ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel Z75 Express」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Intel Z75 Express」に関する情報が集まったページです。

2013年PC春モデル:
基本スペック強化、価格もちょっぴり上昇――「HP ENVY Phoenix h9/HP ENVY h8/HP Pavilion Slimline s5/HP Pavilion p6」
日本HPのセパレート型デスクトップPCは、4シリーズがラインアップされる。基本的なスペックを前モデルから引き継ぎ、メモリや無線通信機能を強化した小幅なバージョンアップとなっている。(2013/1/24)

イマドキのイタモノ【夏季休暇特別編】:
ベアボーンキット「SZ77R5」で挑む自作PCアップグレード
「ベアボーンキット」で自作を始めた2012年の夏。自分でPCを組み立てられたら、自作PCの本領発揮「アップグレード」に挑戦! する! ぞおお! ああっ暑い! (2012/8/14)

2012年PC夏モデル:
最新最強のCPUとGPUを搭載したゲーミングタワー──「HP Pavilion Desktop PC h9-1280jp/CT」
日本ヒューレット・パッカードは、6月19日にゲーミングPC「h9-1280jp/CT」を発表。“第3世代”のCPUと“Kepler”世代のGPUを組み合わせたモデルが登場する。(2012/6/19)

2012年PC夏モデル:
パフォーマンスとコストが絶妙なバランスで!──「IdeaCentre K430」
レノボ・ジャパンは、5月2日にタワー型PC「IdeaCentre K430」を発表した。第3世代Coreファミリー・プロセッサーを採用しつつ、価格競争力を高めている。(2012/5/2)

オーバークロックも手軽にできる:
“第3世代Core i7”搭載の「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」を徹底チェック
“Ivy Bridge世代”に進化した日本HPのハイエンドミニタワーPCを速攻かつ詳細にレビュー。Core i7-3770Kを同2600Kに載せ換えて、性能、発熱、消費電力の比較もしてみた。(2012/5/2)

2012年PC夏モデル:
Ivy Bridge世代のハイエンドタワーが7万円台から――「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」
「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」は、第3世代Core i5/i7とIntel Z75 Expressを採用したミニタワー型PC。ハイエンドモデルながら、7万円台から購入できる。(2012/5/2)

第3世代Core iのアレコレをギリギリまで:
大解説! Ivy Bridgeの新技術と対応インタフェースの謎
Ivy Bridge世代が大型連休から出荷を開始。深夜販売も予定されて盛り上がる“第3世代”CPUに導入した新技術と、ハイエンドマザーのちょっと困った事情を解説。(2012/4/27)

え? これでこれを動かすんですかい:
ASRock、大量投入の“7”なマザーを一気に解説
Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードの出荷開始を受けて、ASRockがマザーボードの説明会を実施。“変態”なモデルもしっかりと登場した!(2012/4/8)

USB 3.0もチップセットで制御可能:
インテル、Intel 7シリーズチップセットを正式に発表
インテルは、4月8日に“第3世代Coreプロセッサーファミリー”に対応する新しいチップセットシリーズを発表し、その仕様を“ようやく”明らかにした。(2012/4/8)

最上位モデルはちょっと待ってください:
MSI、Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードを日本で紹介
エムエスアイコンピュータージャパンは、3月29日にIntel 7 シリーズチップセット搭載マザーボードを発表、説明会で、新モデルに導入した機能を紹介した。(2012/3/29)

CeBIT 2012:
“Z77”マザーボード図鑑──BIOSTAR & ECS編
自作PCユーザー的に、CeBIT 2012は「Intel 7 シリーズチップセット搭載マザーボード」に尽きる。今回は“意外”と奮闘しているBIOSTARとECSのマザーを集めた!(2012/3/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。