レビュー
» 2006年11月30日 10時04分 公開

ソフトバンク「810T」レビュー 前編:まな〜も〜どちゅうでふよ♪──“くーまん”入りの簡単ケータイ「810T」 (3/3)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 メールの管理機能もかなり充実した印象だ。

 送受信ともに受信フォルダ(一般フォルダ)以外に17個のフォルダを自由に使用可能で、メールアドレス(アドレス帳単位、グループ単位での指定も可能)、電話番号(SMS、MMS)での自動振り分けに対応する。メール一覧から即座に振り分け条件を追加したり、振り分け条件の設定時に受信済みメールを振り分けることもできる。

 ちなみに、プリセット済みの「イマドコフォルダ」や「くーまんフォルダ」もフォルダ名や振り分け条件を変更できる。

photophotophoto 振り分け設定は、メール一覧から自動振り分けしたい相手のメールを選択し、サブメニューから「振り分け設定」→振り分け先のフォルダを選択するだけで完了だ。受信済みのメールも自動振り分けできる

 受信フォルダと送信フォルダはペアで管理され、送受信メールを混在して一覧表示させることもできる。

 振り分け条件は送受信メールの両方に適用されるので、例えば、Aさんのメールアドレスを振り分け条件に設定しておけば、送受信メールともに同じフォルダに保存される仕組み。「混在表示」でAさんから受信したメールと送信したメールを同じフォルダ内で一覧できることになる。メールの利用頻度が高いユーザーにはとくに便利だ。

photophotophoto 受信/送信フォルダには同じ名称が適用され(左/中)、送受信メールを一緒に表示する「混在」表示も可能(右)
photophotophoto 封筒のアイコンに「右向きの矢印」があるのが送信メールを示す。自動振り分けを設定した相手との送受信メールは同じフォルダに振り分けられるので、特定の人に対するメールの管理が楽だ(左)。メールのスクロール量は1行、2分の1、1画面の3つから選択できる。文字サイズは5段階に変更可能。1画面最大で19×21文字の表示が可能(中、右)

※後編では、“これがあるから欲しい”と思わせるほどの魅力を放つ愛すべきキャラクター「くーまん」、子ども用としてニーズが高まっているGPS機能を中心に、その使い勝手をチェックしていく予定です。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう