ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

コカ・コーラがノンアル飲料「よわない檸檬堂」を発売 「檸檬堂」のノウハウ生かした風味に
「檸檬堂」好きの休肝日によさそう。(2022/1/25)

【漫画】わざと飲み物をこぼす1歳息子、しかしその後の行動は…… ついつい許してしまうママの漫画に「わかりすぎる」と共感の声
毎度びっくりしてしまうけど……。(2022/1/25)

JR東日本管内では初めて:
冷凍ラーメンやプロテイン自販機、大宮のエキナカに
JR東日本大宮支社などは、冷凍ラーメンやプロテイン飲料の自動販売機をJR大宮駅の構内に設置した。新型コロナウイルス感染拡大が長期化し「非接触」「非対面」の販売方法のニーズが高まっているとみて、需要の状況を調べる。(2022/1/21)

待合室でさわぐ2歳息子を落ち着かせるため、飲み物を買った結果…… 想定外の反応に絶望するママの漫画
多くの人が元気すぎる子どもに手を焼いているようです。(2022/1/21)

アルコール類の持ち運びも:
タイガー、“国内唯一”の炭酸保冷ボトル発売 ペットボトルと炊飯器にヒント 2年の開発秘話
タイガー魔法瓶は、炭酸飲料の持ち運びに対応した保冷ボトルを発売する。国内メーカー唯一の商品だという。ユーザーや社内の声を反映し、約2年をかけて開発した。同社はビールなどのアルコール類を持ち運んだりする楽しみ方を提案する。(2022/1/21)

タイガーの炭酸ボトル、開発のヒントはペットボトルだった
タイガー魔法瓶が21日に発売する「真空断熱炭酸ボトル」は、国内メーカーで唯一炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトルだ。しかしなぜ今までなかったのか。(2022/1/19)

なぜ今、“お茶”がアツイのか?:
PR:日本コカ・コーラが見据える茶系飲料市場の未来図 「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」大ヒットの要因を語る
2021年、コカ・コーラ、ジョージアなどで知られる清涼飲料市場の先導的企業である日本コカ・コーラは、コロナ禍で世の中が変容する中、「お茶市場でもリーディングカンパニー」を目指すことを宣言した。消費者ニーズに柔軟に対応するべく、同社が取り組む“お茶”変革――その一年間の取り組みを振り返ると同時に、日本コカ・コーラが見る茶系飲料市場の今後に迫る。(2022/1/19)

冷たいビール持ち運べる真空断熱ボトル、タイガーが発売 1.5Lタイプまで
タイガー魔法瓶はビールなど冷たい炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトル4種を21日に発売する。6000円から7500円前後(税込)。(2022/1/11)

炭酸飲料を持ち運べる水筒がタイガーから登場 国内メーカーで唯一、独自構造搭載で吹きこぼれを防ぐ
水筒にコーラが入れられる……!(2022/1/11)

【Amazon 初売り】飲料特集 「カゴメ 野菜一日これ一本」「ウィルキンソン タンサン」「UCC 職人の珈琲」などがセールに
普段使いや備蓄用にも。(2022/1/5)

キッコーマン飲料からコーヒーみたいにドリップして飲む“おだし”が登場 Makuakeにて応援購入を受付中
すでに一部のリターンが完売しています。(2021/12/25)

狂気の難度……! アサヒ飲料の公式「十六茶ク〜イズ!!」があまりにも難しすぎて「正気か……?」の声
これわかる人いるの……?(2021/12/18)

今日のリサーチ:
「コロナ2年目」に売れたもの、そうでもなかったもの――インテージ調査
2021年は「オートミール」「麦芽飲料」が大勝利。低迷していた化粧品、医薬品の一部にも回復の兆し。衛生系商品は前年の反動で低迷しました。(2021/12/16)

クリスマスギフトの予算はいくら? ほしいもの1位は「食品・飲料」
バスリエはクリスマスに関する調査を実施。もらいたいもの1位は「食品・飲料」だった。クリスマスギフトの予算はいくらが最も多いのか? そのほか、クリスマスの過ごし方なども調査した。(2021/12/11)

ダイオーズ社長 大久保真一さん(80) 環境衛生サービス、2桁成長を持続
飲料サービスの既存顧客からの売り上げが減った一方、環境衛生サービスは、コロナ禍前と比べて売り上げや顧客件数ともに成長を続けている。(2021/12/10)

いち早く市場投入も:
「購入までのハードルが高かったのかも」 オリオン「ドゥーシー」が販売終了
オリオンビールは2日までに、低アルコール炭酸飲料「ハードセルツァー」の「DOSEE(ドゥーシー)」の販売を終了すると販売代理店に通知した。(2021/12/6)

マックで飲み物だけ買おう → 気付けばLセット注文 食いしん坊が必ず陥るわなを描いた漫画に「私かな」「毎回これ」
うまいからヨシ!(2021/12/5)

【Amazonブラックフライデー】飲料・食品の売れ筋は? はごろもフーズのシーチキン缶がまとめ買いでお得
買い置きできる飲料・食品がお買い得(2021/11/27)

ファミリー層を狙う:
ラオックス、アジア食品専門店「亜州太陽市場」オープン 現地で見た“こだわり”
ラオックスは11月25日、東京・吉祥寺にアジア食品専門店「亜州太陽市場」をオープンした。1400アイテム以上のアジアの食品や飲料などをそろえる。(2021/11/25)

食品業界では初:
レーザーでボトルに直接印字、完全ラベルレス「アサヒ 十六茶」発売
アサヒ飲料が、完全ラベルレスの「アサヒ 十六茶」を発売する。インクやシールを使わず、レーザーでボトルに直接印字する。リコーが技術協力した。(2021/11/19)

ロボット開発ニュース:
AI搭載ロボットをコンビニエンスストアの飲料陳列業務に導入
ファミリーマートは、AI搭載ロボット「TX SCARA」を「ファミリーマート経済産業省店」に導入した。TX SCARAはTelexistenceのAIシステム「Gordon」を搭載し、従業員の代わりにバックヤード内での飲料補充業務に24時間従事する。(2021/11/18)

飲料自販機に「日替わり弁当」 オフィス向けの「お弁当ダッシュボタン」登場 
職場の飲料自販機に「日替わり弁当 920円」といったメニューを掲示し、ボタンが押されると温かい弁当を届ける──法人向けの新サービス「お弁当ダッシュボタン」が11月下旬に始まる。(2021/11/15)

今日のリサーチ:
2021年のSNSマーケティング予算 約7割の企業が増額――アライドアーキテクツ調査
「食品」「飲料」「化粧品」「外食」「小売」の各業種におけるSNS活用実態は?(2021/11/10)

キユーピーが調査:
普段「介護食」を準備している人でも、2割弱が「誤嚥」とは何かを知らない
キユーピーは、全国の男女を対象に「介護にまつわる意識調査」を実施した。「誤嚥」を知っているか聞いたところ、普段「介護食」を準備して飲み物にもとろみをつけている人の81.7%は「知っていて、意味も理解している」と答えた。(2021/11/5)

経産省内のファミマに商品陳列ロボ 1日約1000本の飲料陳列を自動化
経済産業省内のファミリーマートが商品陳列ロボットを導入する。バックヤード設置を想定したTelexistence製のロボットで、1日約1000本に及ぶ飲料陳列を自動化する。(2021/11/2)

【Amazonタイムセール祭り】飲料が3日間限定でお買い得 ラベルレスのサントリー天然水やコカ・コーラなど
ラベルレスありがたい。(2021/10/29)

サントリーが企業向け「社長のおごり自販機」 2人で社員証をかざすと飲み物がタダ
職場コミュニケーションの活性化を目指した自販機。(2021/10/19)

社員2人で買えば自販機の飲み物無料 テレワークで減った雑談を促進 サントリーが法人向け新サービス
サントリー食品インターナショナルが、社員2人が一緒に自動販売機を利用したとき、飲み物を無料で購入できるようにする法人向けサービスの提供を始めた。リモートワークの普及によって減った社員同士の雑談を活発化するのに役立つという。(2021/10/19)

コクヨ、「社長のおごり自販機」の実証実験 コミュニケーションのきっかけ作りに
コクヨは「社長のおごり自販機」の実証実験を実施した。社員が2人集まり、社員証を同時にタッチすると無料で飲み物がもらえる仕組みだという。(2021/10/19)

PR:「いざ鎌倉」自宅から鎌倉まで歩くと何万歩? 道中の自動販売機でポイントを貯めながら歩く
飲み物を買っても、歩いてもポイントが貯まる、ダイドードリンコのスマホアプリ「Smile STAND」。(2021/10/14)

マイボイスコムが調査:
1年前と比べ最もお金をかけるようになったのは「食品・飲料」 消費意識の調査
マイボイスコムは、「消費意識」に関する調査を実施した。1年前と比べて支出額と収入額に変化はあったのか、購買意欲の変化やお金をかけていることは何か聞いた。(2021/10/4)

今日のリサーチ:
ESGに積極的な業界 トップは「飲料」――電通PRコンサルティング企業広報戦略研究所調査
生活者1万人を対象とした「2021年度 ESG/SDGsに関する意識調査」の結果、「ESGレピュテーション」を最も獲得しているのは飲料業界であることが分かりました。(2021/9/29)

【Amazonタイムセール祭り】セール最終日の売れ筋商品は? 「Fire TV Stick 4K」が50%オフで3480円に
飲料・日用品もお買い得です。(2021/9/27)

【Amazonタイムセール祭り】コカコーラゼロ500mlが1本70円、カゴメ野菜生活が1本65円など飲料品がお買い得
お茶やコーヒーの買いだめにもどうぞ。(2021/9/25)

「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
「洋生菓子」として開発したものの、保健所から「乳飲料ではないか?」と指摘されたと説明しています。(2021/9/22)

「木彫りの自動販売機」に思わず二度見 飲み物を買えそうで買えない木彫作品が「絵本に出てきそう」と話題
飲み物は買えないけれど味わい深い自販機。(2021/9/19)

Innovative Tech:
重さが変われば味も変わるか? 東大、飲料の重さが味に与える影響を検証
重量を変えて飲料の味を変化させるグラス型デバイスにより、味覚がどう変化するかを検証した。(2021/9/8)

アシストスーツ、会場内誘導……パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。(2021/9/6)

アシストスーツ、会場内誘導…… パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。ソフトウェアロボットがライブ映像を実況するサービスもあり、無観客開催の中で競技の魅力を発信している。(2021/9/6)

飲みたいシーンも調査:
炭酸水を選ぶ時に最も重視する点 2位は「価格」、1位は?
マイボイスコムは、「炭酸水」に関する調査を実施した。炭酸水をどのような時に飲むか、どんな炭酸飲料を普段よく飲むのかなどを聞いた。(2021/9/2)

Amazonタイムセール祭り2日目の注目商品は? コカ・コーラの炭酸水が1本49円の破格に
飲料はネットで箱買いがらくちん。(2021/8/18)

【Amazonタイムセール祭り】飲料水・ジュース特集 ZAO SODA「強炭酸水レモン」、カゴメ「野菜一日これ一本」などがセールに
炭酸水や天然水、野菜ジュースなどがお買い得。(2021/8/17)

「カレーは飲み物」を商品化 ポッカサッポロが“缶入りカレー”8月23日発売
食事にもおやつにも。(2021/8/6)

暑い日に飲料の広告、雨の日は集客用クーポン:
天気にあわせて広告を表示 Cookie廃止で「位置情報×天気×広告」は盛り上がるか?
サードパーティーCookieの廃止に向け、広告業界が対応を模索する中、「天気に合わせた広告」を提供する動きが出てきている。天気に左右されやすい購買行動として、スーパーや飲料品の売り上げなどがある。こうしたニーズを、広告で解決できるか。(2021/8/4)

来秋にも:
自販機横のリサイクルボックス、投入口を下向きにした新タイプ導入
全国清涼飲料連合会は自販機横のリサイクルボックスの仕様を変更すると発表した。今まで上向きだった投入口を下向きにする。2022年秋にも導入予定だという。仕様変更の理由は?(2021/8/3)

サプライチェーン改革:
需要予測の高度化で食品ロス低減、食品メーカーに必要なサプライチェーンDX
インフォアジャパンは2021年7月21日、食品/飲料業界を取り巻くさまざまな課題の解説と、それらを解決し得る同社製品を紹介する説明会を開催した。需要予測の高度化などサプライチェーンのDXが食品ロス問題解決を促す可能性がある。(2021/7/29)

Innovative Tech:
炭酸飲料の刺激を強化するコップ 飲むと同時に電気刺激 法政大学が開発
コップの電気パワーで炭酸マシマシに。(2021/7/19)

「リポビタン」に5年保存できるゼリー飲料 災害時の備えに
(2021/7/18)

Amazonタイムセール祭り2日目の注目商品は? 瓶入り「ネスカフェ ゴールドブレンド」が60%オフに
飲料・お酒が安くなっています。(2021/7/17)

【Amazonタイムセール祭り】お茶、コーヒー、炭酸水など飲み物特集 ネスカフェの無糖コーヒー、トクホのヘルシア緑茶などがセール価格で登場
テレワーク中にお茶やコーヒーをよく飲む人へ。(2021/7/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。