ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東北地方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東北地方」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

小淵沢駅「炭火焼牛肉ざんまい」(1180円)〜丑年が待ちきれない! フライング牛肉駅弁だ!!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは小淵沢駅「炭火焼牛肉ざんまい」(1180円)です。(2021/3/1)

田中将大選手のファンクラブが発足、「VIP会員」は年会費180万円 選手個人としては初
VIP会員は限定10人。募集は25日から。(2021/2/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東北新幹線運休で本領を発揮した快速列車たち 鉄道の“責任”と“誇り”が見える
2月13日の地震の影響で東北新幹線が一部運休。JR東日本はすぐに代替手段を準備した。引退間近の185系を臨時快速に使用するシーンも。悪天候の中で運行した「ひたち」では、受験生への配慮が話題になった。10年前の東日本大震災の時のように、責任感や誇りが見えた。(2021/2/19)

松本駅「地鶏めし」(900円)〜野菜たっぷりの駅弁と共に感じる、松本駅の渋い魅力!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松本駅「地鶏めし」(900円)です。(2021/2/19)

「伝説になる名列車だ」「鉄道員の魂を感じ取った」 8時間遅れで東京着、常磐線特急「ひたち22号」感動物語
東北新幹線と東北本線、常磐線には「深いきずな」がありました。(2021/2/17)

ETロボコン2021:
ETロボコン2021もオンラインで開催! 「新たな教育価値」をいかに生み出せるか
ETロボコン実行委員会は2021年2月16日、組み込み開発エンジニアによるロボットのレース競技「ETロボコン2021」の競技説明会を開催した。新型コロナウイルス感染症の対策として、前回大会に引き続きオンラインで開催する。(2021/2/17)

成功例も:
シウマイ弁当、ひっぱりだこの蓋の打開策は? 苦戦する駅弁業界
コロナ禍で苦境に立たされているのが駅弁業界だ。前回の緊急事態宣言以降、人の移動が大幅に減ったことで、ターミナル駅を中心に売り上げの落ち込みが深刻となった。2度目の宣言が延長されるなか、逆境をはね返す打開策も生まれ、成功例も相次いでいる。(2021/2/15)

東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線の一部区間で運転見合わせ 全線復旧に10日前後
架線柱や橋脚に大きな被害。(2021/2/15)

通信各社が災害用伝言板を提供 東北地方の地震を受けて
福島県沖を震源とする地震の影響で、携帯キャリア各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供している。NTT東日本とNTT西日本は「災害用伝言ダイヤル」を提供中。手持ちの携帯電話で安否情報の登録や検索ができる。(2021/2/14)

関東、東北地方の広い範囲で停電発生 関東約85万軒、東北約9万軒が停電中
信号機などが停止している場合もあるため注意が必要です。(2021/2/14)

福島・宮城で震度6強 震源は福島県沖、マグニチュードは7.3
震度6強を観測したのは宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通り。(2021/2/13)

新津駅「えんがわ押し寿司」(1200円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分!(vol.3神尾弁当部編)
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新津駅「えんがわ押し寿司」(1200円)です。(2021/2/13)

宮城県は東北6県で最弱? 東北地方の寒さと雪を“四天王”風に表現したイラストで分かる格差がすごい
青森の圧倒的ラスボス感。(2021/2/9)

ホテルやジムと提携:
JR東のシェアオフィス、3月までに100カ所に 駅ナカ以外にも展開加速
JR東日本は、シェアオフィス「STATION WORK」を2021年3月までに100カ所体制にする。これまで主に展開してきた駅ナカだけでなく、ホテルやフィットネスジムなどと融合させた拠点を増やす。(2021/2/8)

帝国データバンク調べ:
社長の平均年齢が60歳超に 最も高い都道府県は? 後継者不足は依然深刻
帝国データバンクの調査によると、2020年の社長の平均年齢は60.1歳と、調査を開始した1990年以降初めて60歳を上回ったことが分かった。(2021/2/5)

業種や職種別は?:
12月の平均初年度年収 前年比8.1万増加 コロナ禍で「経験者求人」増が影響
マイナビは、同社が運営する転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載した求人の「平均初年度年収」の推移レポ―トを発表した。(2021/2/4)

里田まい、内助の功に「愛がつまってたのですね」 夫・田中将大投手の会見裏話明かすも、半分はのろけ
「かっこよかったもんね?」(2021/2/1)

新神戸駅「令和の嗜み弁当」(1000円)〜神戸で「昭和の音」を聴いたら令和の駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「令和の嗜み弁当」(1000円)です。(2021/2/1)

里田まい、田中将大投手の楽天復帰に妻としての思い明かす 「よりワクワクする方を選ぶことが彼らしい道」
ニューヨークの友人たちへのメッセージも。(2021/1/31)

「腰掛けのつもりでなく、本気で日本一を取りに」 楽天復帰の田中将大が入団会見、抱負を語る
東日本大震災から10年。田中「10年という数字は自分にとって意味のあるタイミングだと思った」。(2021/1/30)

無調整でもほぼ人間 AI歌声合成ソフト「CeVIO AI」の実力
歌声合成ソフト「CeVIO」が、登場から約8年たち、深層学習技術を取り入れ「CeVIO AI」としてリニューアルした。ソフト上で楽譜を打ち込んで再生ボタンを押しただけで人間らしい歌声を合成できる同ソフトを触ってみた。(2021/1/29)

「お帰りーーーー!!!!!」 田中将大の楽天復帰に宮城出身の狩野英孝、山寺宏一、元大リーガー上原浩治らが歓喜
7シーズンぶり。(2021/1/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国の春節は「Not Go To トラベル」〜帰省させず特典配布
昨春に新型コロナウイルスをほぼ収束させた中国で、再び感染者が増えている。中国政府は「民族大移動」とされる春節の帰省による感染拡大を危惧し、「Not Go To トラベル」キャンペーンともいえる、さまざまな支援を提供するという。「帰省しないで居住地にとどまる人」へどんな支援があるのだろうか。(2021/1/28)

23日土曜、午後は都心など関東甲信で積雪も 西から雨の範囲が広がる
外を歩く際には十分なご注意を。(2021/1/23)

太陽光:
太陽光+蓄電池を198万円で、LIXILが住宅向け蓄電池事業を発表
LIXIL(リクシル)が住宅向け蓄電池事業を開始すると発表。同年4月1日から、傘下のLIXIL TEPCO スマートパートナーズ(LTSP)を通し、新築住宅の購入者向けに蓄電池と太陽光発電システムのセット販売プランを展開する。(2021/1/22)

JR東海の在来線には大きな変化なし:
目玉は「終電繰り上げ」だけ? ダイヤ改正で読み解くJRの“真意”
2021年3月実施予定のダイヤ改正の概要が明らかになった。最終列車の繰り上げが大きく取り上げられているが、筆者は別のところに注目しているという(2021/1/22)

「不思議な駅」「型破り」 上り坂を登る列車を間近で見られる パリの地下にある「2階建て」メトロ駅がおもしろい
最後は天井スレスレ。(2021/1/21)

電力供給サービス:
電力価格高騰で新電力56社が経産省に要望、「想定外利得の還元と情報公開を」
年末年始から続く電力市場価格の高騰を受け、新電力56社が経産省に要望書を提出。電力市場価格を形成している情報のさらなる公開と、高騰期間に一般送配電事業者がインバランスなどで想定外に得た利得を小売電気事業者と国民に還元することの2点を求めている。(2021/1/20)

「人口減少に伴う地域経済停滞の影響が深刻」:
大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差 IDCが国内IT市場の地域別予測を更新
IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測を更新した。2021年は経済環境が回復するが、回復のペースは緩やかで、大都市圏とそれ以外の地域でIT支出に大きな差異が生じる見込みだ。(2021/1/20)

「大江戸温泉物語」一部施設の一時休館を発表 2月7日まで
緊急事態宣言の発令に伴い休館するとのこと。(2021/1/19)

「PUI PUI モルカー」大ヒットの今こそ知るべき「ストップモーションアニメ」の世界 傑作8選+2本を紹介
「PUI PUI モルカー」の大ヒットに合わせ、知る人ぞ知るストップモーションアニメの傑作8選を紹介する。(2021/1/19)

IDC、国内IT市場の地域別予測を発表 2021年は地域格差が浮き彫りに
IDCは、2020年9月末時点のCOVID-19による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測をアップデートした。2020年は、インバウンドや観光需要の消失、製造業の停滞の影響を大きく受けて地域別で見ても各地域でマイナス成長だった。2021年どう改善されるのだろうか。(2021/1/19)

偏差値:
大学運営や受験産業に影響大 日本の「難関」大学が減る理由
日本の「難関」大学は減っていると筆者は主張する。大学運営や受験産業にも大きな影響を与える事態だ。その理由とは?(2021/1/16)

大館駅「3種の鶏めしいなり」(590円)〜日本・パリ同時発売!「鶏めし」のいなり!!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは大館駅「3種の鶏めしいなり」(590円)です。(2021/1/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
3.11上回る25倍の電気代高騰、“市場連動契約"の落とし穴
新電力の「市場連動型契約」に加入した世帯で電気料金が急増。ハチドリ電力では、電力価格の異常高騰分に関してはハチドリ電力側が肩代わりして負担し、ダイレクトパワーでは料金の割引に直接言及しなかったかわりに、2000円の解約手数料を無料とし、自社から顧客を切り替えるよう促している。(2021/1/15)

プロジェクト:
野村不動産が仙台市で2棟の分譲マンションを開発、脳トレ扱った入居者サービスを導入
野村不動産は、宮城県仙台市青葉区二日町で、入居者向けのヘルスケアサービス「WellnessConnect」を初導入した分譲マンション「プラウドタワー仙台晩翠通サウス」と「プラウドタワー仙台晩翠通セントラル」の開発に着手した。(2021/1/15)

JR東、車内販売中止 新幹線や特急「乗る前に購入して」
JR東日本は、新幹線と特急列車などで提供している飲料や食べ物の車内販売サービスを、16日から当面の間休止する。新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置という。(2021/1/14)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

2020年の飲食業倒産は過去最多の842件 緊急事態宣言の発出で更なる増加の懸念
2020年における負債1000万円以上の飲食業倒産は842件で、前年に比べ5.3%増加した。これは年間最多だった11年の800件を上回る過去最多の記録だ。(2021/1/12)

きっかけ食堂、コロナ禍もオンライン交流で東北との縁つなぐ
2020年12月11日、Web会議ツールを使った「きっかけ食堂」が開店した。東日本大震災の被災地や復興を考えるため、東北の食材や地酒を提供する酒場だ。オンライン開催にすることで被災地の生産者らをゲストに招いて親交を深めることもできた。(2021/1/12)

「水道管が凍らないようにちょろちょろ水を出しておいた」のに大寒波で水道凍結!? 災難に見舞われた人救おうと有益情報集まる
正しい「水抜き」の知識を持っておくと安心です。(2021/1/9)

快速・海里「海里特製 加島屋御膳」(1800円)〜新潟・古町の老舗の味と、明治創業の駅弁屋さんの技がコラボ!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 快速・海里の「海里特製 加島屋御膳」(1800円)です。(2021/1/9)

携帯3キャリア、東北などでつながりにくく 大雪の影響で
1月7日から続く大雪の影響で、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモでは携帯電話がつながりにくい状態に。各社は復旧を急いでいる。(2021/1/8)

導入検討:
JR東、新幹線に貨物車両か コロナで旅客減
JR東日本が新幹線への貨物専用車両の導入を検討していることが30日、分かった。複数の同社関係者が明らかにした。(2020/12/31)

観測史上1位に迫る記録的大雪のおそれも 年末年始は大雪による災害に警戒
警戒すべき点も解説。(2020/12/30)

ワーケーション推進や沿線活性化:
JR東と西武HDが年の瀬に打ち出した“壮大すぎる”プロジェクトの中身
JR東日本と西武ホールディングスは、12月23日に包括的な連携を行うと発表した。コンセプトは「新たなライフスタイルの創造×地方創生」。どういった中身なのか。(2020/12/28)

仙台駅「だし巻きとみやぎの銀鮭弁当」(750円)〜仙台駅・エスパル仙台 東館に「こばやし」の直営店!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 仙台駅「だし巻きとみやぎの銀鮭弁当」です。(2020/12/28)

仙台駅「炙り牛たんとA5仙台牛弁当」(1580円)〜仙台の牛たん駅弁30年! 非加熱も美味しくなった製造技術の進歩
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 仙台駅「炙り牛たんとA5仙台牛弁当」です。(2020/12/27)

仙台駅「伊達武将隊弁当」(1100円)〜伊達氏の足跡を辿って陸羽東線の旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 仙台駅「伊達武将隊弁当」です。(2020/12/26)

コロナ後の世界:
マンションの価格はどうなる? 30年後の東京を予想
日本人も新型コロナ用のワクチンを、来年の半ばあたりから接種できそうな様子になってきた。先行する国々で大きな副作用などが報告されなければ、2年もすれば地球規模でワクチンが行き渡る。そうなれば、コロナ後の世界がやってくることになる。(2020/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。