レビュー
» 2006年11月30日 10時04分 公開

ソフトバンク「810T」レビュー 前編:まな〜も〜どちゅうでふよ♪──“くーまん”入りの簡単ケータイ「810T」 (2/3)

[坪山博貴,ITmedia]

「今すぐ読メール」も復活、充実度の高いメール機能

 810Tで特に充実度の高いもの、それがメール機能だ。

 まず、2G端末で好評だった「今すぐ読メール」が復活したのがトピックの1つとなる。今すぐ読メールはメールの受信通知を拡張したもので、メールやWeb、アプリ、アクセサリ機能などの使用中も、バックラウンドでメールを受信し、同時に送信元や題名をポップアップで表示してくれるもの。その場でメールをチェックし、返信まで行える。

 なお今すぐ読メールは利用する機能ごとに有効/無効の設定が行える。例えばゲームアプリの起動中は邪魔されたくない場合、メールはバックグランド受信だけで済ませる設定も可能だ。

photophoto アプリ実行中にポップアップ表示された「今すぐ読メール」。送信元と題名の一部もこれで確認できる(左)。今すぐ読メールの機能は機能別に有効/無効の選択が可能。「S!アプリ」以外に、ボイスレコーダー使用時などの選択肢も用意する(右)

 メール返信時は引用以外に、画面を上下に2分割し、元のメールを参照しながら返信メールを作成できる。サブメニューの先頭に「ウィンドウ切替」が配置され、センターキーの2回押しでウインドウ間の移動も可能。参照するメールから範囲選択し、本文に貼り付ける、コピー&ペースト操作も行いやすい。

 なお、参照ウインドウの表示は3行のみで、フォントサイズも固定されている点は少々残念だが、無用な引用をせず、返信元のメールに対して間違いのない返信をしたい場合に特に便利だ。

photophoto 「参照」返信の選択で、画面を上下に2分割し、元メールを表示しながら返信メールが書ける(中)。「ウィンドウ切替」で表示ウインドウを切り替えられる。元メールの内容を深くチェックしたり、その文字列をコピーするのに便利(右)

 次は、他キャリアのユーザーにメールを送る際にトラブルが起こりやすい絵文字(機種依存文字)入力時の工夫。入力時に「ドコモ」「au」対応の絵文字一覧が表示する機能が備わっている。この機能により、少なくとも送信したメールの絵文字が確認できない可能性は非常に低くなる。

 ちなみに本機は、ドコモの“デコメール”、KDDIの“デコレーションメール”に相当する「アレンジメール」にも対応する。テンプレートを利用するだけで簡単にグラフィカルなHTMLメールを作成できるようにもなった。au向け端末はまだデコレーションメール対応端末が少ないが、ドコモ端末は多くの端末がデコメールに対応している。メール相手にドコモユーザーが多い場合は便利に使えるだろう。

photophoto アレンジメールの操作性は、ドコモ端末に備わるデコメールのそれと似ている。簡単にグラフィカルなメールが作成できるテンプレートもプリインストールされている。もちろん「くーまん」のものある
photophotophoto テンプレートから作成したアレンジメール(左)、これをドコモ「P902i」で受信したもの(中)、P902iから送信したデコメールを810Tで受信したもの(右)。デコメール/アレンジメールの再現性はほぼ問題ない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう