ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新垣隆」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新垣隆」に関する情報が集まったページです。

「信じましたやん」「やられたー」 小籔千豊、シックスパック目立つ腹筋公開に一本取られる人続出
ある意味安心した。(2018/8/26)

作曲家・新垣隆さん、13年ぶりとなる交響曲の新作発表 佐村河内守さん名義の「HIROSHIMA」以来
広島県、東京都、福島県のコンサートで披露。(2016/7/20)

“ゴーストライター騒動”佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー「FAKE」 森達也監督15年ぶり新作
ゴーストライター問題で話題を集めた作曲家・佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー映画「FAKE」が6月4日に公開。「A」の森達也監督15年ぶりの新作だ。(2016/6/3)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

カップヌードルの「おバカ」CM取りやめ 「不快な思いを感じさせる表現あった」と謝罪
日清食品は、3月末から放送している「カップヌードル」のCMを取りやめる。(2016/4/8)

虚偽や不倫を擁護? 日清食品、カップヌードルの新CMを中止 「不快な思いを感じさせる表現があった」
ビートたけしさんをはじめ、小林幸子さん、ムツゴロウさん、矢口真里さん、新垣隆さんが出演していた。(2016/4/8)

日清さん攻めすぎィ! 世間の注目を集めた有名人が次々に登場する「カップヌードル」の新CMがいろんな意味でギリギリ
ARE YOU CRAZY?(2016/3/31)

「ゴーストライター騒動」佐村河内守氏の記録映画「FAKE」、6月に公開 森達也監督
「A」の森達也監督、15年ぶりの最新作。(2016/3/11)

作曲家・新垣隆がアイドルに楽曲提供 さらにPVやライブにも出演しちゃうらしい
ノリノリだ!(2016/2/29)

ゴーストつながり? 「仮面ライダーゴースト」主題歌のピアノバージョンは新垣隆さん
ゴーストライター騒動の新垣隆さんが「仮面ライダーゴースト」主題歌のアレンジバージョンを手掛ける。(2015/11/8)

ゴースト……あっ…… 稲川淳二さんの怪談に新垣隆さんがピアノ伴奏するイベントが渋谷タワレコで開催
やだなーこわいなー。(2015/7/10)

新垣隆さんのLINEスタンプ登場
作曲家の新垣隆さんのLINEスタンプが登場した。(2015/6/29)

快諾しちゃうのかよ! らあめん花月嵐の新メニュー「嵐げんこつらあめんゴースト」テーマソングを新垣隆さんが作曲
吹っ切れていらっしゃる。(2015/3/5)

ゴーストライター騒動の新垣隆さんが交響曲「HARIKOMI」を披露 ニコニコで音源公開
ニコニコ内での2次創作も可能。(2014/7/22)

「ニコニコ23時間テレビ」でスタジオジブリから生中継决定 降霊相談にジョブズ降臨!? クリスチャン・ラッセン生お絵かきも
いったいなんなんだよ! という謎ラインアップ。(2014/7/15)

ニコニコの夏――全国9カ所で「町会議」、ファイナルに小林幸子 「23時間テレビ」では新垣隆さん生演奏
ドワンゴは今夏、3年目となる「ニコニコ町会議」を全国9カ所で開催。新企画「ニコニコ23時間テレビ」には作曲家・新垣隆さんが登場する。(2014/6/26)

ニコ生で「ニコニコ23時間テレビ」 久本雅美さん降臨にゴーストライター騒動の新垣隆さんも出演
菅井竜也五段と将棋ソフト「習甦」による将棋電王戦リベンジマッチもあるよ!(2014/6/25)

文芸春秋、佐村河内守事件の記事を電子書籍化
文芸春秋は、佐村河内守氏のゴーストライター事件に関する一連の記事を電子書籍化して発売。(2014/3/20)

佐村河内氏「譜面を書くのは神聖な作業」 なぜ“ゴースト”見抜けなかった? NHKが調査報告書を公開
なぜ「記譜シーン」を撮影できなかったのかなど明らかに。(2014/3/17)

NHK、佐村河内氏「Nスペ」調査報告書を公開 「本人が作曲していないと気づかなかった」
NHKは、ゴーストライター問題が発覚した作曲家・佐村河内守氏について、「NHKスペシャル」などで取り上げた経緯を説明する調査報告書を公開し、検証番組を放送した。「本人が作曲していないことや、全聾でないことに気づくことができなかった」としている。(2014/3/17)

佐村河内氏の謝罪会見、ネットでも大きな注目
ゴーストライター問題が発覚した作曲家・佐村河内守氏の記者会見が3月7日午前に行われ、ネットでも大きな注目を集めている。(2014/3/7)

伊吹太歩の時事日想:
佐村河内氏を叩くメディアは、ゴーストライターだらけだという矛盾
「現代のベートーベン」と呼ばれた作曲家によるペテン師騒動を海外メディアはどのように報じているのか? 記事に寄せられる読者のコメントも読んでみると興味深い。(2014/2/27)

窪田順生の時事日想:
ゴーストライターの私はこう思う、新垣隆さんは「ゴースト」ではない
“現代のベートーベン”と言われた佐村河内氏に代わって、譜面を書いていた新垣隆氏。メディアは彼のことを「ゴーストライター」と呼んでいるが、本当にそうなのか。有名人の「ゴースト」を務めてきた筆者の窪田氏は、「新垣氏はゴーストではない」ときっぱり。その理由は……。(2014/2/25)

週刊文春スクープ第2弾:
文春e-Books『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』を緊急発売
文藝春秋は、佐村河内守氏に関する週刊文春の衝撃スクープ第2弾を、文春e-Books『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』(神山典士+『週刊文春』取材班)として緊急発売する。(2014/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。