ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「お見舞い」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お見舞い」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

武尊、ワンオクTakaの“驚異”の運動神経に「ちょっとおかしいっす……」 2メートル級の跳び膝蹴りに驚愕
ずっと動いててあのジャンプ力はすごい。(2022/5/25)

通販サイトの商品画像がおかしい? 金爆・鬼龍院さんの検証ツイートが話題 販売元に問い合わせてみた
音楽バンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(@kiryuintw)さんがTwitter上に投稿した、通販サイトの商品画像にまつわる検証結果が話題になっている。仕様にあった寸法に対し、画像に写っている商品はかなり小さく見えるという。(2022/5/14)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

ゴマキ弟・後藤祐樹、持病の“世界三大激痛”で禁酒状態に ひどい肌荒れに「薬のせいではないかと」
頭痛は本当しんどいよ……。(2022/4/25)

防災:
旭化成ホームズ、プッシュ型の災害時無人対応システムを運用開始
旭化成ホームズは、DX技術を用いたプッシュ型の災害時無人対応システム「災害BOT(仮称)」の運用を2022年2月から開始。風水や地震災害が生じた際に、同社のネットクラブ「HEBELIAN NET.」の会員向けにメールを送信する。(2022/4/18)

竹原慎二、腸閉塞からの退院を報告 “激痛との闘い”に加え絶食治療も「きつかった」「3〜4日が耐えられない」
「無理言って退院させてもらいました」と、具合はまだ万全ではないもよう。(2022/4/11)

コロナ保険に不正受給の影? 販売停止に保険金減額、何が起こったのか
オミクロン株の大流行も収まりきらない中、コロナ保険にも大きな影響が起きている。「コロナ助け合い保険」は、感染者数の急増を理由に4月1日に販売を停止した。さらに、すでに販売した契約中の保険についても、保険金額を10分の1に変更する変更を行った。いったい何が起こったのだろうか。(2022/4/6)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

妹柴「アチョー!」姉柴「100年早いっ!」 柴犬が前足を振り上げ姉犬に突撃→シュンとする姿が780万回再生
小さい怪獣!(2022/4/2)

カエルに指をくわえられた飼い主、別のカエルが助けてくれたが…… 2匹のコントのようなオチが650万回再生!
カエルさん、優しい……?(2022/3/30)

小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
「結婚式楽しみ」と麻耶さん。(2022/3/29)

小林麻耶、市川海老蔵が生前の妹・麻央さんに取った“非礼行為”を訴え 視聴者に「洗脳されているのでは?」
海老蔵さんは3月22日11時半時点でコメントなし。(2022/3/22)

池畑慎之介、左足首骨折の重傷「今回のは、かなりヤバくて」 手術前のギプス姿に「早く良くなりますように」
お大事に……。(2022/3/14)

ZOZO、ウクライナ支援のTシャツを製作 売り上げ全額を寄付へ
ZOZOはロシアによる軍事侵攻を受けたウクライナの人々を支援するためのチャリティーTシャツを製作。売り上げの全額を寄付する。(2022/3/2)

PayPay、「コロナお見舞い金」の保険料を値上げ、3倍に 「商品の安定運用と継続提供を行うため」
PayPayは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」上で保険に加入できるサービス「PayPayほけん(1dayほけん)」内で提供する「コロナお見舞金」の保険料を3倍に値上げする。(2022/2/10)

提供開始から1カ月半で達成:
PayPayほけんの「コロナ見舞金」、加入件数20万件突破
PayPayが専用アプリで提供中の保険サービス「PayPayほけん」のうち、新型コロナ感染時に一時金を支給する「コロナ見舞金」の累計加入件数が2月1日時点で20万件を突破した。「オミクロン株」の感染が拡大し、加入者が殺到したためとみられる。(2022/2/2)

つらいときは助け合い、めでたいときは祝い合う:
PR:フリーランスエンジニアに寄り添い続けた「PE共済会」の歩みとこれから
ケガや病気で就業できない期間には所得補償を、結婚や出産のときには祝い金を、近年ではコロナ罹患者向けに特別給付金を――フリーランスエンジニアの「まさか」や「もしも」に寄り添ってきたPE共済会は、2022年に設立30年を迎えた。(2022/1/28)

PayPayほけんの「コロナ見舞金」、累計加入数10万件突破 オミクロン株拡大で加入殺到
「PayPayほけん」のうち、「コロナ見舞金」の累計加入件数が1月25日時点で10万件を突破したことが分かった。同社が同月26日、明らかにした。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が拡大し、加入者が殺到したためとみられる。(2022/1/26)

猫「気安く近寄るでにゃーいっ!」 仲良くしたい子犬を猫パンチで仕留める猫さまが厳しい 米
そこのワンコロ頭が高いにゃ。(2022/1/26)

PayPay登録者数が4500万人を突破 スマホユーザーの2人に1人以上が利用
キャッシュレス決済サービス「PayPay」の登録者数が4500万人を突破。同社によれば、日本のスマホユーザーの2人に1人以上が利用している計算となる。(2022/1/21)

オミクロン株の感染拡大で:
PayPayほけん、加入者急増 「コロナ見舞金」好評
「PayPay」のアプリ上で保険を販売する「PayPayほけん」が好調だ。サービス開始以降の最多記録を更新した。「オミクロン株」の感染が拡大する中、新型コロナの感染時に一時金を支払う「コロナ見舞金」が好評だという。(2022/1/17)

【育児あるある】けがして寝ていたらなぜかバナナを手に様子を見に来る次男 その理由に「すてき」「え?天使?」
けがも早く治りそう!(2022/1/13)

猫「パンチにゃ!」子犬「やられた……!」 スローで倒れる子犬の見事な演技に飼い主も爆笑【ブラジル】
演技派です。(2022/1/9)

高嶋ちさ子が“やさぐれサンタ”に変身 「女王様感」「サンタの親分」と反響の裏には母の容赦ない一言が
や、やさぐれている……。(2021/12/27)

女の子「べろべろばぁ〜!」猫「……(イラッ)」 渾身の変顔でお話しする女の子と猫の反応が面白い
突然どうした?(2021/12/28)

いたずらっ子のヨウム、そっと猫に近寄って…… 「何するニャ―!」と猫パンチされるイタズラの瞬間
あやうく猫パンチされそうに。(2021/12/26)

新卒採用の現在:
内定辞退予防にも 企業の「採用サイト」作成で押さえるべき3つのポイント
最近、選考辞退や内定辞退が増えて困っている──人材コンサルタントとして、そんな採用担当者の方の声をよく聞きます。その原因はいくつか考えられますが、多くの企業が見落としがちなのが、採用サイトや口コミサイトです。(2021/12/21)

もしも赤ずきんに狼のウソが見抜けたら 優しい本音が見えちゃう漫画にほんわかする
本当のところは自分で確かめたい。(2021/12/21)

損保ジャパンと共同で:
PayPayアプリで保険販売、「PayPayほけん」開始 「コロナお見舞い金」など7プラン提供
PayPayが、QRコード決済サービス「PayPay」のアプリ上で保険を販売する「PayPayほけん」の提供を始めた。新型コロナに感染した場合に契約者に一時金を支払う「コロナお見舞い金」など7プランを、損保ジャパンと共同で提供する。(2021/12/16)

ミニアプリから加入できる「PayPayほけん」提供開始 「コロナお見舞い金」も
PayPayは、ミニアプリから加入できる「PayPayほけん」を提供開始。サービス開始時はドライブやレジャーなどの他、新型コロナウイルス感染症と診断された際に一時金を支払う「コロナお見舞い金」も提供する。(2021/12/16)

声優・悠木碧、“青二プロダクション”への移籍発表 現所属プロ・フィット閉鎖で新天地へ「注いで頂いた愛情を胸に」
プロ・フィットの看板声優だった悠木さん。(2021/12/15)

絶対に譲れない場所がある先輩猫、勝手に居座る後輩猫に…… “教育的指導”で威厳を示す姿がかっこいい漫画
先輩として、ここは譲れない。(2021/12/14)

無口な夫が発した“キュン”とする一言 いつまでも仲むつまじい夫婦の漫画にほっこり
いくつになってもこうありたい。(2021/12/14)

隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
騒音お姉さんかと思いきや……(2021/12/6)

緒方恵美、過労で短期休養へ 「体温が高いのに汗が出ない状態」「すぐに戻ります。またね!」
「コロナ・インフル共に陰性」とのこと。(2021/11/29)

脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
人柄の良さが表れています。(2021/11/25)

入院治療中の西川史子、“憧れのトップスター”からお見舞いプレゼントに感激 「夢を見ている少女の気持ちに」
ほれてまうやろー!(2021/11/22)

ビビアン・スー、子宮から大量出血で緊急入院&手術 長男出産時には5カ月間寝たきりになっていたことも
「ちょっとした手術」と説明。(2021/11/18)

鎧塚俊彦さん、義母の逝去を報告 妻・川島なお美さんの誕生日に旅立ち「何となく予感はしておりました」
鎧塚さんにかけた最後の言葉は「あー、幸せ」。(2021/11/11)

「カボチャに親でも殺されたんか」「中に人が入ってる…?」 荒ぶるレッサーパンダのかわいすぎる姿に国内外から反響
かわいすぎて変な声が出る。(2021/11/6)

両前足で狙いを定める猫、次の瞬間……!  強烈な猫パンチで起こされたワンコの悲劇に笑ってしまう
遊びのお誘いは成功したっぽい。(2021/11/15)

33歳で脳梗塞に 「アンタ死にたいの?」医者に半ギレで入院させられた実体験漫画がためになる
決して他人事ではありません。(2021/11/2)

東海軒「特製鯛めし」(950円):
鯛めしの鯛そぼろは、なぜ美味しいのか? 静岡駅弁・東海軒
日本の駅弁屋さんのなかでもとくに老舗、静岡の名物駅弁「元祖鯛めし」はどのようにして生まれたのか。東海軒の平尾社長に聞きました。(2021/10/30)

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(3)
退院後に感じた「ここまで回復できたのは本当に運がよかった」。(2021/11/5)

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(2)
「あさって手術をします、今しかないと判断しました」と死亡リスク8%の手術宣告。(2021/11/5)

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(1)
深夜に突然の高熱。そして、死亡リスク8%の心臓の手術を受けることに。(2021/11/5)

猫ちゃんがテレビに反射した自分を見て……「何者だー!!」 爆裂キックでぶっ倒してしまう姿がいさましい
ええっ!(2021/10/28)

「緊急入院したお財布」LINEスタンプが金欠オタクの心を鷲づかみで話題に 「うちの財布も危篤」「コレ買えないぐらい金ない」
うちの財布は入退院繰り返してどんどんやせ細ってる。(2021/10/24)

届かない猫パンチで頑張る猫vs.でっかいお兄さん猫 おだやかな攻防戦が見ているものの心を癒やす
ファイッ!(2021/10/23)

飼い主「ご飯だよー、ああっ!」猫「ゴオーン!!」 意味不明にあらぶる愛猫に悲鳴をあげる飼い主の漫画
破壊神……?(2021/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。