ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オイシックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オイシックス」に関する情報が集まったページです。

2位はイオン系:
食品宅配サービス利用率調査、圧倒的1位は「コープ」 背景のニーズは?
食品宅配サービスの利用実態調査を実施したところ、利用率で最も多かったのは「コープ」だった。調査から見えてきた利用者のニーズは?(2021/7/16)

社長が語る:
「黒にんにく」で大手の下請けから脱却 家族との衝突やリストラを乗り越えた“逆転劇”
大手メーカーの下請け事業で成長してきた宮崎県の会社がある。しかし、海外製品に押されて苦戦するようになる。新規事業として手掛けた「黒にんにく」を成長させた経緯を社長に聞いた。(2021/6/10)

ビジネス漫画のヒット術:
『ヤングジャンプ』編集者に聞く、スタートアップ漫画『スタンドUPスタート』ヒットの舞台裏
『週刊ヤングジャンプ』に連載中の『スタンドUPスタート』は、生きづらさを感じている人たちが「スタートアップ(を起業)しよう!」と主人公から誘われ、起業を通して自由な生き方を獲得していく漫画で、スタートアップをテーマにした点で注目を集めている。集英社の『週刊ヤングジャンプ』副編集長の春日井宏住氏と担当編集の塚本剛平氏などにヒットの舞台裏を聞いた。(2021/4/29)

ミールキットは出荷数7500万食:
売上高4割増 オイシックス・ラ・大地の松本浩平取締役に聞く「躍進の理由」
食品宅配大手のオイシックス・ラ・大地が、コロナ禍の長期化に素早く対応して会員数を大きく伸ばしている。消費者の巣ごもりニーズが高まる中で、2021年3月期は大幅な増収増益を見込む。同社の松本浩平・取締役経営企画本部長に、好調を維持できた販売戦略の狙いをインタビューした。(2021/4/28)

リクルートのサービスで「dポイント」が利用可能に 5月24日から
NTTドコモとの「dポイント」が、5月24日からリクルートの提供する一部サービスで利用可能に。「リクルートID」と「dアカウント」の連携で予約内容や購入額に応じてdポイントがたまり、サービス利用時にdポイントを利用できる。(2021/4/23)

“紛争”が続く:
大戸屋監修のミールキットをオイシックスが販売 両社の業務提携にコロワイドの影響は
大戸屋が監修したミールキットをオイシックスが販売する。大戸屋HDとオイシックスは業務提携契約を締結している。コロワイドとの“紛争”は影響するのか。(2020/9/11)

モスバーガーのミートソースをアレンジしたパスタソースが登場 ボロネーゼのミールキットとして販売
絶対うまい。(2020/9/3)

TOB成立の可能性を高める:
コロワイド、大戸屋へのTOB期間を延長 買い付け予定数の下限も引き下げ
コロワイドが大戸屋ホールディングスへのTOBについて、買い付け期間を9月8日まで延長。「応募状況を鑑みるに、買い付け予定数の下限に達しない」と判断。買い付け予定数の下限も引き下げ、TOB成立の可能性を高める。(2020/8/25)

敵対的TOBへの影響は:
大戸屋とオイシックスが業務提携 サブスクのプロジェクト立ち上げか
大戸屋ホールディングスがイシックス・ラ・大地との間で業務提携契約を締結した。共同で弁当や総菜の製造・販売を手掛ける。両社の経営資源を組み合わせてシナジー効果を生み出す。(2020/8/14)

100年前からあるビジネスモデル:
サブスクを成功させるか、失敗させるか、キモは「3+1」
多くの企業がサブスクビジネスを始めている。当初の目標を達成できずに苦しんでいるところも多いようだが、どこに問題があるのか。成功事例をひも解くと、共通点が見えてきて……。(2020/7/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ごはんおかわりロボ」「八百屋併設」 コロナ対策に知恵を絞る外食チェーンの取り組み続々
大手外食チェーンが本格的に営業を再開した。一方で、新型コロナの対策にも知恵を絞っている。各社はどんな取り組みをしているのか。(2020/6/16)

オイシックス・ラ・大地、マザーズから東証一部へ市場変更
食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地は4月9日付で、上場市場を東京証券取引所マザーズ市場から同市場第一部に変更した。(2020/4/14)

Oisixを通して:
自粛で行き場を失った「串カツ田中」や「塚田農場」の食材を販売、オイシックス・ラ・大地が飲食支援
外出自粛要請で飲食店が相次いで休業している。行き場を失った食材をオイシックス・ラ・大地が販売する。「串カツ田中」や「塚田農場」などの食材を扱う予定。(2020/4/13)

特集:マイクロサービス入門(終):
マイクロサービス移行後のテスト、CI/CD、運用監視で現場が疲弊しないためのポイント
マイクロサービスアーキテクチャへの移行を進める上で生まれた課題にどう取り組んだのか。オイシックス・ラ・大地の川上徹氏がOisixのマイクロサービス移行後のテスト、CI/CD、運用監視を紹介します。(2020/3/17)

「食品ロス」削減への現在地:
新型コロナ感染拡大で行き場を失った食品を救え! 農水省や食品宅配事業者らの支援続々
物産展や飲食に関連したイベントの中止が相次ぐ。学校給食の中止で食材が行き場を失っている。食品ロスを防ぐための試行錯誤が続く。(2020/3/13)

特集:マイクロサービス入門(6):
マイクロサービス移行を阻むレガシーとの戦い方
マイクロサービスアーキテクチャへの移行を進める上で生まれた課題にどう取り組んだのか。オイシックス・ラ・大地の川上徹氏がOisixのマイクロサービス移行のハードルにどう取り組んだのか紹介します。(2020/3/3)

経営統合の真意を聞く:
エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクションであるBIRDMANを子会社化した。両社が描く未来の広告とクリエイティブの在り方について聞いた。(2020/1/24)

特集:マイクロサービス入門(5):
新規構築や移行時のリスクを軽減、「ストラングラーパターン」とは?
モノリシックなサービスをマイクロサービス化する際、どのように移行させればいいのか。オイシックス・ラ・大地の川上徹氏がOisixのマイクロサービス移行に当たって採用したアプローチと開発プロセスを紹介します。(2020/1/23)

特集:マイクロサービス入門(4):
マイクロサービスアーキテクチャにおける「サービス配置」の考え方
マイクロサービスアーキテクチャを用いてシステム開発をする場合、アプリケーションをどのように分割して配置すればいいのか。アプリケーション間の通信はどのような点に留意すべきかを、オイシックス・ラ・大地の川上徹氏が解説します。(2019/12/17)

特集:マイクロサービス入門(3):
創業時はJava 1.3、JDBC、JSPで構築――ECサイト「Oisix」がマイクロサービス化を進めたワケ
特集「マイクロサービス入門」の第3回目は、マイクロサービス化を実現したECサイト「Oisix」がどのような環境でサービスを提供していて、どういった課題を抱えた中でマイクロサービス化を選択したのか、オイシックス・ラ・大地でシステム本部シニアアーキテクトの小林弘明氏が紹介します。(2019/11/25)

特集:マイクロサービス入門(2):
マイクロサービスが注目される理由 導入検討に向けて気を付けるべきポイント
特集「マイクロサービス入門」第2回目は、マイクロサービスが注目される背景と、企業がこれからマイクロサービスの導入を検討するに当たって、考えておくべきポイントをオイシックス・ラ・大地で技術顧問を務める寺田佳央氏が解説します。(2019/10/18)

特集:マイクロサービス入門(1):
「マイクロサービスに出遅れた」ところは、先人から何を学べるか
これまでマイクロサービスアーキテクチャに取り組んだ組織の多くは、試行錯誤を重ねて、自らの組織における最適解を見いだしている。いま、マイクロサービスを考える人たちは、先人から何を学べばいいのだろうか。(2019/9/13)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(14):
クラウドも人の子。止まることが前提――ZOZOTOWNが開設15年目に歩み出したクラウドネイティブへの旅路
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ZOZOTOWNの事例では、マイクロサービス化とマルチクラウド化のポイントを、クラウドベンダーからの提案とともにお届けする。(2019/9/4)

「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」 春日部駅の「クレしん」コラボポスターに大反響
「泣ける」「しんちゃんはこんなこと言わない」などと賛否ありつつ、Twitterを中心に広く話題を呼んでいます。(2019/8/27)

ドコモの「dミールキット」が7月25日スタート 最短5分で手作りできる料理キットを配送
NTTドコモの「dミールキット powered by Oisix」の提供開始日時が7月25日15時に決まった。最短5分で主菜・副菜の2品が作れるミールキットを配送するサービスで、NTTドコモの回線契約がなくても利用できる。(2019/7/19)

「ストラングラーパターン」とは?:
2000年から運用してきたECサイト「Oisix」をマイクロサービス化 オイシックスのエンジニアが語る舞台裏
2000年から運用してきたECサイトにマイクロサービスを導入したオイシックス・ラ・大地。モノリシックなECサイトのアーキテクチャをどのようにマイクロサービス化させていったのか、同社のシステム基盤部で基盤刷新セクションの川上徹氏が語った。(2019/7/1)

ドコモ、最短5分で調理できる安心・安全な手作り手作り料理キット「dミールキット」7月から提供開始
NTTドコモが、下ごしらえされた食材とレシピ、調味料を必要な分量だけセットにしたミールキットを届けるサービスを7月から開始する。利用者がお得にdポイントをためられる仕組みを採用し、NTTドコモの回線を契約していなくても申込できる。(2019/5/16)

食材宅配の電話注文にAIオペレーターが24時間対応――オイシックスとNTT Com、実証実験を開始
有機野菜などの食材宅配サービスを展開するオイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズと共同で、「AI応対コンタクトセンター」を活用した電話注文受付の実証実験を開始。電話受付から事務処理までのプロセス全体を自動化し、AI応対への顧客満足度などを分析する。(2019/4/16)

CIOへの道:
オイシックスが考える、サブスクリプション時代を生き抜くためのシステム設計とIT人材とは CMT、西井氏に聞く
マーケティングのプロがIT部門にも関わっているオイシックス・ラ・大地のCMTと、クックパッドの情シス部長が、ITとビジネスの在り方について語り合う本対談。後編は全体最適の視点に立ったIT戦略の重要性と、ビジネスを加速させるシステムの在り方に関するテーマで話が進んだ。(2019/3/20)

PR:Oisixが19年運用してきたモノリシックなサービスのマイクロサービス化を進め、Kubernetesを本番運用できる理由
2000年に生鮮食品のネットショップとして創業したサービス「Oisix」。創業以来19年間連続でサービス規模を拡大し続けていたが、システムの肥大化により、サービスをローンチするまでの期間が長くなる、開発/リリースの難易度が上がるなどが課題になっていた。そこでマイクロサービスアーキテクチャへの刷新とKubernetesの採用に取り組み始め、現在は幾つかのサービスで本番運用を開始している。マイクロサービス化とKubernetesの本番運用が可能になった理由とは何だったのだろうか。(2019/3/18)

CIOへの道:
「攻めのIT、守りのIT」はオワコン? オイシックスのCMT、西井氏に聞く「ビジネスとITの間を行き来できる組織の作り方」
マーケティングのプロがIT部門にも関わるという、ちょっと変わった組織体系のオイシックス・ラ・大地。このような組織体制になった背景や効果、同社のマーケティングに対する考え方を、クックパッドの情シス部長が聞く。(2019/3/7)

ネットスーパー「ローソンフレッシュ」終了 利用伸び悩み・物流費の高騰で
ローソンのネットスーパー「ローソンフレッシュ」が8月で終了。ユーザー数が伸び悩んでいることに加え、物流コストの高騰で負担が増加したため。(2018/6/29)

らでぃっしゅぼーやとの経営統合に向け:
オイシックスドット大地、社名を「オイシックス・ラ・大地」に変更
オイシックスドット大地が社名を「オイシックス・ラ・大地」に変更。らでぃっしゅぼーやとの経営統合に先駆けて7月1日付に変更する予定。(2018/5/24)

グループ化しEC事業で提携:
ドコモ、らでいっしゅぼーやをオイシックスに売却
オイシックスドット大地は1月30日、NTTドコモと業務提携することで基本合意したと発表。ドコモはオイシックスドット大地が実施する第三者割当増資を引き受ける形で出資し、子会社のらでぃっしゅぼーやをオイシックスドット大地に売却する。(2018/1/30)

野菜宅配「らでぃっしゅぼーや」、配送無料枠を拡大 「時代に逆行」で生き残りへ
らでぃっしゅぼーやが、配送無料の対象範囲を拡大。カタログ注文の場合、条件を「購入額が8000円以上」から「5000円以上」に引き下げる。(2017/8/25)

NEC PC plusbenlly:
PCベンダーがIoTプラットフォームを提供する理由
PCベンダーのNECパーソナルコンピュータがキュレーションズと共同で、法人向けIoTプラットフォーム「plusbenlly」を提供する。データ流通プラットフォームとしての役割に徹することで、異業種間も含めた結合も促すというが、なぜ、PCベンダーがIoT基盤なのだろうか。(2017/8/7)

製造業IoT:
PCメーカーが提案するIoTプラットフォームは「囲い込まない」
NECパーソナルコンピュータとキュレーションズは、企業がIoTデバイスを利用したサービス提供を簡単に行うためのIoTプラットフォーム「plusbenlly(プラスベンリー)」を共同開発した。既に無償のβ版を公開しており、2017年内に正式版をリリースする計画である。(2017/7/21)

オイシックスがInstagram広告施策で導入:
ユーザー投稿を広告に活用できるSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」にセルフサーブ型プラン
アライドアーキテクツは、SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」で、企業の広告担当者自身がユーザーの投稿を収集してSNS広告に活用できる「セルフサーブ型プラン」の提供を開始した。(2017/5/16)

生鮮品届ける「Amazonフレッシュ」日本上陸
野菜や肉、乳製品など生鮮品を購入できる「Amazonフレッシュ」が都内の一部エリアでスタートした。(2017/4/21)

「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」レポート:
「新しいEC(Engagement Commerce)」の時代とは――オイシックス 奥谷孝司氏が語る
新しいオムニチャネル、そして「新しいEC(Engagement Commerce)」とは。「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」から、オイシックスの奥谷孝司氏によるスペシャルセッションをダイジェストで紹介する。(2017/4/18)

レーザー照射で野菜の産地が分かる? NTTの新技術にびっくり
NTTテクノクロス、ザファーム、エス・アイテックスの3社が、野菜のネット販売のプロジェクトを共同で展開。この中でNTTテクノクロスが、野菜の産地を「科学的」に証明する新技術を使っている。高速通信を実現するための技術をどう転用したのだろうか。(2017/4/6)

食品宅配事業の大地を守る会とオイシックスが17年秋に合併 業界最大手に
経営資源の共通化を図り、食品宅配事業で最大手となる見込み。(2016/12/22)

カット野菜の宅配でさらなる時短 働く女性に嬉しい「料理キット」とは
「カット済野菜」などの料理キットは、短時間で調理ができるので便利です。弁当ではなく自炊したい派にもオススメで、健康面にも十分配慮ができます。(2016/11/14)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(6):
流通の課題を解決するためにITで新たなビジネスを創出するオイシックスがSIパートナーに求めるものとは
ITでビジネスを拡大した先駆者といえるオイシックスのシステム本部 本部長にシステムを拡大する際の体制面の課題やパートナーとなるSIerを選定するポイント、協業する際に重視する点などについて聞いた。(2015/10/30)

目が痛……くない! 切っても涙の出ないタマネギ「スマイルボール」が登場
お前のために泣くのは、もう終わりだ。(2015/10/24)

星9つ! オイシックス「ベジール」をレビュー!
今回選んだのはオイシックスの「ベジール」(198円/税込み、店頭価格)だ。(2015/7/20)

健康志向の従業員も大満足――有機野菜使用サラダデリバリーサービススタート
野菜不足は気になるが、ランチタイムで補うのは難しい。従業員の健康は気になるが、社食を作るほどの余裕はない。そんな悩みを手軽に解決する、サラダのオフィスデリバリーサービスが登場した。(2014/5/14)

「芝えび」と「バナメイエビ」の違いが分かる? 偽装問題で話題になった食品の食べ比べセットが通販で登場
偽装問題の食品を食べ比べしてみたい人はアンケートで約9割。(2013/12/18)

あの著者の生の声:
オトバンク会長のポッドキャスト番組始まる
オーディオブック配信サービスを運営しているオトバンクで、創業者がパーソナリティを務めるポッドキャスト番組「上田渉のこの人がおもしろい!」の配信を開始した。番組では、話題の著者や経営者の生き方やビジネスの本質が紹介される。(2013/10/25)

台風で傷ついたりんごを3割引で オイシックス「台風りんご」販売
ちなみに猛暑の影響で今年は最高の出来なんだとか。(2013/10/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。