ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「くーまん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「くーまん」に関する情報が集まったページです。

「くーまん」に迫るでふ:
PR:ARROWSで「星の輪熊」を飼う
あなたは「くーまん」という星の輪熊の赤ちゃんをご存知だろうか。かつては東芝のケータイに住んでいた、“〜でふ”が口ぐせのキャラクターで、今は富士通製のスマートフォンにも生息が確認されている。このくーまんを、あなたのARROWSで飼い始めるノウハウを伝授しよう。(2013/3/8)

「くーまんはMNPしたでふよ〜」とか言いそう:
ドコモの富士通ケータイに搭載された「くーまん」に癒された
かつてソフトバンクモバイルの東芝製ケータイに搭載されていた「くーまん」に要所要所で癒された人たちも多いことだろう。そのくーまんが、ドコモの富士通ケータイに“引っ越し”ていた。もし富士通ケータイを購入したら、使ってみてほしい。(2011/6/27)

くーまんが遊びに来たでふよ――ソフトバンク原宿の東芝端末体感イベント
ソフトバンクモバイルがソフトバンク原宿で開催している東芝製端末の体感イベントにくーまんが登場。3月31日と4月1日の2日間、記念撮影会などを行った。(2007/4/2)

「くーまん」がソフトバンク原宿にやってくる
「ソフトバンク原宿」で、東芝製端末の販促イベントが行われている。“全部入り”ケータイ「911T」などの実機を試せるほか、東芝製端末でおなじみのキャラクター「くーまん」も登場。週末には記念撮影会も行う。(2007/3/29)

“愛”あふれるキャラクター「くーまん」。生誕の秘密と復活の理由
2G端末時代から東芝製携帯ユーザーを虜にした愛すべきキャラクター「くーまん」が、2006年のソフトバンク秋冬モデルでめでたく復活を遂げた。改めて“くーまん”とは何か、どんな魅力があるのか、復活した理由は何か。東芝のくーまん企画担当者に聞いた。(2006/12/20)

ソフトバンク「810T」レビュー 後編:
あなたは多分、“くーまん”の魅力を知らない──「810T」
充実したメール機能とフレンドリーデザインが特徴の「810T」。後編は、復活した“くーまん”の魅力と、昨今、子ども向けとして望まれるGPS機能を中心に解説していく。(2006/12/4)

ソフトバンク「810T」レビュー 前編:
まな〜も〜どちゅうでふよ♪──“くーまん”入りの簡単ケータイ「810T」
簡単モード、位置お知らせメール、薄型デザイン、音楽、324万画素カメラ、便利で使いやすいメール機能……そして“くーまん”。幅広い利用シーンに対応できる簡単ケータイ、それが「810T」だ(2006/11/30)

「V601T」「nudio」に不具合、回避方法を公開〜ボーダフォン
ボーダフォンは「V601T」「nudio(V602T)」について、不具合があると発表、回避方法を公開した。「待ち受けくーまん」を起動していると、1月30日・31日の両日、キー操作や発着信が行えなくなる。(2005/1/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。