ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飲料」に関する情報が集まったページです。

ファミマの「杏仁豆腐は飲みものです。」 飲んでみたら確かに杏仁豆腐は飲みものだった
カロリーもなかなか。(2019/5/22)

オフィスで菓子購入、キャッシュレスで Suica・PayPay対応無人販売「スマートマルシェ」ソフトバンクが提供
ソフトバンクは、オフィスや学校などで、菓子や飲料、日用品などをキャッシュレス購入できる無人販売サービス「スマートマルシェ」の提供を、東京23区で始めた。棚や冷蔵庫、セルフレジ用のタブレット、決済端末を設置することで導入可能。(2019/5/22)

現場管理:
災害時に飲料を無償提供する自販機、大東建託が2020年度に全国の建築現場へ
大東建託はコカ・コーラボトラーズジャパンと協力して設置を進めている「災害救援ベンダー」を、2020年度までに全国の建築現場へと拡大させる。(2019/5/16)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

潜在ニーズ掘り起こし:
「BOSS」なのに紅茶、「天然水」から緑茶 サントリーの狙いは?
飲料メーカー各社が相次いで新商品を投入する春だが、今年はペットボトル飲料で、ちょっとした異変が起きている。サントリー食品インターナショナルが、コーヒーの「ボス」から紅茶を発売するなど、ブランドの持つカテゴリーを越える新商品を続々と投入するからだ。同社のこうした試みは「商品カテゴリーだけでブランドを見ない」という考え方がある。(2019/4/11)

人気の理由は福利厚生:
味の素が初の1位に 2020年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就活情報サイト「みん就」が就職人気企業ランキングを発表。食品・飲料メーカーの人気が上がり、味の素が初の首位を獲得。理由は?(2019/4/5)

商品PRイベントで描かれた絵、「他人の作品に酷似」と指摘 大正製薬「真摯に受け止める」
炭酸飲料「RAIZIN」のPRイベントで、モデルで銭湯絵師の勝海麻衣さんがライブペインティングで描いた絵が、他のイラストレーターの作品に酷似しているとネットで炎上。大正製薬はRAIZINの公式Twitterから、作品の写真が含まれる投稿のRTを削除し、勝海さんも謝罪したが、他人の作品を参考にしたかどうかなど、事実関係には言及していない。(2019/3/29)

アサヒ、AIで飲料生産を調整 IBMと試験運用 夏にも本格稼働
実績を積み上げながら課題も検証し、今夏の本格稼働を目指す。(2019/3/14)

スターバックス新作の「クラシック ティラミス フラペチーノ」が、まさに飲むティラミス
「ティラミスは飲み物」派のあなたに。(2019/3/13)

リテールテックJAPAN2019:
自販機でもコード決済が可能に【訂正あり】
自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。コード決済対応の自販機が増えれば、ユーザーの利便性はさらに上がりそうだ。(2019/3/5)

カゴメ、トマトジュースなど値上げ
720ミリリットルペットボトルと1000ミリリットル紙容器の野菜飲料を値上げ。(2019/3/5)

パウチ容器入りの「飲むおにぎり」誕生 忙しい人の栄養補給や非常食にも役立ちそう
おにぎりが飲み物になる時代。(2019/2/28)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

特集・RPAで仕事が変わる:
残業なくして乾杯♪ アサヒがRPAロボット量産に成功した理由
アサヒ飲料やアサヒビールを抱えるアサヒグループは、人事情報登録にRPAを導入して年間約1300時間の業務量削減に成功。現在は30ものグループ企業にさまざまなロボットを導入している。スムーズに展開できた理由は何か。担当者に話を聞いた。(2019/2/23)

デザート飲料「ドロリッチ」が3月で生産終了 新食感の飲むスイーツとして2009年にブーム
競合商品の登場などで、売上の低迷が続いていました。(2019/2/21)

「第3のビール」だったのか、果たして:
「極ZERO」訴訟で国に敗訴したサッポロ、控訴へ 「正当性主張する」
ビール系飲料「極ZERO」の酒税として納付した約115億円の返還を巡って国に敗訴したことを受け、サッポロビールが控訴すると発表。「引き続き当社の正当性を主張してまいります」とコメントしている。(2019/2/13)

ダイドー自販機で無償のスマホ充電サービス 都内で「レンタル充電器」の実証実験が開始
飲み物を飲みながら手軽にスマホが充電できます。(2019/2/8)

バス停と自販機が一体化 新「スマートバス停」実証実験
飲み物の自動販売機とバス停が一体化した「スマートバス停」が登場。北九州市のバスセンターで、2月から1年間の予定で実証実験が始まった。(2019/2/5)

アサヒ飲料 「ラベルレス」のペットボトル商品を拡充
プラスチック製容器包装の使用量を削減し、環境負荷低減の経営姿勢を前面に打ち出す狙い。(2019/2/5)

ペプシコ、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学キャンパスで提供開始
食品・飲料大手のPepsiCoが、大学のキャンパス内でスナックやドリンクを移動販売するロボットをパシフィック大学で運用開始した。アプリで注文すると最寄りの配達場所にロボットが届けてくれる。(2019/1/6)

【マンガ】今更だけど、本当に「ノンアルコール飲料を飲んでから自動車運転」ってセーフなの?
「酔ったみたいな気分」になる人もいるようですが……。(2019/1/2)

終了:【Amazonサイバーマンデー】おいしい天然水62%OFF、プロテイン45%OFF、オールブラン38%OFFなど 常備できる食べ物系まとめ
食べ物、飲み物などもこの機会に。(2018/12/8)

実購買データと連動:
マイクロアド、食品・飲料業界向けに購買リフト分析可能なデータプラットフォームを提供
マイクロアドは、食品・飲料業界向けに、実購買データを連携したデータプラットフォーム「Pantry」の提供を開始した。(2018/11/26)

自販機での交通系電子マネー利用は約6割(首都圏) NTTコムの調査から
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションらは、11月15日に「清涼飲料水の自動販売機での購入に関する調査」の結果を発表。自販機で購入する際の決済で交通系電子マネーの利用が約6割に達し、現金での購入を全くしない層も確認できた。未来の自販機にはスマホアプリとの連動による「レコメンデーション+α機能」などに期待が寄せられていることが分かった。(2018/11/15)

「家計を応援」:
西友、飲料など約200品目を平均9%値下げ 19年1月頭までの期間限定
西友が飲料など約200品目を2019年1月6日までの期間限定で平均約9%値下げする。同社の値下げは18年に入り5回目。今後は「プライスロック」を11月後半に始める予定という。(2018/11/9)

小規模オフィスにミニ自販機を設置 キャッシュレスで飲料が買えるサービス「コーク ミニ」をコカ・コーラが提供
オフィスに自動販売機を導入しなくても飲料が買える新サービス。(2018/11/9)

外出時間を削減:
“置きコカ・コーラ”始まる 小規模な職場向け飲料サービス、キャッシュレスで
コカ・コーラ ボトラーズジャパンが、小規模オフィス向けの飲料提供サービスを開始。サービス名は「Coke mini」。小型機材で飲料を販売する点と、決済方法をキャッシュレスに限定した点が特徴。(2018/11/6)

ファミマ・サークルKで先行販売:
「ウコンの力」に初のゼリータイプ誕生 飲み会前の“すきっ腹”満たす
「ウコンの力」シリーズに初のゼリー飲料が登場。全国のファミリーマート、サークルK、サンクス計1万6700店で先行発売される。ターゲット層は20〜30代の男性で、飲み会前などの利用を想定する。(2018/10/24)

ハロウィーン警戒 渋谷区がマナー順守やアルコール飲料の販売自粛呼びかけへ
(2018/10/18)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

「たたんでくれてありがとうにゅう」――豆乳飲料「ごまはち」の隠しメッセージ、消費者からの便りで社長も耳に入る事態に
販売元のマルサンアイに詳細を聞きました。(2018/9/26)

フォンダンショコラは飲み物 ダイドーから「飲むフォンダンショコラ」発売
(2018/9/25)

第20回自動認識総合展:
飲料容器へのRFIDタグ貼り付けを自動化、遮断扉なしのゲート型RFIDリーダーも
凸版印刷は、「第20回自動認識総合展」において、紙製の飲料容器であるカートカンへのRFIDタグの自動貼り付けや、ゲート型RFIDリーダーによる一括読み取りなど、同社グループ製品によるデモンストレーションを披露した。(2018/9/21)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

【マンガ】小学生でも分かる「炭酸飲料にはアルミ缶が使われやすい理由」
反対に、ジュースやお茶はスチール缶が多いとか。(2018/9/18)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

災害時に無料で飲料を取り出せる自販機、「停電で使えない」ツイート出回る どんな仕組みかサントリーに聞いた
どのような仕組みになっているのか、災害時にどのようにすればいいのかを聞きました。(2018/9/7)

ソルティライチに次ぐ商品に:
コーヒーとお茶のあいだに“新しい飲み物”を 「麦のコーヒー」は定着するか
キリンビバレッジが7月に発売した「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」。スペインの食文化をヒントに開発した、麦を使った飲み物だ。日本になじみのない文化をあえて取り入れ、提案するのはなぜだろうか。(2018/8/29)

サントリー「BOSS」に炭酸飲料「ボストニック」登場 コーヒー由来の苦味から放たれるシュワシュワ感
自販機限定商品として発売中。(2018/8/23)

食べるのがもったいない! カラフルで美しいクリームソーダを作る「クリームソーダ職人」がステキ
クリームソーダはレトロかと思いきや、フォトジェニックな飲み物になっていました。(2018/8/11)

うは、「プシュー」できるぞ! 「ハローキティ新幹線のブレーキハンドル」形のペットボトルオープナー発売
炭酸飲料で「プシュー」。(2018/8/10)

担当者に聞く:
日本コカ・コーラのミレニアル世代が主導したコミュニケーション改革
「ミレニアル世代」の感性を取り込んで、商品開発や組織作りに生かそうとする会社が増えているという。飲料メーカー大手の日本コカ・コーラもそうした1社である。(2018/7/30)

「救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合があります」 猛暑による救急出動が続く事態に名古屋市消防局が理解呼びかける
救急隊員が倒れてしまう……。(2018/7/27)

紙パック飲料を冷たくキープ ドリンクホルダーみたいな冷却機「SUPER COLD BOX」発売
ドリンクの選択肢が広がります。(2018/7/15)

飲める氷のポカリスエット「アイススラリー」が新発売 身体を芯から冷やす熱中症対策飲料
フローズンやスムージーのような“飲める氷”のポカリスエットです。(2018/7/15)

「爽健美茶」シリーズに新商品「爽健美水」 果実フレーバーを加えた透明水
透明系飲料もここまできました。(2018/6/26)

あなたの職場でも“開店”するかも:
パンやペン、ストッキングも“冷え冷え” オフィス用「無人コンビニ」がスゴイ
オフィスで食品や飲料、日用品が買える自販機「無人コンビニ」のサービスが正式に開始。便利なだけでなくユーザーの要望に応えて好みの商品ばかり置く機能が特徴だ。(2018/6/19)

クレカ決済のオフィス向け“無人コンビニ”「600」 正式スタート
お菓子や弁当、飲料から日用品までを手軽に買えるオフィス向け自動販売機「600」が正式展開。商品にRFIDタグを付け、専用デバイスによるクレジットカード決済を可能にした。(2018/6/18)

「アサヒ ドライゼロ」に初のペットボトル版 ゴクゴク飲めるビールテイスト清涼飲料
夏限定で発売されます。(2018/6/9)

「ポン酢、フルーツポンチはもともと同じ飲み物」って知ってた?
ていうか、「ポン」って何?(2018/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。