ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニューテック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニューテック」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

データ移行に3カ月……その手間がなくなる:
PR:ペタバイト規模で増え続けるデータをどう管理する? 大容量データでクラウドよりスケールアウト型NASの方が適している理由
「機器リプレースでのデータ移行だけで3カ月かかった」「クラウドに移行したらデータ転送量で高額な請求がきた」「ダウンロードしたら想定の何倍も請求されることがわかった」──組織が扱うデータがPB(ペタバイト)クラスに拡大する中、こうしたデータにまつわる課題はより深刻化することが予想される。どうすればいいのか。ニューテック、レッドハット、メラノックステクノロジーズ ジャパン、EIZOメディカルソリューションズが出した解答は。(2018/4/9)

ニューテック、小規模オフィス向けの6ベイ搭載デスクトップ型NAS「SmartNAS」
ニューテックは、最大6基のHDDを内蔵可能なSMB/SOHO向けNAS「SmartNAS」の販売を開始する。(2011/12/12)

JDSF会員企業座談会(3)
クラウド以後のストレージ未来予想図
新たなストレージ環境として注目されている“クラウドストレージ”。提供側であるベンダー各社はどう考えているのだろうか。ストレージ業界団体であるJDSF会員を対象にした座談会での議論を紹介する。(2011/4/15)

JDSF会員企業座談会(2)
ストレージ仮想化のメリットって何ですか?
ストレージ仮想化の現状について、ベンダー各社はどう考えているのだろうか。ストレージ関連企業で構成される業界団体であるJDSF会員を対象にした座談会での議論を紹介する。(2011/4/12)

JDSF会員企業座談会(1)
ベンダー各社が考える、ストレージ統合への障壁とは?
TechTargetジャパンは2011年1月、ストレージ関連企業で構成される業界団体「JDSF(Japan Data Storage Forum)」会員を対象とした座談会を開催。ストレージ分野を取り巻く現状を聞いてみた。(2011/4/6)

IT製品の購入から保守を一括支援、日立電サが新サービス
日立電子サービスは、PCや資産管理ソフトウェアの購入から保守運用までを手掛けるサービス「Make IT Simple」の提供を開始した。(2010/7/28)

ストレージクラウド構築で新ビジネス エアネットとニューテックが提携
エアネットとニューテックが、ネットワークとストレージ基盤を活用したクラウド型サービスモデルの事業化に向けて提携する。(2009/7/2)

200万円台のミッドレンジNASで攻勢へ:
EMCの新NAS製品は“Windowsファイルサーバの卒業生用”
(2008/10/1)

ニューテック、キャッシュ保護機能を備えた4Gbps FC対応のRAIDサブシステム
ニューテックは、4Gbpsファイバチャネル(FC)に対応したRAIDサブシステム「SweeperStor」シリーズを発表した。(2006/6/27)

セキュアなストレージ環境に向けネクスト・イットとニューテックが協業
ネクスト・イットとニューテックは、ストレージネットワーク向けのセキュリティ事業に関して協業する。(2005/9/21)

ニューテック、中小規模ネットワーク向けのアプライアンスを発売
ニューテックは、中小規模ネットワークを対象としたネットワークアプライアンス製品「BEC-301FWS」の販売を開始した。(2004/12/17)

ニューテック、RAIDコントローラにAES暗号化機能を搭載したミラーリングシステム
ニューテックは、コントローラに暗号化機能を組み込んだミラーリングシステム「SecureRAID」をリリースした。(2004/10/14)

ニューテック、シリアルATAベースのRAID製品を販売開始
ニューテックは、ラックマウント型RAID製品「Ultimate II SATA RAID 400GB HDD 搭載モデル」を発表した。(2004/8/4)

ニューテック、ミラーリング機能付きファイルサーバを発表
ニューテックは、容量160Gバイトで10万円以下のミラーリング機能付きファイルサーバ「We-Sure」を発表した。(2004/7/30)

ニューテック、ディスクミラーリング対応低価格NAS 2製品を発売
ニューテックは、160/250GバイトのHDDユニットを2基搭載したディスクミラーリング対応低価格NASを開発、ダイワボウ情報システムを通じて8月に発売する。価格は9万8000円と11万5000円。(2004/7/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。