ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「無印良品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無印良品」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

自分でデザインした靴下を編み機が作ってくれる 無印良品の「靴下工房」が話題
「やってみたい」と話題になっています。(2019/4/5)

無印良品が「溶けにくいアイス」を発売 エイプリルフールじゃない……だと?
4月1日発表だけどウソじゃない。(2019/4/1)

「よく使う食器が取り出しにくい」シンク下の食器収納をなんとかしたい! 無印良品+100均を使った収納見直し
食器棚がない我が家の食器収納を見直し。(2019/3/27)

無印良品の「天然水」「炭酸水」自主回収 発がん性疑われる物質が基準値超えて検出
発がん性が疑われている臭素酸が食品衛生法の基準値を超えて検出されたとしています。(2019/2/22)

小売・流通アナリストの視点:
都市部の無印を圧倒、ニトリはこのまま順風満帆か?
「無印良品」を運営する良品計画が業績予測を下方修正した。その要因の1つが、都市部で攻勢をかけるニトリとの競合の影響だという。いまや大都市圏にも出店を加速するニトリに死角はないのか?(2019/2/20)

無印の商品で何がオススメ? ムジラー集結のムック『無印良品でちょっといい暮らし』発売
無印の収納ボックスって、眺めるだけでもキュンとする……。(2019/2/4)

ファミリーマートで無印良品の商品が供給終了 在庫限りの販売へ
「販売終了」発表は誤りだったとのこと。(2019/1/30)

世界旗艦店のオープンにあわせて検討中:
無印良品が銀座の新店で「脱プラ」を本格化 買い物袋以外にアレも紙製に
無印良品を展開する良品計画が脱プラの動きを加速させる方向で検討している。具体的には、2019年4月にオープンする世界旗艦店「無印良品 銀座」で紙製の買い物袋を原則的に提供する。また、同店では雑貨を吊り下げるフック資材も紙製のものに変える予定だという。(2018/11/14)

無印良品がバスを作る!? フィンランドの全天候型自動運転シャトルバスにデザイン提供、2020年実用化を目指す
使う側の立場で徹底的に考えたデザイン(2018/11/8)

「無印良品」が権利侵害で訴えられたとの報道 → 良品計画「中国で『無印良品』が使えなくなることはない」
模倣店舗にも言及。(2018/11/2)

災害時に役立つ知識がたくさん 無印良品の防災マニュアルが注目集める
(2018/9/6)

ジャッキー・チェンの椅子だこれ! 無印良品で売られている椅子が完全にカンフー・ベンチ
※座る目的以外には使わないでください。(2018/6/26)

コロコロ変わった靴下の価格:
無印、約230品目の値下げを発表 値上げにはもう懲りた?
無印良品を運営する良品計画は8月末以降に約230品目の値下げを行うと発表した。ここ数年、同社は積極的な値下げ戦略をとっているが、その背景には過去の値上げによる客数減のトラウマがあるかもしれない。(2018/6/12)

原因は「社内の伝達ミス」:
「無印良品」運営元に措置命令 ソファカバーに「はっ水加工」なし
消費者庁が良品計画に景表法違反で措置命令を出した。「無印良品」が展開したソファカバーの商品タグなどに、はっ水加工を施したように見せかけた表示があったため。同社側は「伝達ミスだった」と説明している。(2018/4/25)

顧客満足度向上へ:
「無印良品」がデジタルで生み出す“リアル体験”
ITmedia ビジネスオンライン主催のセミナーイベント「顧客接点のデジタル化 競合他社に差をつけろ! 顧客起点に立ったビジネスモデルの実現」では、「無印良品」を展開する良品計画のデジタルマーケティング戦略を紹介した。(2017/7/12)

良品計画がコンセプトと内装デザインを監修する「(仮称)MUJI HOTEL」、日本初の試みで2019年春開業へ
「マロニエ×並木読売銀座プロジェクト」の一環。(2017/7/6)

世界旗艦店も開業:
無印良品がホテルに 「MUJI HOTEL」2019年に銀座にオープン
「無印良品」の世界旗艦店と「MUJI HOTEL」が2019年春に銀座にオープン。良品計画がコンセプトや内装デザインを監修し、無印良品の家具やアメニティーグッズを備えるという。(2017/7/5)

2月22日はにゃんにゃんにゃんで猫の日にゃ! 「無印良品」に猫にちなんだおすすめ商品5つを聞いてみた
みんな大好きにゃんこの日。(2017/2/22)

無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」の気になるポイント
良品計画が全自動コーヒーメーカーの新製品「豆から挽けるコーヒーメーカー」を発表しました。プロのハンドドリップを再現したというもの。従来のコーヒーメーカーを見て「おおざっぱすぎる」と感じていた人たちに注目してほしいポイントが5つ、いや6つはあります。(2017/2/2)

無印良品で商品回収 乳幼児用パジャマから基準値超えるホルムアルデヒド
2016年10月26日から12月5日まで販売された商品。(2016/12/7)

無印良品の人気商品、カラーは「けしずみ」色!? いったいどんな色なのか
漢字表記では「消炭」。(2016/10/24)

売れず廃盤になった無印良品「4コマノート」 ネットでクリエイター達が使い道を紹介→人気に火つく
良い使い方が紹介できず廃盤→ネームやプロットづくりに便利と話題に(2016/4/28)

「7割主義」でスマホアプリ開発期間を5カ月に圧縮:
良品計画に見る、ビジネス部門主導のAPIベース開発がもたらした効果と教訓
ガートナーが2016年3月14、15日に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」では、2日目のゲスト基調講演に、良品計画のWeb事業部でCMT(Chief Marketing Technologist)を務める濱野幸介氏が登壇。本稿では、濱野氏の講演のエッセンスをお届けする。(2016/4/21)

ホワイトペーパー:
クックパッドのデータ解析を支える「クラウドデータマネジメントサービス」とは?
「ビッグデータ活用はハードルが高い」と感じている企業は少なくない。それならばクラウドを活用するという有力な解決策がある。クックパッドや良品計画といった有名企業がデータ解析のために活用するクラウドサービスとはどのようなものか?(2016/3/18)

メールの信頼性向上と関税法への対応
「無印良品」を支えるメールインフラ、良品計画によるアーカイブ製品導入の狙いは
多くのファンを持つ「無印良品」ブランドを展開する良品計画がメールアーカイブ製品を導入し、メールインフラの強化を果たした。同社の狙いやその効果とは? 担当者が語った。(2015/9/25)

9月4日オープンの無印良品有楽町店、1万冊の書籍を取りそろえた「MUJI BOOKS」を展開
販売する書籍は、編集工学研究所所長・松岡正剛氏が「くらしのさしすせそ」のコンセプトに沿って選書。MUJIキャナルシティ博多に続き2店舗目となる。(2015/8/25)

無印良品で不動の人気を誇るおすすめ健康食品たち
無印良品に売られている多彩な食品群の中には、健康効果が期待できそうな商品が豊富にあります。MUJIラー御用達の人気の健康系食品シリーズをご紹介します。(2015/8/4)

良品計画、今期は営業益26%増へ 海外好調、アジアに攻勢
海外事業の好調で今期も増収増益を見込む良品計画。好調なアジア、特に中国に攻勢をかける。(2015/4/9)

“ダメにする”公認!? 無印「体にフィットするソファ」PRサイト公開、心拍から最適な音楽を自動生成するアプリも
ネットユーザーに人気の「体にフィットするソファ」の特設サイトが登場。「2個並べてもっとダメになる」と書かれており、無印良品が同商品を「人をダメにする」と“公認”したと、ネットユーザーの間で話題になっている。(2015/2/27)

在庫限りかも! 話題の無印良品「迷ったときのサイコロ」を探せ
テレビで紹介され人気集中?(2015/2/27)

無印良品で本 「MUJI BOOKS」福岡にオープン、選書は松岡正剛ら
無印良品の商品に加え、ユニークな企画書籍棚も展開。トークイベントも開催する。(2015/2/26)

ソフトニック:
無印良品をもっと身近に賢く買おう!――「MUJI passport」
「MUJI passport」は、無印良品の買い物を便利にするアプリです。買い物する度にたまるポイントや、店舗検索、商品の在庫検索などの機能があります。(2014/11/6)

導入事例:
良品計画がレコメンドシステムを刷新、印Infosysを採用
「無印良品」を展開する良品計画では実店舗とオンラインをカバーする顧客への提案が可能になった。(2014/9/16)

言うことがコロコロ変わるリーダーは優秀だった?
さまざまな形で語られるリーダー論。離職率が5%という「無印良品」の会長を務める松井忠三氏の著書から、松井氏によるリーダー論を紹介します。(2014/8/12)

無印良品が“終身雇用”にこだわる理由
業界内で群を抜いて低い離職率を誇る無印良品。そんな無印良品の人材育成の具体的な方法を明かした書籍『無印良品の、人の育て方』を紹介します。(2014/7/15)

「いつでもダメになれる ちょっとダメになる」 無印良品が睡眠サポートアプリ公開
「人をダメにするソファ」と同じ素材のネッククッションと睡眠サポートアプリを連動させるキャンペーンを実施する。(2014/7/13)

導入事例:
良品計画、基幹DB基盤を刷新 グローバル展開の強化を
良品計画は、「Oracle Exadata」を活用して基幹データベース基盤を刷新した。これにより、ECサイトの在庫引当に要する時間や物流センターのピッキング、出荷指示データ作成処理の時間を大幅に短縮させた。(2014/7/2)

ネットとリアルをつなげる:
「MUJI passport」に見るO2Oの実像 良品計画の次なる施策
良品計画は2013年5月にモバイルアプリ「MUJI passport」をリリースした。アプリのデータ分析によって様々な顧客の購買動向が見えてきたが、WEB事業部長の奥谷考司氏は「それだけでは意味が無い」と語る。(2014/6/4)

たった1文字でイノベーションを起こした企業
アップルやスターバックス、無印良品等の企業がイノベーションを起こし、売り上を伸ばせた理由とは? ブランド・コンサルタントでクリエイティブ・ディレクターとしても活躍している江上隆夫さんの著書から紹介します。(2014/5/8)

140万人が使うモバイルアプリで顧客の流れを把握
ネットもリアルも「無印良品」 消費者の心をつかむ良品計画のO2O施策とは
無印良品を展開する良品計画では、モバイルアプリを中核として、ネットストアと実店舗を結ぶ、O2Oの仕組みを構築。ネットとリアルで相互に送客し合う環境や、よりパーソナルなマーケティングを可能にしている。(2014/5/1)

無印良品、シンプルなモバイルバッテリーを発売
無印良品に「スマートフォン用充電式電池」シリーズが登場する。丸みを帯びたシンプルなデザインが特徴だ。(2014/4/17)

無印良品の「人をダメにするソファ」 「ダメにされ度」早見表が作られる
公式も注意を呼びかける。(2014/4/9)

ヒットの秘密はコンセプトが9割!
「無印良品」の商品が、多少割高でも売れ続ける理由とは? ブランド・コンサルタントである江上隆夫氏の著書から、その理由を紹介します。(2014/3/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
1店舗ずつ黒字化しながら海外に展開――無印良品に学ぶグローバル経営
海外の連結売上高構成比20%を達成し、24カ国に展開している「無印良品」。ビジネスモデル、オペレーション、人材育成などからその成功の秘訣を解き明かす。(2014/2/5)

導入事例:
良品計画、「MUJI passport」のデータ解析環境を整備
年間3億件レベルが見込まれるデータの分析に、TableauのBIソフトとAmazon Redshiftを利用している。(2014/1/27)

無印良品、あなただけの物語が描かれた「お菓子の絵本」をプレゼント
食べられる。(2013/12/1)

【連載】マーケティングプランナーのためのソーシャルリスニング:
第4回 潜在的な顧客インサイトが需要創造のチャンスを生む――無印良品にとってのソーシャルリスニングの価値とは
ソーシャルリスニングは、今まで声を聞くことができなかった生活者(=潜在顧客)の声の獲得を可能にした。今回は、良品計画 WEB事業部の川名常海氏と風間公太氏に、無印良品のソーシャルにおける成功の秘訣を聞く。(2013/11/8)

【連載】モバイル広告大賞に見るデジタルマーケティング最前線:
第2回 お菓子の街を再現して商品の物語性をアピール、良品計画「MUJI HOME MADE」
良品計画の「MUJI HOME MADE」は、旗艦店舗に手作りお菓子の家キット「へクセンハウス」のジオラマを設置。訪れた人の投稿が自然とバズ効果を生み出すとともに、ジオラマに設置したカメラからの映像を24時間Web配信し、大きなブランディング効果を生み出した。(2013/10/15)

3分LifeHacking:
身の回りの寸法をなんでも書き込んでおける「書き込めるメジャー」
無印良品の「書き込めるメジャー」なら、家具や洗濯機、冷蔵庫など、自宅内のさまざまな物の寸法をメジャー表面に直接書き込んでおくことで、置き場所をすばやく測ることができる。(2013/8/27)

【連載】ソーシャルリスニングのあれこれ教えます:
第2回 良品計画から学ぶソーシャルリスニング活用の秘訣
良品計画はソーシャルリスニングを積極的に活用している企業です。今回は良品計画 WEB事業部の川名常海氏にご協力いただき、具体的な事例を交えながら、企業におけるソーシャルリスニング活用のスタンスや活用方法を紹介します。(2013/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。