ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東北地方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東北地方」に関する情報が集まったページです。

交通機関の定額サブスクリプションは実現するのか? WILLERのMaaSへの取り組み
高速バス大手のWILLER(大阪府大阪市)は7月19日に主催したイベント「MaaS Meeting」にて、オンデマンドシェアや定額乗り放題のサブスクリプションなどMaaSへの取り組みを話した。(2019/7/22)

河川管理:
三井共同建設コンサルタントら3社、河川の氾濫状況の予測システムを開発
三井共同建設コンサルタントと京都大学防災研究所、NECの3社は、降雨を入力として河道流量から洪水氾濫までを解析できる「RRIモデル」を用いた全国版リアルタイム氾濫予測システムを開発した。(2019/7/19)

ポケGOに「ONE PIECE」の“麦わら帽子ピカチュウ”登場 熊本復興支援でコラボ
「Pokemon GO」と漫画「ONE PIECE」が熊本の復興プロジェクトでコラボレーション。特別なピカチュウが期間限定で登場する。(2019/7/16)

東北地方最大の「楽天モバイル 仙台一番町店」オープン 同店限定のキャッシュレスキャンペーンも実施
楽天モバイルが仙台市青葉区に東北地方最大の店舗をオープン。これを記念し、同店限定で公式マスコットなどが参加するじゃんけん大会や「楽天ペイ(アプリ決済)」「楽天Edyアプリ」新規利用者へポイントを付与するキャンペーンを行う。(2019/7/12)

自然エネルギー:
JR東日本の男鹿駅を再エネ由来100%で運用、トラッキング付き非化石証書を活用
JR東日本が男鹿駅(秋田県男鹿市)で使用する電気を100%再エネ由来に切り替え。環境価値(CO2が排出されないこと)を証書化した「非化石証書」を活用している。(2019/7/10)

北海道のCD店「玉光堂」旧運営会社が特別清算開始 店舗は別会社で継続
「玉光堂」「バンダレコード」などの事業は別会社に移り、運営を継続しています。(2019/7/9)

注意が必要:
フィットネスブームの陰で、スポーツジムのトラブル相次ぐ
空前のフィットネスブームが続いている。トレーナーがマンツーマンで指導し、「短期間で効果が出る」とうたう「パーソナルジム」も増えているが、こうしたスポーツジムで、解約などをめぐるトラブルが急増している。背景には……(2019/7/9)

自然エネルギー:
再エネを軸に地域活性化を目指す、全国ネット「JE-LINK」が発足
再エネが、地域活性化の切り札になる──。地域新電力や自治体、発電事業者などが集う全国ネットワーク「地域活性エネルギーリンク協議会(JE-LINK)」がスタートした。(2019/7/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国鉄と共に消えた「チッキ便」 新たな枠組みで復活させたい
サザコーヒーと木内酒造が路線バスを使った商品輸送を始めた。その背景に貨客混載の規制緩和があり、全国的に貨客混載の事例が誕生している。地方鉄道にもチャンスがありそうだ。国鉄時代の「チッキ便」を、新たな枠組みで再出発させる契機になるかもしれない。(2019/7/5)

プロジェクト:
東京建物が“物流施設”の開発に本格参入
東京建物は、埼玉県久喜市のプロジェクトを皮切りに、物流施設の開発事業に本格的に参入する。(2019/6/28)

東北道 蓮田SA(上り)が7月29日オープン 駐車マス3倍、商業施設2倍でNEXCO東日本最大級に
現在位置から東京寄りに移転して開業します。(2019/6/27)

“強み”をどう生かすか:
保管量は年30%増 寺田倉庫の「箱で預かる」サービスにモノが集まる理由
寺田倉庫の個人向け倉庫サービス「minikura」が成長を続けている。個人の持ち物を1点ずつ管理するサービスはなぜ誕生し、今後どのように人々の生活に寄り添っていくのか。時代の変化に対応するための“強み”を生かす考え方について聞いた。(2019/6/27)

プロジェクト:
タカラレーベン東北らが、宮城県大崎市でコンパクトシティー開発
(2019/6/27)

あす西日本に台風上陸のおそれ その後も大雨に警戒
6月27日は熱帯低気圧から変わる予想の台風が西日本に接近・上陸する可能性があります。また、梅雨前線が本州付近にかかり、週末頃にかけて活動が活発化する見通しです。(2019/6/26)

建設業の人材動向レポート(10):
国勢調査データから見る“地域別”の建設技術者数の推移
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、国勢調査をベースに、“地域別”の建設技術者の実態をリサーチした。(2019/6/26)

7月からの新幹線「グランクラス軽食」新メニューがめちゃくちゃうまそう!
グランクラス乗りたいよ〜。(2019/6/21)

新スタイル:
楽天生命パーク、球場内キャッシュレス化に賛否両論
東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では今シーズンから、球場内での物販購入の際にクレジットカードや決済アプリなどを通じたキャッシュレスでの会計が導入されている。「小銭を出す手間が省ける」といった意見がある一方、「現金が使えるようになった方がいい」といった意見も出るなど、賛否両論がわき起こっている。(2019/6/18)

ポケGOで「ナマケロ」大量発生のイベント あす
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で「ナマケロ」が大量発生するイベントが開催される。(2019/6/7)

東海・関東甲信・北陸・東北南部 一斉に梅雨入り
6月7日(金)、東海、関東甲信、北陸、東北南部で、梅雨入りが発表されました。(2019/6/7)

地方に都市部の高スキル人材 副業解禁の流れでマッチング
都市部のさまざまなスキルを持った人材と、地方を副業でつなぐ取り組みが広がっている。大手企業を中心に広がる「副業」解禁の流れとも相まって、地域に優秀な人材を送り込む動きが広がれば、地域経済の浮揚につながる可能性を秘める。(2019/5/30)

好待遇求め都市部に集中:
「地元で就職したい」学生の減少止まらず ついに半数以下に
マイナビが2020年卒業予定の大学生を対象にした「Uターン・地元就職に関する調査」を発表。地元で働きたいと考えている学生は近年減少傾向にあり、ついに5割を下回った。(2019/5/28)

神戸地検、「ブラクラ貼った」と書類送検された男性2人を起訴猶予処分に 「ウイルス罪に該当」との認識は変わらず
被害者は“0人”だったというこの事件について、当事者の男性2人を取材しました。(2019/5/29)

元素の周期表誕生150年 科学を変えた大発明
万物のもとになる元素を規則的に配列し、その性質を解き明かした「周期表」の発明から今年で150年。あらゆる科学研究の基本として、新たな材料や物質の探求など、さまざまな形で人類に貢献してきた。(2019/5/27)

本気で社員を幸せにする会社:
「好きな日に働き、嫌いな仕事はやらなくていい」――“自由すぎるエビ工場”が破綻しない理由
「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」「嫌いな作業はやらなくてよい」――工場のパート従業員にそんなユニークなルールを導入したところ、働く人の熟練度や連携が向上し、仕事の効率や品質が向上、採用や教育のコスト低減も実現したというパプアニューギニア海産。その秘訣とは?(2019/5/27)

週間 あす関東や東海で大雨に 週末は真夏日が続出
暑い……。(2019/5/20)

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

BAS:
災害前後でビルの事業継続をICTでサポート、東急建設らが研究会を発足
東急建設、東急リニューアル、イッツ・コミュニケーションズ、東急ファシリティサービスは、ビル管理において、平常時から災害時、その後の復旧までに至る3段階で、災害対策や施設の事業継続を支援するICTサービス開発を目的に「施設安全研究会」を立ち上げた。(2019/5/15)

スピン経済の歩き方:
「黒タピオカドリンク」が20年を経て、再ブームになっている背景
若い女性たちの間で、「黒タピオカドリンク」がブームになっている。黒いツブツブが沈んだドリンクを手に持ち、極太のストローでシュポシュポと吸い込む。タピオカブームは20年ほど前にも起きているのに、なぜ再び話題になっているのか。その背景にあるのは……。(2019/5/14)

会社の不用品を簡単に一掃:
PR:支店引っ越しでも大活躍! 企業フリマアプリ「ReSACO」がオフィスを変える
知らず知らずのうちに溜まった会社の不用品。廃棄だってタダじゃない。そんな時に助けになるのが企業フリマアプリ「ReSACO(リサコ)」である。今回は30年ぶりとなる支店の引っ越しをした東港金属 東北支店に「ReSACO(リサコ)」を利用した感想を聞いた。(2019/5/14)

鉄オタ向け介護サービス「電車で老GO!」体験してみた
鉄道ファン向けに、介護プログラムを動く電車内で提供する実証実験「電車で老GO!」が3月9日、北海道で行われた。開業100周年を迎えた日本最北の路面電車、札幌市電に揺られて約1時間。実際に乗車し、未来型の介護サービスを体験してみた。 (2019/5/7)

CIM:
スマホとGNSSでCIMモデルを共有、豪雪地帯のダム工事で施工計画を“見える化”
鹿島建設は、CIMモデルをAR技術によって手に持ったスマートフォンを介して見える化するモニターを開発した。豪雪地帯のダム工事で既に導入され、複数の工事関係者が施工計画のイメージを共有した他、雪に埋もれた構造物の可視化にも役立った。今後は、ダム工事だけでなく、埋設物や支障物が多い都市部の工事など、他の工種にも適用範囲を広げていく。(2019/5/7)

「風船つかまえたぞお!」 ドヤ顔のうさぎさん、いつのまにか自分がつかまってしまいキョトンとした表情に
このどやぁ感がたまりませんなぁ。(2019/5/4)

JTBの一部店舗で窓口相談を有料化? 30分2160円から、JTBに理由を聞いた
もともと相談料金自体は存在しており、サービス改善のために改めて明示した形です。(2019/4/25)

「すっきりとキレがある」「やわらかく甘さを感じる」 実は3種類あるサントリーの天然水、味の違いを聞いてみた
南アルプス、奥大山、阿蘇の3種類。(2019/4/23)

コンクリ工法:
西松建設のコンクリ保温/保湿養生シート「シンプルキュア」を函体に適用、表層品質が大幅向上
西松建設は、コンクリート用保温/保湿養生シート「シンプルキュア」を推進工法の“函体養生”に適用した。(2019/4/19)

コンクリ工法:
コンクリ壁面の“湿潤養生”を1日1回で済ませられる高保水性シート、西松建設が開発
西松建設は、ボックスカルバートの側壁や橋脚の柱部など、コンクリートの壁面を均質に湿潤養生できる高保水性シート「モイスチャーウォール」を開発した。既に、東北地方の橋梁(きょうりょう)工事に、適用することが決まっているという。(2019/4/16)

「年収が高い都道府県ランキング」 1位は「東京」 最下位と184万円の差
大企業が多い大都市圏が上位に。(2019/4/15)

広範囲で花粉飛散ピークに 5月上旬までには花粉シーズン終了、北海道ではGW中に本格化の可能性
今年は例年よりピーク到来早く、期間も長かったようです。(2019/4/12)

「令和に第3の用途花開く」 山中伸弥氏がiPS細胞を展望
京都大の山中伸弥教授は11日、東京都内で会見し、人工多能性幹細胞の用途について新時代への展望を語った。(2019/4/12)

かつての混雑率は300%超:
いつまで続く? 通勤ラッシュへの挑戦、歴史は長い
4月である。新入社員や新入生が電車に乗るようになって、「通勤電車が混んできたなあ」と感じている人も多いのでは。通勤ラッシュを改善させるために、首都圏の鉄道会社はどのようなことに取り組んできたのか。(2019/4/12)

コンクリ表面が“スベスベ”になる鹿島の「美シール工法」、シート貼り付けを自動化する装置を開発
鹿島建設は、2014年に積水成型工業、東京大学石田哲也教授と共同開発したコンクリートの表層品質を向上させる「美(うつく)シール工法」で使用する高撥水性特殊シート「美シート」を、型枠材に自動で貼り付ける装置を開発した。(2019/4/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
三陸鉄道リアス線 JR山田線移管を“予言”できた理由
3月23日、三陸鉄道リアス線が全線開通。東日本大震災で不通となっていたJR山田線沿岸区間を復旧し、三陸鉄道に移管した。この枠組みを7年前の2012年に予想していた。「どうしても鉄道で」を実現する解決方法が他に見つからなかったからだ。(2019/4/5)

“車内販売廃止”の動きに「待った」:
“グランクラス2.0”始動! 「新幹線版ファーストクラス」をリニューアルするJR東の「次の一手」
JR東日本は新幹線版ファーストクラス「グランクラス」の車内サービスを運行後初めて一新する。他社で車内販売が廃止される中、JR東が打った「次の一手」の狙いとは――。(2019/4/3)

これが走るファーストクラスかぁぁ…… 新幹線の特別車両「グランクラス」がリニューアル、極上の味とサービスを体験してきた
直前に開催された体験会に参加してきました(2019/4/1)

テレビ東京、高校対抗のeスポーツ大会「STAGE:0」開催 種目はクラロワ・フォートナイト・LoL
大会アンバサダーに「有吉ぃぃeeeee!」でおなじみのアンガールズ田中、スペシャルサポーターに「勇者ああああ」MCのアルコ&ピースを起用。(2019/3/29)

大都市で規制:
世界的にキャッシュレス化が進んでいるのに、なぜ米国は反発するのか
世界的にキャッシュレス化の動きが加速している。こうした動きの中で、反発する国がある。米国だ。ペンシルベニア州ではキャッシュレス型店舗を規制する法律が可決され、この動きは広がりつつ……。(2019/3/28)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

自然エネルギー:
東急電鉄の「世田谷線」、運行電力を100%再生可能エネルギーに
東急急行電鉄が「世田谷線」の運行に必要な電力を100%再生可能エネルギー由来に切り替えた。環境経営への注目が高まる中、再生可能エネルギーを活用して沿線価値の向上につなげる狙いだ。(2019/3/26)

口からダバーッ! 予想を超える勢いの「水を吐くフグ」の動画がやっぱり不遇かわいい
まあるいお姿も相まってかわいいのです……。(2019/3/25)

「無限アラート」で摘発された2人を支援する寄付 日本ハッカー協会が呼びかけ
単に2人を救済するだけでなく、ソフトウェア技術者・セキュリティ技術者の業務の自由を守ることが目的としています。(2019/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。