ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「能年玲奈」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「能年玲奈」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
三陸鉄道リアス線 JR山田線移管を“予言”できた理由
3月23日、三陸鉄道リアス線が全線開通。東日本大震災で不通となっていたJR山田線沿岸区間を復旧し、三陸鉄道に移管した。この枠組みを7年前の2012年に予想していた。「どうしても鉄道で」を実現する解決方法が他に見つからなかったからだ。(2019/4/5)

本気のクオリティーだ! のん、スパイダーグウェンのコスプレに反響「頭身やポーズがガチ」「cool!」
やっぱスタイルいいな。(2019/4/1)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波
ピエール瀧容疑者の逮捕の余波が広がっている。相次ぐ自粛を受け、映画監督など作品をつくるクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」など批判の声が上がった。(2019/3/14)

「褒めて!褒めて!」 のん、ハイセンスな着物の“ひな祭りコーデ”がかわいさの極み
褒めるー!(2019/3/3)

2019年新春乗り鉄話題8選:
奇跡? 狙った? ファン歓喜「箱根駅伝ロマンスカー」の真相
「おぉぉ! 小田急さんやるな!」といい話で始まった2019年の乗り鉄話題。今年はどこへ行こうかな。今回は「2019年注目の乗り鉄トピック8選」を紹介。【訂正】(2019/1/23)

アイドルから大変身! 橋本愛、新年に華を添える「いだてん」遊女姿がゾクゾクする美しさ
たまらん。(2019/1/10)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

「しっかりと胸毛まで」 のん、気合込めたフレディ・マーキュリーコスプレに驚きの声
フレディの歌声がよみがえる……!(2018/11/1)

「まるで農家のヴィーナス」 のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す
麗しい……。(2018/10/14)

サイボウズ式:
「会社の奴隷」にならないために、働く人は何をすべきか――スタートトゥデイ田端×サイボウズ青野
(2018/8/27)

「全員で同じ方向を向いて活動することが出来ない」 ベイビーレイズJAPANが解散、ラストライブは9月24日
突然の解散発表。(2018/7/25)

「じぇじぇじぇって聞こえそう!」 のん&尾美としのり、懐かしの“あまちゃん”親子ショットに歓喜の声
うわー懐かしい!(2018/6/14)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
映画に演劇も 2018年期待の鉄道エンターテインメント
新年の鉄道を俯瞰する「おせち記事」のなかで、見落とされている分野がエンターテインメント。実は今年、鉄道をテーマにした映画や演劇が豊作の予感だ。(2018/1/12)

三省堂「今年の新語2017」、「忖度」が大賞に 上位に「インフルエンサー」「パワーワード」など
女学生の間で流行した「卍」も、選外ながら講評に挙がっています。(2017/12/4)

東村アキコ『海月姫』フジ月9でドラマ化! 芳根京子が“オタク女子”を演じる
8月の原作完結を機に決定。(2017/11/7)

確かに「とにかく明るい橋本」だこれ! 橋本愛の必殺ポージングがとっても安心できるやつ
この笑顔反則だろ!(2017/9/9)

のん、自主レーベル「KAIWA(RE)CORD」を発足 今夏から音楽活動開始「いつかは自分で全てをプロデュースしてみたい」
今秋から随時リリースを予定しているとのこと。(2017/8/3)

最高しかないやつ! スチャダラパー×EGO-WRAPPIN’の新曲MVにのん出演、圧倒的存在感に「神コラボ」の声
屋上で軽快に歌うのんさんの姿がもはや神々しい。(2017/6/8)

女優・吉田里琴、吉川愛の名前で復帰 学業専念を理由に昨年引退
大手事務所「研音」の所属に。(2017/4/6)

将来有望すぎる 「買ってもらえなかったから作った」Nintendo Switchを自作した小学生に絶賛の声
いずれNintendo Switchを超えるゲーム機を作る逸材。(2017/3/29)

デビュー35周年の小泉今日子、全シングル網羅のベストアルバムリリースへ
全シングル曲を完全リマスタリングして収録。(2017/3/21)

有村架純、初の悪女役でランジェリー姿 映画「3月のライオン」で零との危うい関係性醸す
これは零も横向けない。(2017/3/3)

清水富美加、謎のツイートを残し公式アカウント削除 所属事務所は能年玲奈と独立トラブル
「清水富美加」という本名が使えなくなる? とも危ぶまれています。(2017/2/11)

「逃げ恥」はなぜヒットした? 星野源を素直に愛せない私たちの思いを探ってみた
(2016/12/22)

「この世界の片隅に」主人公を演じた“のん”が広島を旅する写真集が刊行決定 監督との対談も
“もんぺ姿”も披露!(2016/11/28)

NHK大河ドラマに“オリンピック” 2019年の大河はクドカン脚本でスポーツマンの奮闘ぶりが描かれる
今後のキャスト発表にも注目。(2016/11/16)

2019年NHK大河ドラマは「オリンピック」 クドカン脚本
2019年のNHK大河ドラマは「オリンピック」がテーマに。(2016/11/16)

のん、黒柳徹子との初対面に「ミーハー心が刺激されまくった」 笑顔の記念写真も
黒柳徹子さん主演の舞台「レティスとラベッジ」を見に行ったそうです。(2016/10/9)

おかもとまり、女優「のん」風ものまねメイクを披露 息子くんもママの変化にびっくり
完成まであと1歩。(2016/9/11)

クラウドファンディングで4000万円集めたアニメ映画「この世界の片隅に」11月公開 声優に「のん」さん
クラウドファンディングで4000万円近い支援を集めて制作された劇場用アニメ「この世界の片隅に」が11月12日に公開される。(2016/8/24)

のん、初の主演声優に 劇場アニメ「この世界の片隅に」主人公・すず役で
11月12日公開。(2016/8/24)

“のん”こと能年玲奈、LINEオフィシャルブログをスタート 6枚の写真を公開
「のん」と書かれた看板を手にポーズ。(2016/8/18)

岩手県知事「のんに活躍の場を」 能年玲奈を支援する岩手県の「プロジェクトN」が始動
東日本大震災の復興に当たって「あまちゃん」に大きな力をもらい、その立役者への感謝と恩返しのため。(2016/8/9)

“一寸法師”前野朋哉が「M-1」出演! 出演映画の漫才コンビで無謀にもお笑いの登竜門に挑む
相方は「あまちゃん」にも出演した森岡龍さん。(2016/7/15)

「のんちゃんはのんちゃんを応援しています!」 フットボールアワー岩尾、改名発表の能年玲奈にエールを送る!?
「あまちゃん」の聖地で。(2016/7/14)

じぇじぇ! 引退した企画列車「しおさいのメモリーズ号」が復活 新型車両を使って「あまちゃん」を再現
三陸鉄道「私たちにはあまちゃんの続きをやる義務があるのでは!?」(2016/7/7)

能年玲奈、篠田麻里子のInstagramに登場 渡辺えりも参加しておちゃめな3ショット
能年さんは、6月末に所属事務所との契約が切れることが報道されていました。(2016/7/1)

有村架純がNHK朝ドラ「ひよっこ」で主演! 行方不明の父を探す17歳少女に
「あまちゃん」で大ブレイクした有村さんがついに!(2016/6/29)

金曜ロードSHOW!で「ホットロード」実写映画 7月15日放送
主演は能年玲奈さん。(2016/6/25)

週刊「調査のチカラ」:
コミュニケーションロボットによる接客、約半数が「抵抗はない」
子どもの時間の使い方の今昔からコミュニケーションロボットやVR(バーチャルリアリティ)など注目の新技術まで。時代を越えたトピックの数々を調査データで振り返ります。(2016/6/11)

NHK「オトナの一休さん」が見事なまでの型破りジジイ! 史実の通り破戒の限りを尽くす
イメージの崩壊。(2016/6/7)

能年玲奈さんの“くまモン頑張れ絵”、胸を打たれる1枚だと話題に
何かグッと来る。(2016/4/22)

SNSでも人気の猫ズが集結にゃ!:
1万人動員の「ねこ休み展」がGWに札幌、柏、大阪で開催決定
合同写真&物販展である「ねこ休み展」の地方巡回が決定。ネットを中心に活躍するクリエイターの作品が拝めるぞ!(2016/4/15)

有村架純、写真家・蜷川実花の手で大人の女性へと変身 谷間がのぞく写真に「世界の秘宝レベル」の声
これが「PERFECT HUMAN」か。(2016/4/8)

能年玲奈さん、実は六つ子だったと告白 兄弟の写真を初披露……ってそれなに松?
クオリティ高い。(2016/4/1)

“天才子役”として知られた女優・吉田里琴さん 学業専念のため芸能界引退を発表
最近では「あまちゃん」「リーガル・ハイ」などにも出演。(2016/4/1)

「あま絵」で話題を呼んだマンガ家の青木俊直さん 今度は「あさが来た」田村宜のイラストを集中投下
眼鏡っ娘でボクっ娘なのぶの登場で変なスイッチが入ってしまったもよう。(2016/3/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。