ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「木星」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「木星」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

空に浮かぶ怪しい光の正体は? はい/いいえ選ぶだけでわかるチェック表を天文台が公開
担当者いわく、自分で調べるうちに、天文や気象に興味を持ってくれるとうれしいとのことです。(2019/5/17)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)

小惑星は太陽系の「タイムカプセル」 はやぶさ2着地へ
はやぶさ2が着地するリュウグウは、70万個以上ある太陽系の小惑星の一つ。採取した物質を分析することで、太陽系の歴史や生命の謎の解明に役立つと期待されている。(2019/2/18)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンの国力増強策から我々が学ぶこと
前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。(2018/12/19)

なぜ、曜日の並びは「月火水木金土日」なのか?
毎日が日曜日であれ……というわけにもいかないか。(2018/11/28)

こたつをブラックホールと仮定し反物質であるレポートの推進を生む「コタツスイングバイ」がなるほどわからん
理にはかなっている気がする。(2018/11/7)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

「リラックマ×惑星」のフィギュアが誕生 キラキラでかわいい星の王子さまみたい
そのまま置くだけでステキなインテリアになる予感。(2018/8/31)

はやぶさ2が“黒い小惑星”に到着 「局面変わった」と期待
探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」は“黒い小惑星”。NASAが探査している別の小惑星との類似点も多く、JAXAのプロジェクトチームは「比較できる点が増えた。局面が変わった」と期待を寄せる。(2018/6/27)

カプセルトイのカプセルが地球儀になるぞ 「カプセル de 地球儀 ver.Planet」登場
太陽や火星などもラインアップ。(2017/11/13)

アプリ「マガポケ」が大リニューアル 金田一に暴かれた犯人視点のスピンオフ、『中華一番!』の続編など20本の“新連載”がスタート
読み応えがありそう。(2017/11/1)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「AIの3つの役割と人間の進化」
人工知能(AI)は人の仕事を奪うのものなのか、人を助ける道具なのか。AIを「自律化」「知的望遠鏡」「知的介助」という3つの役割から考えてみると、すっきり整理できます。(2017/10/12)

大阪環状線「オレンジ色の103系」引退記念スペシャルムービー公開 BGMはチャットモンチー「サラバ青春」
48年間、約9億5千万キロを走ったオレンジ電車の旅が終わりを告げます。(2017/9/5)

Twitter民「各曜日の1日の長さを星の大きさにそろえよう」 日曜日の割合を実際に計算してみた
わーい。日曜日が長くなるー。(2017/7/7)

“最も熱い惑星”見つかる 表面温度は4300度 「惑星の概念を覆す大発見」
表面温度が摂氏約4300度の惑星を、東大などの研究チームが発見。惑星の形成過程を探る手掛かりになるという。(2017/6/6)

NASA、「地球外の海」に関する重大発表を告知 4月14日3時に会見の様子をライブ中継
わくわく。(2017/4/12)

研究開発のダークサイド(10):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(コペルニクス編その1)
1510年ごろ、地動説のひな型となる論文「小論考(コメンタリオルス)」が生まれる。それを書いたのがコペルニクスだ。地動説の端緒となるコペルニクスの偉大さは疑いようもないことだが、その凄さを強調するあまりに現代では、いくつかの誤りが信じられている節がある。(2017/4/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(9):
へつらう人工知能 〜巧みな質問を繰り返して心の中をのぞき見る
今回は、機械学習の中から、帰納学習を行うAI技術である「バージョン空間法」をご紹介しましょう。実は、このAI技術を説明するのにぴったりな事例があります。それが占いです。「江端が占い師に進路を相談する」――。こんなシチュエーションで、バージョン空間法を説明してみたいと思います。(2017/3/30)

研究開発のダークサイド(9):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説の「再発見と崩壊の始まり」編)
プトレマイオスの「数学集成(アルマゲスト)」を「再発見」することに大きく貢献したレギオモンタヌスは、「再発見」以降に同書を最初に批判した学者でもあった。「数学集成(アルマゲスト)」の欠点に気付いたレギオモンタヌスは、新しい天文学理論の構築に取り掛かる。しかし、レギオモンタヌスが早逝したことにより、その試みは、ついえる。後を引き継いだのが、地動説への一大転換を果たすことになるコペルニクスであった。(2017/3/28)

研究開発のダークサイド(4):
研究における結果の誤り(研究ミス)と、研究不正の違い
「研究不正」と「研究結果の誤り」というのは、根本的に異なる。後世から見ると誤りであったとしても、先人の研究結果が「研究不正」であるとは限らない。観測器具などが未発達であったことが原因という可能性も高いからだ。当時の観測器具の性能限界により、研究業績の一部を否定されてしまったのが野口英世である。(2017/2/21)

日本初上陸のムーンキャンディーも入った「宇宙キャンディーセット」 セブンネットで予約受付中!
食べるのがもったいない。(2017/1/12)

地球や木星をペロペロ 銀河や惑星をモチーフにした「宇宙キャンディー」が日本で販売開始
壮大な棒付きキャンデー。(2016/10/30)

木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出、「海」の成分解明へ NASAが発表
木星の衛星「エウロパ」の表面から水蒸気が噴出している可能性があるとNASAが発表。エウロパの表面下に液体の水の「海」があることを裏付けるものだ。(2016/9/27)

木星の衛星「エウロパ」地表から水分が噴出している可能性 NASAが驚くべき発表
生命は存在するのか?(2016/9/27)

木星の衛星「エウロパ」に液体の水? NASAが“驚くべき発見”発表へ
表面が氷で覆われている木星の衛星「エウロパ」について、NASAが「驚くべき活動の証拠」を9月26日に発表すると告知。(2016/9/26)

NASA、木星の衛星エウロパの「驚くべき活動の証拠」について会見へ
驚くべき活動とは一体。(2016/9/24)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
星空に新たな価値を
月は肉眼でみると平面の円にしか見えないが、天体望遠鏡では立体的な球体に見える。いつもみんなの頭上にある、星のおもしろさに触れ、感動してほしい。(2016/8/17)

今宵(6日) 細い月と木星が接近
広い範囲で晴れるため、見られる可能性は高いです。(2016/8/6)

木星探査機「ジュノー」 初の撮影画像を地球へ送信
木星の大赤斑や衛星の姿が。(2016/7/13)

米アリゾナ大学、太陽が3つある惑星を発見 天体の位置関係により140年間、夜が来ない期間も
大きな恒星、小さな恒星のペアが太陽のような役割を果たす惑星。(2016/7/8)

「太陽」3つある惑星、320光年先に 米大学ら発見
 太陽のように輝く恒星が3つある惑星が地球から約320光年先に見つかったと、米大学らの研究チームが発表。(2016/7/8)

木星探査機「ジュノー」 周回軌道への投入に成功
木星の大気や磁場などを調べます。(2016/7/5)

Googleロゴが「探査機ジュノー」に 木星周回軌道投入を祝福
NASAの無人探査機「ジュノー」が木星の上空に到達した。Google検索のロゴの部分が、ジュノーとNASAの管制室を描いたアニメーションに変わっている。(2016/7/5)

7月の夜空 月に関する話題
七夕だけではない、7月の月と木星との邂逅や赤く見える月のお話。(2016/7/2)

新社会人に社会の辛さを聞いてフレッシュの大切さを説く【PR】
そろそろ会社に慣れた新社会人が初心を忘れがちな時期。コイケヤの「工場直送便ポテトチップス」でフレッシュの大切さを伝えます。(2016/6/15)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
「人工流れ星」を流すことで、どんなことが分かってくるのか
2018年、「人工流れ星」を流す計画がある。流れ星は上空60〜80キロメートルを飛ぶ予定だが、実現すればどんなことが分かってくるのか。企画をしているALEの岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/13)

石川さんなにやってるんですか! 「たまのランニング」こと石川浩司がアイドルデビュー
木星よりもさらに向こうに着いた。(2016/3/19)

7つの星を並べて自分だけの宇宙空間を作れる! 球体型マグネットが奇譚クラブから登場
水金地火木土と月。(2016/3/9)

「アルマゲドン」的地球の危機、小惑星より怖いのは?
映画「アルマゲドン」で地球を襲ったのは小惑星だったが、それよりも高い確率で地球に危機をもたらす天体があるという。それは――。(2016/1/4)

Weekly AccessTop10:
“ぐぐる能力”と“くくる能力”
情報の取捨選択が上手になりたいです。(2015/10/19)

10月21日深夜から22日明け方はオリオン座流星群極大。ぜひ見ておきたい、秋の空に輝く天体ショー!
10月22日未明ごろ見られるそうですよ!(2015/10/18)

大赤斑も超精細に 木星の全体をとらえたハッブル宇宙望遠鏡の画像公開
木星の表面全体をハッブル宇宙望遠鏡で撮影した画像が公開された。大赤斑の様子などが精細にとらえられている。(2015/10/16)

明け方は東の空を にぎわう星空
3連休は明け方、東の空がにぎわいます。早起きしていつもより華やかな星空を楽しんでみては?(2015/10/9)

今夜は「きぼう」を見るチャンス!
18時30分ころ日本の上空をISSが通過します。どの方角を見ればいいの?(2015/10/4)

期間限定! アニメ「機動戦艦ナデシコ」「宇宙のステルヴィア」 niconicoで全話無料配信中
シルバーウィークにぴったり。(2015/9/18)

イカ型ロボットが異星の海を探査──NASA構想
イカ型ロボットが木星の衛星・エウロパの海を探索する──こんな構想をNASAが採択した。(2015/5/11)

出演者全員宇宙人 三谷幸喜監督「ギャラクシー街道」追加キャスト発表 遠藤憲一、小栗旬、西川貴教、西田敏行、大竹しのぶなど
三谷作品常連が続々。(2015/4/20)

準惑星ケレス“不思議な明るい点”は謎のまま NASA
準惑星ケレスの表面に写った不思議な明るい点を探査機「ドーン」が調べたが、その正体はまだ分からないという。(2015/4/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。