ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「能年玲奈」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「能年玲奈」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
登山が趣味の山下さん。(2023/10/23)

【足立梨花】10月16日は31歳の誕生日 趣味はアニメ鑑賞でコスプレも、6月に結婚【2023年】
アニメ好きで知られる足立さん。(2023/10/16)

のん、「北限の海女」姿で「あまちゃん」再放送感謝 「大人アキちゃんだ!」「あまちゃんフォーエバー」など反響
もう10年たったのか。(2023/10/3)

『VIVANT』の成功で考える、日本のテレビドラマが勝ち残る道
TBSのテレビドラマ『VIVANT』が、放送終了後、1週間がすぎた現在も注目され続けている。同作品のヒットからはSNSでの情報発信など地上波のテレビドラマならではの勝ち筋を学ぶことができる。(2023/9/27)

のん、30歳目前の“大人ドレス”姿が圧巻の美しさ 「あまちゃんが綺麗な女性に」「可愛いから美へ」と絶賛集まる
美しい。(2023/7/7)

この中に「朝ドラのタイトル」が6つ隠れています【言葉探しパズル】
盤面の文字列を直線でつなぐと……。(2023/5/26)

不在連絡票に「おだいじにして下さい」 ヤマト配達員から療養中の荷受人への気遣いが「素敵やなぁ」と絶賛
病気のときほど、人のやさしさが身にしみるものです。(2023/4/20)

勝地涼、あさイチ出演で「前髪クネ男」が話題に 「あまちゃん」放送から10年 ファン「勝地さんのキャリアを語るうえでクネ男は外せない」
前髪クネ男から10年。(2023/4/14)

のん、久々の「あまちゃん」“天野アキ”ルックに ファン歓喜「じぇじぇじぇ〜!!!」「似合うわ〜」
「あまちゃん」から10年。(2023/4/9)

のん、「あまちゃん」再放送で当時を回想「楽しくてしょうがなかった時間を思い出します」 久慈での写真も公開
10年たっても変わらず愛されている作品です。(2023/4/3)

その契約、大丈夫? 弁護士が解説:
「芸名禁止」はNGで「恋愛禁止」はOK? 愛内里菜さん裁判から考える、契約条項に潜むリスク
歌手の愛内里菜さんと専属契約を結んでいた事務所が「芸名使用」を巡って起こしていた裁判が話題になった。芸名以外にも「恋愛禁止」などの条項を盛り込んだ契約は、時折議論を呼ぶ。果たして、契約はどこまで許されるのか。弁護士が解説する。(2022/12/14)

警視庁がドラマ公開 実話をもとに先端技術の流出事件描く 出演はのんさん、筧利夫さん
警視庁は9日、実際の事件をもとに産業スパイの手口を描いたドラマをYouTubeで公開した。能年玲奈(のん)さんや筧利夫さんらが出演。(2022/11/9)

「ひらがなの言葉って朝ドラっぽくなる気がする!」→ロゴを作ってみたら…… 秀逸なデザインに「本当にありそう」「好きすぎる」の声
「ちんぷんかんぷん」、難解なお話なんだろうな……。(2022/10/28)

振れ幅すごっ! 橋本愛、金髪化した派手姿が“めっちゃギャル” 黒髪ボブから不意のイメチェンが「似合ってて萌えます」
「家庭教師のトラコ」に出演中の橋本さん。(2022/9/13)

1100人に聞いた:
関西出身の人気女優ランキング 2位は「有村架純」、1位は?
関西出身女優の人気ランキングを発表した。2位は「有村架純」、1位は?(2022/8/20)

「笑ったあとほうれい線が消えない」 森川葵、“アラサー変化”とともに年齢明かし驚くファン「10代だと思ってた…」
女子高生役を演じた「ナンバMG5」も無事クランクアップ。(2022/6/18)

のん、チャリで三陸鉄道と並走 9年ぶり「あまちゃん」の名シーン再現にチャレンジ
じぇじぇじぇ! もう9年も経ったのか〜。(2022/6/4)

「橋本愛ちゃんと似てきた?」「大人びた女性に」 のん、ジャケット着こなすソロショットに反響
のんさんは「すっぴんが気になり出してきた」とのこと。(2022/5/9)

「ついに大河デビュー!」 「鎌倉殿の13人」、山谷花純が大河ドラマ初出演で源頼家の妻・若狭局に
「嬉しくてたまらんです!!」とファンも喜び。(2022/5/4)

のん、小6の卒業文集&美少女ショットに反響 夢いっぱいの“未来予想図”に「面白すぎ」「声出して笑いました」
988年後というパワーワード。(2022/5/3)

“ひらり”石田ひかり、30年ぶり朝ドラ登場に大興奮 「カムカム」登場場面に「パン無量(感無量)でち!!」
1992年開始の「ひらり」でヒロイン役。(2022/3/10)

さかなクンの自叙伝、主演・のんで2022年夏に映画化 イケメンな学ラン姿公開「これはすごい事件」
面白そう!!(2022/3/8)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “百貨店の未来”編:
LINEミニアプリにスカウター? パルコ・H2OリテイリングのDXリーダーが語る、物があふれた時代の百貨店
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、パルコ執行役員の林直孝氏と、エイチ・ツー・オー リテイリング執行役員の小山徹氏。DXを率いるリーダーとして、両者が今考える「百貨店の未来」とは──。(2021/12/1)

湯浅政明監督『犬王』がベネチア映画祭オリゾンティ部門にノミネート 「この作品はある種のロックオペラだ!」
古典芸能である能楽を湯浅監督らしいアプローチで描いたミュージカルアニメーション。公開は2022年初夏に。(2021/7/27)

勝地涼、21年前の山田孝之とのプリクラを公開し反響 「可愛い〜顔してるう」「めちゃめちゃ懐かしい」
当時撮影された鈴木杏さんとのカラオケ写真も公開。(2021/7/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「悪質撮り鉄」は事業リスク、鉄道事業者はどうすればよいか
有料道路を走る暴走族は、道路会社にとってお客様ですか。これと同様に「悪質撮り鉄」は、他の撮り鉄だけではなく、鉄道趣味、旅行ビジネスに悪い影響を与えている。本来、鉄道事業者が守るべきは「お客様の安全」であり、彼らはそれを脅かす存在だ。毅然とした態度が必要となる。(2021/5/12)

2020年の流行「全集中」な商店会ポスターが「もはや潔い」と話題 86歳の炭治郎は何者? 話を聞いた
「全集中!年末年始スタンプラリー」「倍返しの恩返し!」「ニジュー万円だ!」(2020/12/11)

橋本愛、のんと「あまちゃん」以来の再共演 7年ぶりの親友役に「とても照れました」「超超楽しかったです」
一方ののんさんも「これ以上ない相手でした」。(2020/10/20)

のん、新CMで“一粒の米”になる 中学時代は大の米好き「朝に6合を食べてた時がありました」
シュールだ。(2020/9/30)

そんなに鍛えてたの!? 福士蒼汰、“肉体派”な上半身ショットがイメージと180度違う
芸能事務所所属10周年目に新たな一面見せてくるじゃん。(2020/9/22)

子犬の身体能力は侮れない……! 食欲旺盛ワンコの器用すぎる“つまみ食い”に「賢い」「かわいすぎて怒れない」の声
すごい!(2020/7/10)

10代女子が選ぶ「もう使いたくない若者言葉・略語」ランキング第1位は「じぇじぇじぇ」 「フロリダ」「ショッキングピーポーマックス」意味分かる?
ドヤ顔で使わないようにしましょう。(2020/2/1)

月刊乗り鉄話題(2019年8月版おかわり):
ひょっこり? キリキリ? 三陸鉄道リアス線の真ん中あたりが楽しい
祝・復旧! JR山田線とJR大船渡線もついでに巡って、ついにJR東日本の路線を全線踏破。(2019/8/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
三陸鉄道リアス線 JR山田線移管を“予言”できた理由
3月23日、三陸鉄道リアス線が全線開通。東日本大震災で不通となっていたJR山田線沿岸区間を復旧し、三陸鉄道に移管した。この枠組みを7年前の2012年に予想していた。「どうしても鉄道で」を実現する解決方法が他に見つからなかったからだ。(2019/4/5)

本気のクオリティーだ! のん、スパイダーグウェンのコスプレに反響「頭身やポーズがガチ」「cool!」
やっぱスタイルいいな。(2019/4/1)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波
ピエール瀧容疑者の逮捕の余波が広がっている。相次ぐ自粛を受け、映画監督など作品をつくるクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」など批判の声が上がった。(2019/3/14)

「褒めて!褒めて!」 のん、ハイセンスな着物の“ひな祭りコーデ”がかわいさの極み
褒めるー!(2019/3/3)

2019年新春乗り鉄話題8選:
奇跡? 狙った? ファン歓喜「箱根駅伝ロマンスカー」の真相
「おぉぉ! 小田急さんやるな!」といい話で始まった2019年の乗り鉄話題。今年はどこへ行こうかな。今回は「2019年注目の乗り鉄トピック8選」を紹介。【訂正】(2019/1/23)

アイドルから大変身! 橋本愛、新年に華を添える「いだてん」遊女姿がゾクゾクする美しさ
たまらん。(2019/1/10)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

「しっかりと胸毛まで」 のん、気合込めたフレディ・マーキュリーコスプレに驚きの声
フレディの歌声がよみがえる……!(2018/11/1)

「まるで農家のヴィーナス」 のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す
麗しい……。(2018/10/14)

「全員で同じ方向を向いて活動することが出来ない」 ベイビーレイズJAPANが解散、ラストライブは9月24日
突然の解散発表。(2018/7/25)

「じぇじぇじぇって聞こえそう!」 のん&尾美としのり、懐かしの“あまちゃん”親子ショットに歓喜の声
うわー懐かしい!(2018/6/14)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
映画に演劇も 2018年期待の鉄道エンターテインメント
新年の鉄道を俯瞰する「おせち記事」のなかで、見落とされている分野がエンターテインメント。実は今年、鉄道をテーマにした映画や演劇が豊作の予感だ。(2018/1/12)

三省堂「今年の新語2017」、「忖度」が大賞に 上位に「インフルエンサー」「パワーワード」など
女学生の間で流行した「卍」も、選外ながら講評に挙がっています。(2017/12/4)

東村アキコ『海月姫』フジ月9でドラマ化! 芳根京子が“オタク女子”を演じる
8月の原作完結を機に決定。(2017/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。