ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IKEA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IKEA」に関する情報が集まったページです。

LiveWorx 2019:
AR事業を強化するPTC――TWNKLSの買収、そしてAIを活用した「Vuforia Engine」
PTC主催の年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」では、AR(拡張現実)技術の業務適用に関する発表が目立った。AR製品担当であるマイク・キャンベル氏のコメントを交え、同社が強化するAR事業の取り組みについて紹介する。(2019/6/14)

IKEAがロボット家具「ROGNAN」発表 動いて変形、スペースを有効活用
たった6畳の部屋がここまで快適に。(2019/6/8)

「au PAY」で買い物をしてみた 新アプリの使い勝手や不満点は?
4月9日にスタートした「au PAY」は、au WALLETの残高を使う決済サービス。何ができて、何ができないのか? 競合他社にはない魅力は? 早速使ってみたので、アプリの使い勝手も含めてレビューしたい。(2019/4/12)

「au PAY」スタート ローソンや家電量販店でキャンペーンも
KDDIのコード決済「au PAY」が、4月9日にスタートした。auユーザーは、「au WALLET」アプリをアップデートすることで利用可能になる。利用できる店舗は、コンビニエンスストアや家電量販店が中心。(2019/4/9)

SonosとIKEA、「AirPlay 2」サポートのランプ付きスピーカー発売へ
SonosとIKEAがWi-Fiスピーカーを「SYMFONISK」ブランドで発売する。テーブルランプ形とブックエンド型で、いずれもSonosのスピーカーネットワークに追加でき、AppleのAirPlay 2をサポートする。(2019/4/9)

「私はサメガール、ただのサメ好きだ」 クールでシャイな女子高生の日常ラブコメ漫画『サメガール』が気になる
サメパンチ! サメパンチ!(2019/4/6)

ニャンという寝顔でしょう おしゃれだったドールベッドがネコの手により猫ベッドに生まれ変わる
もう猫ベッド以外の何にもなれない。(2019/4/2)

社長は退くべき:
大塚家具はどこへ行くのか
父娘で繰り広げた委任状争奪戦から約3年半。久美子社長の「アンチフォーカス戦略」が大塚家具にもたらしたのは業績悪化と急速な資金繰りの悪化である。今回の矢継ぎ早の提携策には派手さはあっても根本的な経営立て直しにはつながらない。打つべき手は他にある。(2019/3/15)

イケアでコード払いが可能に LINE Payで10%オフキャンペーンも
全国のイケアストアが、「LINE Pay」「Alipay」「WeChat Pay」といったQRコードでの支払いに対応。これを記念し、3月8日からLINE Pay利用で10%オフクーポンがもらえる「100万人にイケアストアで使える10%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」も行う。有効期間は3月17日までとなり、100万ダウンロードに達した時点で終了する。(2019/3/7)

イケアで作る「賃貸・1K・一人暮らし」のインテリアって? ポイントは「フレキシブル」と「多機能」
こんなお部屋に住んでみたい。(2019/2/7)

ゴチャゴチャのキッチンを解決したい! 100均+イケアでコンロ下の扉に収納を作る
「暮らし」初心者が悪戦苦闘。(2019/1/30)

キッチンのデッドスペース「ガスコンロの奥の隙間」を、専用ラックで解決してみた【続編あり】
掃除が楽になった。【続編あり】(2019/1/28)

ネット上で突如空前のサメぬいぐるみブーム襲来 イケア「12月下旬は売上1.5倍」
かわいい。(2019/1/10)

メーカー名はちょっと怖い、でも美しい…… “ロンドンの死のマッシーン”社がモトグッツィの事故車を魔改造
これがまた、ウルトラ美しいバイクに超変身。(2018/12/13)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(4):
世界トップ企業が加盟する「RE100」、日本企業が「再エネ100%」を達成するには?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第4回は日本企業の加盟も増えている国際的な環境イニシアチブ「RE100」について解説する。(2018/12/3)

テーブルに置かれた50億円 現実逃避で描かれた「理想のお家」の落書きが最高だった
こんな家に住みたい!(2018/12/1)

IKEA初の都心型店舗、原宿駅前にオープン 2020年春予定
ついに。(2018/11/15)

「もちろん食事も」:
イケア、東京都心に初進出 原宿に20年春オープン
イケア・ジャパンは初の都心型店舗を東京・原宿で2020年春にオープンする。(2018/11/15)

21世紀のネコ型ロボットだにゃ まったりなごんでいるネコちゃんがなぜかロボに見える
どうしてこんな姿になったのか。(2018/11/13)

イケアで「ハロウィーンフェア」開催! カレーやソフトクリームやドッグロールが真っ黒に
めっちゃ黒い!(2018/10/4)

大型アップデート間近か ソニーのスマートリモコン「HUIS」導入記
ソニーの「HUIS」は、モノクロ電子ペーパーを採用したスタイリッシュなスマートリモコン。2016年の発売後もソフトウェアのアップデートを繰り返し、徐々に洗練されている。現在の機能を紹介していこう。(2018/9/26)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本企業は今こそ、手を組んでチャレンジに打って出るべき――カインズ 代表取締役社長 土屋裕雅氏
「AWS re:Invent 2017」に刺激を受けて、翌年の年頭朝礼で「IT企業宣言」をしたというカインズ代表取締役社長の土屋裕雅氏。SPA(製造小売業)にもIT改革をもたらすべく、CEO自らITのトップランナーたちに学ぶ土屋氏が描く、業界を超えたイノベーションとは。(2018/9/16)

「IKEA」「ららぽーと」がある、あの駅:
東京駅から30分圏内で「家賃が安い駅」ランキング 1位は……?
東京駅から電車で30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は?(2018/7/5)

「これ飛ばそうぜ!」IKEAのイスを飛行機に魔改造しちゃうおじさんがすごい イスとは思えない安定飛行
空飛ぶIKEAイス教かな?(2018/5/21)

“日本が知らない”海外のIT:
家具が自動で組み上がる未来も? 世界で広がる「4Dプリント」研究
3Dプリンタを使って印刷されたフラットな印刷物が、熱や水などの力で立体に姿を変えていく──そんな4Dプリント技術の研究が世界中で進められている。(2018/5/18)

「Googleアシスタント」対応スマートホーム製品が5000種以上に
Googleが、Android端末や「Google Home」に搭載されている「Googleアシスタント」で操作できるスマートホーム製品が、1月時点の1500種類から5000種以上に増えたと発表した。(2018/5/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/23)

どこで差がついた?:
「価格破壊者」だった大塚家具がニトリに敗れた理由
創業当初の大塚家具が業界の「価格破壊者」だったことをご存じだろうか。その姿はかつてのニトリと重なる。同じようなビジネスモデルから出発したのにどうして両社の業績には差が出たのだろうか。(2018/4/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
IKEAのスマート電球をAmazon Echo Plusで音声操作して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsの「Hue」と同じくZigBeeプロトコルで調光などの操作が行えるIKEAのスマート電球「TRÅDFRI」をEcho Plusで使ってみたい。(2018/4/13)

昆虫や藻が原料のファストフード IKEAのラボが提案する食の未来がイノベーティブすぎる
未来志向のファストフード。(2018/3/28)

来週話題になるハナシ:
イケアはアマゾンに勝つことができるのか
世界最大の家具ブランド「IKEA(イケア)」が岐路に立たされている。業績は伸ばし続けているが、時代の波に飲み込まれそうになっているのだ。どういうことかというと……。(2018/2/26)

“日本が知らない”海外のIT:
“食品ロス”どう減らす? 「食糧難」解決する世界のスタートアップたちの今
世界的に食糧難に対する不安が広がる中、世界のスタートアップたちは食料廃棄の削減を目指して活動をしているという。(2018/2/19)

大型店舗で無許可宿泊「24時間インターネットチャレンジ」YouTuberに警察が警告文 子どもが真似をするケースも
動画を支持する人も多く、複雑な状況。(2018/2/15)

「席を譲るとソフトクリーム無料」 IKEAレストランの混雑対策、なぜ生まれたのか聞いた
「いいアイデア」と注目が集まりました。(2018/1/14)

いまだスケジュール「未定」 2013年から建設予定の群馬県前橋市IKEAはなぜ放置されているのか
「遺跡が出てきた」というネット上のうわさにてついては否定。(2017/12/18)

IKEA、ネット注文で「小物配送サービス」開始 規定サイズ以下なら配送安く
イケアジャパンがオンラインストアで「小物配送サービス」を開始した。購入した生活雑貨が規定のサイズに収まれば、配送料金が安くなる。(2017/12/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google HomeとAmazon Echoでスマート電球「Hue」を音声操作して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsのスマート電球「Hue」を用い、Amazon EchoとGoogle Homeから部屋の照明をコントロールする方法を紹介しよう。(2017/11/23)

ついにiPhoneが対応した「チーのワイヤレス充電」ってなんだ?
新しいiPhone X、iPhone 8シリーズがワイヤレス充電技術「Qi」(チー)に対応した。Qiとは何か。またiPhoneがワイヤレスでも充電できるようになったことのメリットについて考えてみよう。(2017/10/18)

エネルギー管理:
IoTでEV用充電器の運用コストを削減、IKEAで実証開始
日東工業と豊田自動織機は、電気自動車やプラグインハイブリッド車用の充電スタンドの充電電力を制御する実証を開始。複数台同時に充電する場合でも、店舗の既存電力設備や電気料金の制約内で充電できるようにする。(2017/10/17)

IKEA、ARKit対応家具アプリ「IKEA Place」を日本でも配信開始
AppleがARKit使用アプリの代表例として何度も紹介している「IKEA Place」がようやく日本でも利用可能になった。(2017/10/16)

Appleの「ARKit」採用アプリで最も多いのはゲーム──SensorTower調べ
AppleのAR(拡張現実)フレームワーク「ARKit」を採用するアプリが公開されて約1カ月。カテゴリーで最も人気があるのはゲームで、有料ゲームのトップは「The Machines」だという調査結果をSensorTowerが発表した。(2017/10/13)

IKEAに犬と猫のための新ペット用品シリーズが登場 獣医師のサポートを得て商品開発
ペット視点に立ったデザイン。(2017/10/13)

想像力の欠如が可能性を閉ざす
「iPhone X」のすごさを理解できないIT幹部は職を失う?
「ARKit」「ニューラルエンジン」「Face ID」など、Appleが「iPhone X」に詰め込んだ要素は数多い。企業のCIOにとっては、それが実現する具体的な未来こそが重要だ。(2017/9/27)

ベッドで眠る2匹のスヤスヤに心がぽかぽか 双子猫ちゃんの「アメリ」と「カヌレ」の寝姿が反則級にかわいい
※注意:ぬいぐるみではありません……!(2017/9/21)

AppleのQiワイヤレス充電、今わかっていること
Appleスペシャルイベントで発表したApple製品のワイヤレス充電、その現時点での詳細が判明した。(2017/9/13)

3Dプリンタニュース:
子どもの「欲しい!」に応える色や形の線路パーツをオーダー、3Dプリンタで作製
ミリメーターが、3Dプリンタ製おもちゃ線路「ワンレール」の公式サイトで、ユーザーからオリジナル線路のアイデアを受け付けている。子どもたちの「こんな線路が欲しかった」という声を商品に反映させる。(2017/8/24)

1話10億円の海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場するケープがIKEA製と判明→IKEAが親切に加工法を公開
ハロウィーンのコスプレで流行るかも。(2017/8/16)

IKEAバッグのパーカーだと? あの青いバッグをモチーフにしたファッションアイテムが登場
レギンスやボクサーパンツもあります。(2017/6/7)

猫ちゃんたちの合宿かな? 横並びのミニベッドをきれいに使いこなす猫ちゃんたちがかわいい
きっと猫ちゃんもワクワクしてるに違いない。(2017/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。