レビュー
» 2006年11月30日 10時04分 公開

ソフトバンク「810T」レビュー 前編:まな〜も〜どちゅうでふよ♪──“くーまん”入りの簡単ケータイ「810T」 (1/3)

簡単モード、位置お知らせメール、薄型デザイン、音楽、324万画素カメラ、便利で使いやすいメール機能……そして“くーまん”。幅広い利用シーンに対応できる簡単ケータイ、それが「810T」だ

[坪山博貴,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルの2006年秋冬モデルとなる東芝製端末「810T」は、ボーダフォン時代の3Gコンバージェンスにほとんど縛られない、同社らしい操作性が復活したことが特徴の1つとなる端末だ。

photophoto 東芝製端末「810T」。ボディはスタンダードな折りたたみ型。ブラックモデルは周辺部の艶消し加工/ピンクモデルは中央部に花柄のプレートと金色のフレーム/ホワイトモデルは中央部に模様入りのプレートを配置し周辺部をエンボス加工するデザインんが特徴。ブラックはビジネスユースや年配ユーザー向けとし、残りの2色でほかの利用層をカバーという感じだ。いずれも「ド派手」ではない点もポイント

 かつて端末の操作性を可能な限り統一し、世界標準の使い勝手を目指した「ボーダフォン3Gコンバージェンス」と呼ぶ戦略があった。結果的には国内では不評に終わったが、この戦略からもっとも早く軌道修正をしはじめたのが東芝製端末「902T」だった。

 なお、902T以降も3Gコンバージェンスの影響は皆無ではない状況が続いたが、東芝製の端末は2006年秋冬モデルの「910T」でUIをほぼ同社の2G端末に合わせこみ、今回試す810Tでは、さらに2G端末で好評だった機能も復活した。かつての2G端末で人気の高かったキャラクター「くーまん」がフル機能で搭載されたことも含めて、使い勝手と楽しさにこだわった端末に仕上がっている。

 810Tは使い勝手を重視し、幅広いユーザー層に対応できる「フレンドリーケータイ」に位置付けられる。ただし、有効324万画素のカメラや音楽再生機能、GPS機能、ソフトバンクの新サービスの多くにも対応する多機能・高機能さもポイントである。

 なお、W-CDMAに加えてトライバンドGSMにも対応する。国際ローミングに強い点はボーダフォン時代の流れをくんでいるが、残念ながら同社端末に搭載例が多いBluetoothには非対応。端末のターゲットとなるユーザー層がどれだけBluetoothを利用するかという点を考慮すると、やむを得ず事情に合わせた部分もあるのだろう。

photophotophoto 右側面は3つのキー(シャッター/上下)と赤外線ポートが、左側面に角型イヤフォン端子とmicroSDカードスロットを備える。カメラのレンズは裏面にある

 厚さ20ミリのスリムなボディも最近の東芝製端末を象徴するものだ。ボーダフォン時代の3G端末は機能重視の端末が多かった。2006年夏モデルの「705T」よりも薄く、2G端末で好評だった「V502T」と同じ厚さとなっている。

 ソフトバンクモバイルの2006年秋冬モデルは、とくにスリムデザインを特徴とする端末が多く登場した。810Tは、この点では確かに引きが薄い。しかし同機より薄い端末はエントリークラスの7xxシリーズであり、これらには同社の新サービスの多くやPCサイトブラウザも搭載されないなど、スリムゆえにトレードオフとなった機能も多い。

 対して810Tは高機能な上に、au向け端末でも好評を得る、大きく押しやすいフレームレスのドームキーを採用。機能や操作性をほとんど犠牲にしない、“価値のある20ミリ”だといえる。

photophoto キーは東芝製au端末(W45T)でお馴染みのフレームレスのドームキーを採用。中央部が盛り上がった形状が特徴。非常に押しやすく、フレームレスであっても誤操作は起こりにくい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう