ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i:VIRT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「i:VIRT」に関する情報が集まったページです。

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部後藤編):
なんだかんだいっても“ガラパゴスケータイ”から離れられなかった2008年
業界再編や黒船来襲など、2008年のケータイ業界は変革期のさまざまなトピックがめじろ押しの1年だった。国内外のメーカーからユニークな端末がいろいろと登場したが、結局、相棒として最も魅力を感じたのは、国内メーカーが作った日本の端末だった。(2008/12/30)

写真で解説する「930SH」
携帯電話としてはトップクラスの解像度を誇る8MピクセルのCCDカメラを採用したソフトバンクモバイルのシャープ製端末「930SH」は、シンプルなデザインの薄型ボディに、GPS以外ほぼすべての機能を搭載した魅力的なモデルだ。(2008/11/1)

ワイヤレスジャパン2008:
Bluetooth、家庭内機器への浸透図る──Bluetooth SIG、低エネルギーBluetoothを公開
ボタン電池で1年駆動──。Bluetooth SIGは、低消費電力性とともに一般家庭用機器への搭載を見込む「低エネルギーBluetooth」のプロトタイプをワイヤレスジャパン2008で公開。血圧計や衣類、時計、リモコン製品などへの採用を見込み、2009年半ばまでに規格策定、2009年度後半以降をめどに製品出荷を目指す。(2008/7/23)

+D Style News:
携帯メールが読める腕時計「アイバートM」にスタイリッシュな新モデル
Bluetooth機能で携帯電話と連動し、メールの表示などができるシチズンの腕時計「アイバートM」シリーズに、デザインを一新した新モデルが登場。(2008/6/4)

6代目“AQUOS”&すっきり“VIERA”、防水ワンセグとスライドPANTONEなど11機種を発表――ソフトバンクモバイル2008年夏モデル
ソフトバンクが夏モデル11機種を発表した。6代目“AQUOSケータイ”や2代目“VIERAケータイ”などのハイエンドモデルに加え、スライド型“PANTONE”ケータイや防水ワンセグ、こだわりデザインケータイが出そろった。(2008/6/3)

開発陣に聞く「i:VIRT M」:
シチズン×ソフトバンク×シャープ──「i:VIRT M」が変えるケータイとBluetooth腕時計の未来
シチズン時計が発売したBluetooth腕時計「i:VIRT M」は、ソフトバンクのシャープ端末と連携し、腕時計で着信やメールの一部が確認できるほか、着信を保留/切断したり、マナーモードの設定を変えたりする機能を持つ。この一風変わった腕時計が生まれた背景を聞いた。(2007/12/27)

ケータイの中身、バラして見たくありません?
機械産業記念事業財団(TEPIA)は9月8日から、「ちえものづくり」をテーマにした最先端技術の展示を行う。目玉は日立製ワンセグケータイ「W41H」の分解展示だ。入場は無料で、大人でも楽しめる内容になっている。(2006/9/8)

携帯+腕時計の未来を探る(3):
きちんと使えるものを、適切な時期に──カシオが考える腕時計型デバイスの未来
カメラ、MP3プレーヤーなど、腕時計型デバイスの開発で実績があるカシオ計算機は、携帯電話との連携製品について、どんな考えを持っているのか。(2006/7/6)

携帯+腕時計の未来を探る(2):
セイコーインスツルが目指す、「BT Watch」の可能性
シチズン「i:VIRT」に注目が集まるが、かつて腕時計型PHS「WRISTOMO」を誕生させたセイコーインスツルもBT Watchに着目し、受信メールの表示も可能な試作機を作成した。同社は「BT Watch」をどのように考え、どのような製品を投入するのだろうか。(2006/7/5)

神尾寿の時事日想:
日本でも「Bluetooth標準対応」を検討すべき
ここにきて、携帯電話のBluetooth対応が進み始めている。“ドコモのP”が対応して出荷台数の伸びが期待できること、Bluetoothの利用用途として“携帯で音楽”に注目が集まっていることが理由だが、そろそろ標準搭載になってもいいのではないだろうか。(2006/7/3)

携帯+腕時計の未来を探る(1):
最初は“女性向け”だった──携帯連携ウォッチ「i:VIRT」が生まれるまで
「携帯のせいで、時計が売れなくなった」と、嘆いていたのも今は昔。時計メーカーが、携帯電話との連携の道を模索し始めている。シチズン時計はそれを体現する製品「i:VIRT」を世に送り出した。(2006/6/30)

腕時計が着信をお知らせ──シチズンのBluetooth腕時計「i:VIRT」
腕時計が携帯の着信をお知らせ──。シチズン時計がBluetoothを搭載した腕時計「i:VIRT」を限定発売する。(2006/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。