ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女川原子力発電所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女川原子力発電所」に関する情報が集まったページです。

小寺信良が見たモノづくりの現場(4):
白物家電を人手で1個ずつ作る日立――国内工場でなぜ
大量生産品であれば中国など海外の製造拠点を使う。最先端の製品でなければ、このような取り組みが一般的だろう。日立アプライアンスは白物家電や環境家電でこれとは全く逆の方針を採っている。茨城県の多賀工場で生産し、さらに1個ずつ手作業で作っている。なぜだろうか。どうしたらこのようなことが可能になるのだろうか。小寺信良が報告する。(2013/3/27)

民間事故調シンポジウム:
なぜ原発の安全神話は生まれたのか
福島第一原発事故で崩れ去った原発の安全神話。民間事故調の調査報告書策定に関わった北海道大学公共政策大学院の鈴木一人教授は、推進派と反対派の二極対立が安全神話を強め、また安全神話があったために大事故が起こった際の対策も検討されることがなかったのではないかと分析した。(2012/6/19)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(3):
“原子力村”、彼らの反論を紹介しよう
福島第1原発の爆発シーンを見て、原発の怖さを感じた人も多いはずだ。いまだ収束のめどすらたっていないが、なぜそんなに危ないものをたくさん造ってきたのだろうか。この問題について、原口一博議員と武田邦彦教授が語り合った。(2011/7/6)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
東京電力の存続は「前提条件」か
一般に企業が何らかの形で人々に損害を負わせた場合、それを賠償するのは企業の責任である。(2011/5/20)

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:
失敗から学ぶ。津波の経験は原発建設に生かされていたのだろうか
成功したことは皆で共有し褒めたたえるが、残すべきは繰り返さないための失敗の記録。失敗とうまく付き合い、失敗から学ぶことが、個人や組織の発展につながる。成約の報告より、不成約報告が大切である。(2011/5/13)

携帯各社の通信障害、影響エリアは徐々に縮小――4月4日
東北関東大震災による通信障害エリアは徐々に縮小しているが、岩手、宮城、福島の沿岸エリアではまだまだ復旧が進んでいない。ドコモは5月までの復旧を目指すエリアのマップを公開した。(2011/4/4)

携帯各社の通信障害、移動基地局車や臨時基地局で復旧進む――4月1日
東北地方太平洋沖地震による携帯電話の通信障害が依然として続いており、各キャリアは被災地の避難所を中心にサービスエリアの復旧と端末貸し出しなどの支援を進めている。影響を受けている地域や停波中の基地局数など、4月1日時点での状況をまとめた。(2011/4/1)

KDDI、東北地方の復旧サービスエリアマップを提供開始
KDDIが、東北関東大震災の関連情報を集約した復旧状況報告ページにて、復旧サービスエリアマップを公開している。またauフェムトセルを活用した無料携帯電話サービスや避難所でのエリア状況なども確認できる。(2011/3/31)

原発事故はいつ収束するのか?――東京電力・勝俣恒久会長が事故後初の会見
福島第1原発の事故発生以来、初めてメディアの前に顔を出した東京電力の勝俣恒久会長。指揮を執っていた清水正孝社長が体調不良で緊急入院したことを受けての登場だったが、原発事故収束や損害賠償、発電設備の復旧の見通しなどについて語った。その内容を詳しくお伝えする。(2011/3/31)

携帯各社の通信障害、移動基地局車や臨時基地局で復旧進む――3月29日
東北地方太平洋沖地震による携帯電話の通信障害が依然として続いているが、関東地方では復旧しつつある。影響を受けている地域や停波中の基地局数など、3月29日時点での状況をまとめた。(2011/3/29)

携帯各社の通信障害、移動基地局車や臨時基地局で復旧進む――3月28日
東北地方太平洋沖地震による携帯電話の通信障害が依然として続いているが、関東地方では復旧しつつある。影響を受けている地域や停波中の基地局数など、3月28日時点での状況をまとめた。(2011/3/28)

東電、夏の計画停電は避けられない見通し
東電が公表した今夏の電力需給見通しによると、7月末の時点で需要想定に対し供給力が大幅に不足。暑い時期の計画停電は避けられない見通しだ。(2011/3/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
なぜ? 東京電力のドタバタ
3月11日午後、東日本をマグニチュード9.0の巨大地震が襲った。日本では観測史上最悪の地震であり、また津波の高さもこれまでの想定をはるかに超えるものだった。(2011/3/16)

【追記】放射線漏れを感知する、東日本のモニタリングポスト一覧
被ばく者も出るなど、深刻な状況となっている福島第1原発。もし放射線が漏れた場合、各地に設置されているモニタリングポストの数値を確認すれば、その行方について推測できるかもしれない。(2011/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。