ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大阪城ホール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大阪城ホール」に関する情報が集まったページです。

羞恥心、10年ぶりのステージにファン感激! リーダー・つるの剛士「ギリ踊れた」「若い子知らない」
見たかったなぁ。(2019/3/12)

「未熟な人間だった」 ワンオクTomoya、女子高生との“淫行報道”に当時を振り返りコメント
ワンオクは現在ジャパンツアーの真っ最中です。(2018/10/26)

SOS団サプライズ復活! 平野綾、茅原実里、後藤邑子が「ハレ晴レユカイ」披露 小野D合流で“あのポーズ”も
平野さん「杉田さーん! キョーーーン!」。(2018/10/7)

約12年ぶりのコンサートツアーも決定! 宇多田ヒカル、19カ月ぶりアルバム「初恋」リリースへ
6月27日発売!(2018/4/25)

「かしゆかです、あ〜ちゃんです、のっちです、ほしゆかです」 4人目のPerfume、星野源の女装姿がなじみすぎ
3年ぶりに降臨。(2017/9/15)

「席がない」「手書きチケット配布」 ジャニーズJr. 祭りでデジタルチケットに不具合(?)混乱報告続々
14時ごろにはTwitterのトレンドにも入り。(2017/4/8)

運営者の在庫管理が不要:
音楽ライブ映像、来場者にその場で販売 ソニーが開発
ソニーが、音楽イベントの来場者だけにライブ映像などの限定コンテンツの購入権を付与する新サービス「PROJECT REVIEWN」を開始する。(2017/1/10)

浜崎あゆみ、ライブツアー中の写真撮影を解禁! Twitterに白熱のライブ画像あふれる
Twitterに投稿するとツアー特設サイトに写真がアップされるサービスも。(2016/5/15)

トルネコ役オーディション結果発表 「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」で芋洗坂係長さんとダブルキャスト
勇者オーディション結果は4月。(2016/3/24)

ドラゴンクエストの「ライブスペクタクルツアー」夏に開催 勇者はオーディションで決定
君も勇者になれるかも?(2016/1/20)

「ドラゴンクエスト」30周年で記念プロジェクトぞくぞく 全国ライブツアーに「ドラクエミュージアム」も
ライブツアー気になる!(2016/1/13)

ドラクエがUSJやリアル脱出ゲームとコラボ! 全国ライブツアーも開催
30周年を迎えた「ドラゴンクエスト」が、USJなどとコラボする。(2016/1/13)

「男性限定おかしい」 苦情受けたももクロ「男祭り」、予定通り開催が決定 直前に内容変更は難しいと判断
大宰府政庁跡での男性限定コンサートに、「公共の場で性を限定したイベントはおかしい」と市民団体から苦情が。(2015/10/15)

KDDI、エンターテインメントサイト「uP!!!」で「uP!!!presents MBS音祭2014」チケットの最速先行販売を開始
KDDIは、ぴあと共同提供するエンターテインメントサイト「uP!!!」にてMBSが開催する音楽イベント「uP!!!presents MBS音祭2014」のチケットの最速先行販売を開始する。(2014/6/2)

福山雅治さん初の3Dライブ映像、家電販売店のREGZAコーナーで上映
“REGZA”(レグザ)の3D対応モデル「ZP3シリーズ」発売に合わせ、家電販売店で福山雅治さん初の3Dライブ映像が上映される。(2011/11/8)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
出世指南のシリアスゲーム「太閤立志伝」
この連載ではたいがい昔のことばかり書いてますが、今回は一気に戦国時代まで飛んでみます。連載第60回は「太閤立志伝」(コーエー)。個人的に思い入れのあったゲームなんで、ゆかりの場所もあちこち回ってみました。(2008/5/19)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」
第3回の「誠倶楽部」に指南役が登場! 「銘柄選びは難しくない」
超ビギナーとダメ投資家が株式投資にチャレンジする「誠倶楽部」。ビギナーズラックを期待したが、買った株は下落……。やはり相場の世界は甘くはなかった。これ以上の損失を避けるため、任天堂とディー・エヌ・エーを買ったが……。(2007/7/23)

思わず記念撮影したくなる!?:
インクリメントPが3D地図ソフトのβ版を公開
インクリメントPが自社製地図ソフト「MapFan PLANNER」シリーズのユーザー向けに、高精細な3D地図ソフトのβ版を公開した。(2007/3/5)

「Janne Da Arc」の大阪城ホールLIVEの映像を携帯電話向けに配信
(2005/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。