ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鉱物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鉱物」に関する情報が集まったページです。

文部科学省で展示:
「世界最硬」ダイヤは愛媛で生まれた
「世界一硬い」とされるダイヤモンドが8月9日まで、文部科学省(東京)で展示されている。天然ダイヤをすりつぶす硬度を誇る。“世界最硬”のダイヤモンドが生まれたのは偶然がきっかけだったという。(2019/7/12)

自然エネルギー:
青森県に新たな地熱発電所を計画、オリックスが掘削調査を開始
オリックスが青森県風間浦村および青森市で、地熱発電の事業性検証のための掘削調査を開始したと発表。2020年2月までのをめどに、地熱資源の確認のための掘削調査を実施する。(2019/6/26)

液漏れグリッターケースに注意 スマートフォンケースやけどで国民生活センターが調査
国民生活センターが、液体の入ったスマートフォンケースからの液漏れに注意喚起。(2019/5/31)

キン肉マンのリアル「超人」図鑑、学研から発売 約700体を生物図鑑風に分類しフルカラーでガチ解説
企画・編集の担当は、なんと漫画の超人募集企画で「ジャンクマン」が採用された投稿職人。(2019/5/22)

ロボット開発ニュース:
自律型海中ロボットなど3台が連携、広範囲の海底面の3次元画像取得に成功
東京大学 生産技術研究所は、コバルトリッチクラストが分布する南鳥島南西の拓洋第5海山において、3台のロボットを連携させ、広範囲に及ぶ海底面の3次元画像を取得することに成功した。(2019/4/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

ピカチュウやプリンと夏の冒険に出よう! ポケモン印の冷感&保湿アイテム「ポケモンクールボディジェル」が頼もしい
ムロタウンでは必須。(2019/4/11)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)

リュウグウに水あった はやぶさ2観測
探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星「リュウグウ」に水があることが分かったと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。地球の水は小惑星から運ばれたとする仮説の検証につながりそうだ。(2019/3/20)

活躍する中小企業:
深海に挑む「江戸っ子1号」 ものづくりの技で海洋権益守れ 
宇宙と並び未知の領域が広い海。特に水深が数千メートルにも及ぶ海の底に、どんな世界が広がっているのかは専門家の間でもあまり知られていない。その深海に共同開発した無人海底探査機「江戸っ子1号」で挑んでいるのが、東京や千葉の中小企業。平成25年11月には千葉県房総半島沖の日本海溝、水深8000メートルに挑み、同7840メートルで深海魚の撮影に成功した。この実績をひっさげて新たに乗り出したのが、1年間にわたる長期海底観測だ。(2019/3/18)

自然エネルギー:
国内で約22年ぶり、岩手県で7MW級の地熱発電所が本格稼働
岩手県八幡市で建設が進んでいた「松尾八幡平地熱発電所」が本格稼働を開始。出力は約7.5MWで、国内で中規模クラスの地熱発電所が稼働を開始するのは約22年ぶりになる。(2019/2/7)

新建材:
“環境配慮”と“施工性”に優れる放射線遮蔽ボード「RadBoard-X」を開発
竹中工務店は、吉野石膏と共同で、主成分の石こうに天然鉱物を添加した放射線遮蔽(しゃへい)ボード「RadBoard-X」を開発した。RadBoard-Xは、天然素材「重晶石」を用いているため、環境へ配慮しているうえ、不燃認定も取得済みで、病院などをはじめ、各種法令に対応した幅広い内装材として用途が見込まれる。(2019/1/7)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンの国力増強策から我々が学ぶこと
前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。(2018/12/19)

自然エネルギー:
秋田県に地熱発電所の新設計画、2024年の稼働を目指し環境アセス開始
出光興産らが秋田県湯沢市で地熱発電所の建設に向けた環境アセスメントに着手。計画では2024年の運転開始を予定している。(2018/12/17)

リラックマがいっぱい! 全12種類のパッケージがかわいい保湿クリームが登場
リラックマ&コリラックマパッケージの「フルプルクリーム」。(2018/12/5)

グレートですよこいつはァ 勢いに圧倒されるカオス漫画「ジョジョに奇妙な昔話」が拾いきれないネタの数々
またまた笑わせていただきましたァン!(2018/10/22)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの月面企業、アナハイム・エレクトロニクスの境地
ガンダムの世界の中では、月も大きな存在感を発揮する。連載「ガンダム経済学」第2回目は、月面都市「フォン・ブラウン」と、その地における最大企業、アナハイム・エレクトロニクスの経済活動に焦点を当てたい。(2018/10/10)

持続可能な社会へ ソニーの一歩が与えるインパクト
環境、社会、ガバナンスに企業がコミットする姿勢を測るESG。ソニーがこのESGへの取り組みを説明した。(2018/9/19)

【マンガ】「岩塩は鉱物の一種」って知ってた?
普通に食べてるけど、鉱物。(2018/8/21)

飛島建設ら3社が“木材活用”の地盤補強工法で、日本建築センターの評定を初取得
飛島建設、住友林業、ミサワホームの3社が共同開発を進める「丸太打設軟弱地盤対策&カーボンストック工法(LP-SoC工法)」が2019年度にも実用化されそうだ。同工法は、自然の丸太を地中に打設することにより、軟弱地盤の補強と炭素の貯蔵を同時に施すもので、地球環境対策や国産材の利用拡大につながると期待される。(2018/8/20)

猫パンチを食らった兄猫のリアクションがすごい躍動感 死角からバレないように「パーンッ」に「ンギャ!」
お兄ちゃん猫の「ンギャ!」なお顔が漫画のような良い表情……。(2018/8/18)

自動車新時代戦略会議:
2050年に電動車100%へ、開発と調達、オープンイノベーションに手厚い支援
経済産業省は2018年7月24日、「自動車新時代戦略会議」の第2回を開催し、2050年までの長期目標に向けた基本方針と今後5年間の重点取り組みについて中間整理案をまとめた。(2018/8/2)

周りの重機がミニチュアに見えるレベル “世界最大の陸上車両”を輩出した巨大重機「バケットホイールエクスカベーター」
無限軌道で移動できるのが不思議に思えるデカさ。(2018/7/13)

太陽光:
スポーツ施設にメガソーラー、シャープがインドネシアで
シャープは環境省の二国間クレジット制度事業として、インドネシアのスポーツ施設にメガソーラーを建設。出力規模は1.6MWで2018年4月から稼働を開始した。(2018/7/5)

製造業IoT:
シェア漸減を打破するブリヂストンのデジタル変革、スマート工場の確立も着々と
ブリヂストンは、モノ売りからコト売りへの移行やスマートファクトリーを中心としたデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)の取り組みについて説明。単純にタイヤ製品の性能を良くしていくだけでは、新興メーカーとの差別化が難しい状況にあり、顧客の困りごとを解決するソリューションプロバイダーへの移行を進めているという。(2018/6/27)

「氷は鉱物の一種」とされる理由
そのイメージはなかった。(2018/6/4)

月隕石から水由来の鉱物発見 月に大量の氷がある可能性も
月から地球に飛来した「月隕石」から、生成に水が不可欠とされる鉱物「モガナイト」を発見したと、東北大学学際科学フロンティア研究所の鹿山雅裕助教ら共同研究チームが5月7日に発表した。月の地下に大量の氷が眠っている可能性もあるという。(2018/5/7)

南鳥島のレアアース、世界需要の数百年分と判明
東大や早大などの研究チームが、南鳥島周辺に世界需要の数百年分に相当するレアアースが存在することが分かったと発表した。(2018/4/12)

魔法使いの暮らしがテーマの雑貨店「Wonder Trip」がステキすぎる! オープン前からTwitterで大きな話題に
神奈川県相模原市にオープン。(2018/4/14)

大流行中の「アルミホイル球体」を真っ二つに切断→中身まさかの……ボッソボソォオオオオ!!!
こうなってたのか!!!!(2018/4/9)

データ分析で困りごとに対応:
ブリヂストンの変革 「タイヤを売らずに稼ぐ」ビジネスとは?
デジタル変革の一歩先を進んでいる企業は、どんな取り組みをしているのだろうか。ブリヂストンは、タイヤという「モノ売り」から、ソリューションビジネスへと変革を進めている。ITmedia ビジネスオンライン編集部主催セミナーで、同社デジタルソリューションセンター長の増永明氏が講演した。(2018/4/4)

研究開発の最前線:
海底の泥から3000年分のレアアース、新産業も生み出す「レアアース泥」とは
資源小国の日本だが、日本を取り囲む海にはさまざまな資源が眠っている。それら海洋資源の1つとして注目されているのが、高品質なレアアースを大量に含む海底の泥「レアアース泥(でい)」だ。南鳥島沖のレアアース泥には、国内需要3000年分のレアアースが含まれているという。レアアースを使った新たな製品につながる技術開発も進んでいる。(2018/4/2)

小鳥飼料に金属片混入? SNSで拡散、メーカーが見解発表 正体は「畑の土に含まれる天然鉱物」
磁石にくっつく欠片が入っているとSNSを中心に不安の声が拡散していました。(2018/3/26)

ホントに魔法が使えそう……! 展示会に出展された「魔法の杖」に「美しい」「装備したい」と称賛
ボスに有効な杖はどれですか!?(2018/2/6)

鉱石を見て「おいしそう」と思ったことがある人へ 鉱石標本みたいな手作りキャンディはいかが?
都内の老舗アメ店が作りました。(2018/1/29)

100万点に及ぶ鉱石が集結! 「東京ミネラルショー 2017」が12月に開催
化石や天然石のアクセサリーもあります。(2017/11/27)

羊皮紙風用紙からペストマスクまで自作できちゃう「魔術師のための創作BOOK」がハロウィーンに使えそう!
読むだけでも満たされる中二心。(2017/10/17)

SNS映え間違いなし 琥珀糖や洋菓子で色鮮やかな鉱石を再現した「食べられる鉱物」のレシピ本が登場
見てるだけでワクワクする。(2017/10/3)

「江戸っ子1号」製造:
岡本硝子が急騰 鉱床採掘成功で深海探査機事業に期待
岡本硝子がストップ高。経産省とJOGMECが「海底熱水鉱床」の採掘実験に初成功し、深海探査機事業の拡大に期待が集まったため。(2017/9/27)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
最初の3〜7秒で第一印象は決まる――「カッコいいオヤジ」の魅せ方、教えます!
人の第一印象は、最初の出会いから3〜7秒で決まるという。そこで、重要になるのが、髪形、顔、服装、ボディーメークなどのちょっとした工夫によるイメージ戦略である。第一印象を変えることで、仕事の意識も、人生観も改革できる。(2017/9/6)

タフで実用的、アウトドアに欠かせないオリンパス「TG-5」
(2017/7/29)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(3):
アルミニウムと銅のいろいろと、めっきやアルマイトのお話
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は、“鉄に非(あら)ざる”、「非鉄金属」の中から、アルミニウムと銅のいろいろについてです。アルマイトとめっきの違いについても説明します。(2017/6/28)

「実は撮り鉄なんです」 鉄ヲタのカミングアウトから投稿された写真が予想外に神秘的な美しさ……!
これは珍しい種類の撮り鉄。(2017/5/10)

自然エネルギー:
深海の熱水噴出域、天然の発電所であることが判明
海洋研究開発機構と理科科学研究所の研究グループは、沖縄トラフの深海熱水噴出域において電気化学計測と鉱物試料の採取を行い、持ち帰った鉱物試料について実験室で分析を行った。その結果、深海熱水噴出域の海底面で発電現象が自然発生していることを明らかにしたという。(2017/5/9)

FAニュース:
工場やプラントのOTを一括カバーするIoTプラットフォーム、シュナイダーが投入
シュナイダーエレクトリックが、同社のソフトウェア事業戦略について説明。同事業の中核を成す「Wonderware」の新製品として、工場/プラントで用いられているOT(制御技術)を一括してカバーするIoTプラットフォーム「System Platform2017」を投入する。(2017/4/25)

東芝 Meister SRM:
シナノケンシ、戦略調達ソリューションを強化――BCPや文書履歴管理機能など
東芝は、同社がシナノケンシに納入した戦略調達ソリューション「Meister SRM」に「BCP管理機能」と「サプライヤーポータル」を追加したと発表した。(2017/4/21)

製造IT導入事例:
シナノケンシが調達システムを強化、BCPや文書履歴などを確保する機能
シナノケンシは、新たに調達基盤を強化した。災害時に部品の生産状況が迅速に把握でき、交換履歴まで含めた文書管理が可能とした。(2017/4/10)

自然エネルギー:
岩手県八幡平に7000kWの地熱発電所、資源量を確認し開発段階へ
地熱電源開発を進める岩手地熱が、岩手県の八幡平に計画していた7000kW級の地熱発電所の建設計画が、開発段階に進んだ。JOGMECがこのほど計画発電量に必要な地熱資源量を確認した。JOGMECが岩手県が借り入れる建設資金の約80%相当を債務保証する。(2017/3/7)

IHS Industrial IoT Insight(4):
IoTの活用が期待される自動車産業、新興国が再びけん引役に
今後の製造業の発展に向けて必要不可欠とみられているIoT(モノのインターネット)。本連載では、IoTの現在地を確認するとともに、産業別のIoT活用の方向性を提示していく。第4回は、IoTの活用が期待されている自動車産業について、主要各国市場の動向について説明する。(2017/3/6)

死海文書を収めていた“第12の洞窟”、ヘブライ大学が新発見
盗掘により文書そのものは失われていたが、筆記用の羊皮紙や、収納用の瓶や布が発見された。(2017/2/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。