ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「酸素」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「酸素」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

はじめしゃちょー、腹筋10万回を完遂 見違えた体披露しバキバキ腹筋にリスペクト
食事制限なしで腹筋などの筋トレと有酸素運動で鍛えたとのこと。(2021/2/5)

酸素の電子を利用しても損失なし:
東京大、高容量蓄電池を可能にする電極材料を発見
東京大学は、酸素の電子を電力貯蔵に利用してもエネルギー損失がない電極材料を発見した。蓄電池の容量を大幅に高めることが可能となる。(2021/2/4)

製造業IoT:
ドローンでカキ養殖場の水中環境を可視化、ローカル5G通信を用いた実証実験開始
レイヤーズ・コンサルティングは2021年1月27日、カキの海面養殖場における海中の状況をローカル5Gネットワークに接続した水中ドローンで可視化する実証実験について発表。ドローンに搭載したセンサーで酸素不足が生じた養殖場内の水域を素早く把握。カキの生産数低下につながる効果が期待される。実験期間は2021年1月25日週から同年2月8日週までを予定。(2021/2/4)

最高級の酸素イオン伝導度を示す:
希土類を含まない新たな酸化物イオン伝導体を発見
東京工業大学は、新しい酸化物イオン伝導体を発見したと発表した。世界最高クラスの酸素イオン伝導度を示し、希土類を含まないため安定性や安全性にも優れている。燃料電池や酸素分離膜、触媒、センサーなどへの応用が期待される。(2021/2/2)

組み込み開発ニュース:
安価で毒性元素を含まない、近赤外線向け半導体を発見
物質・材料研究機構と東京工業大学は、毒性元素を含まない近赤外線向け半導体を発見した。カルシウム、シリコン、酸素で構成され、発光素子に適した直接遷移型であることから、赤外線用の高輝度LEDや高感度検出器への応用が期待される。(2021/1/6)

安価で毒性のない元素で構成:
NIMSら、近赤外線向け直接遷移型半導体を発見
物質・材料研究機構(NIMS)は、東京工業大学と共同で、カルシウムやシリコン、酸素という安価で毒性元素を含まない、近赤外線向けの直接遷移型半導体を発見した。(2020/12/15)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

Fitbit、「Sense」と「Versa 3」のOSをVer.5.1に更新 通話機能追加や「Googleアシスタント」対応
Fitbitが8月に発売したスマートウォッチ「Sense」と「Versa 3」のOSアップデート「Fitbit 5.1」の提供を開始した。血中酸素濃度測定が改善される他、通話機能やGoogleアシスタントのサポート(日本では来年の予定)が追加になる。(2020/11/20)

新工法:
RC造やSRC造、CFT造などのコンクリート構造物を無振動で切断する新工法、戸田建設
戸田建設は、日酸TANAKAと岡谷酸素と共同で、RC造やSRC造、CFT造などのコンクリート構造物を無振動で切断する「マスカット工法」を開発した。戸田建設は、東京中央区で施工中の新TODAビル計画に伴う解体工事に新工法を適用している。(2020/11/18)

“脱酸素剤”デザインのサコッシュバッグが当たるだとっ! Twitterでバズったアイテムが公式の景品に
荷物を入れたら「たべられません」のあの袋そのものに。(2020/11/12)

北斗晶、愛する“家族”の旅立ちを報告 生後わずか1カ月での別れに「助けてあげられなくてごめんね」
生まれた直後から酸素室での生活となっていました。(2020/11/4)

ams AS7038RB:
厚さ0.65mmの薄型血中酸素飽和度センサー
amsは、厚さ0.65mmの薄型血中酸素飽和度センサー「AS7038RB」を発表した。リモート監視が可能で、イヤフォン、スマートウォッチ、リストバンドなどの小型製品や、パッチ、オキシメーターなどの医療機器に適している。(2020/10/15)

医療機器ニュース:
ウェアラブルデバイス向けの薄型血中酸素センサーを開発
amsは、ウェアラブルデバイスで血中酸素飽和度(SpO2)を測定できる、薄型センサー「AS7038RB」を開発した。イヤホンや医療用パッチなどにおいてバイタルサインをリモート監視できる。(2020/10/13)

NVIDIA、AIで新型コロナ患者を“トリアージ” 初診データから酸素供給の必要性を推定
米NVIDIAと米国の病院の研究チームは、新型コロナウイルス感染症患者が数時間後から数日後に酸素の供給を必要とするか判断するAIを開発したと発表した。(2020/10/6)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
Apple Watchの血中酸素センサーにみる“枯れた技術の水平思考”
センサーそのものは技術的にかなり“枯れた”ものを使っています。(2020/9/17)

家族に持たせるための新機能も:
血中酸素量も測定できる「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」が9月18日発売
Appleが新型Apple Watchを2種類発表した。血中酸素濃度を計測できる最新モデルと、旧モデルをベースにした廉価版という組み合わせで、Apple Watch Series 3も引き続き併売される。(2020/9/16)

「Apple Watch Series 6」発表 血中酸素計測に対応 赤と青の新色、廉価版「SE」も
Apple Watch Series 6が予想通り発表された。予想外の廉価版「SE」もファミリーに加わった。(2020/9/16)

医療技術ニュース:
硫黄原子を導入した人工mRNAで高効率のタンパク質合成に成功
名古屋大学は、タンパク質を高効率で合成するmRNAを開発した。mRNAのリン酸部位の酸素原子を硫黄原子に置換することで、タンパク質の合成能が約20倍向上した。(2020/7/27)

蓄電・発電機器:
全固体電池の大容量化を実現する電極材料、大阪府立大が開発に成功
大阪府立大学は2020年6月、全固体電池の高エネルギー密度化に有用な正極材料を開発したと発表した。低融性のリチウム塩を添加し、酸化物系正極活性物質を非結晶質化したもので、これを用いバルク型の全固体電池において酸素還元を利用した大容量充放電の実証にも成功したという。(2020/6/25)

バイタルデータを即時に取得:
ウェアラブルシステムをリモートリハビリに活用
京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などバイタルデータをリアルタイムに取得できる「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」について、臨床研究の準備を始めた。(2020/6/3)

プロジェクト:
博多エリアで屈指の貸室面積オフィスビル着工、BIMや溶接ロボなど次世代の建築生産を試行
鹿島と、福岡酸素が共同で開発を進める「(仮称)博多駅前4丁目ビル」のプロジェクトが、2021年6月の完成を目指し本格始動した。(2020/5/8)

医療技術ニュース:
主血管と毛細血管を持つ人工組織の作製技術を開発
産業技術総合研究所は、実際の臓器と似た構造の血管を持った人工組織を作る技術を開発した。血管に培養液を流すことで、酸素や栄養を供給して組織を維持したり、薬剤を流し入れたりできる。(2020/5/7)

Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力
Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。(2020/4/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
船からトラックまで 水素ラッシュを進めるトヨタ
トヨタの水素戦略の中で、全ての中心にあるのは、MIRAIに搭載される燃料電池スタックだ。MIRAIはいわずと知れた燃料電池車(FCV)で、水素と酸素を反応させて発電するFCスタックを備えている。クルマ以外の燃料電池需要に対して、MIRAIのFCスタックの持つポテンシャルは大きい。(2020/4/6)

AI:
AIで生物反応槽の“曝気”を効率化、従来比で消費電力を10%削減する新技術を開発
国内の下水処理は、全国における年間電力消費量の約0.7%に相当する約70億キロワットの電力を消費している。一般的な下水処理施設では、下水中のアンモニアなどを除去するために、生物反応槽で微生物を用いた酸化処理を行っている。微生物反応に必要な酸素を送り込む“曝気(ばっき)”で使用電力の半分を消費しているため、業界では曝気の効率化が望まれている。三菱電機はこういったニーズを考慮し、曝気量を従来比で10%削減する新技術を開発した。(2020/1/28)

ウェアラブルニュース:
イメージセンサーによる生体センシングの可能性、血中酸素濃度や血糖値も視野
ジャパンディスプレイは2020年1月21日、東京都内で会見を開き、指紋や静脈、脈波を同時に計測できるイメージセンサーを東京大学と共同開発したと発表した。(2020/1/27)

産業動向:
高砂熱学の水電解技術が“月面”へ、水素/酸素生成を実験
高砂熱学工業は、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」に参加することをア明らかにした。プロジェクトでは、月へ打ち上げるロケットに水電解装置を積み、月に豊富に存在するといわれる水から電気分解で水素と酸素を取り出すことを想定した実験を試みる。(2019/12/20)

医療機器ニュース:
内部構造設計を最適化した小型酸素センサーを開発
フジクラは、従来製品と同等の動作性能を発揮する、小型酸素センサー「FCX-UWL」を開発した。酸素センサーの取り付けスペースを小さくすることにより、酸素濃縮器の小型化に寄与する。(2019/5/22)

上履き、水筒、ベビー服…… 洗い物の処理をズボラに完遂できる「酸素系漂白剤」が便利!
意識低くやっていきましょう。(2019/5/1)

医療機器ニュース:
福祉用途の小型高濃度酸素発生器で、スポーツサポート技術の確立を目指す
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、VIGO MEDICALが、NEDO事業の成果を基に開発した福祉用途向け小型高濃度酸素発生器「オキシーズ」を、サッカーJ1リーグ大分トリニータへ1年間無償貸与すると発表した。(2019/3/6)

太陽光エネルギー変換効率5.5%:
NEDOら、赤色透明の酸素生成光電極を開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)は、窒化タンタル光触媒を用いた赤色透明の酸素生成光電極を、東京大学とともに開発した。水の分解反応による水素/酸素製造において、太陽光エネルギー変換効率5.5%を達成した。(2019/1/28)

宇宙空間に酸素はないのに、なぜ太陽は燃えているのか?
そもそも太陽は燃えている……の?(2019/1/13)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(3):
「パルスオキシメーター」の測定原理と注意点
製造業でIoTを導入したプロジェクトを成功させるには、幅広い知識が必要です。今回は、“デジタル処理のセンサー”に関連するお題として、血中酸素濃度を計測できる「パルスオキシメーター」について取り上げ、その原理や特長について解説します。(2018/11/12)

医療技術ニュース:
皮膚内の微小血管を非侵襲で可視化する光超音波3Dイメージング技術
東北大学は、2波長の光超音波画像と超音波画像を同時に撮影することで、生体浅部の微小血管網と血中酸素飽和度を可視化する、皮膚の「in vivoイメージング技術」を開発した。(2018/11/2)

脱酸素剤がモチーフのサコッシュバッグがナイスアイデア 「普通に販売して欲しい」「あまりの出来に草」の声
これは欲しい。(2018/10/20)

イーロン・マスク氏、タイ洞窟の13人救出にトンネル掘削会社とSpaceXのエンジニア派遣
イーロン・マスク氏が、自身のトンネル掘削企業The Boring Companyと宇宙開発企業SpaceXのエンジニアをタイの洞窟から出られなくなっている13人の救出のために派遣した。Falcon 9用の液体酸素移送管を使った救出プランなどをツイートしている。(2018/7/8)

Apple、酸素生み出すアルミニウム精練法に投資
精錬の過程で炭素を排出する従来方式を画期的に置き換え、代わりに酸素を生み出す新方式の研究開発をAppleが支える。(2018/5/11)

ヒートシンク製作などに活用:
プロトラブズ、CNC切削加工サービスで無酸素銅「C1020」に対応
プロトラブズの日本法人は、CNC切削加工サービスにおいて無酸素銅「C1020」に対応した。(2018/5/7)

メカ設計と試作:
プロトラブズのCNC切削加工で無酸素銅のC1020に対応、標準納期は3営業日
プロトラブズの日本法人が新たにCNC切削加工サービスで無酸素銅「C1020」に対応。CNCマシニング加工で標準納期は3営業日。(2018/4/23)

「リチウム空気電池」開発へ 空気中の酸素使う“究極の蓄電池”
ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)が「リチウム空気電池」の実用化を目指す。空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生み出し、従来のリチウムイオン電池と比べると、重量エネルギー密度が5倍以上になる「究極の蓄電池」という。(2018/4/12)

医療技術ニュース:
3種類のタンパク質で構成、活性酸素を除去するマイクロマシンを開発
産業技術総合研究所は、活性酸素を除去する「タンパク質マイクロマシン」を3種類のタンパク質だけで作製することに成功した。抗体が活性酸素を分泌する細胞を捕捉し、炎症性疾患悪化の原因となる過剰な活性酸素を除去する。(2017/12/13)

医療技術ニュース:
哺乳類の呼吸は酸素だけでなく硫黄も取り込む、エネルギー産生に重要な役割
東北大学は、酸素の代わりに硫黄代謝物を利用した「硫黄呼吸」が哺乳類のエネルギー産生に関与していることを発見した。今後、硫黄呼吸を制御することで、呼吸器疾患や心臓疾患、がんを予防し、治療する方法の開発につながることが期待される。(2017/11/22)

東北大、哺乳類の「硫黄呼吸」発見 酸素の代わりに硫黄でエネルギー確保
東北大学の研究グループが、酸素を使わずにエネルギーを生み出す「硫黄呼吸」を発見。心臓疾患やがんの治療に役立つ可能性があるという。(2017/10/31)

火山島の煙をあおぎながら「機内禁煙」 ニュージーランド航空の機内安全ビデオが壮大なスケール
シートベルトや酸素マスクの使いかたも、ニュージーランドの美麗な景色を舞台に展開。(2017/7/13)

医療機器ニュース:
細胞凝集体の中に栄養や酸素を供給できる血管網、組織培養に展開可能
京都大学は、培養した組織の中に毛細血管状の管を通し、血流を模した流れによって栄養や酸素を供給できるマイクロ流体デバイスを開発した。これまで困難だった組織培養や、長期の組織観察に展開可能だという。(2017/6/21)

あのキャラに花束を:
寝るために頑張る人生があってもいい 『魔王城でおやすみ』スヤリス姫は“睡眠版”『孤独のグルメ』だ
欲しいものは救いじゃなくて「ハイテク入眠用酸素カプセル」。(2017/6/17)

蓄電・発電機器:
数十秒で水素を高速製造、新しいアンモニアの分解手法を発見
大分大学の研究グループは、室温でアンモニアと酸素(空気)を触媒に供給するだけで、瞬時に水素を取り出でる新しい触媒プロセスを開発したと発表した。従来アンモニアの分解を行うには触媒層を加熱するために常に外部から熱供給が必要だったが、こうしたプロセスを簡易化し、効率よく水素を取り出せるという。高効率かつ省エネな小型の水素製造装置の実現に寄与するとしている。(2017/5/8)

おま、本当に哺乳類!? ハダカデバネズミは無酸素状態でも18分間生き続けることが判明
米イリノイ大の教授らが発表しました。(2017/4/25)

省エネ機器:
「800℃でも結晶粒が小さいまま」 古河電工が耐熱性に優れた無酸素銅条を開発
古河電工はパワーモジュール用基板やその周辺の材料として、耐熱性に優れた無酸素銅所「GOFC」の開発に成功した。既に絶縁基板の接合材向けにサンプル出荷を開始しているという。(2017/4/6)

蓄電・発電機器:
酸素吹き「石炭ガス化複合発電」の実証実験が開始
大崎クールジェンは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成を受け、酸素吹き「石炭ガス化複合発電(IGCC)」の実証試験を2017年3月28日から開始した。(2017/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。