ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モラトリアム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モラトリアム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「東京独身男子」7話のアラフォー男性の苦闘を読み解く AK男子とは“結婚や幸せ”の固定観念に縛られた最後の世代なのか
高橋一生の部屋はアラフォー男性の頭の中そのものだった。(2019/6/8)

口コミからスマッシュヒット。自分探しタップゲーム「ALTER EGO」が生まれるまで
カラメルカラムの大野真樹さんにインタビュー。(2019/2/23)

「百合」と「SF」、好きなものが両方入っていたら2倍うれしい 『裏世界ピクニック』宮澤伊織に百合を聞く
「最悪にも程がある」のいとうさんを聞き手に百合トーク。(2018/12/3)

「空気を読みすぎたOL」の限界、退職、そして―― アラサー女子マンガ『凪のお暇』に男たちもハマる理由
作者のコナリミサトさんにいろいろ聞いてみました。試し読み付き前後編でお届けします!(2018/10/16)

「地方の若者には“選択肢の格差”がある」 住居費無料で食費も出る非大卒向け「ヤンキーインターン」が生まれた真剣な理由
ヤンキーがインターンしたっていいじゃない!!(2018/10/11)

“男”城主!? 直虎〜新史料に見る井伊の黒幕と黒歴史(後編)
新説の謎に迫る!(2017/2/24)

“男”城主!? 直虎〜新史料に見る井伊の黒幕と黒歴史(前編)
発見された“他見無用の書”には何が書かれていたのか。(2017/2/21)

バンド「ヤバT」の転売チケットへの注意喚起が斬新 「1万円クオリティのワンマンできひんからやめて!」
大阪の3ピースバンド「ヤバイTシャツ屋さん」が、自虐とユーモアたっぷりのチケット転売注意喚起をツイート。(2016/6/10)

13年続いた「カラスヤサトシ」ついに完結 「変わり者」から「非モテの星」そして「裏切り者」へ…… 13年の歩みを振り返る
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第68回」は、カラスヤサトシ先生の「カラスヤサトシ」を紹介します。(2016/5/20)

「ライフワーク」と「ライスワーク」の両立:
PR:藝大卒イラストレーターが選んだ“都合のいい”働き方とは?
自分探しの旅の末に見つけたのは「フリーのイラストレーターになりたい」という思い。だが、独り立ちするまでには生活の糧となる仕事も必要だ。いつかはフリー専業で働くために、彼女が選んだ“都合のいい”働き方とは――?(2016/3/2)

ヤンキー文化50年の歴史をマンガから読み取る ヤンキーマンガのガイドブックが12月発売
1960〜2010年代のヤンキーマンガを100作品以上紹介、「WORST」高橋ヒロシのインタビューなども。(2014/11/7)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(4):
新型うつの予防法
新型うつは対岸の火事ではない。社員が新型うつ傾向に陥らないように企業が行っている予防と対策の実例を紹介する。(2014/6/5)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第7回:
25歳までに読みたいマンガ3選 「ローファイ・アフタースクール」「マフィアとルアー」「ストロボライト」
「25歳を過ぎてから読んでも、もう作品世界にのめり込めないだろうなー」という作品を厳選。ところでなぜ25歳かというと――。(2013/11/1)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/15)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「大学生にギャップイヤーを」と言いつつ、学生の自由を奪う人たち
「就職する前に大学生に猶予期間(ギャップイヤー)を与え、海外などに目を向けさせるべき」と言う人がいます。また「今の学生生活はモラトリアムがなさすぎる、もっとゆとりを」という人もいます。これらの声に対し、当の大学生は……?(2013/7/1)

「弱者」はなぜ救われないのか(3):
年利300〜1000%でもお金を借りる――そんな時代もあった
江戸時代にはさまざまな金貸しの実態があった。両替商、質屋、素金、日銭貸、烏金などどれも金貸し業であり、両替商は年利2割、質屋は年利48%といわれている。また年利300〜1000%という高金利にもかかわらず、当時の人はお金を借りていたという。(2012/9/21)

新連載・部屋とディスプレイとわたし:
「中二」という病(やまい)と音楽産業
若者が盗んだバイクで走り出したり、支配から卒業していた時代は遠くに過ぎ去った。いま音楽産業は「中二病」を取り込めていないのではないか。作家・堀田純司さんによる新連載の第1回目。(2012/5/21)

どうなるパケット定額制 Xiで新方式導入のドコモ「3Gは当面維持したい」
LTE「Xi」に通信量7Gバイト/月の壁を設けるドコモ。ヘビーユーザーに応分の負担をしてもらう狙いで、3Gの定額制は「できるだけ維持したい」と山田社長は話す。(2011/9/8)

「アナログは疲れますね」JNTHEDというアーティスト
村上隆氏率いるカイカイキキから、また1人新たなアーティストが登場した。その名もJNTHED。(2011/8/29)

「タダコピ」創業者の挑戦:
目指せ世界一周!「サムライバックパッカープロジェクト」とは?
コピー用紙の裏を広告媒体とすることで、無料でコピーを利用できる「タダコピ」をご存じだろうか。学生時代に友人とタダコピを立ち上げた人物が、新たな道に踏み出した。次のプロジェクトはずばり「世界一周&情報発信」だという。その狙いとは……?(2011/1/6)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

夢かうつつか、謎の美女に翻弄されるアトラス最新作――PS3/Xbox 360「キャサリン」発表
アトラスは、ペルソナチームが担当するHD機作品第一弾、プレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「キャサリン」を発売すると発表した。(2010/8/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
資金繰りの悩みは「お金の見える化」でスッキリ解決!
企業の存続に欠かせない資金繰り。なぜか悪化するときは突然である。経済危機がひとまず収まった今、資金繰りを4つの通帳で管理してみてはいかがだろう。(2010/5/20)

ちきりん×phaの「そんじゃーダラダラと」(2):
このボクが、“日本一のニート”を目指すことができたワケ
決して正体を明かさないブロガー・ちきりんさんと、プログラマーでありながらニートを続けるphaさんの対談2回目。京都大学を卒業したphaさんは一旦就職するものの、ニートの道を選んだ。なぜ安定した生活を捨ててまで、ニートになろうと決めたのだろうか。(2010/3/5)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
心の病気になる30代が多いのはなぜ?
人がやっていることは、「やらなくてはならないこと」「やりたいこと」「ヒマだからやっていること」の3つに分けられるという筆者。その3つの割合を年代別に見ていくとどう変化していくのでしょうか。(2010/2/15)

広がれエンジニアの輪:
第1回 コミュニティは「知り合い系」から「出会い系」へ変化する
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/1/18)

藤田正美の時事日想:
得票率2%以下の党が言う、「連立だから対等である」の詭弁
政権交代はしたものの「鳩山政権が苦戦している」と感じている人も多いはず。最も大きな原因は国民新党の亀井大臣に振り回されているためで、もしこのままの状態が続けば鳩山政権に失望する有権者が増えていくかもしれない。(2009/12/14)

伴大作の木漏れ日:
鳩山さんとコンピュータ――2010年代の産業政策
鳩山政権の施政方針を見る限りわれわれの関心が強い産業政策について言及がほとんどされていない。今回は2010年代の日本の産業政策に何が望まれているかについて僕の考えを記す。(2009/11/12)

月刊エンジニアライフ(15):
FizzBuzzをムダに長く書いてみた
(2009/11/5)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
鳩山政権の大きなリスク
驚いた人も多かっただろう。日本郵政の社長人事をめぐり憶測は絶えない。果たして郵政改革はどこに向かうのか。(2009/10/28)

「自分の登るべき山」はどこにある!?――キャリア形成の考え方
キャリア形成には「意図的に作りにいくキャリア」と「結果的にできてしまうキャリア」の2種類がある、と主張する筆者。より幸せなキャリアを作っていくためにはどうすればいいのだろうか。(2009/9/30)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権の“アキレス腱”はどうなる
中小企業の借り入れについて「現代版徳政令」の導入を訴えている亀井大臣。3年間ほどの金利支払い、元金返済を猶予したらいいという持論だが、あまりにも愚策ではなかろうか。もし亀井大臣が徳政令にこだわり続けるのなら、鳩山首相は彼を更迭すべきかもしれない。(2009/9/28)

教えるためには、教えてはいかん
「教えるためには、教えてはいかん」。一見、矛盾しているその言葉は、宮大工の小川光男氏の経験から出たものだということです。言葉の真意はどこにあるのでしょうか。(2009/8/7)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
なぜベルクには人が集まるのだろうか? 新宿駅にある小さな喫茶物語(後編)
「新宿駅から出て行け!」と、ビルオーナーから迫られている喫茶「ベルク」。そこで立ち退き反対の署名を集めたところ、1万5000人以上の署名が集まった。なぜこれほどベルクは愛されているのか? その謎に迫った。(2009/6/26)

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(9):
ブリッジズ氏の過渡期を乗り切るトランジション理論
本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。(2009/1/20)

「PlayStation C.A.M.P!」:
企画ではなくアイディアを考えられるあなたを待っている
ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPANスタジオは、クリエイター発掘支援のためのプログラム「PlayStation C.A.M.P!」を立ち上げ、作品の募集を10月1日より開始する。(2008/9/22)

有能社員をとらえよ、手放すな! デキる逸材の「獲得術」:
企業を形成する「人」を見極めるツールとは…
人材の資質を分析し、適性を判断するITがあるとか。「厳選」という採用方針を下支えするほか、採用した社員のやる気も引き出すのに使えるという。(2007/9/25)

現地からお届け!中国オフショア最新事情(4):
適性検査で分かった中国人技術者採用の傾向と対策
中国オフショア開発を手掛けている多くのベンダは、離職率の高さに悩まされているだろう。今回は、中国人プログラマやブリッジSEの適性を採用段階でいち早く検査する方法などを紹介する。(2006/9/23)

レビュー
新しい「ASSA」で朝を迎えてみた
松下電工の「ASSA」(アッサ)は、光と音を使って穏やかな目覚めに導くという“目覚まし”機能付きの照明器具だ。製品としては数年前から存在しているが、この夏に新しいラインアップが登場。音を活用して、さらに優しく起こしてくれるという。(2005/10/19)

強いIT部門になるためのコンピテンシー(2):
優秀なシステムエンジニアはどこが違うのか?
企業の情報システム部のスタッフに求められる能力とは何か、資質特性と行動特性(コンピテンシー)という観点で考えてみよう(2004/1/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。