ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IronRuby」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IronRuby」に関する情報が集まったページです。

3万5000円の参加費でも内外から580人の参加登録:
公用語に英語、「再起動」したRubyKaigi 2013が東京で開催
いったん終了していたRubyコミュニティ主催の年次イベントが再開。技術色、国際色を強め、盛況のうちに幕を閉じた(2013/6/3)

基礎解説:.NET初心者のための.NET入門【2011年版】:
.NETとは何か?
2000年6月にマイクロソフトが「Microsoft .NET」を発表してから早くも11年。編集長目線で現時点の.NETを整理し直す。(2011/5/30)

連載:WPF入門:
第5回 WPFの「データ・バインディング」を理解する
データとなるモデルと、表示を行うビューを結び付ける「データ・バインディング」と、データの表示をカスタマイズできる「データ・テンプレート」について解説。(2010/10/8)

パフォーマンスが改善されたRubyのMicrosoft実装「IronRuby 0.9」リリース
.Net Framework上で動作するMicrosoft独自のRuby実装「IronRuby」のバージョン0.9が公開された。バージョン1.0に向け、今後はバグの修正とコミュニティーが必要と思う機能にフォーカスするという。(2009/8/7)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第1回
アドビ、MS、サンの「RIA開発における優位点」とは?
業務アプリケーションでの採用も増えつつあるRIA。そこにはさまざまな技術がある。業務に適したシステムを構築するためには何を選べばよいのか? エンタープライズRIA開発の最新動向をシリーズで探っていく。(2009/4/3)

Windows Web ServerでPHPやPerlなどのスクリプト言語を使う
Webアプリケーションを構築するに当たって、オープンソースで開発されているPHPやPerlで書かれた、さまざまなWebアプリケーションを活用するケースが増えてきている。Windows Web Serverをベースに構築する利点として、スケーラビリティの高さや管理コストの低さを取り上げてきたが、アプリケーション開発について見た場合、Windows Web Serverはこれら既存のアプリケーションをホストできるのだろうか。(2009/3/6)

特集 マイクロソフトの開発ツール戦略:
次期Visual Studio 2010と.NET Framework 4.0の新機能
2010年前半ごろのリリースが予想される次期Visual Studio 2010と.NET 4。それらに搭載予定の主な新機能や機能強化を紹介する。(2009/1/9)

マイクロソフト、Silverlight 2の正式版を来週に公開
デジタル著作権管理やコンテンツの拡大・縮小機能をそなえたWebブラウザプラグイン「Silverlight 2」の正式版が10月の第3週に公開される。会計システムや経営システムへの適用事例も出てくるなど、企業向けの活用にも期待がかかる。(2008/10/11)

「ネットでMS環境に固執する意味薄い」――「Silverlight2」正式版、来週公開
MSのブラウザプラグイン新版「Silverlight2」正式版が来週中に公開される。AACやH.264にも対応した新DRMを搭載。「ネットでMS環境に固執する意味は薄い」とMSの担当者は語る。(2008/10/10)

Lightweight Languageを支えるDLR――PythonやRubyでSilverlight 2
マイクロソフトのSilverlight 2では、一般的なVisual BasicやC#のほかに、RubyやPythonなどのLightweight Languageを使うことができる。Dynamic Language Runtime(DLR)が組み込まれているからだ。(2008/9/25)

.NETを知らない人でも分かるSilverlight入門(番外編):
百花繚乱なSilverlightのオープンソースプロジェクト集
(2008/9/16)

本格的な取り組みへ:
Microsoftのオープンソース計画
MicrosoftはApache Software Foundationの主要スポンサーになった。さらに同社は、プロトコルとフォーマットをロイヤルティフリーのライセンスで提供している。これらは同社の本格的なオープンソース戦略推進の一環である。(2008/7/28)

Microsoftは重要ではない?
コンピュータ業界の大手企業についてどう思っているか聞かれたMySQLアーキテクチャディレクターは、Microsoftは重要でないと答えた。(2008/7/25)

MS、Silverlight 2のβ版リリースへ
Microsoftが「Silverlight 2」の最初の公開β版を近くリリースする。Silverlightアプリケーションの開発に、Visual Basicなども使えるようになる。(2008/2/25)

Ruby.NETプロジェクトのリーダーがMSを支持
「Ruby.NET」プロジェクトのリーダーが「IronRuby」への支持を表明したが、すべての支援者がこの動きに賛成しているわけではない。(2008/2/8)

マルチプラットフォームで輝き始める“Ruby”
MicrosoftやSunなどが、各種のプラットフォームでRuby言語を推進している。(2008/2/6)

MS、Visual Basicでスクリプティング機能を復活へ
VB開発チームは、.NETのコア言語でスクリプティング機能を復活させたいようだ。(2008/2/4)

まつもと×丸山 in MIJSカンファレンス:
「開発者の自由な裁量こそが生産性向上のカギ」
今年2回目の開催となるMIJSのカンファレンスでは、Ruby開発者のまつもとゆきひろ氏と日本のJavaエバンジェリストである丸山不二夫氏による対談形式の講演が行われた。(2007/12/3)

ZMP、Windowsで動きが“見える”二足歩行ロボ
ゼットエムピーは学習教材/研究用の二足歩行ロボット「e-nuvo WALK ver.3」を販売開始した。MSのロボット開発環境「Robotics Studio」に対応しており、効率よく学習/研究が行える。(2007/11/29)

MS、動的言語のサポートを拡大
MicrosoftはIronPython、IronRubyに加えて、JavaScriptやVisual BasicのDynamic Language Runtime実装も目指している。(2007/10/24)

MS、Ruby言語インプリ「IronRuby」をリリース
米Microsoftは、DLR上に実装するRuby言語のMS版インプリメンテーション「IronRuby」を発表した。RubyForge上で8月末に公開予定となっている。(2007/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。