ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「科学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「科学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

環境負荷の削減など課題は山積:
「CHIPS法」だけでは不十分、米国の半導体政策
米国は、半導体製造の“自国回帰”を強化している。半導体関連政策に520億米ドルを投資する「CHIPS and Science Act」(CHIPS法)は、それを後押しする重要な法律だが、これだけでは十分とはいえない。環境負荷の削減など、より広い意味での持続可能性を持つアプローチを検討する必要がある。(2024/2/19)

データサイエンスのモデル入門【第1回】
ギャンブルが起源「データサイエンス」の基礎が分かる“4つの予測モデル”とは?
データ駆動型の意思決定がビジネスに欠かせなくなった。企業は予測モデルを構築してシミュレーションを重ねることで、深い洞察を得ることができる。代表的な4つのモデルについて、その起源や特徴を解説する。(2024/2/14)

4/8Gバイトの2モデル:
Raspberry Pi 5の国内販売が開始
スイッチサイエンスとケイエスワイが「Raspberry Pi」の最新モデルである「Raspberry Pi 5」の国内販売を開始した。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
AGCの2023年通期業績は減収減益、塩ビ販売価格下落や製造原価の悪化が影響
AGCは2023年12月期通期(1〜12月)決算と2024年12月期通期業績の見通しを発表した。2023年通期の売上高は前年同期比0.8%減の2兆193億円で、営業利益は同29.6%減の1288億円となった。塩化ビニールの販売価格の下落やライフサイエンスセグメントの受託売上減少、製造原価の悪化などで減収減益を記録した。(2024/2/9)

研究開発の最前線:
アモルファス材料の構造的特徴と熱伝導率の相関性をデータ科学により解明
東北大学と物質・材料研究機構は、アモルファス材料における熱伝導率などの物性変化をもたらす構造的要因を解明した。構造的特徴と物性の相関性が明らかになったことで、新たな熱制御材料の開発が期待される。(2024/2/7)

CIO Dive:
IT人材不足解消の切り札になるか? CompTIAがトレーニングや認定資格を刷新
CompTIAは技術トレーニングのラインアップを拡大し、サイバーセキュリティやデータサイエンス、フルスタックの資格を追加して既存の5つの認定プログラムを刷新する。(2024/2/2)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)

デザインの力:
科学的設計プロセスによる新たなボディー構造を採用したエレキギター
ヤマハはエレキギターの新モデル「Pacifica Professional」と「Pacifica Standard Plus」の販売を開始する。同社独自の科学的設計プロセス「アコースティック・デザイン」による新しいボディー構造を採用するなど音響特性を追求している。(2024/1/29)

超高感度磁気センサーの実現に期待:
フレキシブル基板上の磁性薄膜で創発インダクタンスを観測
慶應義塾大学とブラウン大学、中国科学院大学らの共同研究チームは、フレキシブル基板上の磁性薄膜において、室温かつ低磁場の環境で「創発インダクタンス」を観測し、そのメカニズムについても解明した。(2024/1/30)

アメリカの科学者が提案する「完璧な紅茶の入れ方」がイギリスで波紋 大使館がコメントを出すも……?
仲直りしたいのかケンカを売ってるのかどっちなんだ。(2024/1/25)

量子コンピュータの課題 「訂正」する画期的技術を開発 東大教授ら起業へ
光を使った量子コンピュータの実現に向け、東京大の古沢明教授らのグループが9月にも会社を設立する方針であることを明らかにした。量子コンピュータで課題となっていた、計算エラーを訂正する画期的な技術を開発し、18日(日本時間19日)に米科学誌サイエンスに論文が掲載された。この成果により、必要な技術開発に目途が立ったため、起業するという。(2024/1/19)

電子ブックレット(メカ設計):
深くて面白い“スポーツ×科学・テクノロジー”の世界
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、スポーツの世界における謎の解明や選手のパフォーマンスを向上させる製品開発など、シミュレーションや計測技術の活用とスポーツの関係性にフォーカスした記事をまとめた「深くて面白い“スポーツ×科学・テクノロジー”の世界」をお送りします。(2024/1/18)

「SLIM」月面着陸をライブ配信、19日夜 記者会見も生中継
JAXA宇宙科学研究所は、1月19日に小型月着陸実証機「SLIM」の月着陸運用と記者会見の模様をライブ配信すると告知した。(2024/1/12)

Innovative Tech:
「はかなく美しい……」 シャボン膜を“凍結”させたスクリーン 北陸先端大の研究者らが開発
北陸先端科学技術大学院大学の佐藤俊樹研究室に所属する研究者らは、シャボン膜を凍結させたスクリーンを提案した研究報告を発表した。(2024/1/12)

Innovative Tech:
家庭用ヘッドセットから脳に“電流” うつ病に効く? 欧米の研究者らが174人で実験
英University of East Londonや米University of Texas Health Science Center at Houstonなどに所属する研究者らは、家庭で使用するヘッドセットを用いて脳に定期的に電気を流すことによるうつ病への効果とその安全性を検証した研究報告を発表した。(2024/1/12)

蔵出しブックレット
女子生徒が感じた「IT業界に女性が少な過ぎる」“根本的な理由”って?
女性がITの世界に進むことをためらうとすれば、その“根本的な原因”とは何なのでしょうか。コンピュータサイエンスを学ぶ、ある女子生徒の話を基に探ります。(2024/1/11)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

AI・機械学習の業界動向:
2024年の「AI/機械学習/データ分析」はこうなる! 7大予測
昨年2023年は、ChatGPTやGoogle BardなどのチャットAIに注目が集まり、企業やサービスに生成AIが導入されていくなど、大きな変化が一気に起こりました。今年2024年の「AI/機械学習/データ分析/データサイエンス」かいわいはどう変わっていくのか? 現状を踏まえつつ、未来を予測します。(2024/1/10)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【後編】
IT業界の人材問題は「義務教育」に原因? 女性管理職がみる問題の核心は
英国の卒業認定試験「GCSE」にコンピュータサイエンスが加わったのは2010年代だが、ITのさまざまな技術革新があったにもかかわらずカリキュラムの変更がないことを業界人は疑問視する。ある女性管理職の見解は。(2024/1/8)

ファクス使用9割超、押印や署名書類も9割 学校のデジタル化に課題 文科省調査
全国の公立小中学校の9割超が業務にファクスを使っていることが、文部科学省が実施した校務のデジタル化に関する調査で分かった。(2023/12/27)

医療技術ニュース:
心で思い描いたイメージを復元する技術を開発
量子科学技術研究開発機構らは、人が心に思い描いた風景や物体などの「メンタルイメージ」を脳信号から読み出して、復元することに成功した。(2023/12/27)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【中編】
英国女子生徒のSTEM学習は不足しているのか? 「女子の方が優秀」の謎
IT業界に身を置く女性管理職は、業界で潜在的に続く「人材不足」や「多様性の欠如」といった問題は、教育制度と地続きだと考えている。英国の成績データから見える、コンピュータサイエンスの男女差は。(2023/12/25)

プロジェクト:
つくば自動車研の土地を大和ハウスが取得 東京ドーム約3.3個分にスーパーサイエンスシティー
大和ハウス工業は、つくば自動車研究所の未利用地を取得した。東京ドーム約3.3個分の広さに、分譲マンションや教育施設、商業施設などを建設する大規模プロジェクトが始動する。(2023/12/19)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【前編】
英国の女子生徒がSTEM科目を敬遠する流れは、まだ続くのか
英国の卒業認定試験GCSEの結果によると、コンピュータサイエンスを受験する女子生徒の数は増加傾向を見せている。ただしIT業界に身を置く女性管理職は、女子生徒がSTEM分野を学ぶのを阻害する「壁」に課題を感じている。(2023/12/18)

AI・データサイエンス超入門:
データ分析もChatGPTの機能(旧Code Interpreter)でできるか、やったみた【番外編】
ChatGPTの「高度データ分析」機能がデータサイエンスを変える? 素人でも簡単にデータ分析ができるようになるのか? 筆者が実際に挑戦し、実体験に基づく感想と洞察をお届けします。連載の流れとは関係がない番外編です。(2023/12/14)

ローコード×機械学習でアイデアを形にする:
PR:課題解決型学習を通して地域課題を解決する公立千歳科学技術大学の挑戦
学生たちは地域の課題を解決するために、ローコード開発ツールとAppleが提供する機械学習モデル作成ツール「Create ML」を組み合わせて、支笏湖の鏡面現象予測アプリを構築した。(2023/12/12)

OSS開発に利用されている「GitHub」のデータを分析:
「OSSコミュニティーはすぐに活動を終了する」は本当? “6つの神話”をNTTと九州大学が科学的に解析
NTTと九州大学は、OSSコミュニティーの活動実態に関する調査レポート「OSSの神話と真実」を公開した。GitHubのリポジトリに蓄積されたデータを分析、評価することで、OSSにまつわる通説を科学的に検証した。(2023/12/8)

Innovative Tech:
小学校の「端末パスワード問題」どう考える? 児童が被害/加害者になる可能性も 指紋認証は代替え案になるか
広島市立大学大学院情報科学研究科に所属する研究者らは、小学校で普及している端末のパスワード問題を取り上げ、代替案として学校向けのパスワードを用いない指紋ベースのFIDO認証適用の可能生と課題について調査した研究報告を発表した。(2023/12/8)

医療技術ニュース:
医学分野に対する「ChatGP」の正答率は文献数により向上する
横浜市立大学は、OpenAIの「ChatGP」に、医学に関する質問をする際の注意点を科学的に検証した。ChatGPの性能は、各医学分野における情報量の影響を受けている可能性が示された。(2023/12/6)

医療機器ニュース:
医療、ライフサイエンス分野における開発および販売に関する包括的業務提携
タカラバイオとウシオ電機は、医療、ライフサイエンス分野における試薬および機器の開発、販売に関わる業務提携基本契約を締結した。最初の開発品として、感染症分野での遺伝子検査システムを想定している。(2023/11/30)

マテリアルズインフォマティクス:
積水化学が情報科学×化学分析で挑むMI、AIで13種類の物性を同時に予測
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」で、積水化学工業 R&Dセンター 情報科学推進センター長で京都工芸繊維大学 特任教授の日下康成氏が「社会変化の中でのマテリアルズインフォマティクス(MI)の導入と活用」をテーマに行った講演の内容を紹介する。(2023/11/29)

現場改善を定量化する分析手法とは(5):
「工場運営分析」が製造業の省エネとスマート化の基礎になる
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第5回からは前後編の2回に分けて工場運営分析について説明する。前編の第5回は「エネルギー分析」と「生産形態分析」を取り上げる。(2023/11/28)

プロジェクト:
ライフサイエンス分野の研究開発拠点「殿町プロジェクト」が完成、大和ハウス工業と川崎市が開発
大和ハウス工業と川崎市が、いすゞ川崎工場跡地の国際戦略拠点「キングスカイフロント」で開発を進めていた研究施設4棟とホテルから成る「殿町プロジェクト」が完成した。(2023/11/20)

クラスメソッド、国立科学博物館に1300万円寄付 クラファン通じ
クラウド技術支援などを手掛けるSIerのクラスメソッドは、国立科学博物館(かはく)のクラウドファンディングを通じて1300万円を寄付したことを発表した。(2023/11/14)

科学未来館にロボット「ケパラン」登場 トヨタが協力
日本科学未来館は9日、オリジナルのパートナーロボット「ケパラン」を発表した。22日から展示する。(2023/11/9)

約9.2億円集まる:
「理念で死ぬわけには」 科博クラファン大幅達成、ネット上の議論見て館長が一言
国立科学博物館はクラウドファンディングで、目標金額1億円に対して9.2億円の支援金を集めた。篠田館長は感謝の言葉とともに、ネット上の議論についても振り返った。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラファン、約9.2億円が集まる 目標金額の9倍超、約5.7万人が参加
国立科学博物館は11月6日、運営費を募るクラウドファンディングの結果を発表した。目標金額は1億円、目標金額の1億円に対し、約9.2億円が集まった。約5.7万人が支援した。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラウドファンディング、約9億2000万円の支援を集め終了
支援者は約5万7000人。(2023/11/6)

科博クラファン、目標の8倍以上の支援集め成功も…… SNSでは「なぜ国が支援しないのか?」の疑問多数 文化庁と科博に聞く
間もなく終了する国立科学博物館のクラウドファンディング。SNSで多く寄せられている疑問について聞きました。(2023/11/3)

研究開発の最前線:
クモの器官を参考に、ひずみを計測可能な柔軟光センサーシートを開発
東京大学は、神奈川県立産業技術総合研究所、宇都宮大学、科学技術研究所と共同で、クモの脚関節近くの亀裂が平行に並んだ器官を参考に、ひずみが測れる光センサーシートを新たに開発した。(2023/11/2)

2025年度の学力テスト、中3理科でPC使い実施 動画の出題可能に、文科省が素案
文部科学省が、小学6年と中学3年の全員を対象に毎年実施している「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)について、2025年度の中3理科をPCを使った新方式で行うとする素案を発表した。(2023/10/27)

論文投稿サイト「arXiv」に1000万ドル超の寄付 クラウド移行やコードの最新化に活用
米コーネル大学が、同学の研究機関が運営する論文投稿サイト「arXiv」について、基礎科学研究を支援する米国の財団「サイモンズ財団」と米国国立科学財団から1000万ドル超の寄付を受け取ったと発表した。寄付金はarXivのクラウド化やコードの最新化など、ITインフラの強化に充てるという。(2023/10/25)

政府はデータセンター拡充などを支援:
高市早苗氏、「AI導入遅れで日本が競争力失わないことが重要」
内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)の高市早苗氏が「CEATEC 2023」で基調講演を行った。産業界でのAI(人工知能)導入の重要性を語り、政府の取り組みを紹介した。(2023/10/19)

戦略&データ活用が導く成功への道:
庭山一郎氏×西内啓氏 第一人者が語る、データからB2Bのマーケティング戦略を立案するための方法
B2Bマーケティングとデータサイエンスの第一人者による夢のコラボが実現。データ駆動型B2Bマーケティングについて語った。(2023/10/13)

関大がデータサイエンス学部新設を計画 今年度内に申請、令和7年開設へ
関西大学(大阪府吹田市)が、新学部「ビジネスデータサイエンス学部」を開設する計画を発表した。ビジネスの知識とデータ分析の技術を身に付け、新たな価値を創造する人材の育成を目指す。(2023/10/12)

これまで約7万6000人が受講:
無料で「実践的なデータサイエンス」を学べるオンライン演習を開講 総務省
総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」を開講した。行政やビジネスでの活用を想定しており、業務やビジネス上での分析事例を中心に実践的な統計分析手法を解説する。(2023/10/12)

「AIの遺電子」と探る未来 番外編:
23歳のAIBO、“引き際”はどこに 「ロボット死なない問題」などを3人の有識者が議論
ChatGPTなど生成AIが現実に登場した中、AI・ロボットが今後日常生活により浸透していくことは避けられない。そんな未来をどう考えるべきか? AI・ロボットとどう付き合っていくべきか? 3人の有識者が日本科学未来館で議論した。(2023/10/10)

朝日新聞出版、Newtonを子会社化 事業再生完了、サービス拡大へ
朝日新聞出版は10月5日、科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスの全株式を取得し、子会社化したと発表した。(2023/10/6)

電動化:
EVの電池容量は10kWhでも足りる? 走行中無線給電の公道実証を開始
東京大学大学院 新領域創成科学研究科の藤本・清水研究室は走行中の電動車に無線給電を行う実証実験を開始する。(2023/10/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler McMullen(前):
次元削減、局所性鋭敏型ハッシュ――コンピュータサイエンスは美しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はFastlyのCTO、Tyler McMullen(タイラー・マクマレン)さんにお話を伺う。高校生のころはアーティストになりたかったタイラーさん。そんな同氏を引き留め、エンジニアの道に導いたのはある先生の一言だった。(2023/10/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。