ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ID連携」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ID連携」に関する情報が集まったページです。

1人あたり200ポイントを付与 Pontaの総額1億ポイント山分けキャンペーン
ロイヤリティ マーケティングは、9月30日まで「総額1億Pontaポイントみんなで山分けキャンペーン」を実施。au IDの連携と象提携社・サービスでPontaポイントを利用すると1人あたり最大200Pontaポイントがもらえる。(2020/8/4)

AI:
サイバーリンクのFaceMeがbitkey platformの顔認証エンジンに採用
台湾サイバーリンクが開発したAI顔認証エンジン「FaceMe」が、ビットキー開発のID連携・認証、権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」に採用された。第1弾プロダクトとして、マンションのエントランスオートロックなどを顔認証化するレジデンス向け顔認証ソリューションに活用される。(2020/7/17)

モバクソ畑でつかまえて:
人類滅亡まで残り、あなた一人―― 「まどマギ」虚淵玄を動かした、スマホゲーム「ラストオリジン」のダークな魅力
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は最近ハマっているという「ラストオリジン」について。【追記あり】(2020/6/23)

幅広い連携機能がポイント:
テレワーク普及で注目必至 “クラウド型ID管理”の強力ベンダー、Oktaがいよいよ日本に本格進出か その強みと課題を先取りしよう
多くの企業にSaaSが普及し、テレワークも広がる中、クラウドを対象にしたID管理が注目されている。同市場で実力を伸ばし、北米では“Azure ADのライバル”と称されるのがOktaだ。独特の思想でID管理機能を拡大し、日本にも進出している。その機能や強み、今後の展望や日本独特の“課題”を詳しく聞いた。(2020/6/11)

プライバシーとクラスター分析を両立させるには:
新型コロナ対策「接触確認アプリ」はどう生かす? 日本テラデータが語る中国の事例から読み解く
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として日本でも開発、導入が進められている「接触確認アプリ」。さまざまなデータを収集、分析し感染拡大防止に役立てている中国の事例紹介から、日本では接触確認アプリをどう活用すればよいのかを読み解く。(2020/6/3)

「au Wowma!」が「au PAY マーケット」へ名称変更 総額100万Pontaポイントのプレゼントも
総合ショッピングモール「au Wowma!(エーユーワウマ)」は、5月21日に「au PAY マーケット」へ名称変更。これを記念し、総額100万Pontaポイントを抽選でプレゼントするキャンペーンや100円オフクーポンを配布する。(2020/5/21)

5月下旬以降に「au WALLET ポイント」が「Pontaポイント」に 永久に利用できる仕組みも
「au WALLET ポイント」が、2020年5月下旬以降に「Pontaポイント」に統合される。5月下旬以降、「au PAY」アプリからau IDとPonta会員IDを連携させると、auサービスの利用やau PAY加盟店での支払いでPontaポイントをためられる。たまったPontaポイントは、ポイントが加算された日、またはポイントを使った日から1年間が有効期限となる。(2020/5/13)

保健所かたる詐欺メール、病院狙うランサムウェアーー新型コロナ禍に便乗したサイバー攻撃に腹が立って仕方ない話
新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、個人や企業、病院を狙うサイバー攻撃が増えている。その傾向はどのようなものなのか。海外のセキュリティベンダーの資料などを踏まえながら解説する。(2020/4/23)

任天堂がアプリ「My Nintendo」配信開始 遊んだゲームの記録振り返りや任天堂商品の買い物機能など
任天堂ハードを持っているなら入れておきたい。(2020/4/22)

メルカリ、初の実店舗や無人投函ボックスを展開 国内事業を強化 山田社長「フリマアプリ市場はポテンシャルがある」
メルカリが中核事業であるフリマアプリ「メルカリ」国内事業の新しい取り組みを発表。同社初となる実店舗業態や無人発送ポストを展開する。(2020/2/20)

「統合ではなく利便性の向上」 ドコモ×メルカリ/メルペイの提携で目指すもの
メルカリ、メルペイ、NTTドコモが業務提携を発表。2020年5月までにdアカウントとメルカリIDを連携させ、残高やポイントを相互に使えるようになる。両社の加盟店も共通化し、営業活動も共同で行っていく。ただしサービス自体を統合する予定はないという。(2020/2/4)

メルカリとドコモが提携 IDを連携、メルカリの利用でdポイントをためて使える
今後、メルペイとd払いの残高連携も。(2020/2/4)

メルカリ、メルペイ、ドコモが業務提携 ポイントの相互利用や加盟店の共通化など
メルカリ、メルペイ、NTTドコモの3社が業務提携を正式に発表。2020年5月をめどに「メルカリID」と「dアカウント」を連携させ、dポイントをメルカリでの取引で利用可能とする。加盟店開拓も連携し、共同で営業推進を図る。(2020/2/4)

ドコモとリクルート、会員サービスを連携へ ホットペッパー利用でdポイント付与 Pontaと“三角関係”に
NTTドコモが、会員・ポイント事業でリクルートと業務提携。10〜12月をめどに「dアカウント」と「リクルートID」の連携を開始する。だがリクルートはすでに、「Ponta会員ID」とリクルートIDの連携に対応済み。Ponta運営元はKDDIとの資本・業務提携を発表しているが、各社は会員サービスを今後どのように提供していくのか。(2020/1/30)

KDDI、ポイントをPontaに統一へ ローソンなどと提携、会員基盤「国内最大級の1億超」
au WALLETポイントをPontaポイントに統一します。(2019/12/16)

「HomePod」を試す Apple Musicの楽しみ方と自宅での音楽体験が変わる
Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、いよいよ日本でも発売される。Apple Musicユーザーとしては、HomePodの登場を心待ちにしていた。そんなHomePodを試用する機会を得たので、短期間ではあるが、使ってみて感じたことをまとめたい。(2019/8/13)

認証方法は「IDとパスワードのみ」が7割超 ネットサービス事業者の甘さ露呈
7payの不正利用が発覚する直前のタイミングで、フィッシング対策協議会が「インターネットサービス提供事業者に対する『認証方法』に関するアンケート調査結果報告書」を出した。(2019/7/29)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
二段階認証の意味を問う 「7pay事件」を教訓に見直したい認証のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回は「二段階認証」と認証の仕組みについて。(2019/7/29)

Yahoo!マネーがPayPayに統合 9月末に
ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を9月30日時点で「PayPay」に統合する。Yahoo!マネープラスの残高は、払い出し可能な新しいPayPay残高に移行される。(2019/6/28)

ビジネス活用事例:
ZOZOとJAL、音声AIアシスタント活用で生み出すそれぞれの新顧客体験
音声AIアシスタントが生み出す価値と施策実現のためのプロセスを先進企業の取り組みに学ぶ。(2019/6/12)

ユーザーの行動から“信用度”算出「Yahoo!スコア」はデフォルトで「オン」 拒否する方法は
ヤフーはこのほど、Yahoo! JAPAN IDユーザーの行動などを分析したビッグデータを基に、各ユーザーの“信用度”を数値化する「Yahoo!スコア」をスタートした。自らの行動がスコア化され、利用されることが気持ち悪いと思う人は、設定画面から手動でオフにする必要がある。(2019/6/5)

ユーザーへの特典付与や審査プロセスの簡略化などに活用可能:
ヤフーが信用スコアサービス提供へ
実証実験では、シェアサイクルの優良ユーザーの抽出と特別料金プランの提供、フリーランスと仕事発注者とのマッチング精度向上など、スコアの有効性を確認している。(2019/6/5)

Yahoo! IDユーザーの行動を点数化し、事業者とマッチングする「Yahoo!スコア」発表
ヤフーは、同社のサービスの利用実績から機械的に算出する「Yahoo!スコア」を、事業者向けに提供する。ユーザーに対する特典などの付与や、審査プロセスの簡略化、コンテンツの最適化、サービスの改善、広告の配信などに利用できる。(2019/6/5)

優良ユーザーを“信用”で抽出する「Yahoo!スコア」7月1日開始 事業者とユーザーのマッチングなどに活用
ヤフーのビッグデータからYahoo! JAPAN IDユーザーの“信用度”などを総合的に数値化する「Yahoo!スコア」を企業などに提供するサービスを、7月1日に開始する。(2019/6/3)

ヤフー、ユーザーの“格付け”「Yahoo!スコア」を企業向けに提供開始へ 
「プライバシーには十分配慮」するとのことです。(2019/6/3)

「Yahoo! JAPAN ID」オフラインでも活用 スポーツジムの入退館など管理
ヤフーは、Yahoo! JAPAN IDをオフラインで活用する実証実験を、ティップネスが運営するトレーニングジム「FASTGYM24」と連携して始めた。ジムの会員情報とYahoo!IDを連携させ、入退館やトレーニングメニューの管理などを行える。(2019/5/13)

今日のリサーチ:
「LINE」が半数超え ソーシャルログインの利用アカウント――フィードフォース調査
フィードフォースが実施した2019年版ソーシャルログイン利用状況調査の結果です。(2019/3/1)

モバイル決済Q&A:
PayPayのアカウントは削除できない?
取りあえずPayPayのアカウントを作成したものの、やっぱり削除したいという人もいるだろう。だがPayPayのアカウントは削除できない。サービスを辞めたい場合はどうすればいいのか?(2019/2/15)

「新たな収益の柱に」 ヤフー、ビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売へ
ヤフーは、顧客企業や自治体が持つデータとヤフーのビッグデータを掛け合わせて分析するサービスを10月から提供する。(2019/2/13)

ヤマトの配達予定、Yahoo!JAPANアプリでプッシュ通知 不在連絡も
宅急便の配達予定や不在連絡などを、「Yahoo!JAPAN」アプリにプッシュ通知する機能がスタート。ユーザーの利便性向上や再配達の削減が狙い。(2018/10/10)

PR:「あの資料どこだっけ」に一瞬で答えてくれる――AIチャットボットと「LINE WORKS with KDDI」の連携がもたらす価値
(2018/9/12)

生体認証と多要素認証を当たり前にする:
PR:オンプレミスの業務アプリとクラウドサービスのハイブリッド利用における認証課題の現実解とは
昨今ではOffice 365の導入が進むなど、業務アプリケーションの実行環境をオンプレミスからクラウドへ移行する企業が増えてきている。だが、従来のオンプレミスで動く業務アプリケーションと比べて、認証における課題を抱えているのが実情だ。オンプレミス&クラウドのハイブリッド環境で多要素認証を実現するための現実解とは。(2018/9/10)

ALIPAY DAY 2018:
ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」の強みとは? 中山社長が語る
ソフトバンクとヤフーが合弁会社「PayPay」を設立。このPayPayが、2018年秋からQRコードを使った決済サービスを開始する。コード決済サービスは既に多数存在するが、PayPayの強みはどこにあるのか?(2018/9/6)

加盟店の手数料は3年間無料:
ソフトバンクとヤフーの合弁会社、コード決済「PayPay」を2018年秋に提供
ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、新たなコード決済サービス「PayPay」を2018年秋に提供する。PayPayやYahoo!Japanのアプリから利用する。店舗側が負担する決済手数料は3年間無料とする。(2018/7/27)

利用者と事業者それぞれのメリットは?:
電子チラシサービス「Shufoo!」、ID連携サービスを開始
凸版印刷は電子チラシサービス「Shufoo!」において、ID連携サービスを開始した。会員基盤を持つ企業と連携し、チラシアプリ上でポイント通帳や電子クーポン配信などを提供する。(2018/7/26)

Microsoft、IDサービスや「OpenID」規格の脆弱性情報募る 最高賞金1100万円
多要素認証バイパスの脆弱性や、標準設計の脆弱性については、最高で10万ドルの賞金を支払う。(2018/7/19)

IDフェデレーションのあらゆる要素を管理
「IDフェデレーション管理」とは何か、なぜ必要なのか
ID連携を実現する「IDフェデレーション」は比較的新しい技術であり、課題もある。導入に苦労しないために理解しておきたい手段が「IDフェデレーション管理」だ。(2018/5/23)

ユーザーの利便性を向上:
ソーシャルログインの「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応
フィードフォースは、同社のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応したと発表した。 (2018/5/18)

電子チケット表示の際に購入者のSNSアカウントを照合:
ソーシャルログインで電子チケットの不正転売抑止、「ソーシャルPLUS」と「Funity」が連携
フィードフォースのソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」とユニー・ファミリーマートグループのEVENTIFYが提供するチケット販売管理システム「Funity」が連携した。(2018/3/30)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
UXを損なわないセキュリティのために、LINEが取り組む3つのリスクコントロール
@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、特別講演「LINEが追求する『安心して使えるアプリ』〜多様化・複雑化するサービスのセキュリティコントロール〜」の内容をお伝えする。(2018/3/14)

セキュアかつ柔軟なID連携でマルチクラウドによる高付加価値サービスを創出:
PR:サービス連携は数時間で完了――リコーのセンシングソリューションビジネスにおけるID管理、“柔軟性とセキュア”を両立できた理由とは
リコーはマルチクラウド環境を用いたセンシングソリューションで、エンドユーザーにとっての利便性向上と強固なセキュリティを両立したID管理基盤を実現した。プロジェクト担当者に、実現方法や取り組む上でのポイントを聞いた。(2018/2/21)

ホワイトハットハッカーを有効活用
失効したユーザーでもログイン可能、Slackも影響を受けたSAMLの脆弱性とは?
失効したログイン認証情報を使用してシステムの利用許可権限が与えられてしまうSAMLに関する重大な脆弱(ぜいじゃく)性の問題がSlackにおいて発見された。「Confused Deputy」と名付けられた問題の解決方法とは?(2018/1/30)

au STAR会員向け「三太郎の日」特典 11月は「Wowma!」と「デジタルコンテンツ」
au(KDDI・沖縄セルラー電話)が毎月3日・13日・23日に実施している「三太郎の日」の11月特典が発表された。オンラインショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」におけるWALLET還元率アップと、三太郎に関するデジタルコンテンツを特典として用意する。(2017/10/26)

「Instagram Day」レポート:
「インスタ映え」を超えて広がるInstagram広告のこれから
Instagramの効果的な広告出稿はどうあるべきか。フェイスブックジャパン主催の広告主・マーケター向けイベントで語られたポイントを紹介する。(2017/10/11)

LINEで探してそのまま予約、パナの録画機向け新サービス
パナソニックが「CLUB Panasonic」のLINE公式アカウントで録画機向けの新サービスを開始した。LINE上でテレビ番組を検索し、対応する録画機があれば録画予約まで行える。(2017/9/29)

ブランディング施策の成果分析など可能に:
「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。(2017/9/26)

モバイル広告IDや電話番号などをベースにメッセージ配信:
LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」が「LINEオーディエンスマッチ」に対応
オプトは、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」において、電話番号をベースにメッセージ配信ができる機能「LINEオーディエンスマッチ」への対応を開始した。(2017/9/5)

セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:
自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図
2017年8月、情報セキュリティをけん引する人材の発掘と育成を目指す「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」が開催された。今回は2016年大会のほぼ倍となる82人の学生と生徒が参加し、先端知識と技術を学んだ。(2017/9/4)

ITサービス開発競争を勝ち残るための必須要件:
PR:DevOps実践とDevOpsのカギとなるマイクロサービスを生かし切る秘訣とは?
X-Techに代表されるデジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、業種・規模を問わず、多くの企業がソフトウェアの戦いを強いられている。この戦いを勝ち抜くための最大のポイントは、ニーズの変化に応える「スピード」。これを受けて、今あらためてDevOpsが注目されているが、その実践のカギとなるマイクロサービスアーキテクチャについては、まだ十分に理解が浸透しているとは言えない状況だ。では今あらためてDevOpsとは何か? マイクロサービスアークテクチャとは何か?――両者に深い知見を持つレッドハットに話を聞いた。(2017/8/30)

「2020年までにクラウドでナンバーワンになる」は本当ですか?:
PR:Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、企業ITには一層のスピードと柔軟性が求められている。これを受けてクラウド利用は企業にとってもはや必須となり、パブリッククラウド市場も依然、活況が続いている。そうした中、最後発として登場してきたOracle Cloud。AWS、Azure、GCPなどベンダー勢力図もある程度固まっている中でリリースしたことには、果たしてどのような狙いや意義があるのだろうか? (2017/8/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。