ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

JR東、車内販売中止 新幹線や特急「乗る前に購入して」
JR東日本は、新幹線と特急列車などで提供している飲料や食べ物の車内販売サービスを、16日から当面の間休止する。新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置という。(2021/1/14)

潜在ニーズを開拓:
アサヒビール、度数0.5%の“微アルコール”投入 飲まない層にも新しい選択肢を提案
アサヒビールは、低アルコール商品を強化する。3月にはアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料の新商品を発売する。度数1%未満を「微アルコール」と定義。2025年までに度数3.5%以下の商品構成比を、19年の3倍強となる20%に引き上げる。(2021/1/6)

かっぱ寿司、ロボットで飲み物お届け コロナ禍の“バイト不足”対策で
「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトが、自動走行ロボットを使って飲み物を提供する実証実験を開始。コロナ禍の影響で勤務を控えるアルバイトが増える中、人手不足の解消や店員の業務削減を目指す。(2020/12/25)

「ミロ」販売休止 Twitterで話題、前年比7倍の注文続き「安定供給が困難」
ネスレ日本は12月8日、麦芽飲料「ネスレ ミロ」の販売休止を発表した。需要の急増で安定供給の継続が困難となったため。販売再開は2021年3月以降になる見通し。(2020/12/8)

再開は21年3月以降:
ネスレ、「ミロ」を販売休止 前年比7倍の注文、安定した供給が困難に
ネスレ日本は、麦芽飲料「ネスレ ミロ」3製品の販売を休止すると発表した。9月末に続いて再度の販売休止となる。販売再開は2021年3月以降の見通し。(2020/12/8)

神器にして救世主 熱々の飲み物を3分で適温にして保つ「猫舌専科タンブラー」登場
ありがたや……。(2020/12/7)

天気・交通情報・地図など表示する“デジタル自販機” JR東が英国に設置 飲料やマスクを販売
JR東とパーク24が、英国ロンドンに“デジタル自動販売機”を設置。タッチパネル式ディスプレイを搭載し、周辺の地図や交通情報、天気予報などを表示する。販売する商品は、飲料や菓子、マスク、消毒液など。(2020/11/19)

今週のファミリーマート新商品ピックアップ(11月17日〜)「杏仁豆腐は飲みものです。カロリー30%減」「四川風麻婆豆腐まん」
あの話題のドリンクのカロリーオフバージョン。(2020/11/17)

猫舌専用タンブラー登場 吸熱剤で飲みやすい温度に、1時間キープ
ドウシシャが熱い飲み物の温度を下げる「猫舌専科タンブラー」を発売する。新たに吸熱剤の層を設けた真空3層構造。80℃の飲み物が3分後には約67℃の“飲み頃”に。(2020/11/12)

入れた飲みものによって違う文字が浮かぶ! 天才的発想の“珈琲牛乳のグラス”が発売
Twitterで話題になったグラスが商品化されました。(2020/11/11)

「鬼滅の刃」コラボで販売本数1.5倍 ダイドーの缶コーヒー飲料大作戦
「鬼滅の刃」が缶コーヒーの市場でも存在感を増している。ダイドーが26日に公表した飲料の種別販売状況ではコーヒー飲料の販売が前期比で約1.5倍に。コラボと重なるのは調査期間の後半だけだ。(2020/10/27)

【Amazonプライムデー】今売れている食品・飲料・お酒まとめ 生茶やフルーツグラノラがお買い得
おいしいやつまとめ。(2020/10/13)

EC限定で発売:
ラベルなしで、はがす手間を省く サントリー「天然水スパークリングレモン」「伊右衛門」からラベルレス商品
サントリー食品インターナショナルは、炭酸水「天然水スパークリングレモン」と緑茶飲料「伊右衛門」のラベルレス商品を発売する。ECによるケース購入限定で、11月3日から販売する。(2020/10/12)

産業用ロボット:
ABBがパラレルリンクロボットメーカーを買収、食品や飲料業界向けを強化
ABBは2020年10月2日、ピックアンドプレース用途に使用されるパラレルリンクロボット(デルタロボット)メーカーであるオランダのCodian Roboticsを買収したことを発表した。(2020/10/12)

食の流行をたどる:
ロゼワインが「子どもっぽい」とされる理不尽 日本でのビジネスチャンスは?
日本において、ロゼワインは子どもっぽい飲み物とされる。フランスでは白ワインより消費量が多いのにこの扱いは理不尽である。ビジネスチャンスはないのか。(2020/10/10)

だしは飲み物 そのまま飲める“和だし”登場、キッコーマン監修
その発想はなかった。(2020/10/6)

40〜60代がターゲット:
日本コカ・コーラ、そのまま飲める「和だし飲料」を発売 キッコーマン監修でスープ市場を攻略
日本コカ・コーラは10月12日に和だし飲料「GO:GOOD(ゴーグッド) ゴクっ!と旨い和だし」を発売する。キッコーマンが監修。ここ数年で伸びているスープ市場を攻略する。(2020/10/6)

森永乳業から“飲める焼き芋”飲料登場 その名も「焼きいも飲めるってよ」
桐島が飲んでそう。(2020/10/1)

駅で受け取る:
利用者殺到「サブスク自販機」、JR東が会員枠2000人に拡大 初月980円で1日1本
JR駅構内の自動販売機から1日1本ペットボトル飲料を受け取れるサブスク「every pass」の第2弾が始まる。応募者から選ばれた2000人が利用できる。(2020/9/8)

どうやって運ぶ?:
飲料製品とラーメンを同時配送で20%効率化 日本通運・アサヒ飲料・日清食品が協力
日通・アサヒ飲料・日清が9月11日に共同輸送を始める。これまでアサヒ飲料は飲料製品の2段積みができず、輸送の効率化に課題があった。新たな輸送方法にすることで、トラックの使用台数を20%削減できるなど、さまざまな効果を見込んでいる。(2020/9/8)

製造IT導入事例:
国内飲料メーカーが調達プラットフォームを導入、国内調達体制を最適化
SAPジャパンは、アサヒグループホールディングスが、国内グループ企業における間接材調達プロセス改革のため、クラウド調達、購買プラットフォーム「SAP Ariba」を導入したと発表した。(2020/9/1)

スマートリテール:
ID-POSだけでは見えなかった「顧客の考え」、サントリー酒類がAIカメラで実現したいこと
2020年7月3日、トライアルカンパニーが展開するディスカウントストア「スーパーセンタートライアル長沼店」が、AIカメラなどの各種デジタル設備を導入したスマートストアとしてリニューアルオープンを果たした。スマートストア化を実現した背景には、飲料/食品メーカーらによる共同プロジェクト「REAIL」の存在がある。REAILにも参加するサントリー酒類に、メーカーがAIカメラなどを活用するメリットを聞いた。(2020/9/1)

“鮮やかな緑”を見せる一手:
「伊右衛門ラベルレス」再発売 「緑色がきれい」「分別が楽」の反響受けて
サントリー食品インターナショナルは8月25日、緑茶飲料「伊右衛門」のラベルレス商品を数量限定で再発売する。4月に販売し、好評だったことから再び展開する。“鮮やかな緑”の液色がより多くの消費者の目に触れるような施策を打つ。(2020/8/21)

あの会社のこの商品:
10万台以上売れているUCCの「ドリップポッド」、人気の秘密は?
UCC上島珈琲といえばコーヒー飲料の印象が強いが、実はコーヒーマシンも開発している。それを用いた一杯抽出型コーヒーシステム「ドリップポッド」が売れている。開発担当者にヒットの秘密を聞いたところ……。(2020/8/6)

サラリーマン、プリキュアを語る:
“レスカ”って何? 「ヒーリングっどプリキュア」と「おジャ魔女どれみ」コラボの裏で繰り広げられた“ある飲み物”の謎
「おジャ魔女どれみ」がニチアサに帰ってきました!! うれしい!!(2020/7/23)

やかんに入れたスポーツ飲料で食中毒が発生 酸性の飲料により溶け出した銅食中毒が原因
金属製の入れ物を使用する際はご注意を。(2020/7/9)

手ぶらで行って「顔パス」で飲み物が買える! ダイドーが日本初の「顔認証決済自販機」の実証実験を開始
端末に登録した顔画像とパスコードなどの2要素で決済を行います。(2020/7/7)

顔認証で自販機の飲料を購入 NECとダイドードリンコが実証実験
NECとダイドードリンコは、自販機での顔認証決済サービスの実証実験を開始。スマホなどで事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録しておけば、顔とパスコードの2要素認証で決済できる。(2020/7/6)

FAニュース:
多様な包装に対応する食品、飲料業界向けリニア搬送システム
ロックウェル・オートメーションは、工作機械や食品、飲料業界向けに、リニア搬送システムの新シリーズ「iTRAK 5730小型リニア搬送システム」を発表した。独立型カートテクノロジーを採用し、多様な包装形態でさまざまな製品を包装できる。(2020/6/24)

ロングセラーの戦略とは:
三ツ矢サイダー、コロナ禍の5月に「販売1割増」の背景
アサヒ飲料のロングセラー「三ツ矢サイダー」が好調だ。5月のブランド全体の販売数量は前年同月比12%増。その背景には、ブランド強化のための「新商品」「リニューアル」の取り組みがある。ロングセラーブランドならではの戦略とは?(2020/6/17)

森永から乳飲料になった“白くま”登場 その名も「俺の白くまのめるらしい」
謎に男らしいネーミング。(2020/6/9)

【漫画】人の血を求める魔剣にテキトーな飲み物を与えてみたら…… 「次はコーヒー」「赤ワイン」と読者から追加注文続出
一番おいしい飲み物を知るまで帰れま10。(2020/5/30)

炭酸飲料「アクエリアス スパークリング」新発売 暑い季節の水分補給や熱中症対策に
シュワッと爽やか。(2020/5/15)

飲料水メーカーLiquid Death、ネットの文句を集めてデスメタルアルバムを制作 「宣伝担当をクビにしろ」「人生を考え直せ」など辛らつな歌詞
非難を真摯(しんし)に受け止めたようです(?)。(2020/5/6)

「ポムポムプリンは飲みものです。」を飲んでみた 「えっ……飲みものなの?」本人も困惑のファミマ限定ドリンク
とにかくプリンの圧を感じました。(2020/4/17)

「最強に可愛い」「高級に見える」と高評価 ローソンの新しい紙パック飲料に注目集まる
ローソンに取材しました。(2020/4/8)

コカ・コーラ、100万人に無料ドリンクチケットを提供! 清涼飲料通じ「さわやかなひととき」と「前向きな気持ち」届けたいと実施
日本コカ・コーラのキャラクター「スーパーポーラーベア」によるエクササイズ動画も公開。(2020/4/6)

働き方改革推進を支える
サッポロウエシマコーヒーがVDI端末に求めた「価格と機能のバランス」の着地点
PC管理の負担を減らし、テレワークを推進する手段となり得るのがVDI(仮想デスクトップ基盤)だ。北海道全域に食品・飲料を提供するサッポロウエシマコーヒーは、VDI端末に低価格のノートPCを選んだ。重視したポイントは。(2020/3/27)

キーコーヒーが同社初のアルコール飲料を発表 創業100周年を記念
アラビカ種のコーヒーにシナモンなどを加えたコーヒーリキュールです。(2020/3/6)

大正製薬から「リポビタンゼリー」発売 リポビタン風味のエネルギーチャージ飲料
飲んでみたい。(2020/3/5)

ソフトクリームは飲み物です 森永乳業「ソフトクリームのめちゃいました」発売
ごくごくごく。(2020/2/22)

ローソン、レジなし実験店舗を川崎市内に期間限定オープン 商品持ち出すと自動決済
ローソンが、店から商品を持ち出すだけで自動決済できる実験店舗を、川崎市内に期間限定でオープンする。店内にはレジを置かず、フード・デザート・飲料など約250種類の商品を販売する。営業期間は2月26日〜5月25日の午前9時〜午後5時。(2020/2/18)

果汁13%のプレミアグレープ:
大人向けの「ファンタ」が登場 濃厚グレープで30代以上に照準
コカ・コーラシステムは3月2日、フルーツ炭酸飲料「ファンタ」ブランドの新商品「ファンタ プレミアグレープ」を発売する。10代のころにファンタを飲んでいた30代以上をターゲットに、これまでとは違うニーズを取り込む。(2020/2/18)

モバイルバッテリーが借りられる自動販売機、ChargeSPOTが富士電機と共同開発
モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」を展開するINFORICHが、富士電機と共同でChargeSPOT対応の自動販売機を発表した。飲料の自動販売機に「バッテリースタンド」を取り付けた。(2020/2/10)

JR東WB、駅の自販機で飲料のタイムセール開催 事前決済アプリ「acure pass」限定で
JR東日本ウォータービジネスが、自販機と連携するスマートフォンアプリ「acure pass」にタイムセール機能を追加。アプリ上で飲料を購入する場合に限り、時間を限定して対象商品の価格を割り引く。第1弾として「青森りんご 王林」を通常時の半額で販売する。(2020/1/28)

デザインの力:
コカ・コーラのパッケージデザインの方向性とは、味覚だけでなく五感に訴える
「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」の特別講演に、コカ・コーラ 東京研究開発センター プリンシパルエンジニアの岩下寛昌氏が登壇。「コカ・コーラの考えるパッケージデザイン−飲料におけるパッケージの重要性と容器デザインの考え方−」をテーマに、飲料パッケージのデザイン、開発における重要な視点や要素などを紹介した。(2020/1/28)

紅茶市場は7年ぶり拡大:
午後の紅茶、3年ぶりに過去最高 「甘くない」選択肢で“共感”呼ぶ
キリン「午後の紅茶」が3年ぶりに過去最高の販売実績を更新。「甘くないミルクティー」を提案する新商品がヒットした。19年は大手飲料メーカーが相次ぎ紅茶の新商品を投入。市場が活性化する中、さらなる成長を目指す。(2020/1/24)

北海道のコンブ飲料「タングロン」3月末で製造終了 販売元は「注文が殺到」「愛されていると実感」
コンブ味でもリンゴ味でもない、タングロン味。(2020/1/22)

炭酸水No.1のウィルキンソンも強化:
「三ツ矢サイダー」を328万人に飲んでもらう アサヒ飲料が仕掛ける“現場”重視の施策とは
アサヒ飲料は、主力ブランド「三ツ矢サイダー」「ウィルキンソン」を中心とした「炭酸カテゴリー」を強化する。“現場”を軸にした取り組みで、消費者に直接ブランド価値を訴求。炭酸入り飲料全体で前年比7%増の1億ケースの販売を目指す。(2020/1/20)

「温かい飲み物はいかが?」 シマエナガ親子のティーセットで心も体もぽかぽかしそう
使ってないときもテーブルに並べておきたい。(2019/12/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。