ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Longcheer Technology」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Longcheer Technology」に関する情報が集まったページです。

新興国でも高まる存在感:
iPhoneをしのぐ勢い? 中国スマホをめぐる4つのトレンド
「iPhone 5s」をしのぐハイエンドスペックであるにもかかわらず、低価格で市場に投入されている中国のスマートフォン。台湾で開催された「Touch Taiwan 2014」では、中国のスマートフォン市場について4つのトレンドが紹介された。(2014/9/3)

Windows Phone 8にLenovoやLGが参入──日本のメーカーはまだ
Microsoftは新たなWindows Phone 8パートナーとして中国ZTEやインドLavaなど新興国メーカー9社を紹介した。(2014/2/24)

HSUPA対応の定額通信用USBデータ端末「C02LC」、12月4日に発売
ソフトバンクモバイルが12月4日から、イー・モバイル網を利用して上り最大1.4MbpsのHSUPA通信が定額で利用できるUSBタイプのデータ通信端末「C02LC」の販売を開始する。(2009/12/2)

3Gハイスピード対応のデータ通信端末――「C02LC」「C02SW」
ソフトバンクモバイルは12月、下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbpsの高速通信が可能なUSB接続のスティック型データ通信端末2モデルを発売する。(2009/11/10)

「Doccica」ロードテスト:
第2回 通信速度はそこそこだが、使えるエリアが“広くて深い”
「Doccica」ロードテストの第2回は、気になる通信速度について場所と時間帯をいくつか変えて調べてみた。定額データ通信の代名詞になったイー・モバイルと比較したが、速度よりもどこで使えるかを重視する人もいるだろう。(2009/4/30)

携帯販売ランキング(3月30日〜4月5日):
「Cyber-shotケータイ S001」再浮上――“シンプル系”を切り崩せるか?
シンプル系端末が上位を獲得する傾向が続いているが、そんな中で2009年春モデルの「Cyber-shotケータイ S001」が頑張っている。ドコモのランキングには発売早々入りを果たしたモデルが登場。iPhone 3Gの人気もまだ衰えない。(2009/4/10)

通話機能搭載のUSBデータ通信端末「H11LC」、3月13日発売
イー・モバイルは、USBデータ通信端末「H11LC」を3月13日に発売する。下り最大3.6Mbpsのデータ通信に加え、音声通話やミュージックプレーヤーにも対応する。(2009/3/5)

5分で分かる、先週のモバイル事情――2月21日〜2月27日
2月26日、下り最大40Mbpsのデータ通信サービス「UQ WiMAX」がスタート。KDDIはイリジウム衛星携帯「9555型」を発売した。ソフトバンクは8Gバイト版のiPhoneを実質負担額0円で提供するキャンペーンを開始。ドコモは国際事業の戦略を明らかにした。(2009/3/2)

2枚のSIMカードを使い分け:
ソフトバンク、イー・モバイル網を利用したMVNO開始――PC向け2段階定額プラン「データ定額ボーナスパック」
ソフトバンクモバイルは、イー・モバイル回線を使ったMVNOサービスを3月6日から開始する。MVNOによる定額制プランと自社網を使った従量制プランを組み合わせた「データ定額ボーナスパック」は、月額1000円〜4980円から。(2009/2/26)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月26日〜2月1日):
“100円PC”需要、イー・モバイル端末の人気傾向に少し変化
ウィルコム端末はお得な「nico.スペシャルモデル」が好調。データ通信端末は、長らく不動の首位だったD02HWを抜き「D12LC」が初の首位を獲得した。(2009/2/6)

ファーストインプレッション:
3.6倍速くなった?――HSUPAに対応したイー・モバイルの「D21HW」を試す
イー・モバイルが開始した、上り最大1.4MbpsのHSUPAサービス。同社はこれまで最大下り速度7.2MbpsのHSDPAサービスを提供しているが、今度は上りの高速化を実施。実際にどれほど上り速度が出るのか検証した。(2008/11/25)

携帯販売ランキング(10月27日〜11月02日):
携帯キャリア各社、冬商戦向け新機種発表ラッシュ──早速新機種も発売
ドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの携帯4キャリアが2008年冬商戦向け新機種を発表。auとソフトバンクモバイルは新機種を早速発売し、長かった“枯れ”期がようやく終わる気配を見せている。冬商戦開始前夜の今回はどの機種が人気だっただろうか。(2008/11/9)

HSUPA導入と“音声通話可能”なデータ端末の投入でUMPC市場も賑やかに――イー・モバイル
イー・モバイルは、HSUPA導入によりアップロードを高速化し、対応するデータカード3機種を11月20日から順次発売する。また、音声通話が可能なデータ端末と音声端末2機種も発表した。(2008/11/6)

通話機能とミュージックプレーヤーを搭載したデータ端末――「H11LC」
イー・モバイルは、PCとUSB接続して下り最大3.6MbpsのHSPDA通信が可能なデータ通信端末「H11LC」を発表した。データ端末ではあるが、通話機能やミュージックプレーヤー機能も備える。(2008/11/6)

イー・モバイル、11月20日から上り最大1.4MbpsのHSUPA導入――料金は据え置き
イー・モバイルが、上り最大1.4MbpsのHSUPAを導入すると発表した。47都道府県の主要地域から提供を開始し、対応端末3機種を11月20日から順次導入する。(2008/11/6)

イー・モバイル、スティック型「D12LC」のホワイトとシャンパンゴールドを順次発売
イー・モバイルは10月15日、USBスティックタイプのデータ通信端末「D12LC」のホワイトとシャンパンゴールドを10月18日から順次販売すると発表した。(2008/10/15)

携帯販売ランキング(9月15日〜9月21日):
iPhone 3G、王座陥落──Samsung電子製端末に首位奪われる
「それでも、ソフトバンクモバイル端末として最も売れている」──と思っていたあの端末が、今回ついに王座を明け渡した。一方、ドコモとau端末は順位の変動がほとんどなくなり、“敬老の日”需要を担う端末が順当に潤う程度のランキングとなった。(2008/9/26)

イー・モバイル、7.2Mbps通信対応のUSBスティック型「D12LC」発表──9月20日発売
イー・モバイルは7.2Mbps通信対応のUSBスティック型端末「D12LC」を発表、9月20日に発売する。本体にmicroSDスロットを備え、メモリカードリーダーとして利用できる機能も備えた。価格は新にねんの契約で9980円から。(2008/9/3)

携帯販売ランキング(7月7日〜7月13日):
ケータイショップに「iPhone 3G」旋風
7月11日に夏モデルの目玉製品「iPhone 3G」が発売。この期待の新機種は予想通りの動きをしてくれた。一方、ドコモも夏モデルが好調で、ランキングすべてを新機種で占める結果になった。(2008/7/18)

イー・モバイルが新料金プラン導入、データ通信カードも発売
従来よりも長期契約における端末購入価格の割引が強化されている。(2008/7/10)

UMPCに最適:
イー・モバイル、選べる3色のコンパクトUSBデータ端末「D11LC」発売
イー・モバイルは、中国Longcheer製のUSBデータ通信端末「D11LC」を7月30日に発売する。アンテナ内蔵式のボディは国内最薄というコンパクトさで、ピンク/シルバー/ブラックの3色を用意する。(2008/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。