ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感染症」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

渋谷でネズミ目撃相次ぐ ネットでも“炎上” 駅周辺再開発が原因か
渋谷区で最近、ネズミの目撃情報が相次ぎ、区などが対応に追われている。8月上旬にはコンビニエンスストアでネズミが店内を駆け回る動画がインターネット上で拡散し、店が営業休止となる騒動もあった。渋谷駅周辺では大規模な再開発が続いており、専門家は「再開発で解体されたビルなどからネズミが分散したのでは」と分析する。「渋谷のネズミ」問題を追った。(2019/9/11)

製造IT導入事例:
ワクチン製造時の無菌操作をVRで習熟、NECが提供
NECは、感染症ワクチン製造工程における無菌操作トレーニング向けVRソリューションを武田薬品工業に提供する。無菌室内の設備を再現した仮想空間上で、機器を用いた無菌操作を体感学習できる。(2019/9/11)

新たに26件を登録:
「G-SHOCK」「ポータブルCDプレーヤー」「電子オルガン」などが未来技術遺産に
国立科学博物館が「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)を新たに26件登録したと発表。中には腕時計の「G-SHOCK」や世界初の「ポータブルCDプレーヤー」などがある。(2019/9/4)

東日本大震災の経験が教訓 そのままで食べられるゼリー型備蓄食「LIFE STOCK」誕生
5年半以上の常温保存が可能です。(2019/9/4)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

病院はイヤだにゃ〜! 抵抗するもがっちり捕まってしまったキジ白の猫「すずめ」ちゃんたちがかわいい
つかまってしまったにゃ……!(2019/8/13)

海外旅行、事前準備は大丈夫? 治療費で500万円かかったケースも 病気・けがの経験、「食中毒」は2位
準備をしない人の理由トップは「自分は大丈夫だと思っている」。(2019/8/6)

「反則」「食べちゃいたい位かわいい」 那須どうぶつ王国のマヌルネコの赤ちゃんがかわいすぎる壁ドンを披露する
肉球のプニプニ感が伝わってきます。(2019/8/3)

忍野さら、サガミオリジナルの11代目宣伝大使に 中学時代の意外な使い方明かす
「信用できる商品を皆さんにぜひ愛用していただきたい」(2019/7/24)

医療技術ニュース:
空気中の異物を体内に取り込む細胞を発見
慶應義塾大学は、呼吸によって吸い込んだ空気中の異物を取り込む呼吸器M細胞が呼吸器疾患の病変部に存在することを確認した。また、機能を維持した呼吸器M細胞の培養に成功した。(2019/7/9)

岸谷香、長男の入退院を報告 「ブログに載せるな」要請をはねつけての掲載に賛否の声
「親が子どもの写真を無許可でSNSに投稿してよいのか」議論が再燃。(2019/6/18)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。世界で屋外での排泄(はいせつ)を強いられる人は9億人とされ、トイレは感染症のほか、性暴力の温床にもなっている。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

海外医療技術トレンド(47):
WHOが推進する社会課題解決型の「デジタルヘルス介入」とは
本連載では米国やカナダ、欧州、オーストラリアなど各国と地域のデジタルヘルスを取り上げてきたが、世界レベルの取り組みも本格化している。その推進役となっているのがWHO(世界保健機関)だ。(2019/6/7)

組み込み開発ニュース:
超微小量センシング技術で「見える化」、Society 5.0の構築に貢献
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシング技術に関して、4つの研究テーマを採択した。これまで活用できなかった超微小な測定量を「見える化」し、新しいサービスの創出を目指す。(2019/5/31)

医療技術ニュース:
水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を持つことを発見
慶應義塾大学は、水虫の原因である白癬菌を治療する薬「アモロルフィン」「フェンチコナゾール」が、胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を発見した。胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出した。(2019/5/21)

MEDTEC Japan 2019レポート:
人体通信で医療IoT、加速する医療機器のモバイル化――MEDTEC Japan 2019レポート
医療機器の設計・製造に関するアジア最大級の展示会「MEDTEC Japan 2019」が2019年3月18日〜3月20日に開催された。本稿では、同展示会のレポートとして、医療エレクトロニクス関連の展示を中心に紹介する。(2019/5/21)

病気のノラ猫が新しい家に迎えられるまで 献身的なサポートでみるみる元気になっていく姿を記録した映像
広がれ、優しい世界!(2019/5/19)

人目のつかない茂みで暮らしていた子猫たちを救助 小さなきょうだいたちと共にとっても元気に!
残る母猫の救助も待たれるところです。(2019/5/14)

ド変態な山下智久、ドSな菜々緒、雑な扱いを受け続ける濱田岳の良トリオ「インハンド」 事件はヘビー
山Pのカッチョいいロボットハンドが示す未来の希望。(2019/4/26)

「寄生虫ダイエット」その効果は? 群馬大と国立感染症研究所チームが発表
群馬大学と国立感染症研究所のチームが、「寄生虫によるダイエット効果」に関する研究結果を発表した。都市伝説のように伝えられていた「寄生虫ダイエット」だが、研究で何が明らかになったのか。そしていつ実用化されるのか。共同研究者に聞いた。(2019/4/16)

金10山下智久「インハンド」 偏屈で無愛想で天才でロボットハンドな主人公は山Pのハマリ役となる予感
原作はまだ単行本3冊分、早すぎるドラマ化は吉と出る?(2019/4/12)

「母乳は赤ちゃんに最良の栄養です」 液体ミルク表示義務で物議の文言、罪悪感覚える母らに医師「傷つかないで」
「あなたは立派にやっていると、お母さんに伝えたい」。(2019/3/25)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

医療技術ニュース:
ナノワイヤで微生物を簡単に破砕、家庭でも病原性微生物の判定が可能に
名古屋大学は、微生物を簡単に破砕して、微生物の種類を特定する新技術を開発した。同技術を活用することで、今後、O-157のような菌の有無を家庭などで容易に検査できるようになり、感染症の予防につながることが期待される。(2019/3/11)

まだまだ無視できない5つの先進技術
AI、データ分析、ブロックチェーン……医療業界が最優先にすべき技術トレンドはどれ?
医療業界で注目すべき技術トレンドとして、2019年も引き続き人工知能(AI)とブロックチェーンは注目を集めるだろう。仮想現実、データ分析、ハイブリッドクラウドなど、無視できないトレンドをおさらいする。(2019/2/27)

メーカー各社に聞いた:
インフル猛威の裏で「季節外れ」のある商品が売れている、なぜ?
猛威を振るうインフルエンザ。対策が急がれる中、本来は夏向けのある商品が売れている。(2019/2/8)

医療機器ニュース:
AIが手術後感染の有無を精度85%で予測、関連する因子も明らかに
NECソリューションイノベータと新潟大学は、AIを活用し、消化器外科手術患者の手術後感染を予測するモデルを構築した。予測精度AUC85%を達成した他、手術後感染と関係する、年齢やBMI、手術時間などの因子も可視化できた。(2019/2/7)

守れる命を守るため:
ホリエモンが政治家に頭を下げてまで「子宮頸がんワクチン」を推進する理由
ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。(2019/1/18)

“爪のゆがみ”で手の動きを捉える小型センサー、IBMが開発
IBMがわずかな爪のゆがみを検出して手の動きや震えなどを推測する小型センサーのプロトタイプを開発したと発表した。(2018/12/25)

ドラッグストアがトイレットペーパーを外に積むのはなぜか?
目印にもなってるよね。(2019/1/12)

講談社、漫画『コウノドリ』梅毒エピソードを緊急無料公開 梅毒の爆発的流行を受け
無症状での進行もあり得るので注意しましょう。(2018/12/16)

梅毒流行を受け、漫画「コウノドリ」梅毒エピソード無料公開
梅毒の患者が増えていることを受け、講談社は漫画「コウノドリ」の梅毒エピソード(4話分)を無料公開した。20日まで読める。(2018/12/14)

風疹の予防接種、39〜56歳男性にも原則無料で 2019年から3年間
抗体検査と予防接種を無料にするかどうかは、各自治体の判断となります。(2018/12/11)

「入院は痛いことばかり」「頑張れって言わないで」 aiboは“子どもの心”癒やせるか 初の検証へ
ソニーと国立成育医療研究センターが、犬型ロボット「aibo」によって長期入院中の子どもを癒やせるかを検証する。(2018/11/29)

笑撃サバイバルグルメ漫画『僕は君を太らせたい!』が面白い! “ミドリガメの鍋”がおいしそうに見える魔性の魅力【第1話まるごと試し読み】
ビッグコミックスペリオールで連載中の人気漫画。第1巻が11月12日に発売されます。(2018/11/12)

医療技術ニュース:
レンサ球菌の劇症型感染を防ぐ、免疫反応抑制メカニズムを解明
大阪大学は、劇症型溶血性レンサ球菌が免疫反応を抑制するメカニズムを明らかにした。レンサ球菌による免疫回避機構を無効化することで劇症型感染を防ぐという、新たな治療法につながることが期待される。(2018/11/8)

ベビーシッターサービス「キッズライン」初めて使ってみたレポ
夫の出張と繁忙期が重なってしまうピンチ……!(2018/11/8)

首都圏で風しんが感染拡大 アメリカ疾病対策センターが妊婦に日本への渡航を自粛するよう勧告
警戒レベルを3段階の2番目である「勧告」に引き上げています。(2018/10/24)

汚れた姿で下水道にいた2匹のワンちゃん、お風呂に入れられてフッサフサに!
見違えるよう!(2018/10/21)

医療機器ニュース:
感染症の早期発見につながる抗体を検出する光る紙チップを開発
慶應義塾大学は、大きさ1cm程度の感染症診断のための簡易検査用紙チップを開発した。検査手順は紙チップに血液を一滴垂らしてデジタルカメラで撮影するのみで、20分ほどで青〜緑色の発光により結果が判明する。(2018/10/18)

講談社が『コウノドリ』風疹エピソードを緊急無料公開 感染者急増を受け
「先天性風疹症候群は注射一本で防げる」。重く受け止めたい言葉。(2018/10/11)

24時間診療を受けることも可能に
拡大するモバイル医療アプリ、病院ではどのように使われているのか
モバイル医療アプリを活用して遠隔診療を提供する流れは定着しつつあり、専門家は今後も拡大し続けると予測する。病院だけでなく、ドラックストアチェーンなどの参入も進んでいる。(2018/9/28)

お腹をすかしておびえていた子猫 保護されて見違えるほど元気になっていく姿に感動
早く新しい家族が見つかりますように。(2018/9/22)

医療機器ニュース:
表面実装機の技術で細胞を1個1個より分け、効率的な抗体作製の実現へ
ヤマハ発動機は2018年8月31日、東京都内で会見を開きバイオベンチャーのイーベックに5億円を出資すると発表した。ヤマハ発動機が医療分野のベンチャー企業に投資するのは今回が初めてとなる。ヤマハ発動機は中期経営計画で成長戦略の1つとして掲げる「ソリューションビジネスへの挑戦」を加速させる。イーベックに対するヤマハ発動機の出資比率は23%で、筆頭株主となる。(2018/9/4)

おにぎりやカレーも危険 夏の食中毒、どんなことに気をつければいい?
知識で身を守る。(2018/8/3)

医療技術ニュース:
コアラはなぜ猛毒のユーカリを食べられるのか、全ゲノム配列の解読から明らかに
京都大学は、オーストラリア博物館が指揮する「コアラゲノム・コンソーシアム」に参加し、同コンソーシアムがコアラの全ゲノム配列の解読に成功したと発表した。(2018/7/23)

高速道路にうずくまるガリガリの子猫…… アニマルレスキューが命がけで救出→見違えるほど元気に
感動の救出劇。(2018/7/14)

広島市が浸水した家屋の対策を公開 家具等の消毒や衛生対策・注意点を解説
食中毒や感染症にも注意しながら行いましょう。(2018/7/12)

「奇跡か科学か」:
タイ洞窟から生還の13人、「2キロやせたが健康状態は良好」
タイで洞窟に2週間以上閉じ込められた後に救出された地元サッカーチームの少年とコーチ計13人は、平均2キロ体重が減っているものの、健康状態はおおむね良好という。(2018/7/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。