ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「くーまん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「くーまん」に関する情報が集まったページです。

「くーまん」に迫るでふ:
PR:ARROWSで「星の輪熊」を飼う
あなたは「くーまん」という星の輪熊の赤ちゃんをご存知だろうか。かつては東芝のケータイに住んでいた、“〜でふ”が口ぐせのキャラクターで、今は富士通製のスマートフォンにも生息が確認されている。このくーまんを、あなたのARROWSで飼い始めるノウハウを伝授しよう。(2013/3/8)

「くーまんはMNPしたでふよ〜」とか言いそう:
ドコモの富士通ケータイに搭載された「くーまん」に癒された
かつてソフトバンクモバイルの東芝製ケータイに搭載されていた「くーまん」に要所要所で癒された人たちも多いことだろう。そのくーまんが、ドコモの富士通ケータイに“引っ越し”ていた。もし富士通ケータイを購入したら、使ってみてほしい。(2011/6/27)

くーまんが遊びに来たでふよ――ソフトバンク原宿の東芝端末体感イベント
ソフトバンクモバイルがソフトバンク原宿で開催している東芝製端末の体感イベントにくーまんが登場。3月31日と4月1日の2日間、記念撮影会などを行った。(2007/4/2)

「くーまん」がソフトバンク原宿にやってくる
「ソフトバンク原宿」で、東芝製端末の販促イベントが行われている。“全部入り”ケータイ「911T」などの実機を試せるほか、東芝製端末でおなじみのキャラクター「くーまん」も登場。週末には記念撮影会も行う。(2007/3/29)

“愛”あふれるキャラクター「くーまん」。生誕の秘密と復活の理由
2G端末時代から東芝製携帯ユーザーを虜にした愛すべきキャラクター「くーまん」が、2006年のソフトバンク秋冬モデルでめでたく復活を遂げた。改めて“くーまん”とは何か、どんな魅力があるのか、復活した理由は何か。東芝のくーまん企画担当者に聞いた。(2006/12/20)

ソフトバンク「810T」レビュー 後編:
あなたは多分、“くーまん”の魅力を知らない──「810T」
充実したメール機能とフレンドリーデザインが特徴の「810T」。後編は、復活した“くーまん”の魅力と、昨今、子ども向けとして望まれるGPS機能を中心に解説していく。(2006/12/4)

ソフトバンク「810T」レビュー 前編:
まな〜も〜どちゅうでふよ♪──“くーまん”入りの簡単ケータイ「810T」
簡単モード、位置お知らせメール、薄型デザイン、音楽、324万画素カメラ、便利で使いやすいメール機能……そして“くーまん”。幅広い利用シーンに対応できる簡単ケータイ、それが「810T」だ(2006/11/30)

「V601T」「nudio」に不具合、回避方法を公開〜ボーダフォン
ボーダフォンは「V601T」「nudio(V602T)」について、不具合があると発表、回避方法を公開した。「待ち受けくーまん」を起動していると、1月30日・31日の両日、キー操作や発着信が行えなくなる。(2005/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。