ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ケータイソムリエ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ケータイソムリエ」に関する情報が集まったページです。

10月11日〜10月17日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
冬モデル発表のシーズンが近づく中、ドコモが冬モデルからシリーズを再編することが分かった。ドコモ端末については、Symbian陣営がHSUPA対応プラットフォームを共同開発すると発表。スマートフォン2モデルを主要キャリア向けに提供するHTCは、戦略説明会で、「国内シェア5%を目指す」とした。(2008/10/20)

“ケータイソムリエ”試験こと「MCPCケータイ実務検定」、実施日は1月28日に
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が総務省の後援を受けて実施する“ケータイソムリエ”試験こと「MCPCケータイ実務検定」の実施日が、2009年1月28日に変更になったようだ。(2008/10/16)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第2回:
その先に業界の明るい未来は待っているのか──総務省の評価会議
総務省は7月1日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているか評価する「モバイルビジネス活性化プラン評価会議」の第2回会合を開催した。(2008/7/2)

総務省、MCPCの「ケータイ実務検定」を後援──ケータイソムリエ試験が始動
総務省は3月31日、「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針」に基づいて、MCPCが主催する「ケータイ実務検定」を後援すると発表した。携帯電話販売員の知識レベルなどを認定する“ケータイソムリエ”試験が始動する。(2008/4/1)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第1回:
“活性化プラン”でモバイル業界は変わったのか──総務省が評価会議を開催
総務省は3月6日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているかを評価する会議の第1回会合を開催した。(2008/3/6)

神尾寿のMobile+Views:
携帯販売員向けの新検定試験、“ケータイソムリエ”に実効力はあるのか
総務省が1月22日に発表した「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針(案)」は、携帯販売員の新たな資格制度の創設を目指すもの。しかしこの方針案が業界に波紋を起こしている。(2008/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。