ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コジマプロダクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コジマプロダクション」に関する情報が集まったページです。

小島秀夫監督がフォロワー数が最も多いゲームディレクターに認定 TwitterとInstagram2つのギネス世界記録に
日本語アカウントも合わせるとすごい数のフォロワーです。(2019/11/10)

キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック」最新作に「にんじゃりばんばん」 ニンジャ初登場シーンで
この使われ方は想像してなかった。(2019/9/7)

令和1発目のワンフェス2019夏 フィギュアのようなコスプレレイヤーと精巧すぎるフィギュアをカチ盛りフォトレポート!
雨が降るかもと行けなかった人もこれで大丈夫。超ボリュームでお届けします。(2019/7/29)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?
ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。(2018/5/17)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?
ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。(2018/2/14)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

メカゴジラ×エヴァ×メタルギア! 「ネルフ対G専用決戦兵器」を目撃
シン・ゴジラとエヴァの世界が融合した巨大ロボット「NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機」の実物サンプルがワンフェスで公開されました。(2017/2/23)

マッツ・ミケルセンいつの間にか日本に上陸 小島監督がデート写真を連投、楽しげな姿にファン合掌
ファン「マッツいつ来るのかな?(そわそわ)」→小島監督「すでにオレの隣にいるよ」(2017/1/25)

「KONAMIがSILENT HILLSを中止したのはバカなこと」 ギレルモ・デル・トロ監督がツイート
ギレルモ・デル・トロ監督は小島秀夫監督とともに開発していたホラーゲームについて、コナミが中止したことを批判しました。(2016/12/3)

小島秀夫監督、「MGSV」開発の最後の半年間はチームから隔離されていた 盟友Geoff Keighly氏が当時の状況を明かす
「チームのいる場所とは違う階の離れた部屋に閉じ込められ、メンバーと話すことすらできなかった」とGeoff氏。(2016/12/2)

「メタルギアにゾンビなんて出るわけない」 小島秀夫、TGSで「METAL GEAR SURVIVE」についてコメント
ニコ生では「よく言った」などのコメントが弾幕のように流れました。(2016/9/18)

小島秀夫監督、PS4向け最新作「DEATH STRANDING」トレーラー公開 独立後初タイトル
「メタルギア」シリーズの小島秀夫監督の独立後初タイトル「DEATH STRANDING」(PS4向け)が発表された。(2016/6/14)

小島秀夫監督、E3で新作「DEATH STRANDING」発表
小島監督がステージに上がると観客からは歓声が。(2016/6/14)

小島秀夫監督の新スタジオ「コジマプロダクション」が公式通販サイトをオープン いったい何が始まるんです?
公式グッズの予約は12月21日から。(2015/12/17)

小島監督の新スタジオ、アニメーターなど23職種を募集
小島秀夫監督が新設したコジマプロダクションが、アニメーターやゲームデザイナーなど23の職種を募集している。(2015/12/17)

SCE、小島監督と契約締結を発表 新作はPS4独占に
コナミを退社した小島秀夫さんがスタジオ「コジマプロダクション」を新設し、SCEと契約。(2015/12/16)

小島秀夫監督の新スタジオとの契約、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発表
小島監督が新たに設立する「コジマプロダクション」の第1作目はPS4向けとなる。(2015/12/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。