ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「画像認証」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像認証」に関する情報が集まったページです。

Apple、ミー文字ステッカーなどを追加した「iOS 13.4」を配布開始
iPhoneの最新OSは13.4となった。(2020/3/25)

Apple、マウスとトラックパッドのサポートなどを追加した「iPadOS 13.4」配布開始
iPadでマウスとトラックパッドがちゃんと使えるようになった。(2020/3/25)

「日本でも最大手小売業2社が採用」:
Starbucksなどを守るクレデンシャル詐欺対策サービスのShape Securityが、日本で事業を説明
JPMorgan ChaseやStarbucksなど、各分野における大手企業を顧客に持つShape Securityは、どのようなクレデンシャル詐欺対策サービスを提供しているのだろうか。(2020/3/4)

PR:悪質BotからWebサイトを守る――ユーザーの利便性を損なわずにリスクを排除するには?
(2020/2/28)

特集:「AI」は企業のセキュリティ対策に必要なのか、どう変革するのか(1):
機械学習/AIとセキュリティの組み合わせが秘める可能性と2つの課題
機械学習や人工知能(AI)がビジネスを変革する昨今、セキュリティの分野でもAIの活用が進んでいる。企業がセキュリティ対策にAIを取り入れるために必要なことは何か。AIでセキュリティ対策の何が変わるのか。セキュリティエンジニアは、AIとどう向き合うべきなのか。(2020/1/29)

Windowsフロントライン:
2020年代にMicrosoftとPCの世界はどう変化する?――オフデバイスやノーデバイスの世界
MicrosoftやWindowsの動向をウォッチする本連載だが、2020年代はどのような見通しになるのか。普段とは違った視点で、今後のMicrosoftを見ていこう。(2020/1/20)

Tech TIPS:
【Windows 10】現在使用しているユーザーアカウント名を変更する方法
すでに設定されているWindows 10のアカウント名(ユーザー名)を変更する方法を紹介する。ただし、Microsoftアカウントでサインインしている場合は、アカウント名の変更が難しい。また、アカウント名は変更できるが、ユーザーフォルダ名は変更できないので注意してほしい。(2019/12/13)

サイトへのアクセス、AIがbotか判定 ECサイトの買い占めなど防止 日立が提供
日立ソリューションズが、サイトへのアクセスがbotかどうかをAIで判定するクラウドサービス「PerimeterX bot Defender」を提供する。開発元は米PerimeterX。AIがbotだと判断すると、CAPTCHAを表示させて不正ログインを防ぐ。(2019/12/11)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
認証の世界も「AI対AI」の戦いに? botを見破る技術「CAPTCHA」のハナシ
認証について分かりやすく解説する連載。今回のテーマはbotを見破る技術である「CAPTCHA」。(2019/11/11)

目的と仕組みを解説
謎のゆがみ文字列「CAPTCHA」はどのようにして生身の人を見分けるのか
「CAPTCHA」はbotと本物のユーザーを区別し、スパム業者にフォーラムサイトやブログのコメント欄を乗っ取られるのを防ぐ手助けをする。その仕組みを簡潔に解説しよう。(2019/11/2)

迷惑bot事件簿(特別編):
イープラスに聞く、悪徳転売業者を駆逐するまで チケット購入アクセスの「9割占めた」botを徹底排除
botを駆使してチケットを買い占める高額転売業者にイープラスがどのように立ち向かったのか。「迷惑bot事件簿」(特別編)では、イープラスの小西雅春氏にインタビューし、当時の戦いを振り返る。(2019/11/1)

ゼロトラストセキュリティの実現:
PR:NISTも警鐘、サーバハードウェアを狙う攻撃にどう備える?
サイバー犯罪は日に日に巧妙化し、輸送中のサーバハードウェアにマルウェアを仕込む手法すら存在する。従業員はおろか、新しいハードウェアも信頼しない──ゼロトラストセキュリティを実現する方法とは。(2019/10/24)

物流のスマート化:
ドローンとUGVで「宅配クライシス」を克服、楽天が起こす新たな産業革命とは
楽天の自社イベント「Rakuten Optimism 2019」のビジネスカンファレンスで、同社 常務執行役員の安藤公二氏が「あなたの生活がどう変わる:ドローンと地上配送ロボット」をテーマとした講演を行った。(2019/9/6)

AI技術は攻撃者にも悪用される可能性
人のように振る舞う「AIマルウェア」の脅威とは
人工知能(AI)技術を組み込んだマルウェアの大規模な被害は、2019年時点では明らかになっていない。一方「学習するマルウェア」は既に登場している。AI技術を使った攻撃がセキュリティに与える影響について考える。(2019/8/8)

迷惑bot事件簿:
急増する不正ログイン、対策のカギは「正しく怖がる」こと
不正ログインの被害が日本社会を揺るがしている。過去1年あまりで報道された大きな被害だけでも10件を超えた。不正ログイン事件の裏側を考察し、起こり得る犯罪と回避策の有効性を検証したい。(2019/7/8)

Tech TIPS:
【Windows 10】Microsoftアカウントを作成する
Windows 10のサインインアカウントとしても利用可能な「Microsoftアカウント」の作成手順を解説しよう。既存のメールアドレスを使うこともできるが、新規にメールアドレスを作成する方法で手順を紹介する。(2019/6/13)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
マイナンバーカードはどうやって認証してる? 意外と知らない「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回は「所有物認証」について。(2019/5/17)

トランプ政権、「SNSの政治的バイアス」を報告するツールを公開
以前からTwitterなどによる共和党員差別を批判するトランプ大統領政権が、「SNSの政治的偏見」を報告するアンケートツールを公開した。(2019/5/16)

ITりてらしぃのすゝめ:
Alexaがやってることは“盗聴”なのか? スマスピを使うリスクとメリット
AIアシスタントの「Alexa」で取得した音声記録の一部をAmazonの従業員が聞いていたという報道が話題に。スマートスピーカーは“盗聴器”なのか?(2019/4/23)

迷惑bot事件簿:
1日に1.15億回以上 急増する不正ログインの裏に“botの存在”
最近のサイバー攻撃のニュースを追っていると、不正ログインに起因する被害を目にする機会が増えてきた。新たに発表されたいくつかの分析データを用いて、この攻撃の動向とbotの関わりについて考察。(2019/4/19)

迷惑bot事件簿:
1日数万通のスパムメール……狙われた「問い合わせフォーム」 「想定外」だったbot攻撃の広がり
(2019/4/15)

Twitterで「アカウントロック祭り」発生中? Twitter「原因は調査中」
「アカウントロック」がトレンドに入るなど混乱が広がっているようです。(2019/4/2)

半径300メートルのIT:
単なる“ネットの闇”ではない 「ダークウェブ」の正しい意味を知っていますか
最近よく見る「ダークウェブ」という言葉の意味を、皆さんは知っていますか? 「犯罪者用のネットワーク」「マルウェアが飛び交う回線?」「ダークネットと同じでは?」――これ、実は全部ハズレです。正しい知識を、一度おさらいしてみましょう。(2019/2/26)

CES 2019:
CESの主役は「次世代モビリティ」、そして「オープンイノベーション」だった
多くの企業が「オープンイノベーション」の旗印のもとに集まり、知恵を絞っている。とくに熱気を感じたのがモビリティ関連のブース。デンソーやホンダ、ヤマハ発動機など国内メーカーも例外ではない。(2019/1/24)

迷惑bot事件簿:
チケット購入アクセス「9割がbot」→“殲滅”へ イープラスの激闘を振り返る
今年8月、「e+」への一般先着チケット購入アクセスの9割がbotによるものだった、というニュースが報じられた。あれから4カ月、bot対策はさらに進み、目に見える効果をあげている。(2018/12/27)

人物写真の背景を数秒で消去! 自動画像切り抜きサイト「remove.bg」が便利
アップロードした画像を、すぐに背景が透明なpng画像に変換してくれます。(2018/12/19)

わずか500個のサンプルで学習:
CAPTCHAがとうとう終焉か? ディープラーニングを使った汎用解読ツールが開発
英ランカスター大学と米ノースウェスト大学、北京大学の研究者からなるチームが、33種類の「CAPTCHA」認証を破るAIベースのツールを開発した。高速に解読でき、大量の学習データを必要とせず、WebマスターがCAPTCHAに手を加えてもすぐに適応できるという。(2018/12/18)

迷惑bot事件簿:
“転売ヤー”がbot悪用、ECサイトで限定品買い占め 「アクセスの8割がbot」への対策は?
あるオンライン小売サイトでは、ピーク時のアクセスの8割がbotによるものだった。限定商品を買い占め、転売を行うbotの活動実態を紹介する。(2018/12/4)

CEATEC JAPAN 2018:
顔と手のひらを見せるだけ KDDIと日立が「手のひら決済」を披露 課題はスピード?
キャッシュレス決済の新しい形が生まれそうだ。KDDI研究所と日立製作所が共同開発している「てのひら決済」では、顔と手のひらを認証させるだけで決済できる。KDDIが開発した掌紋の画像認証技術と、日立が開発した掌紋向けPBI技術を活用している。(2018/10/16)

ECショップの日々の業務を短期間で自動化:
RPAを活用した「EC業務支援パッケージ」、ブレインパッドとRPAテクノロジーズが発表
ブレインパッドとRPAテクノロジーズは、RPAによるEC業務支援パッケージプランを発表した。(2018/9/14)

チケット購入のアクセス「9割がbot」にびっくり “知恵比べ”の舞台裏
チケット購入のアクセスのうち、9割超がbotによるものだった――チケット販売サイト「e+」が、アカマイ・テクノロジーズのbot検知システムを導入したところ、そんな実態が浮き彫りに。botを駆使する何者かとの知恵比べ。その舞台裏を聞いた。(2018/9/6)

日本橋系メカ設計屋がレポート:
MOTOROiDにおける3D設計の取り組み、ルール作りやプロセスの構築が肝か
3D CAD/CAMのエキスパートであるメカ設計者・管辰之助氏が「Siemens PLM Connection Japan 2018」のヤマハ発動機によるユーザー事例講演をレポートする。(2018/7/19)

CMSのセキュリティは脆弱性対策とログイン保護で:
PR:誰もが安心して利用できるレンタルサーバーを目指して 〜国内最大級のレンタルサーバーへの攻撃調査から見えてきた対策とは
レンタルサーバーを利用する誰もが必ずしも高いサイバーセキュリティ知識をもっているわけではない。セキュリティを意識せずに誰もが安心して利用できるレンタルサーバーは理想論なのだろうか? 理想的なセキュリティ対策に挑戦し続けるGMOペパボの担当者2人とジェイピー・セキュア担当者の鼎談(ていだん)から、Webセキュリティ対策のヒントを探る。(2018/6/13)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

広告媒体としての活用も:
ホテルでロボットが”おもてなし” サイバーエージェント、石黒教授らと実証実験
サイバーエージェントは4月18日、大阪大学基礎工学研究科の石黒浩教授と東急不動産ホールディングスと共同で実施した、ホテルで人型ロボットを活用した実証実験の結果を発表した。ホテルというプライベートな空間の中で、ロボットとのコミュニケーションが人に与える威圧感などを調査した。(2018/4/18)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
「秘密の質問」に答えておけばパスワードを忘れても大丈夫!……ホントに大丈夫?
ユーザー登録などで設定することがある「秘密の質問」と「答え」。“合言葉”みたいなアレを設定しておけば、万が一パスワードを忘れてしまったりしても安心……? ホントに?(2018/3/9)

実証実験で万引き防止に効果あり:
警備員不足を補うのはPepperと人工知能
ロボットと人工知能を活用した新しい警備サービスが本格稼働する。深刻な警備員不足を補う存在になるだろうか。(2018/2/27)

Mostly Harmless:
認証のグニャグニャ文字は時代遅れ? GoogleがCAPTCHAを使わなくなったわけ
Webサイトの認証などで、人間かAIかの判定に使われている「CAPTCHA」と呼ばれる“グニャグニャ文字”。これをGoogleが使わなくなった理由とは。(2018/2/6)

「私はロボットではありません」AIで突破 他のディープラーニングより“300倍”効率的なモデルが登場
少ない訓練データで「CAPTCHA」の文字画像を認識できる学習モデルが、科学雑誌「Science」に掲載された。(2017/10/27)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

“フクロウ型ロボット”が商品おすすめ 新宿伊勢丹で実証実験
フクロウ型ロボットが、来店者の年齢や性別を分析し、おすすめ商品を紹介する実証実験が、新宿伊勢丹で8月9日〜21日に実施。(2017/8/2)

超小型電子部品の管理に活用可能:
ペン書き直径1mmの点が識別タグに、NECの新技術
ペンで書いた直径1mmの“点”(ドット)の違いを識別できる画像認識アルゴリズム「マイドット(mIDoT)」を、NECが2017年7月19日に発表した。【訂正あり】(2017/7/20)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

Google、Android向けの「reCAPTCHA API」を発表
「reCAPTCHA Android API」では、Googleの最新技術を使って人間とボットを識別し、人間と認識されればクリックなしでユーザーを通過させる。(2017/6/12)

次は音声認識に注目
「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事
人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。(2017/5/16)

IoT機器を悪用した数百Gbpsクラスの攻撃も登場:
PR:DDoS攻撃新時代に求められる対策とは
インターネット普及期から存在するDDoS攻撃は、この1年ほどで大きな変化が見られるという。IoT機器を悪用し、数百Gbpsという大規模な攻撃が発生しているのだ。桁違いのDDoS攻撃からシステムを守るためには、これまでとは異なるアプローチでのセキュリティ対策が必要になる。DDoS攻撃“新時代”に対応したマクニカネットワークスのソリューションを紹介する。(2017/2/6)

パスワード依存は時代遅れ?
「パスワードのいらない時代」が本当にくるかも、新認証技術「FIDO」が本格普及へ
新たな認証標準「FIDO」の普及により、煩雑なパスワード管理が不要になる可能性がある。FIDOとはそもそも何か。あらためて確認しておこう。(2017/1/31)

「AQUOS ZETA SH-04H」のメタルボディーをチェック! 2260万画素カメラには「花火」モードを新搭載
「AQUOS ZETA SH-04H」は、約5.3型フルHD表示「ハイスピードIGZO」液晶と約2260万画素カメラを搭載したハイエンドモデル。狭額縁「EDGEIST」スタイルを一新するスリムデザインを採用した。(2016/5/16)

ET 2015優秀賞を獲得:
模様だけで物体を識別できる? NECの先端技術
NECは、2015年11月18日〜20日に開催された「組込み総合技術展 Embedded Technology 2015(ET2015)」&「IoT Technology 2015」で、同社の技術を紹介する展示を行った。(2015/11/26)

書籍転載:
仕事で使える!Googleカレンダー――Chromebookビジネス活用術
Googleのスケジュール管理ツール「Googleカレンダー」で仕事を効率化するための情報をコンパクトにまとめた活用ガイド。クラウドをもっと仕事に活用したい、Googleカレンダーでビジネス環境をスピードアップ、効率化したい。そんな方のためにTipsなどを読みやすいテキストで紹介する。(2015/10/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。