ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニーモシネ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニーモシネ」に関する情報が集まったページです。

鞄の中のデジモノ百科:
モバイルWi-Fiルーター営業マンの商売道具
モバイルWi-Fiのお世話になっているビジネスパーソンも多いはず。今回は海外渡航者向けにモバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを展開しているビジョンの事業推進担当者・中山俊一さんのカバンの中身を見せてもらった。(2014/6/30)

ISOT 2012:
動画と写真で見るISOT 2012
7月4日から6日にかけて、東京ビッグサイトでISOT(国際文具・紙製品展)2012が開催。本誌でもUstream&ニコニコ生放送で生中継。今回はそちらの放送で紹介したブースを動画と写真で紹介します!(2012/7/12)

仕事耕具:
5つポケット付き「ニーモシネ パッドホルダー」が登場
マルマンは、ビジネス向けノート「ニーモシネ」の新製品「ノートパッドホルダーウィズ5ポケッツ」2種類を2011年2月に発売。価格はA4サイズが2100円、A5サイズが1575円。(2010/11/29)

Biz.ID Weekly Top10:
「ひとりで」最終回で思い出した印象的な人たち
ついに最終回を迎えた連載「ひとりで作るネットサービス」。今回、最後の編集担当が独断と偏見で思い出深い人たちをピックアップした。(2010/5/19)

仕事耕具:
マルマンのニーモシネにビジネス向けダイアリー、400ページの大容量タイプも
マルマンは、ビジネスパーソン向けノート「ニーモシネ」シリーズに、ダイアリー「ニーモシネダイアリー 2011年度版」を追加。400ページのDailyタイプのほか、用途にあわせて合計3種類をラインアップした。(2010/5/11)

誠トレンド格付け2009:
Twitter、iPhone 3GS――2009年、あなたの仕事に影響を与えたものはこれだ!(誠 Biz.ID編)
2009年もいよいよ大詰め。今年の年末企画は「誠トレンド格付け」です。Biz.ID編集部が注目したトレンドを格付けしたもので、TwitterやiPhone 3GSが上位を占めました――。(2009/12/28)

仕事耕具:
文具大賞グランプリの「ニーモシネ ノートパッド」にペンホルダー付き新作
ビジネスシーンに特化したノートシリーズ「ニーモシネ」に新作が登場する。ホルダー素材を高級化し、ペンホルダーやポケット数を増やしたノートパッドタイプだ。(2009/11/20)

文具王の「B-Hacks!」:
文具王選――ブツ撮りを快適にする「超お気に入り文具」
被写体は逃げないし、デジカメなら何枚でも撮れるし――と、アマチュア写真家でも良い写真が撮りやすいブツ撮り。今回は、ブツ撮りのクオリティをさらに高めるお気に入り文具を紹介しよう。(2009/10/30)

Biz.ID Weekly Top10:
“やまびこの色”が見える人たち
「500色の色えんぴつ」が売れているそうだ。ユニークな色名の数々を眺めながら、「共感覚」と呼ばれる知覚現象のことを思い出した。(2009/7/14)

ISOT 2009:
日本文具大賞グランプリは「ニーモシネ」「キットパス」、ポメラおよばず
第18回 日本文具大賞のグランプリが発表。機能部門は日本理化学工業の固形マーカー「キットパスきっず12色」、デザイン部門はマルマンの「ニーモシネ ノートパッド ホルダー付A5」が受賞した。(2009/7/8)

Biz.ID Weekly Top10:
フランス人は群れたがる? 欧州各国スモーカー事情
分煙キャビンを販売するスモークフリーシステムズを取材するため、スウェーデン大使館に向かった筆者。インタビューで聞けた「欧州各国の喫煙事情」(ファニー編)をご紹介します。(2009/3/11)

仕事耕具:
マルマン、“記憶代理”ノート「ニーモシネ」にノートパッドタイプ
マルマンのビジネス向けノート「Mnemosyne(ニーモシネ)」シリーズに、ノートパッドと専用ホルダーを組み合わせた「ニーモシネ ノートパッド」が登場。A4判とA5判の2サイズを用意する。(2009/3/3)

マルマンフェア 2008:
ビジネスシーンに特化したノート「ニーモシネ」誕生の秘密
「大切なことを、自分の代わりに覚えておいてもらう」。そんなコンセプトから生まれたノート「Mnemosyne(ニーモシネ)」が売れている。マルマンフェア 2008で、ニーモシネ開発の背景と、ビジネスパーソンのノートの使い方について聞いた。(2008/11/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。