ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鉱物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鉱物」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:猫も人間も「きれいで広いトイレが好き」なのは同じ? 猫のお医者さんに、はじめて猫を飼う人が見落としやすいポイントを聞いた
これから猫と暮らす人も、すでに猫と暮らしている人も必見!(2024/5/16)

工場ニュース:
住友金属鉱山らがニッケルを40年超、年間3万t以上採掘可能なエリアの開発に参画
住友金属鉱山と三菱商事は、オーストラリアの鉱山会社であるArdea Resourcesが同国で100%保有する「カルグーリー・ニッケル・プロジェクト」におけるグーンガリー・ハブの開発に新規参画すると発表した。(2024/5/1)

パンを焼くときに“肝心なもの”を入れ忘れたら…… 思わぬ姿になったパンに「こんなふうになるんだ」と驚きの声
古代メソポタミアではこんな感じだったらしいし……。(2024/4/29)

「再利用」は分かりやすいアイデアだが:
どうする? EVバッテリー リサイクルは難しい、でもリユースにも疑問
EV(電気自動車)における大きな課題の一つはバッテリーだ。リチウムイオンバッテリーのリサイクル技術が確立されていない中、“中間ステップ”としてリユースも提案されている。だが、リユースは本当に効果的なのだろうか。(2024/4/24)

電源が入らないケータイを“復活”させて思い出の写真や留守録と「再会」 KDDIが無料イベント「おもいでケータイ再起動」を続ける理由
2024年3月末時点で、全国で400回以上、のべ約1万6000人が体験。(2024/4/2)

材料技術:
カーバイドスラリーと排ガス由来のCO2を原料にしたCCU材料の製造技術を開発
白石工業は、鴻池組、高圧ガス工業、吉澤石灰工業とともに、アセチレンガス製造時の副生成物であるカーバイドスラリーと排ガス由来のCO2を原料とする軽質炭酸カルシウム(カーバイド軽カル)の製造技術を共同開発したと発表した。(2024/3/21)

『学研の科学』から「古代生物カブトエビの世界」が登場! 卵をふ化して育てられる「飼育キット」付き
価格は3300円です。(2024/3/19)

脱炭素:
ASEANのサーキュラーエコノミー実現が国内製造業にとっても重要な理由
PwC Japanは「サーキュラーエコノミーに関する調査レポート2024」などの説明会を開催した。同レポートではASEAN地域におけるサーキュラーエコノミーの現状や必要性などを紹介している。(2024/2/28)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

大山聡の業界スコープ(74):
パワーデバイスは対象になる? ならない? ―― 米国の対中規制のこれまでと今後
今回は、米国による中国に対する規制(対中規制)について、これまでの経緯を踏まえながら、実際に行われている内容を整理し、今後の見通しについて考えてみたい。(2024/2/16)

療養中の渡邊渚アナ、測定結果を公表 病名は明かさず「頑張らないといけないのにね」ポツリ
「去年はこんなにいっぱいラーメン食べてたのに笑」(2024/2/13)

「誹謗中傷をする方は中年の男性が多い」 “フェラーリ女子”YouTuber、密着取材で“炎上”コメントに言及 視聴者層は9割男性
「ちょっとかわいそうだなと思うところはある」と発言。(2024/2/13)

「40歳には全く見えない」 皆藤愛子アナ、未掲載カットを公開→黒衣装の隙間から……「う、嘘やん」
黒の衣装も似合う〜!(2024/2/13)

元乃木坂46・鈴木絢音が金髪ショットを披露したら……? 「金髪でも清楚」「これが噂の」ファン歓声
似合ってる〜!(2024/2/13)

“3度スピード離婚”遠野なぎこ、新恋人との2ショットを披露 「キモがらないでね(笑)」「いつまでも寂しがりなぎこです」
カメラに笑顔を見せています。(2024/2/13)

人気コスプレイヤー・伊織もえが「ノーカット無修正」動画を公開したら…… 「無修正とかいいのかよ」「ありがとう」
確かに無修正だ。(2024/2/9)

日本人ドライバー所属のF1チーム、初公開の新車に「かっこいい」称賛の声も…… チーム名でざわつかせる「そのまま読む事になるんかな」
かっこいい!(2024/2/9)

パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
海外のレストランでの“ノーブラ動画”が物議を醸しています。(2024/2/9)

ファイルーズあい、冷蔵庫をレトロ調にDIY 生まれ変わった姿に「1人で!?」「センスもすごい」と反響
オシャレだ〜!(2024/2/9)

体験型イベント「マクロス超時空フェスティバル」がアンコール開催 映画祭や歌バサラミニライブ併催のゼントラ盛り
こんなチャンス滅多にないんだからね!(2024/2/9)

700馬力のアメ車が下北沢を爆走、映画「シモキタブレイザー」のそうはならんやろ感がジワジワ楽しい
トランザム!!(2024/2/9)

ドラマ「セクシー田中さん」脚本家、芦原妃名子さんを追悼 「今もなお混乱の中にいます」 SNSは削除の意向
Instagramにコメントを投稿しました。(2024/2/8)

乃木坂46・山下美月、同期メンバーから贈り物「おぱんちゅくれた」→実物公開 ファン「美月ちゃんもおぱんちゅも可愛すぎ」
吉田綾乃クリスティーさん「あげた瞬間から付けてくれてた」(2024/2/8)

武井壮、“着衣でも文句ない”グラビアトップ3発表→反響&ツッコミの声 「わかる」「※グラドルではありません」
「服着ても何の文句もないグラビアトップ3」とは。(2024/2/8)

アニメ「シンカリオン チェンジ ザ ワールド」テレ東系列で4月から放送 メインキャストに石橋陽彩&小野賢章&土屋神葉
小野賢章「何を隠そう、おいっ子たちがシンカリオンにどハマりしているので、かっこいい姿を見せられるよう頑張りたいです。笑」(2024/2/8)

祖父が元調教師の櫻坂46・武元唯衣、初めての馬券購入で的中 競馬新聞片手の姿に「堂々とした賭けっぷり」
しっかり的中させてくるあたり、やっぱパワフルだ。(2024/2/8)

堀北真希の妹・NANAMI、4キロの減量に成功で「さらに美人さんに」と反響 30歳目の前に「痩せづらくなっている」
自分のペースで減量したとのこと。(2024/2/8)

「映画おしりたんてい」最新作、ロマンス? or 最大のピンチ? 公開された場面写真がとても意味深
おしりたんていのキスシーンや、胸を撃たれる衝撃シーンの存在が明らかに。(2024/2/8)

新体制発足のF1チーム、新車カラーが“高校デビュー級”の激変「ゲーミングPCみたい」「個人的には大好き」
かなり派手だ。(2024/2/7)

“双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
5月で13歳。(2024/2/7)

日本メーカーがスポンサーの名門F1チーム、新車を発表→他チームから即ツッコミを受ける事態に「なぜわれわれの代表が?」
確かにKOMATSUだが。(2024/2/7)

亡くなった妻との思い出の店を修理したい――ボロボロなカニ料理店、87歳店主と「野性爆弾」ロッシーの“感動展開”に視聴者号泣
泣いた。(2024/2/7)

中尾明慶、20年越しに「WATER BOYS2」新年会へ初参加 当時の共演者は社長や漫画家に
懐かしい。(2024/2/7)

かまいたち山内、家族が「あそこを攻撃してきます」 “急所”巡る家族ショットに「うちの息子もパパのが好き」「ほっこり」
かわいいエピソードだ。(2024/2/7)

84歳迎えたデヴィ夫人が衝撃体力 若々しすぎて宙を舞う 「軽やか」「こんな84歳見たことない」
すごい。(2024/2/7)

遠野なぎこ「私の下の世話まで責任持って下さるのかしら(笑)」 新恋人巡る一部の声に苦言
「私、ホントはいっぱい言いたい事がある」(2024/2/7)

「死んだら一片の鉱物になる」がただひたすらに美しい マンガ『鉱物願望シリーズ』が染み渡る優しさ
死んだ後に遺るものが、鉱物ならば――「生きている」今を味わってほしいマンガ。(2024/2/6)

エネルギー管理:
「有事への備え」――石油・LPガス備蓄の現状と水素等へのタンク転用
電力インフラのレジリエンスを考える上で、災害時にはエネルギー供給の「最後の砦」と位置付けられている石油。昨今の不安定な国際情勢や脱炭素化の流れを受け、資源エネルギー庁では今後の石油備蓄の在り方についての検討を進めている。(2024/1/18)

工場ニュース:
メタンハイドレートの長期産出試験を遠隔モニタリングシステムで支援
東洋エンジニアリングは、米国アラスカ州ノーススローププルドーベイ鉱区におけるメタンハイドレート長期陸上産出試験で、ガス生産を開始したと発表した。同社は遠隔モニタリングシステムを構築するなど、試験の目的達成を支援している。(2024/1/17)

Innovative Tech:
植物の根に“電気刺激”、通常より50%速いペースで成長 「電子土壌」をスウェーデンの研究者らが開発
スウェーデンのリンショーピング大学に所属する研究者らは、水耕栽培用の新しい電気伝導性の栽培基盤“電子土壌”を提案した研究報告を発表した。「eSoil」と名付けた基盤に電気刺激を与えることで、植物の成長速度を向上できるという。(2024/1/9)

工場ニュース:
リチウムイオン電池からレアメタルを高効率回収、三菱マテリアルが技術開発へ
三菱マテリアルは、子会社の小名浜製錬の小名浜製錬所の敷地内に、リチウムイオン電池リサイクル技術の確立に向けたパイロットプラントを建設する。(2023/12/22)

自然エネルギー:
浮体式洋上風力発電の開発動向、政府は新たな産業戦略を策定へ
主要な国内の再生可能エネルギー電源として導入拡大が期待されている洋上風力発電。なかでも水深の深い海域にも導入できる「浮体式」については、今後さらなる技術開発やコスト低減が求められている。こうした浮体式洋上風力発電に関する技術開発や、政府の投資政策の動向についてまとめた。(2023/12/21)

Supply Chain Dive:
トヨタは「老朽化プリウス」を活用 ホンダも取り組む“リチウムイオン電池”不足回避戦略
電気自動車やハイブリッドカーに欠かせないリチウムイオン電池。原料の埋蔵国、生産国が偏在しているリチウムイオン電池を確実に調達するためには何が必要か。トヨタとホンダの戦略を紹介する。(2023/12/20)

エネルギー管理:
脱炭素施策として期待のCO2回収貯留事業、その仕組みとリスク管理の在り方とは?
カーボンニュートラルの達成に向けた方策として導入検討が進んでいる「CCS(二酸化炭素回収・貯留)/CCU(二酸化炭素回収利用)事業」。カーボンマネジメント小委員会の第3回会合では、CCSによるCO2貯留メカニズムやリスクマネジメントの体系等が報告された。(2023/12/6)

不要スマホがゴリラ救う? 京都の動物園に回収ボックスが登場
IT機器に用いられるレアメタルなどの天然資源を巡る森林伐採からゴリラを守ろうと、NPO法人テラ・ルネッサンス(京都市下京区)は京都市動物園(同市左京区)に専用のリサイクルボックスを設置し、不要になったスマートフォンなどの回収を呼びかけている。(2023/12/5)

サプライチェーン改革:
複雑化する調達課題、今日から意識すべき4つのサプライチェーンリスク
MONOistのライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜資材高騰・部品不足に対するレジリエンスとは〜」で実施した未来調達研究所 経営コンサルタントの坂口孝則氏による基調講演を紹介する。(2023/12/4)

トラックボールに挑戦!:
エレコムのトラックボール新モデル「IST」で始める腱鞘炎対策
エレコムから、新型トラックボール「IST」が発売された。多彩な接続方法だけでなく、ボール支持部の変更まで行える多彩な新モデルを試した。(2023/12/1)

Supply Chain Dive:
「半導体不足」の悪夢、再び? 中国のレアメタル規制に日米韓が対抗策
レアメタルの埋蔵量で圧倒的に優位に立つ中国が2023年8月から実施しているレアメタル輸出規制。日本と米国、韓国はこの危機を乗り越えるべく、“同盟”関係の構築に動いている。半導体などの原料であるレアメタルの入手困難という危機を回避できるだろうか。(2023/11/28)

社長が「匿名宝飾店」を振り返る:
「バカじゃないの?」とも言われた――4℃は「ブランド名を隠す」戦略で何を得たのか
SNS上で一部ネガティブなイメージが語られ、度々話題を集めているジュエリーブランド「4℃(ヨンドシー)」。9月にブランド名を隠した期間限定のジュエリーショップ「匿名宝飾店」をオープンし、話題に。瀧口社長が「匿名宝飾店」を振り返って感じた手応えは……?(2023/11/29)

1平方インチ当たりで600個:
微細な“穴”で二酸化炭素を吸着/回収、再利用する技術
日本ガイシは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)に出展し、大気中の二酸化炭素を吸着/回収するセラミック基材や、二酸化炭素の再利用を可能にするサブナノセラミック膜を展示した。(2023/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。