ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オープンドア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オープンドア」に関する情報が集まったページです。

GAFAの不動産テック版「ZORC」とは何か?
ユニコーン企業が続々誕生しているのが米不動産テック業界。GAFAになぞらえ、業界上位のZillow、Opendoor、Redfin、Compassを合わせて「ZORC」と呼ばれている。ZORCとは何か。そして、ソフトバンクを後ろ盾に日本上陸はあるのか?(2019/6/5)

ドコモ、既存のiモードフィルタユーザーにもブラックリスト適用――2月下旬から
NTTドコモは、iモードフィルタの既存ユーザーに対するサービス内容を、2月下旬から変更すると発表した。保護者からの申し込みがない場合は、EMAの認定基準に準拠したiモードフィルタに順次移行する。(2008/10/9)

9月13日〜9月19日:
5分で分かる先週のモバイル事情
スマートフォン市場が盛り上がりを見せる中、ドコモとソフトバンクモバイルもHTC製の「Touch Diamond」「Touch Pro」を投入することが明らかになった。12月には、サファイアクリスタルに覆われたVERTUのゴージャスケータイが日本に上陸。KDDIの小野寺氏は社長会見で“auらしさ”を取り戻すための策に言及した。(2008/9/22)

EMA、モバゲーなどを「健全サイト」認定
健全なモバイルサイトを認定するEMAは、SNS&ゲームサイト「モバゲータウン」と、高校生向けSNS「en高校生」を新たに認定した。(2008/9/16)

モバゲータウンとen高校生、「健全」携帯サイトに認定──EMA
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は9月16日、コミュニティサイト運用管理体制認定制度の第2回認定サイトを発表した。(2008/9/16)

EMA、早めの審査申請を呼びかけ――ブラックリスト方式の原則適用を受け
(2008/9/12)

8月23日〜8月29日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモが10月から、パケット定額サービスに2段階料金制を導入すると発表。ソフトバンクモバイルも、対抗措置として「パケット定額フル」の値下げに踏み切った。ウィルコムは大容量バッテリーを標準搭載した「WILLCOM D4 Ver.L」を投入する。(2008/9/1)

EMA、GREEやMySpace、魔法のiらんどなどを「健全なサイト」と認定
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が8月29日、「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」に適合したサイトを発表した。今後も月に2回認定サイトを発表していく。合わせて青少年向け啓発・教育プログラムの第1弾も公開した。(2008/8/29)

au oneの旅行カテゴリーが情報拡充──新たに4社と提携
(2008/3/28)

DBMS導入事例:PostgreSQL
PostgreSQLで効率的な負荷分散を実現し、モバゲーやmixiを追撃
携帯電話向けのSNSサイトを運営するオープンドアは、システム基盤にPostgreSQLを採用。サービス別のDB分散とPostgreSQLの拡張ツールを活用したDBレプリケーションにより、効率的な負荷分散の仕組みを構築した。(2008/2/28)

スパイシーソフト、ケータイアプリの優秀賞「AOY2007」を発表
(2008/1/29)

DBMS(データベース)導入事例
ITシステムの要とも言えるDBMS。ここでは、より価値のあるDBMSの導入をテーマに、さまざまな企業の導入事例を紹介する。コスト、可用性、パフォーマンスなど、切り口は多岐にわたる。(2008/1/16)

携帯SNSでスカウトキャラバン──オープンドアとホリプロが業務提携
(2007/5/7)

EZweb向けQ&Aコミュニティ「教えて? OKWeb」を開始
(2005/4/28)

ゴメス、海外/国内ツアー旅行サイトランキングを発表
ゴメスは、2004年秋期の「海外/国内ツアー旅行サイトランキング」を発表した。海外、国内旅行サイトとも総合順位1位はJTBという結果に。(2004/9/21)

オープンドア、iモード向け新作RPGを2作品リリース
(2004/4/1)

かわいいクマが主人公のiモード用RPG「どうぶつ戦士」
(2004/2/24)

オープンドア、RPG風リバーシなどiアプリゲーム2本追加
(2004/1/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。