ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メディアキャスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メディアキャスト」に関する情報が集まったページです。

各種配信環境における市販受信機での再生を検証:
Jストリーム、ハイブリッドキャストを利用したMPEG-DASH動画配信実験を実施
Jストリームは、JストリームのCDNサービス「J-Stream CDNext」上で、ハイブリッドキャストを使った「MPEG-DASH」形式の動画配信実験を実施すると発表した。(2016/11/15)

「聞き取りにくい」にサヨウナラ、防災行政無線をテレビで聞く実証実験がスタート
東京ケーブルネットワークとメディアキャストは4月13日、CATVのインフラを利用して防災行政無線をテレビで“聞く”実証実験を開始した。東京都荒川区、千代田区、文京区の協力を得た。(2015/4/13)

メディアキャスト、日吉津村のエリア限定ワンセグに技術提供
4月29日から鳥取県日吉津村でスタートしたエリアワンセグの実証実験に、メディアキャストが簡易データ放送システムを提供している。(2009/5/29)

ケーブルテレビにYahoo!のコンテンツ配信 実証実験開始へ
ケーブルテレビでデータ放送を活用して「Yahoo!JAPAN」のコンテンツを配信する実験が始まる。(2009/1/27)

ネットと放送の連携:
Yahoo!をCATVで配信、メディアキャストら実施へ
メディアキャストはケーブルテレビ会社らと共同で、「Yahoo! JAPAN」のインターネットコンテンツを加入者宅へ配信する実証実験を始めた。(2009/1/26)

ワンセグのデータ放送で視聴者参加番組――テレビ神奈川がトライアル放送
(2008/9/8)

地デジ・ワンセグ用動画のエンコードをAdobe Premiereで――メディアキャストがプラグインソフト
(2008/6/11)

メディアキャスト、姫路城周辺エリアのワンセグ放送の実証実験に技術供与
(2008/4/1)

メディアキャスト、データ放送向けの動作検証システムを開発
データ放送向けソフトウェアなどを開発するメディアキャストは、市販のデジタル放送受信機でコンテンツを動作検証できるシステム「ShotMUX Complete」を発表した。(2007/12/12)

KDDI研とメディアキャスト、ワンセグ規格準拠のH.264ソフトウェアエンコーダを開発
KDDI研とメディアキャストが、ワンセグ放送規格に準拠したH.264ソフトウェアエンコーダを開発。番組制作会社は、専用の放送機材を使うことなくワンセグ番組を制作可能になる。(2007/11/9)

瞬間的な集中アクセスに対応――ワンセグの双方向番組支援システム
(2007/11/2)

メディアキャスト、ワンセグ用組み込みBMLブラウザ「MgOne」を低価格で提供
(2007/8/6)

ワンセグ向け双方向番組制作を支援──フィックスとメディアキャスト、ASPサービスを限定で無料提供
(2007/4/2)

BML初心者でも使える、地デジのデータ放送オーサリングツール──メディアキャストの「Foliage typeA」
メディアキャストは、BML言語での開発が必須となる地上デジタル放送向けのデータ放送コンテンツを容易に作成可能にするオーサリングツールを発売する。ワンセグ向けに続き、固定受信機向けデータ放送コンテンツ作成ツールを提供。(2007/1/30)

ワンセグ/地デジ用番組企画支援ツールを発売
(2007/1/22)

夏の甲子園、地区予選の情報がワンセグデータ放送で
夏の甲子園、岐阜県予選の全試合がワンセグデータ放送で配信される(2006/7/10)

Qualcomm、携帯電話向け全米メディア放送ネットワーク構築へ
(2004/11/2)

セリエAの動画をFOMA向けに配信「セリエAチャンネル」
(2004/2/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。