「デジタルコンテンツ」
au(KDDI・沖縄セルラー電話)が毎月3日・13日・23日に実施している「三太郎の日」の11月特典が発表された。オンラインショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」におけるWALLET還元率アップと、三太郎に関するデジタルコンテンツを特典として用意する。(2017/10/26)

「Instagram Day」レポート:
「インスタ映え」を超えて広がるInstagram広告のこれから
Instagramの効果的な広告出稿はどうあるべきか。フェイスブックジャパン主催の広告主・マーケター向けイベントで語られたポイントを紹介する。(2017/10/11)

LINEで探してそのまま予約、パナの録画機向け新サービス
パナソニックが「CLUB Panasonic」のLINE公式アカウントで録画機向けの新サービスを開始した。LINE上でテレビ番組を検索し、対応する録画機があれば録画予約まで行える。(2017/9/29)

ブランディング施策の成果分析など可能に:
「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。(2017/9/26)

モバイル広告IDや電話番号などをベースにメッセージ配信:
LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」が「LINEオーディエンスマッチ」に対応
オプトは、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」において、電話番号をベースにメッセージ配信ができる機能「LINEオーディエンスマッチ」への対応を開始した。(2017/9/5)

セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:
自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図
2017年8月、情報セキュリティをけん引する人材の発掘と育成を目指す「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」が開催された。今回は2016年大会のほぼ倍となる82人の学生と生徒が参加し、先端知識と技術を学んだ。(2017/9/4)

ITサービス開発競争を勝ち残るための必須要件:
PR:DevOps実践とDevOpsのカギとなるマイクロサービスを生かし切る秘訣とは?
X-Techに代表されるデジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、業種・規模を問わず、多くの企業がソフトウェアの戦いを強いられている。この戦いを勝ち抜くための最大のポイントは、ニーズの変化に応える「スピード」。これを受けて、今あらためてDevOpsが注目されているが、その実践のカギとなるマイクロサービスアーキテクチャについては、まだ十分に理解が浸透しているとは言えない状況だ。では今あらためてDevOpsとは何か? マイクロサービスアークテクチャとは何か?――両者に深い知見を持つレッドハットに話を聞いた。(2017/8/30)

「2020年までにクラウドでナンバーワンになる」は本当ですか?:
PR:Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、企業ITには一層のスピードと柔軟性が求められている。これを受けてクラウド利用は企業にとってもはや必須となり、パブリッククラウド市場も依然、活況が続いている。そうした中、最後発として登場してきたOracle Cloud。AWS、Azure、GCPなどベンダー勢力図もある程度固まっている中でリリースしたことには、果たしてどのような狙いや意義があるのだろうか? (2017/8/31)

「ユーザー要望を反映した」パラレルス、仮想化ソリューション新版
パラレルスがビジネス向け仮想化ソリューションの最新バージョン「Parallels Remote Application Server v16」を発表。VDIの改善やTurbo.netの統合、セキュリティの強化など、主にユーザーからの要望を反映した機能追加や改善が行われている。(2017/7/13)

ワンツーワンメッセージの最適化を実現:
ジーニーの「MAJIN」、フィードフォースの「ソーシャルPLUS」と連携
ジーニーは同社のMAツール「MAJIN」において、フィードフォースのソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」と連携した。(2017/7/7)

大規模環境でクラウドを安全に使うヒントがここに
「auでんき」にAWSを採用したKDDI、徹底したセキュリティ対策の中身とは
KDDIはAWS導入に当たって、さまざまなセキュリティ対策を実施した。システム開発のセキュリティ基準の全面的な見直し、ログサーバの使い分け、アクセス経路の一本化など、具体的な施策を紹介する。(2017/6/26)

Interop Tokyo 2017の歩き方(3):
Interop Tokyo 2017、2020年に向けた懸念とセキュリティ製品の最新動向
Interop Tokyo 2017の見どころを紹介している本連載。第3回として、今回多数出展されているセキュリティ製品をチェックする。(2017/6/7)

グループ30社の“ハブ”に:
企業を超えたデータ連携、どう進めればいい? SBIホールディングスに学ぶ
Webサイトにおける行動分析……というと多くの事例が出ているが、30以上の会社が相互に連携していたとしたらどうだろう。金融サービス大手の「SBIホールディングス」では、グループ各社の連携と全体最適を一手に担う部署がある。(2017/6/1)

企業と生活者が「ID」を軸につながる:
LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指す「Next ID Alliance」を開始した。(2017/5/30)

並ばずにゲットできる? 同人誌を取り置きできる新サービス「とら(の)あなKEEPER」がスタート
サークルが登録してユーザーが申請する同人アイテム取り置きサービスです。(2017/4/21)

CRMデータを活用したLINE配信も可能に:
ソーシャルログインの「ソーシャルPLUS」とクラウド型CRM「Synergy!」が連携
フィードフォースは、同社のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」において、シナジーマーケティングのクラウド型CRM「Synergy!」との連携を開始した。(2017/4/12)

セグメント配信が手軽に:
LINEログインした特定ユーザーにメッセージ配信、フィードフォース「ソーシャルPLUS」に機能追加
フィードフォースは、ソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」において、LINEログインでID連携した特定ユーザーにLINEでメッセージを簡単に配信できるツール「メッセージマネージャー」をリリースした。(2017/4/6)

各サービスのID管理を一元化するIDaaS:
IIJ、「IIJ IDサービス」の外部ID連携サービスを拡充 Box、Salesforce、サイボウズなどに対応
IIJはシングルサインオン機能を提供する「IIJ IDサービス」の機能を拡充。多要素認証機能を追加し、認証対象サービスも拡充した。(2017/3/28)

Y!mobileユーザーは「Yahoo!プレミアム」が無料に ポイント最大17倍も
「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」を開始。Y!mobileユーザーはYahoo!プレミアムの特典を無料で使える。Yahoo!ショッピング、LOHACOでの買い物でポイントが最大17倍たまる。(2017/1/18)

3つの「SUPER」でおトク感を演出――ソフトバンクの2017年春商戦
ソフトバンクが、2017年春商戦のキャンペーンを発表した。3つの「SUPER」を掲げて、1年の中で一番の商戦期を戦う。(2017/1/16)

Tech TIPS:
不正アクセスから守るために、Googleアカウントのセキュリティを強化する
不正アクセスや乗っ取り犯からGoogleアカウントを守るための対策として、手軽なものから効果の高いものまで複数紹介する。(2016/12/28)

ユーザーの利便性とセキュリティ/運用管理の簡素化を両立:
PR:Azure ADとのID連携で“働き方改革”を強力に支援――クラウド名刺管理サービスのSansanが実現した高度なクラウドセキュリティとは?
クラウド名刺管理サービスのフル機能を利用しつつ、セキュリティと運用管理性も同時に高めたい――。こうした企業のニーズに応えるために、SansanはAzure ADとのID連携に踏み切った。Sansanを利用する企業のメリットは、シングルサインオン(SSO)、セルフサービス型のパスワード管理、高度なセキュリティ機能などを利用できることだ。(2016/11/28)

識者に聞く、統合運用管理の今(前編):
今こそ見直しの時 ハイブリッド、マルチクラウド時代の運用管理術
クラウド導入で運用管理の手間を軽減できるはずだったのに、かえって作業が増えてしまった――。オンプレと複数クラウドの混在環境が当たり前になりつつある今、複雑化する一方の運用管理をどうやって整理すればいいのか。IDC Japanの入谷氏に聞いた。(2016/10/6)

はじめてID管理製品を導入する方へ:
PR:クラウドとオンプレミスの混在で複雑化するユーザーID管理の課題は「Unicorn ID Manager」で解決
クラウドサービスが当たり前のように利用されるようになり、ユーザーIDの管理に悩む企業が増えてきている。社内に閉じたシステムでは、手作業や自作のスクリプト、ID管理ツールで対応できた。だが、クラウドサービスが普及したいま、これまでの手法では十分に管理できなくなってきている。では、IT管理者はどうすればよいのか。解決策はあるのか。(2016/8/22)

Computer Weekly製品ガイド
外部ユーザーのITアクセス管理方法
社内のIT管理プロセスのみを対象としていたID・アクセス管理の範囲が広がり、社外のビジネス関係にも焦点が当てられるようになった。(2016/7/28)

Y!mobile、Android Oneデビュー記念&Y!mobile2周年記念キャンペーンを開催
ソフトバンクとウィルコム沖縄が、国内初のAndroid Oneスマートフォン発売記念キャンペーンと、Y!mobileブランドのサービス開始2周年記念キャンペーンを開催する。(2016/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。