ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「関西弁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西弁」に関する情報が集まったページです。

えぇとこ連れてったるで! 大阪「未来都タクシー」地元ドライバーが名所を案内する「大阪コテコテ観光タクシー」ツアー発表
暑い日や雨の日もタクシーでらくらく観光。(2019/7/12)

組み込み開発ニュース:
小型組み込み機器向け音声合成エンジンの提供を開始
エーアイは、ルネサス エレクトロニクスの「RZ/G Linuxプラットフォーム」向け音声合成エンジン「microAITalk」の提供を開始した。小型ロボット、スマートフォンアプリケーションなど、組み込み機器へ音声読み上げ機能の搭載が可能になる。(2019/7/11)

中条あやみがアニメCMの声優に 本人役“あやみ”の声を担当
どんな演技を見せてくれるのでしょうか。(2019/6/13)

度肝を抜かれた2本立て「ストロベリーナイト・サーガ」9話 二階堂ふみ×亀梨和也W主演は原作以上にプラトニック?
斬新な構成は「サザエさん」オマージュ?(2019/6/13)

モバクソ畑でつかまえて:
キャラも音楽も良いけど…… 「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING!」は音ゲー部分がひたすら虚無
ゲームの部分以外は高評価。(2019/6/2)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

彼女と同棲中の長男に「愛してる」と鬼電する母親の恐怖 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談自体も怖いけど、ヘビーリスナーならもっと怖い。(2019/5/6)

猛省「ストロベリーナイト・サーガ」 1話で見せた二階堂ふみら新キャストの“それぞれのハマり方 ” 今野浩喜の関西弁もウザくて最高
「二階堂ふみは竹内結子を超えるのか」ってそういう問題じゃないんだよ。(2019/4/18)

2019年春ドラマ注目作レビュー【随時更新】
ドラマ注目作をレビュー!(5月6日更新)(2019/4/16)

二階堂ふみは竹内結子を超えるのか 木10「ストロベリーナイト・サーガ」新キャストすぎるキャスティングを総チェック
原作者「前作を越えなければいけないんですよ」←すごいプレッシャー!(2019/4/11)

“ネット鎖国”のジャニーズが放った「バーチャルジャニーズ」 ジャニオタは何に戸惑い、何に希望を見たのか
「ジャニーズ再評価」につながってほしい一手。(2019/3/11)

「かわいいサイヤ人」「ラムちゃん」 倖田來未、自身の想定上回るイメチェンで異次元の魅力を放つ
どのキャラでもきっと関西弁。(2019/2/26)

“特撮オタク”描くドラマ「トクサツガガガ」 主役の小芝風花、すっかり特撮ファンに
“特撮オタク”を描き話題のドラマ「トクサツガガガ」(NHK総合金曜午後10時)。主役の仲村叶を演じている女優、小芝風花(21)も、すっかり特撮ファンになってしまったとか。(2019/2/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ボトムアップ型第4次産業革命があったってええやん
腹の底から本気で伝えたいときは、関西弁でいいたい。(2019/1/31)

「もうえぇで!」 シャープの空気清浄機、ボタン連打で関西弁話す「隠しコマンド」発見→公式Twitterも反応
目の付けどころがシャープやな。(2019/1/5)

ものになるモノ、ならないモノ(80):
機械翻訳は、翻訳家の仕事を奪うのか――「人工知能」を作る上での良質な栄養素とは?
外国語を翻訳するときに使う「機械翻訳」。ニューラルネットワークによって精度が上がったものの、人間の助けはまだまだ必要だ。さらなる精度向上をするには、何が必要なのかGengoプロダクト部長のチャーリー・ワルター氏に話を聞いた。(2018/12/28)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(後編)
幾つもの事件を経験したCSIRTに、出会いと別れの季節がやってきた。引退や成長を経験するメンバーの姿を見守りながら、メイの率いる新生チームは、今日もインシデントに挑む――。CSIRT小説「側線」、最終話。(2018/12/21)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」にサイバー攻撃を仕掛けた犯人の逮捕劇が終わり、CSIRTを取り巻く状況は変わり始める。メンバーの成長や別れを前にしたチームは、新たな一歩を踏み出す時を迎えた。(2018/12/14)

かしこい猫とギャルの日常にほっこり イラッとするけど憎めない喋る猫の漫画がかわいい
もも太のかしこさに笑ってグッときてほっこりします。(2018/12/8)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第13話:包囲網(後編)
数々の企業を苦しめた攻撃者へ、ついにCSIRTが反撃に出る! 「絶対に捕まえる。あくまで合法的な方法で」――意気込むメンバーが仕掛けた作戦とは? 「側線」、ついにクライマックス。(2018/12/7)

1日に5万本売れる:
「乃が美」創業者が自著で語った高級「生」食パンの「生」の意味
1日に5万本もの高級「生」食パンを売る「乃が美」。2013年に創業してからわずか5年で100店舗以上にまで成長した。創業時のエピソードや知られざる同社の戦略を創業者の自著から読み解く(2018/11/30)

社長の思い:
小さな段ボール工場が変えた避難所の光景
大阪府八尾市の一角にある小さな町工場のJパックス株式会社。作っているのは、段ボールだ。この会社が被災地の避難所の光景を変えようとしている。(2018/11/1)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(後編)
本来防げるはずのウイルスが役員の端末に入り込み、機密情報を流出させていた――。メイたちCSIRTのセキュリティ防衛装置を「全滅」させた仕掛けとは。一方、CISOの小堀は、説明責任を果たそうとある行動に出る。(2018/9/21)

Eテレ攻めてるな! 岡崎体育、社会科番組「アクティブ10公民」レギュラー出演決定 テーマソングも担当
体育じゃなくて公民の番組です。(2018/9/20)

きゃりーぱみゅぱみゅ、新たな“家族”にデレデレ 「名前はあめちゃん これからずーっとよろしくね」
きゃわわ。(2018/9/17)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」新生CSIRT結成から数カ月。ようやくインシデント対応に慣れ始めたチームに緊急事態の一報が入る。会社の幹部が所有する端末が繰り返していた“異常な通信”とは一体……?(2018/9/14)

常見陽平のサラリーマン研究所:
『情熱大陸』に出たい連中、痛くないか?
読者の周囲に「オレ、『情熱大陸』に出たいんだ」という人はいないだろうか。正直に言おう。こういう人は、痛い。ちょっと引いてしまう人たちに、どのように対応すればいいのかというと……。(2018/9/7)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第6話:海にて(後編)
あらゆる攻撃に対処するCSIRTのメンバーに必要なものは、特殊能力でもカリスマ性でもなく、「側線」――それは一体? 海岸にたどり着いたメイの目の前で、この小説のタイトルでもある「側線」の意味が明らかに。(2018/8/24)

「ユキミの中の人は俺や」 バーチャルYouTuberに恋する男子たちのすれ違い創作漫画がカオスで面白い
現実とバーチャルですれ違う彼らの恋。(2018/8/17)

近づくものが凍ってしまう氷属性男子とクールな同僚女子 互いに「ドキッ」とする漫画から目が離せない
どんな状況なの?(2018/8/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第5話:時限装置(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレート関連の貴重な技術を保有する、ひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。新たなインシデントに直面した若手メンバーが、ベテランに追い付きたい一心で引き起こした「思わぬ事態」とは……?(2018/8/10)

無言の凝視に「つまらんの?」と尋ねると 無口な彼氏とおしゃべり彼女、日常を別視点で描いた漫画が甘酸っぱい
ステキな性格の凸凹。(2018/7/31)

「ニャニャニャン、ニャ」 何かを訴えかけてくるネコちゃんが何を言っているか分からないけどかわいい
読者様の中にネコ語が分かる方はいらっしゃいませんかー!(2018/7/23)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――イベントを告知したばかりの「ひまわり海洋エネルギー」を、突然の同時多発インシデントが襲った。社内の各部署やマスコミへの対応を求められ、新生CSIRTがとった行動とは……?(2018/7/20)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(前編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレード関連の貴重な技術を持つ「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRTは、次々と仕掛けられる攻撃を迎え撃つ。前回のインシデントでは、社内に無数の「セキュリティなきIT機器」が見つかった。担当チームが社内の各部門を奔走した矢先、今度は全社をかけたイベントに新たな脅威が……?(2018/7/13)

「月刊アクアライフ」に熱帯魚の擬人化キャラが登場 記念すべき1体目はまさかの「熱帯魚のエサ」
食べられちゃう方だった。(2018/7/12)

人文社会科学の学生も“AIを使いこなす人材”に 関西学院大、日本IBMとプログラム開講
関西学院大学と日本IBMが、AIを“使いこなす”人材を育てるプログラムを、2019年4月から同大学の生徒向けに開講する。(2018/7/10)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(9):
似非関西弁は見抜けても、似非アクセスポイントは見抜きにくいねん
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第9列車は、悪意あるアクセスポイントへの注意喚起です。(2018/6/28)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第1話:針(後編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介するCSIRT小説「側線」、第1話の後編です。メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を持つひまわり海洋エネルギーにインシデントの予兆が……。(2018/6/22)

「多分100%充電済みや思うで 知らんけど」 iPhoneが関西人になる画像がTwitterで「天才か」と話題に
多分これ見たらiPhoneは関西人や思うで、知らんけど。(2018/6/2)

「ZANGYODAI KUREYA」「OUTI KAERITAI !」 会社への愚痴をヴィンテージ風ロゴにしてみるアイデアに「センス抜群!」の声
「yatterarenwa!」(やってられんわ!)。(2018/5/12)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「応援なんて誰にでもできる」という正論に、プリキュアはどう立ち向かったのか? 「HUGっと!プリキュア」開始3カ月を振り返る
まだ4分の1が終わっただけなのにこの密度。2018年のプリキュアはとにかくすごいぞ。(2018/4/26)

「最後の関西弁はんぱない」 戸田恵梨香、子どもと戯れる“素”の姿に胸キュンするファン続出
「ちゃんとくっついてよ」のところ無限リピートできる。(2018/3/17)

JKがPK(パンツ食い込む)と戦うPR動画のテンポがクセになる 食い込みにくいショーツ「non!PK」をワコールが発売
「ハイ、ノンピーケー」の響きが気持ちいい。(2018/3/1)

京大“折田先生像”、2018年は“どうぶつの森”の「リセットさん」に! 出題ミス問題のDis看板も
「みしらぬネコ」からの力作看板にも注目!(2018/2/26)

笑いながら学ぶ:
参加者殺到、「コンプライアンス落語」とはどんなもの?
コンプライアンスに関わる事件は日常茶飯事のように起きている。だが、これを社内に徹底しようとしても、難しい用語が多かったり、法律に照らし合わせる必要があったりしてハードルが高い。これを分かりやすくしようと作られたのが「コンプライアンス落語」だ。(2018/2/6)

ボカロ&ボイロ「東北ずん子」「結月ゆかり」ら登場 秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会
秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会が開催される。キャラクターとのタイアップや、自社キャラクターに声をつけるといった要望に応える。(2018/1/10)

サラリーマン、プリキュアを語る:
2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由
「HUGっと!プリキュア」今から楽しみです。(2018/1/4)

フレフレみんな! 赤ちゃんを育てるプリキュア描く「HUGっと!プリキュア」、新ヒロイン像は「おかあさん」
“子どもを守る母の愛”で明るく日々を乗り切っていく新たなプリキュア。(2017/12/27)

夏休みの風物詩「子ども科学電話相談」が冬休みにも進出!
冬休みも相談できるぞ。(2017/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。