ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「なずき」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「なずき」に関する情報が集まったページです。

全世界でツイートは1日5億超 詳細分析から見えてくる“お客様”の姿 Twitter、データの企業活用を促進
Twitter Japanは、全世界で1日に5億件超が投稿されるという膨大なツイートデータの企業活用支援を強化する。NTTデータ、日本IBMらと連携し、自然言語処理などを駆使した分析に基づくマーケティング手法などを提案していく。(2015/11/25)

PR:デジタル時代の匠たち〜目指すはビッグデータ時代の開拓者〜お客さまと共に、新たなビジネス機会を探求するプロたち
移り気で気ままな「個」客はどんなサービスを望んでいるのか、ビジネスの最前線で最適な意思決定を迅速に行うにはどんなデータが必要なのか、膨大かつ多様なデータから新たな価値を導き出すには試行錯誤が欠かせない。顧客に寄り添い、彼らも気がついていないデータの生かし方や洞察を見出し、顧客と一緒に新たなビジネス機会を模索するITのプロたちを追った。(2015/5/28)

「きのこたけのこ戦争」ついに決着か NTTデータ、バレンタインデーのデータを解析
データさん……?(2015/2/27)

ソーシャルメディア活用:
NTTデータ、高精度日本語解析エンジンでTwitter活用ソリューションの提供を開始
NTTデータは10月14日、Twitterなどのソーシャルメディア活用を効果的に進めるソリューション「なずきTwitterインテグレーションソリューション」の提供を開始した。(2014/10/15)

日本国内の全ツイートが対象:
NTTデータ、ベルシステム24と共同で国内ツイート情報のレポートサービスを提供
従来のソーシャルメディア分析ツールの導入では対応しきれなくなった企業に対し、両社の強みを合わせ、ツイートを活用した戦略立案支援を行っていくという。(2013/7/25)

UXClip(9):
「TechCrunch Tokyo2012×MA8」まとめレポート
TechCrunch Tokyo2012×MA8から、見どころをレポートする。スタートアップバトルとMA8の大賞受賞者には、それぞれ賞金として100万円が支払われた(2012/11/19)

cciとクライテリア、スマートフォン向け広告事業に参入
サイバー・コミュニケーションズ(cci)とクライテリアが、スマートフォン向けアドネットワーク事業に参入。広告開発支援サービスも展開する。(2010/1/5)

アンケート集計をシンプル、低コストに:
自由回答「よかった!」の理由を探るマイニングツール、SPSS
(2008/12/17)

NEWS
アンケート回答者の感性まで分析――SPSSがドラッグ&ドロップ操作のテキストマイニングツール
書き手の心情を自動判断できる解析エンジンを採用。アンケートの自由回答に書かれた内容から回答者の態度や行動に関する洞察が得られるという。(2008/11/14)

今後もコマース系などハイエンド市場は継続:
ファストの検索技術をSharePointに、マイクロソフト
(2008/11/12)

“話題”や“感性”で企業内検索――「なずき サーチ」共同開発
NTTデータとFast Search & Transfer、ファスト サーチ&トランスファは、定量化した“話題”や“評判”などの指標から企業内の情報を検索する製品を共同開発する。(2007/10/25)

「livedoor Blog」口コミマーケティングに「なずき」採用
ライブドアは、日本語意味理解エンジン「なずき」を活用して効果分析を行うブログマーケティング商品「livedoor Blog Watch」発売する。効果が分かりづらいとされるブログマーケティングの効果を、中立的に測定できるとしている。(2007/10/5)

CCI、ターゲティング広告配信にNTTデータ「なずき」を採用
(2007/3/6)

CGMから「感性」も抽出するマーケティングリポート
(2007/2/13)

世界初、携帯向けコンテンツマッチ広告 NTTデータとオーバーチュア
オーバーチュアは2月1日から携帯電話向けコンテンツ連動型広告の配信を始めた。NTTデータと提携し、同社の日本語解析システムを導入してマッチング精度を高めた。両社によると、携帯電話向けコンテンツ連動型広告の配信は世界初。(2007/2/1)

「人の脳のように」テキスト解析するソフト
(2005/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。