ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Monster.com」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Monster.com」に関する情報が集まったページです。

Microsoft、Hotmail内で動的なWebサービスを利用できる新機能を発表
メールに安全にJavaScriptを埋め込めるようにしたため、メール内でリアルタイム検索などのWebサービスが利用できるとしている。(2010/12/17)

求人サイトMosnter.com、Yahoo! HotJobsを買収
Monsterは2億2500万ドルでYahoo! HotJobsを買収するほか、Yahoo!へのコンテンツ供給契約を結んだ。(2010/2/4)

オンライン広告支出、第2四半期は5%減
第2四半期はほとんどの地域でネット広告支出が減少し、米国では前年同期から7%減少した。アジア太平洋地域と日本は微増となった。(2009/8/7)

エンジニアはモテる? Googleの「疲れる」採用試験とは――シリコンバレーで働く日本人に聞く
「エンジニアはモテる」「Googleの採用試験で疲れ果てた」――シリコンバレーで働く日本人が告白する、米国エンジニアの意外な実態や苦労とは。(2008/7/25)

人気転職サイト、不正コード挿入で一部ダウン
米大手求人サイトMonster.comに、今度は不正iFrameが仕掛けられる事件が発生した。(2007/11/22)

Monster.comの情報流出、米政府機関の求人サイト利用者も被害
130万人の情報流出事件でMonster.comが再発防止を表明。このような攻撃の標的とされたのは今回が初めてではないという。(2007/8/31)

悪質ソフトで履歴書データベースにアクセス、Monster.comの情報流出事件
求人サイトMonster.comの個人情報流出事件は、悪質ソフトを使って同社従業員アカウントにアクセスされ、履歴書情報を盗まれたという。(2007/8/24)

求人サイトで盗んだ個人情報160万件、ユーザー名指しのスパムに利用
Monster.comからトロイの木馬を使って盗まれた個人情報が、ユーザー名指しのスパムに利用されていたことが分かった。(2007/8/23)

求人サイトにトロイの木馬、個人情報盗む
Monster.comなどの求人情報サイトにトロイの木馬入り広告が仕掛けられ、4万6000人が個人情報を盗まれた。(2007/8/20)

New York TimesとMonsterが求人広告サイトで提携
米New York Timesとオンライン就職/求人情報のMonster Worldwideが提携。共同ブランドで求人広告掲載サイトの運営を行う。(2007/2/15)

団塊向け検索エンジン、Monster.com創設者が立ち上げ
Cranky.comはユーザーのレビューやレーティングを取り入れ、検索の泥沼の中で迷った「cranky(不機嫌)」な団塊世代を助ける検索エンジンだ。(2007/1/15)

ものになるモノ、ならないモノ(11):
国内の総合辞書検索屋への挑戦者、ウェブリオとは?
数回にわたる国内のWeb2.0企業シリーズ。第3弾の今回は、100を超える専門辞書の集合体、Weblio。100を超える専門辞書の集合体、Weblio。既存辞書を登録していくという方針は、ユーザー参加型のCGM辞書を超えられるか?(編集部)(2006/8/10)

米国版「団塊の世代向け」Webサイトがオープン
50歳以上のベビーブーマー/シニア層をターゲットとしたWebサイト「Eons」がオープン。健康やマネーなどの情報提供に加え、「人生でやることリスト」やライフストーリーのシェア、訃報データベースなど、ユニークな機能がそろっている。(2006/8/1)

英国でもiモード──O2に聞くiモード展開の勝算
英国でO2がiモードサービスを開始した。iモード導入の意図や従来サービスとの差別化、他キャリアに対する勝算についてO2に聞いた。(2005/10/17)

“Webのパスポート”になれなかったMS Passport
Passportサービスを「Web全体で通用するシングルサインオンシステム」にしようとしていたMSだが、今はその野望を縮小。PassportはMSとパートナーのサイト向けのものとなる。(IDG)(2004/10/21)

雇用改善で転職サイトのアクセスも上昇
6月の就職・転職サイトへのアクセスが前年同月比で30%増となり、ユーザー数はオンライン人口の18%強に当たる2720万人に達した。(2004/7/17)

@米国IT事情(11):
ドットコムが消えたスーパーボウル 〜 変わりつつあるネット企業の広告戦略 〜
(2001/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。