ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

飲料自販機で電子マネーをチャージ 日本コカ・コーラが公式アプリで提供
日本コカ・コーラは21日、公式アプリ「Coke ON(コークオン)」で、自動販売機を利用した際のおつりなどを電子マネーとしてチャージできる「自販機チャージ」機能を開始すると発表した。(2024/2/21)

自販機で買うのは飲み物だけ? 他の商品を購入しない理由1位は「価格が高い」
自動販売機事業を手掛けるパルサーは、全国の20〜65歳の男女を対象に「自動販売機に関する調査」を実施した。飲料以外の商品を自動販売機で購入しなかった理由の1位は「価格が高い」だった。(2024/2/21)

11年ぶりにペットボトルで復活した「Qoo」の白ぶどう味 なぜ「飲食店のみ提供」になっていたのか、日本コカ・コーラに聞く
要望多数で容器入り飲料として復活しました。(2024/2/14)

なぜ、社員食堂でノンアル飲料を出しているのか 商談の場でもプシュっと乾杯 その狙いをサントリーに聞いた
サントリーの東京都内にある社員食堂では、ノンアルコール飲料を提供している。商談相手にも、水やお茶と一緒に勧めているという。その狙いを総務部の担当者に聞いた。(2024/2/8)

森永のホットケーキが飲み物になった!? リプトンから「ホットケーキ紅茶ラテ」が登場
2月6日から期間限定販売。(2024/2/5)

「冬に温かい状態で飲むもの」を調査 「コーヒー」「緑茶」などが上位
マイボイスコムは、冬に飲むものに関する調査を実施。冬に温かい状態で飲むものの1位は「コーヒー、コーヒー飲料」(72.8%)だった。(2024/2/2)

花王、茶カテキン飲料「へルシア」事業をキリンビバレッジに譲渡
国内初の茶系飲料トクホ。(2024/2/1)

島津製作所がクラフトビール共同開発 分析機器で香りや味を調整
島津が飲料を共同開発するのは初めて。島津製の分析機器を使い、酵母が持つ香りや味の特長を引き出しており、スパイシーな香りとかんきつ系のようなフルーティーな味わいのビールに仕上げている。(2024/1/24)

BLUETTI、飲み物や食材も冷やせるポータブル電源「SwapSolar」発売 製氷機能も搭載
BLUETTIは、ポータブル冷凍冷蔵庫「MultiCooler」とポータブル電源「AC180T」を組み合わせた「SwapSolar」を発売。AC180Tのプラグイン式バッテリーパックも利用できる。(2024/1/22)

“史上最強”炭酸水を作れるサーバー、アサヒ飲料が開発 ペットボトルでは得られない
アサヒ飲料が、“史上最強炭酸”と銘打った強炭酸水を作れるサーバー「EXTRA BURST(エクストラ・バースト)」を開発した。(2024/1/22)

アサヒビール、本物のレモンが入った缶入りアルコール飲料を発売 「生ジョッキ缶」の缶を使用
アサヒビールが、本物のレモンスライスが入った缶入りのレモンサワーを発売する。2021年に発売した「生ジョッキ缶」同様の缶を採用した。(2024/1/15)

製造マネジメントニュース:
NECとアサヒ飲料、AIで新商品の需要を予測する実証実験 年3億円削減も
NECは、独自のAI技術を活用した新商品の需要予測などに関する実証実験を、アサヒ飲料と共同で実施した。(2024/1/15)

Cybersecurity Dive:
イランのイスラム革命防衛軍のハッカーが、上下水道施設を攻撃
Unitronics PLCの機器に対する現在進行中のサイバーキャンペーンは、米国の複数の水道施設に影響を与えており、当局はエネルギー業界や医療業界、食品および飲料製造業界も監視している。(2024/1/14)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

アサヒ飲料、三ツ矢サイダーやカルピスなどを値上げ 企業努力だけで吸収することは困難
対象は「三ツ矢」「カルピス」「ウィルキンソン」「十六茶」「おいしい水」など。(2024/1/11)

能登半島地震の被災地コンビニで水を高額販売? SNS情報拡散も…… ファミリーマートは「表記ミス」認め謝罪
箱入り飲料水の飲料の本数を間違えて手書き販促物を作成した結果だったとしています。(2024/1/5)

アサヒ飲料とNEC、AIによる需要予測の実証実験 「ベテランしかできない業務」を7割再現
NECは、AIによる新商品需要予測と予測精度マネジメントによる収益拡大に向けた戦略立案高度化の実証実験をアサヒ飲料と実施した。机上評価で年間3億円の損失削減を見込むなどの成果を確認できたという。(2023/12/25)

親「炭酸飲料は骨を溶かすから禁止」 → ものすごく腑に落ちない理由で“解禁”された話がちょっとシュール
うれしいけど納得いかない。(2023/12/31)

酔わなくてもゴクゴク幸せ ノンアル飲料市場グイグイ拡大
ノンアルコール飲料の需要が堅調に伸びている。各社がビールだけでなく、ワイン、ハイボール、チューハイなど多種多様なジャンルで酔わずに“お酒”を楽しめる商品を打ち出しており、ノンアルコール専門のバーも登場した。(2023/12/20)

懐かしの学校給食「ミルメーク」再現 ファミマから「ミルメークコーヒー味」登場
チルドカップ飲料として登場です。(2023/12/19)

アサヒ飲料、CO2を食べる自販機 吸収粉末、コンクリや肥料に活用
アサヒ飲料が開発した、樹木のように「二酸化炭素(CO2)を食べる自動販売機」が注目を集めている。(2023/12/19)

米飲料メーカーのERP導入 上手な製品選定に必要な考え方とは
米飲料メーカーのTalking Rainは既存システムの限界を感じ、ERPの導入を決めた。プロジェクトを導いたホーナー氏は、製品選定において重要なことは慎重かつ綿密な計画だと話す。(2023/12/15)

2年で10倍の成長:
米国で1000億円市場 コカ・コーラ社が20代から広げる新カテゴリーのマーケ戦略
コカ・コーラ社が「リラグゼーションドリンク」という新たな飲み物のカテゴリーを、日本で開拓している。商品名は「CHILL OUT」(チルアウト)。どんなマーケティングを展開しているのか、担当者に聞いた。(2023/12/15)

「段ボールに傷が」ムダな返品、どうなくす? 日本人の美意識とAIの挑戦
商品自体に問題はなくても、外箱の梱包段ボールに擦り傷があるだけで全て返品・廃棄される――こうした無駄をなくそうと、飲料大手のサントリーと富士通がAIを用いた物流DXに挑んでいる。(2023/12/20)

25年卒の就職人気企業 男性3位「アサヒ飲料」、2位「任天堂」、1位は?
25年卒に人気の企業とは。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/11)

コンビニでお金を払わず飲料を持って行った男が店員から何も言われなかったのはなぜ? 「ウミガメのスープ」クイズに挑戦!【レベル2】
“クイズ王”の古川洋平さんが代表を務めるクイズ作家集団「クイズ法人カプリティオ」が問題を出題。(2023/12/11)

リサイクルニュース:
GHG排出量を4割削減する飲料缶用のフタを開発、アルミ新地金の使用量を削減
東洋製罐は、UACJと共同で、温室効果ガス排出量がアルミ新地金の約3%であるリサイクル原料の使用量を大幅に引き上げることにより、GHG排出量を約4割削減した飲料缶用のフタ「EcoEnd」を開発したと発表した。(2023/12/6)

水曜日に「へえ」な話:
水を温めただけの「白湯」が、なぜ想定の3倍も売れたのか アサヒの“着眼点”が面白い
アサヒ飲料の「白湯」が売れている。水を温めただけの商品がなぜ売れているの? と思われたかもしれないが、ヒットの背景に……。(2023/11/29)

どこにでもありそうな「ペットボトル飲料」かと思ったら……? まさかの正体に驚きの声「素晴らしい仕事だ」
試行錯誤の末に完成!(2023/11/27)

忘年会で不要と思う文化 3位「席順を気にする」、2位「次の飲み物を聞く」、1位は?
コロナ禍が落ち着きを見せ、忘年会文化が復活しつつある。その中で不要だと思う文化は何か。調査結果で明らかになった。(2023/11/22)

「レンチンで失敗しないマグカップ」が便利そうで話題 温かい飲み物のレシピと加熱の目安をデザイン
ホットミルクやコンソメスープ、熱かんなど幅広く対応。(2023/11/12)

マルサンアイが豆乳飲料約150万個を回収 分離や酸味など内容液の変質…… 一時休売に
全国で販売していた豆乳飲料を回収。(2023/11/4)

バヤリース、一部販売休止へ 原因はオレンジ果汁の不足
アサヒ飲料は、オレンジ果汁入り飲料「バヤリース オレンジ」のペットボトル入り1.5リットルの販売を一時休止すると発表。(2023/10/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

メガヒットのレモンサワーに続け:
タコハイって何味? サントリーの謎めいた商品が爆売れした背景
サントリーが3月に発売した「タコハイ」が好調だ。しかしながら、タコハイとは何か知らない人も多いはず。それなのにテレビCMでは、結局どんな飲みものなのか明かさない手法を採用した。結局、どんな商品なのか。そして、なぜ売れたのか。(2023/10/23)

え、どっち? 伊藤園CMの「AIタレント」がSNSで話題
大手飲料メーカーの伊藤園のCMで起用されている「女性タレント」が、SNSで話題を呼んでいる。CMに登場しているのは実在の人物ではなく、生成AIによって誕生した「AIタレント」だ。(2023/10/19)

東海道・山陽・九州新幹線の車内喫煙ルームを廃止 2024年春に
廃止後は非常用飲料水を配備。(2023/10/17)

“微カフェイン”のコーヒー「ワンダ SLOW TIME COFFEE」登場 カフェインを55%カット
「ワンダ SLOW TIME COFFEE」は、アサヒ飲料の主要製品比でカフェインを100ml当たり55%カット。(2023/10/14)

220人に聞いた:
もらって嬉しい「引っ越し祝い」 食べ物・飲み物を抑えた1位は?
引っ越し祝いに何をもらったらうれしいだろうか? 調査によると、3位は「食器・キッチン用品」、2位は「食べ物・飲み物」だった。もらって最も嬉しいギフトはというと……(2023/9/23)

「三ツ矢、ウィルキンソン、カルピス」のルーツはどこか ゆかりの地を訪ねた
子供から大人まで親しまれるドリンク類。多くの商品が生み出されては姿を消すなか、関西は100年を超える3つの商品と深い関わりがある。アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー」「ウィルキンソン」「カルピス」の3ブランドだ。(2023/9/22)

ライフガードのお酒「ライフガードハイボール」誕生 ウイスキー香る大人の超生命体ハイボール
超生命体飲料としてのビタミンやアミノ酸はそのまま。(2023/9/20)

JALのCAさんが教える「海外旅行で気を付けること」に反響 「財布は小分けに」「飲み物の氷に注意」など参考になるアドバイスがたくさん
これを覚えて安全な旅行を。(2023/9/23)

茶殻配合ガンプラ発売 「お〜いお茶」の茶殻で 「ほのかにお茶のにおい」
BANDAI SPIRITSは15日、緑茶飲料の製造工程で出る茶殻を樹脂に配合した“茶殻配合ガンプラ”「1/1 ザクプラくん」を発表した。価格は880円(送料別)。(2023/9/15)

「やぶらこうじのぶらこうじ」みたいな名前の飲み物!? じゅげむの途中で混じってそうな商品名が話題に
流れるような音の響きが心地いいかも?(2023/9/8)

ローソンの飲料、シュールなイラストのパケが「突き抜けてる」「意味不明なんだけどwww」と話題 デザインの狙いは?
ローソンに取材しました。(2023/9/6)

製造マネジメントニュース:
国内包装材市場を調査、PET製シーラントバリアフィルムの需要は2026年に2倍に
富士キメラ総研は、飲料、食品、トイレタリーなどで使用される容器・包装材料の国内市場に関する調査結果をまとめた「2023年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望」を発表した。(2023/9/5)

「チョコフレークは飲み物」ファンの声受けて「飲むチョコフレーク」爆誕、1000人にプレゼント 日清シスコがキャンペーン実施
チョコ“フレ”ークだけに、缶を振って飲む仕様となっています。(2023/9/4)

ファミマ社員“ガチ推し”のペットボトル飲料、1位は……? 「蛇口から出てほしい」おすすめ商品ランキングを公開
納得のラインアップ。(2023/9/2)

マックが「野菜を摂ろう」とフライドポテトの写真を掲載 「ポテトが野菜って、知ってました?」などと述べているもよう
カレーは飲み物、ポテトは野菜。(2023/8/31)

ラーメン、カレー、駅弁:
自販機業界に地殻変動? 「140円」の缶コーヒーは高いと感じるのに、「1000円」のラーメンが売れるワケ
自販機業界に変化の波が訪れている。これまではたばこや飲料の販売がメインだったところが、ラーメンにカレー、駅弁といった「食べもの」を中心にさまざまな商品がラインアップされるように。いったいなぜ?(2023/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。