ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Ninebot」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ninebot」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CES 2019:
Segway-Ninebot、“VSLAM”搭載の配達ロボット「Loomo Delivery」
中国Ninebot傘下のSegwayは、同社初の配達ロボット「Loomo Delivery」をCES 2019で披露する。単眼カメラで位置推定する独自開発の「VSLAM」アルゴリズムを搭載し、50キロまでの荷物をショッピングモール内などで配送する。(2019/1/4)

うぉぉこれは超やべぇぇぇ! 「大人のミニレーシングカート」爆誕、電動二輪バランススクーターを超変身
「ドリフト用サイドブレーキ」もちゃんと(?)ある! お子様もOKの調節機構付き。(2018/10/18)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
見た目はAppleストア! Xiaomiの新しいフラグシップストアを訪問
Xiaomiは中国各地に新しいフラグシップストアを開業しています。ガラス張りで室内も明るく見えるなど、Appleストアのような開放的な空間になっています。Xiaomiの全製品がそろうストアの様子を見てきました。(2017/12/21)

電動式キックスクーターが東京モーターショーで初披露 手元のレバーで直感的に操縦可能
最高時速は25キロ。私有地でのみ使えます。(2017/10/24)

CES 2016:
「インテル入ってる」はPCからIoTへ その流れが加速する2016年
PC用プロセッサの会社というイメージから脱しつつあるIntel。CES 2016でアピールしたのも、“PCの先”を見据えた応用世界だった。(2016/1/10)

Segway、ロボットに変身するホバーボード「Segway Robot」発表
中国Ninbot傘下のSegwayが、IntelのCES 2016の基調講演に登壇し、Intelの3Dセンシング技術「RealSense」採用の、ロボットにもなるホバーボード「Segway Robot」を披露した。(2016/1/7)

東京モーターショー2015:
実用化は目前? 「超小型モビリティ」「パーソナルモビリティ」を試乗
超小型モビリティ「i-ROAD」、パーソナルモビリティ「Winglet」(トヨタ自動車)などに試乗できるブースが「東京モーターショー2015」に登場。(2015/10/29)

Xiaomi、セグウェイのような「Ninebot mini」を約4万円で発売へ
中国のスマートフォン大手Xiaomi(小米科技)が、セグウェイのような2輪のパーソナルモビリティ「Ninebot mini」を11月3日に中国で発売する。価格は1999元(約3万8000円)だ。(2015/10/20)

Xiaomi 社長 Bin Lin氏 インタビュー:
堅調なシャオミ、スマホ戦略のその先は?
設立からわずか4年で世界第3位のスマートフォンメーカーとなったXiaomi(シャオミ)。だが、競争が激しい同市場だけにいつまでも頼っているわけにはいかないだろう。それを見越してなのか、Xiaomiはさまざまな企業に投資し、大規模なエコシステムを構築している。(2015/6/29)

Segwayを中国のライバル企業Ninebotが買収
Segwayを中国のライバル企業Ninebotが買収。両社のブランドはそれぞれ継続するという。(2015/4/16)

近未来っぽいぞ! SF映画に登場しそうな電動一輪車「Ninebot One」がスタイリッシュでかっこいい
重心移動だけで動きを制御。(2015/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。