ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IT用語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IT用語」に関する情報が集まったページです。

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
いつもお世話になっている「メモリ」の基礎を理解しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第17回は「メモリ」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/2/21)

11個のクールな技術用語とスラング【第5回】
「#」はシャープじゃないし「@」はあれじゃない 呼称が“謎”のIT用語
IT業界の独特な技術用語やスラングは、知らないまま目にすると何を表すのか理解しづらいことがある。「モンキーテール」「バグスプラット」「オクトソープ」と呼ばれるものは、それぞれ何を指すのか。(2024/2/13)

11個のクールな技術用語とスラング【第4回】
「論理否定演算子」「シェバン」は何を指す? “あの記号”のなるほどの意味
IT業界における技術用語やスラングは、独特な響きを持っている。ソフトウェアエンジニアがよく使う専門用語の中から、「論理否定演算子」「シェバン」の意味と利用方法を説明する。(2024/2/6)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

11個のクールな技術用語とスラング【第3回】
「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」とは? 知っておくと便利なIT用語
IT業界には幾つもの独特な技術用語やスラングがある。プログラミングにおいて、「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」はどのような場合に用いることができるのか。(2024/1/30)

11個のクールな技術用語とスラング【第2回】
「Null条件演算子」「エルビス演算子」とは? IT用語になぜエルビス?
IT業界の技術用語やスラングは独特だ。「Null条件演算子」「エルビス演算子」はどのような演算子を指し、どのような場合に用いることができるのかを解説する。(2024/1/23)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にする「BI」とは何か 導入手順や注意点を把握しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第16回は「BI」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/1/18)

11個のクールな技術用語とスラング【第1回】
「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは? “謎のIT用語”の正体
さまざまな独特の用語であふれているIT業界。その用語のうち「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは何かを解説する。(2024/1/16)

AWS新製品でテレワークを再考【後編】
「AWSのシンクライアント」が格安のようだが“隠れコスト”には要注意
Amazon Web Services(AWS)は同社シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」について“低価格”であることをアピールしている。しかし話はそう簡単ではない。何に気を付けるべきか。(2024/1/11)

AWS新製品でテレワークを再考【中編】
AWSシンクライアントは「機能が最低限」でも“あれ”がある その特徴とは?
Amazon Web Services(AWS)から登場したシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」にはどのような特徴があるのか。この“小さな箱”を使ってできることを考える。(2024/1/4)

蔵出しブックレット
「sudo」は“須藤”じゃない? 間違えがちなIT用語の正しい読み方
IT用語にはよく使われているにもかかわらず、“正しい読み方”が分かりにくいものが幾つかある。ITに関する会話で誤解を招かないために、こうした難読IT用語の適切な読み方を学ぼう。(2024/1/1)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「sudo」は須藤とは読まない JavaでもCでもない「初心者が学ぶべき言語」は?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

AWS新製品でテレワークを再考【前編】
AWSがあえて今「格安シンクラ」を発表した訳 テレワークはまだ終わらない?
Amazon Web Services(AWS)はシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を市場に投入した。クラウドサービスを本業とするAWSがなぜ、シンクライアントの販売に乗り出したのか。(2023/12/28)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
当たり前のように使っている「VPN」の仕組みを学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第15回は「VPN」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/12/14)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にするけれど実はあまり理解していなかった「SoR、SoE」の違いを学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第14回は「SoR、SoE」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/11/22)

ChatGPTとは何か?
ChatGPTの「GPT」とは? 仕組みや用途など“ChatGPTの基本”を解説
OpenAIが開発したAIサービスの「ChatGPT」は、ユーザーとの対話を基に文章を生成する。ChatGPTはどのような仕組みで動き、どのような用途に役立つのか。基本を説明する。(2023/10/31)

NEWS Weekly Top10:
推し活ブームで“いにしえのオタク”は肩身が狭い?
先週のアクセストップは、三省堂の「オタク用語辞典 大限界」の内容について議論が起きているという記事だった。斬新な企画を評価する声が上がる一方、暗黙の了解などを「軽視している」といった意見も集まり炎上状態になった。(2023/10/30)

20代には通じない? 「パソコン・IT用語」死語ランキング
20代には通じない「パソコン・IT用語」は何か。30代以上の男女に聞いた。(2023/10/25)

20代に通じない「パソコン・IT用語」死語ランキング、2位は「ダイヤルアップ接続」、1位は?
ランキングサイト「ランキングー!」を運営するCMサイトは23日、「20代には通じない『パソコン・IT用語』死語ランキング」を発表した。2位は「ダイヤルアップ接続」だった。(2023/10/23)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
今さら聞けない「生成AI」の仕組みや活用の注意点をこっそり学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第13回は「生成AI」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/10/19)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
知らないと痛い目に遭う、「ランサムウェア」のトレンドや対処法を学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第12回は「ランサムウェア」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/9/21)

いまさら聞けないビジネス略語【第4回】
決して“ディスり”じゃない「IMO」とは? 頭文字F〜Iの必修ビジネス略語
適切なビジネス略語は、角が立たないビジネスコミュニケーションを効率的に実現するのに役立つ。頭文字が「F」から「I」の主要なビジネス略語を確認しよう。(2023/9/17)

プレミアムコンテンツ:
「sudo」は“須藤”じゃなかった? IT用語の正しい読み方
開発者が覚えなければいけないIT用語の中には、読み方が分かりにくいものが幾つかある。この機会に読み方を覚えて、円滑なコミュニケーションに役立てよう。(2023/9/12)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(108):
「食べ超」を読んで、イノベーティブとは何かを大いに勘違いしよう
皆さん、お元気ですか。食べ超のわたしです。弊社は変わりなき日常を送っています。先日も、ChatGPT XPのセールスマンに社長が魅了され、マルコフ君が自らのボディーにインストールし、われわれは後処理に大わらわでした。(2023/8/24)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
PoCの概要や進め方、「PoC疲れ」に陥らないためのポイントをサクサク学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第11回は「PoC」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/8/16)

上手に時短:
Excelの時短ワザ 表の中から「●●」で始まる単語を探したい どうする?
「*」(アスタリスク)をワイルドカードと呼びます。この記号は任意の文字列の代用として利用が可能です。どのように使うかというと?(2023/8/14)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第4回】
「シンクライアント」なのに“シン”じゃない? それなら“この用語”で呼ぼう
「シンクライアント」という用語は、もはや何を意味するのかが明確ではなくなってしまった。こうした“シンクライアントではない何か”に新しい用語を付けようとする動きがある。その“本命”とは。(2023/8/5)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第3回】
Windows機もMacも全て“シン”になって用語「シンクライアント」の定義が崩れる
限定的な機能や部品を搭載したクライアントデバイスが、シンクライアントデバイスだ――この定義が揺らぎつつある。背景にあるのは、仮想化技術やクラウドサービスの普及に合わせたクライアントOSの変化だ。(2023/7/29)

「ChatGPT」と「GPT」の違い【第7回】
「ChatGPTなどの生成AIがあれば、もう人は不要」と考えていけないのはなぜ?
「ChatGPT」をはじめとした生成AIツールはさまざまな可能性をもたらす一方で、利用に際しての注意点もある。それぞれを整理してみよう。(2023/7/27)

AIに相談だ!:
「キノコ派ですわ」 ChatGPT新機能でAIを“お嬢様キャラ”にして趣味指向も改変してみた
AIチャットサービス「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。その反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/7/24)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第2回】
「シンクライアント」をもう“シン”だなんて言えないのはなぜ?
シンクライアントデバイスは必要最小限の機能しか備えていない――。この説明は、以前は正しかった。シンクライアントデバイスの進化により、その“真偽”が変わる可能性があるという。それはどういうことなのか。(2023/7/22)

「ChatGPT」と「GPT」の違い【第6回】
「ChatGPT」と「GPT」を利用料金で比較 具体的な金額とは?
OpenAIの「ChatGPT」には無料版の他に有料版もある。ChatGPTの“頭脳”に当たる「GPT」の種類はさまざまであり、料金設定は複雑だ。いくらで何を使えるのか。具体的な利用料金を確認しよう。(2023/7/20)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「sudo」は“須藤”じゃなかった? IT用語の正しい読み方
開発者が覚えなければいけないIT用語の中には、読み方が分かりにくいものが幾つかある。この機会に読み方を覚えて、円滑なコミュニケーションに役立てよう。(2023/7/17)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第1回】
IT用語「シンクライアント」の“シン”ってそもそも何? 今でも“シン”なの?
IT用語の基本中の基本である「シンクライアント」。実はその言葉の意味は、技術進化に合わせて実態と微妙に合わなくなってきているという。どういうことなのか。シンクライアントの歴史を踏まえて考えよう。(2023/7/15)

「ChatGPT」と「GPT」の違い【第5回】
ChatGPTの中核「GPT」は実は1つじゃない それぞれの違いとは?
OpenAIの「ChatGPT」の中核を成すLLM「GPT」。その種類は1つではなく、それぞれに特徴がある。GPTにはどのような種類があるのか。それらの主な違いとは。(2023/7/13)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
ブロックチェーン技術のあらましや今後の展望を5分で学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第10回は「ブロックチェーン」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/7/12)

ITワード365:
【クイズ】「現在でも主流の32ビットの数値で表されるIPアドレスを使って、ネットワーク機器の識別を行うインターネットで使用される通信プロトコル」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/7/6)

解決!OSSコンプライアンス(12):
「OSSライセンスに関する教育をやろう! でもどうすればいい?」
OSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する連載「解決! OSSコンプライアンス」も今回が最終回。社内などにおいて、OSSライセンスに関する社内教育で使える資料などを紹介します。(2023/7/11)

「ChatGPT」と「GPT」の違い【第4回】
ChatGPTとGPTの「IT用語」としての違いとは? どう使い分ける?
頻繁に耳にするようになった「ChatGPT」と「GPT」という2つの言葉。これらの言葉は、どう使い分けられているのか。“GoogleのChatGPT”が存在しない背景とは。(2023/7/6)

「APIが減る」 Twitter大規模制限により「ギガが減る」みたいな用語が爆誕
定着するか否かは、今後のTwitter次第。(2023/7/5)

ITワード365:
【クイズ】「文書や画像などの情報を相互に関連付けたマルチメディアデータで構成される電子ドキュメントの総称」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/29)

ITワード365:
【クイズ】「ゴーグル型やメガネ型を採用した小型のディスプレイにコンピュータが作り出す映像を映すデバイスのこと」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/22)

ITワード365:
【クイズ】「ルーターやゲートウェイが、インターネット側から特定のポート番号に送られてきたパケットをあらかじめ設定したLAN側の機器に転送する機能」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/15)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
アジャイル開発をウオーターフォール開発と比較して、向き不向きやメリデメを把握しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第9回は「アジャイル開発」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/6/14)

DX時代のPLM/BOM導入(13):
製造業のDXプロジェクトはなぜ失敗してしまうのか?(後編)
今回が本連載の最終回です。DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトが失敗する原因について、グローバル製造業の経営企画部門所属の音更さんと経営コンサルタントの鹿追さんに、BOM(部品表)やPLMを軸に議論してもらいましょう。(2023/6/13)

ITワード365:
【クイズ】「あえて古いバージョンのソフトウェアに変更すること」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/8)

ITワード365:
【クイズ】「テキストや画像などを一時的にコピーし、別の場所に貼り付けられるようにする仕組み」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/1)

ITワード365:
【クイズ】「TCP/IPネットワークで自分自身を表す特別なホスト名」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/25)

ITワード365:
【クイズ】「音声などのデータをWebに公開し、RSSでスマートフォンなどに配信して再生可能にする仕組み」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/18)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【前編】
「6G」は実用化が早まっても“すごい技術”だけでは浸透しない 何が駄目なのか
「6G」の商用化に向けた準備が進み、数年後には活用が始まる可能性がある。その際、“あること”が6Gサービスの普及に欠かせないと調査会社は指摘する。そのあることとは。(2023/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。