ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネギま」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネギま」に関する情報が集まったページです。

「ブロッキングは不安」 赤松健さん、海賊版サイト対策への本音 実験の成果は
漫画家の赤松健さんが、ゲンロンカフェのイベントで海賊版サイト対策について語った。「ブロッキングは魔法の剣」とし、作家としてはこの手段には不安が残ると本音を漏らす。(2018/9/12)

舞台「魔法先生ネギま!」、生駒里奈のネギ先生に原作者・赤松健もべた褒め 全生徒のキャストも明らかに
美少年なネギ先生に変身した生駒ちゃん。(2018/6/20)

“危機意識”で団結したアダルトコミック業界 「読み放題」実現のワケ
月額980円で成人漫画読み放題サービスを提供するKomiflo。なぜアダルトコミック業界は、出版社を横断したプラットフォームを実現できたのか。理由はいくつかあるが、「業界全体で危機意識を共有できていた」のも大きな要因の1つという。(2018/6/1)

『魔法先生ネギま!』が初の舞台化 ネギ先生役の生駒里奈「見た目はきっと誰にも負けない」
原作者の赤松健さんも「ボーイッシュで小柄で似合いそう。可愛いなぁ〜(^^)」と絶賛。(2018/5/29)

漫画家・赤松健さんに聞いた、「海賊版サイトをつぶす唯一の方法」
「海賊版サイトをつぶす方法は、ブロッキングでも広告収入を断つことでもない」と話すのは、「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などのヒット作で知られる漫画家の赤松健さん。これまで漫画業界発展のためにさまざまな活動をしてきた赤松さんに、海賊版サイト問題について聞いた。(2018/5/11)

海賊版より魅力的なサイトを 一歩先行く「アダルトコミック業界」に学ぶ
使いやすく便利な公式プラットフォームを――漫画の海賊版サイト問題を受け、解決策の1つとしてしばしばこんな提案がされる。実はアダルトコミック業界では、出版社を横断した定額制読み放題サービスが提供されている。(2018/5/9)

モバクソ畑でつかまえて:
「どうしてこうなった」「960円払えば実質無料」 スマホゲーム「ネギマテ」の何がどうマズかったのか
赤松健さんの漫画『UQ HOLDER!』および『魔法先生ネギま!』を原作とする同ゲームでしたが……。(2018/2/18)

ミニスカ×日本刀は正義! 声優・小倉唯の「魔法先生ネギま!2」夏凜コスが凜々しくて可憐
完璧だ。(2017/12/19)

赤松健「UQ HOLDER!」が10月にテレビアニメ化 主人公・近衛刀太役に高倉有加
監督は「変態王子と笑わない猫。」などの鈴木洋平さん。(2017/3/18)

声優の志村由美さん引退 「ネギま!」長谷川千雨役など
「役者という人生に終止符をうつことに致しました」と報告。(2016/7/1)

「UQ HOLDER!」アニメ化決定 週刊誌から月刊誌へと移籍を発表
今週号でいったん連載は終了し、「別冊少年マガジン」で連載を再開する。(2016/6/22)

伝説の声優ユニットがまさかの復活!? 「KING SUPER LIVE 2015」で配布されたチラシが話題
Twitterではすでにたくさんの予想が……。(2015/6/22)

TRPG「蓬莱学園の冒険!!」ルールブック、絶版マンガ図書館で配信
名作TRPGの配信に「懐かしい」の声多数。(2014/7/15)

連載が開始2日前に中止に…… マンガ家がブログで報告 「進撃の巨人」作者も「信じられない」とコメント ※追記
マンガ家・やまもとありささんが、決まっていた自身の初連載が開始2日前に中止になったとブログで公表。原因には「有害図書指定の可能性」が。(2014/7/2)

作家が二次創作同人誌を認める「同人マーク」が始動 赤松健さんの新作で使用
ライセンスやFAQも発表され、詳細が明らかに。(2013/8/28)

作家と読者の新しい関係:
Jコミ、「JコミFANディング」βテスト開始をアナウンス
Jコミが、DRMフリーの電子書籍と複数の特典を付けたものを限定的に販売するモデルを採った「JコミFANディング」のβテストを開始する。(2012/9/14)

アニメビジネスの今:
映像作品の原作はどこから? 日本アニメの半数以上はマンガ(前編)
世界に通用しているアニメを作っているのは現在、日本と米国の2つだけ。しかし、日本アニメと米国アニメではその原作のあり方が異なっている。日米アニメの原作形態について2回に分けて解説するが、前編では日本アニメでマンガ原作が大きな地位を占めている現状を紹介する。(2012/8/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/7/9)

マガジン公式アプリがリリース、最強電子コミックアプリになるか?
講談社は、『週刊少年マガジン』『マガジンSPECIAL』『別冊少年マガジン』などの人気コミック作品を購入・閲覧できるiOSアプリ「少年マガジン コミックス」をリリースした。まずは50タイトルほどが並んでいる(2012/5/16)

本日より事前登録受け付け開始――ソーシャルゲーム「魔法先生ネギま!」、Mobageで12月中旬よりサービス開始
「週刊少年マガジン」長期連載が続いている学園コミックス「魔法先生ネギま!」のソーシャルゲームが、12月中旬よりスタートする。(2011/11/17)

「らき☆すた」や「美味しんぼ」で名所案内 京都市の観光ガイド
京都市の観光ガイド「京都漫彩」は、人気漫画・アニメに登場する京都の観光スポットを紹介する。Webでも公開。(2011/4/21)

正式オープン:
Jコミ、違法に流通している漫画を“浄化”する禁断の計画を発動
絶版漫画に広告を付加して無料配信しているJコミは正式オープンに合わせ、ユーザーから違法に流通している漫画ファイルのアップロードを受け付け、それらを合法化して再配布する仕掛けを発表した。(2011/4/12)

Jコミ、絶版漫画「交通事故鑑定人・環倫一郎」から106万5000円を作者へ
広告入り漫画ファイル配信サイトとして3月末の正式オープンを目指す「Jコミ」は、β2テストの第2弾として無料配布していた「交通事故鑑定人・環倫一郎」で作者・原作者に渡る広告料金が106万5000円であることを報告した。(2011/2/24)

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.2:
雑誌でなくコミックスで利益を得る構造は、オイルショックがきっかけ
「業界はこのまま行けば数年で崩壊する」――週刊連載を抱える現役漫画家である赤松健氏と、「サルまん」などで知られる編集家の竹熊健太郎氏。電子出版時代における業界の変動を漫画家と編集家という異なる2つの視点で解き明かす5日間連続掲載の対談特集。第2幕(2011/2/15)

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.1:
電子出版時代における漫画編集者のあるべき姿
「業界はこのまま行けば数年で崩壊する」――週刊連載を抱える現役漫画家である赤松健氏と、「サルまん」などで知られる編集家の竹熊健太郎氏。電子出版時代における業界の変動を漫画家と編集家という異なる2つの視点で解き明かす。(2011/2/14)

漫画家・赤松健×小説家・桜坂洋 電子書籍対談(後編):
「作者がもうからないと未来につながらない」
「作者がもうからないと未来につながらない」という赤松健さんの考え方は「珍しがられる」という。電子出版の現在と未来を作家同士で語る対談連載、最終回。(2011/2/8)

漫画家・赤松健×小説家・桜坂洋 電子書籍対談(中編):
「萌えやツンデレを輸出すべし」――パロ同人誌を合法化、国際化するには
Jコミで、二次創作同人誌の合法化も試みようとしている赤松健さん。「萌えやツンデレを輸出していくべき」と話すが、課題も多い。(2011/2/7)

漫画家・赤松健×小説家・桜坂洋 電子書籍対談(前編):
作家から見た「絶版」
電子書籍「AiRtwo」に掲載されている、赤松健さんと桜坂洋さんの対談の一部を公開。絶版や版面権、編集権について、作家の視点で語る。(2011/2/4)

eBook Forecast:
1月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「電子書籍市場の最新動向ってどうなってるの?」――忙しくてなかなか最新状況を追えない方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、電子書籍市場への参入を発表したインテルや、Appleのアプリ拒否などの話題を中心にお届けします。(2011/2/4)

Jコミ、絶版の読み切りマンガで52万5000円の広告料を作者へ
Jコミは、β2テストとして無料配布している新條まゆさんの「放課後ウエディング」について、新條さんに渡る広告料金が52万5000円となったことを公表した。(2011/1/26)

23都道府県警がP2P違法アップロードを一斉摘発
「Share」によるコンテンツ違法アップロードを23都道府県警が一斉に摘発。14日午後2時までに前回を上回る18人が逮捕された。(2011/1/14)

「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃:
Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(後編)
漫画家の赤松健氏が主宰する広告入り漫画ファイル配信サイト「Jコミ」が話題だ。なぜ今この取り組みが注目されているのか? 赤松健氏へのロングインタビュー後編では、漫画文化に対する同氏の考え、そして彼を突き動かすものは何なのかをさらに掘り下げてゆく。(2010/12/9)

「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃:
Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(前編)
漫画家の赤松健氏が主宰する広告入り漫画ファイル配信サイト「Jコミ」が話題だ。無料で公開された「ラブひな」は、1週間あまりで累計170万ダウンロードを突破。なぜ今この取り組みが注目されているのか? 赤松健氏へのロングインタビューを敢行した。(2010/12/8)

eBook Forecast:
11月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、11月後半の電子書籍市場動向をまとめました。(2010/12/6)

赤松健さん、広告入りのPDFファイルを使った絶版マンガ図書館構想を明らかに
「魔法先生ネギま!」や「ラブひな」などの作品で知られる赤松健氏は、絶版コミックを広告入りのDRMフリーPDFで配信するサイト「Jコミ」を11月26日からテスト的に立ち上げることを明らかにした。(2010/11/17)

上杉達也と星飛雄馬が対決――「サンデー×マガジン 熱闘! ドリームナイン」
小学館が発行する「週刊少年サンデー」と、講談社が発行する「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念した野球ゲーム「サンデー×マガジン 熱闘! ドリームナイン」が、KONAMIから発売された。(2009/2/27)

フルチェンケータイに「のだめ」「キン肉マン」「ネギま」登場
KDDIは、端末の外観と中身を変えられる「フルチェンケータイ re」に、新たなコラボモデルを追加した。人気コミックの「のだめ」や「キン肉マン」「ネギま」とのコラボモデルやFREEDOM PROJECTケータイ、歌舞伎ケータイも登場する。(2008/11/6)

CEATEC JAPAN 2008:
「E30HT」の実機を初披露――KDDIブースには“歌舞伎ケータイ”や“キン肉マンケータイ”も登場
KDDIブースでは、2009年春発売予定の法人向けスマートフォン「E30HT」の実機が(ケース内だが)初披露された。また最新のauケータイやフルチェンを使ったコンセプトモデルも数多く登場した。(2008/10/2)

5つの派閥に分かれてGMガールズチーム登場――「LEGEND OF CHUSEN -誅仙-」
(2008/9/25)

今日は何の日? 萌え曜日!:
国内最大級のアニソンライブ“アニサマ”開催!! 今年も熱いドラマを魅せた興奮の2daysをリポート!
注目のニューカマーからアニソン界の重鎮まで、現在のアニソンシーンをけん引するアーティストが集まり、2日間に渡って行われたライブ「Animelo Summer Live 2008 -Challenge-」。今回の萌え曜日では、ライブ2日目の模様をお伝えする! 5時間以上にもおよんだ大興奮のライブの空気を感じてほしい。(2008/9/12)

吸血鬼からセクシー女優に“フルチェンジ”──「フルチェンケータイre×小栗旬」
外装を丸ごと着せ替えられるソニー・エリクソン製端末「フルチェンケータイ re」が発売される。都内で行われたキャンペーンイベントにプロモーションキャラクターに起用された小栗旬さんも駆けつけ、自身が“フルチェンジ”するテレビCMなどを披露した。(2008/7/3)

au夏モデルは「変身」「スポーツ」「映画」で売る コラボも強化
au夏モデルは、外装をまるごと変えられる端末や、歩数計を内蔵した端末、映画を高画質に楽しめる端末などをそろえ、多様化するニーズに対応した。他社とのコラボレーションも積極的に展開する。(2008/6/3)

ライバル誌、今度は仲良くガチンコ勝負――「サンデーVSマガジン カードゲーム」発表会
小学館の「週刊少年サンデー」と講談社の「週刊少年マガジン」が50周年事業の一環としてコラボ。今度は、トレーディングカードゲームで仲良くケンカする。(2008/5/14)

「サンデー」&「マガジン」キャラクターがセガプライズに登場
(2008/3/18)

講談社の電子コミックで“ネギま!”ののぞき見防止シールをプレゼントするキャンペーン
(2008/2/6)

“のだめ”など講談社のコミックがケータイで楽しめる――「講談社★コミックプラス」
(2008/2/4)

ピコピコがキュンキュンワクワクさせる!?――「PSG〜Picopico sound Generation〜」
萌えアニメが8bitミュージックとなって蘇る。7月25日発売の「PSG〜Picopico sound Generation〜」の魅力を、ヴォーカルで参加している赤と緑の2人にアピールしていただきました。(2007/7/24)

「ネギま!? ネオ・パクティオーファイト!!」公式サイトで「従者占い」を公開開始
(2007/6/15)

ゆう画伯のアーティファクト・ジャケットをプレゼント――DS「ネギま!?超麻帆良大戦チュウ」
(2007/3/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。