ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パナソニックデバイスSUNX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パナソニックデバイスSUNX」に関する情報が集まったページです。

SCF2017:
簡単IoTが描くカイゼンの進む道、大きなポイントは「OPC UA」
産業用オートメーションと計測技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」では、さまざまなオートメーションの最新技術が示されたが、多くの来場者の関心を集めていたのが「簡単IoTによる見える化」である。(2017/12/27)

SCF2017:
まず「つなぐ」のか、それともスマート工場か、選択肢を提供するシュナイダー
シュナイダーエレクトリックグループは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」において、機器の連携を“まず”実現する「Pro-face」ソリューションと、総合的なスマート化を推進する「シュナイダーエレクトリック」ソリューションの両面を訴求。どちらの面からも最適なソリューションを提案できる総合力を訴えた。(2017/12/20)

SCF2017:
スマート工場化への第一歩、パナソニックが「スモールスタートIoT」を訴求
パナソニックグループは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」においてスマート工場化への第一歩を簡単に実現可能な「スモールスタートIoT」を訴求。「現場発想」を元に、大きな負担を抑えてIoT活用を実現する機器やソリューションを紹介した。(2017/12/19)

M-Tech2017:
簡単スマートファクトリー実現には後付けPLCが効く
パナソニックデバイスSUNXは「第21回 機械要素技術展(M-Tech2017)」に出展。Webサーバ機能を備えるPLC「FP7」シリーズによる工場見える化ソリューションを提案した。(2017/6/28)

M-Tech2017:
スマートファクトリー完成を目指す三菱電機、最後のピース「センサー」を強化
三菱電機は「第21回 機械要素技術展(M-Tech2017)」に出展し、独自ブランド製品を加えるなど、強化を進めるセンサーソリューションについてアピールした。(2017/6/26)

FAニュース:
耐環境性に優れたIP64規格準拠のレーザーマーカーを発売
パナソニック デバイスSUNXは、高品質なファイバーレーザー発振器を搭載したレーザーマーカー「LP-RF200P」を発売した。IP64規格に準拠したヘッド構造を採用し、へッド内への水滴やほこりの侵入を防いで耐環境性を高めた。(2017/6/20)

スマートファクトリー:
古い機材からも簡単にデータ収集、“現実的”スマート工場化を提案
シュナイダーエレクトリックは「スマートファクトリーJapan 2017」に出展し、グループ会社のデジタルなどと共同で、スマート工場化を実現する一連のソリューションを提案した。(2017/6/9)

エネルギー管理:
成長鈍化の国内ソーラー市場、京セラが描く“次の一手”は需給調整の収益化
電力需給がひっ迫した時に電力消費を“自動”で削減できる技術として期待されている「自動デマンドレスポンス(ADR)」。ADRの実証事業に注力している京セラは、東京都内で会見を開き同社のADRへの取り組みの概要と今後の方針について説明。ADRをサービスとして提供し、自社のエネルギー関連事業をさらに強化していく方針だという。(2015/9/14)

FAニュース:
体積が従来比約50%減の極小型ビームセンサーを発売
パナソニック デバイスSUNXは2015年6月30日、世界最小サイズとされる、極小型ビームセンサー「EX-Zシリーズ」を発売した。センサー本体前面にスリットを内蔵したことで、微小物体ø0.3mmの検出ができる。(2015/7/16)

FAニュース:
装置の小型化が可能なガルバノスキャニング式レーザー溶着機を発売
パナソニック デバイスSUNXは、ガルバノスキャニング式レーザー溶着機「VL-W1シリーズ」を発売した。高性能ファイバーレーザーを搭載し、高品質な樹脂溶着を可能にした。(2015/6/18)

FAニュース:
4つの専用機能で立ち上げ工数を削減するロボットビジョンを発売
パナソニック デバイスSUNXは、ロボットの立ち上げが簡単になる「ロボットビジョン イメージチェッカ PV260」を発売した。4つの専用機能により、ロボットの立ち上げ工数を大幅に削減できる。(2015/6/17)

FAニュース:
2階層の設定操作モードを採用したデジタル圧力センサーを発売
パナソニック デバイスSUNXは、電気・電子、半導体、自動組み立て業界など向けに、デジタル圧力センサー「DP-0シリーズ」を発売した。RUNモードと詳細設定モードの2階層の設定操作モードで、操作性が向上した。(2015/5/26)

FAニュース:
エネルギー消費の状態・変化を「見せる化」するソフトを発売
パナソニックとパナソニック デバイスSUNXは、エネルギー消費の状態・変化をリアルタイムで「見せる化」するソフト「EnerVisualizeR」を発売した。施設を利用する全従業員が、エネルギーの使用状況をリアルタイムに共有できる。(2015/4/22)

省エネ機器:
全員参加の工場省エネを実現する、エネルギー「見せる化」ソフト
パナソニックとパナソニック デバイスSUNXは、工場などのエネルギー使用状況や太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電状況など、エネルギー消費の変化をリアルタイムで“見せる”エネルギー見せる化ソフトを発売した。(2015/4/10)

FAニュース:
パナソニック、安全回路構築をシンプルにするコントロールユニットを発売
セーフティリレーユニット4台分の機能を1台に集約したことで、配線工数や制御盤の配線が簡素化できる。制御カテゴリ4、PLeまで対応する8つのプリセットロジックを用意し、プログラミングの知識は必要ない。(2014/10/29)

注目製品/エネルギー管理:
無線通信機能を備えた電力センサー、BEMS向け
パナソニック、2014年7月発売(2014/7/8)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、1/100mmオーダーのマイクロレーザ測距センサー発売
高精度CMOSイメージセンサーと独自のアルゴリズムで、1/100mmオーダーの高精度で検出。大きさは幅20×奥行き25×高さ44mmと業界最小クラスになっている。(2014/4/18)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、デマンドレスポンス対応コントロールユニットを製品化
クラウドサービスと連携し複数拠点の電力使用量の一括管理や遠隔制御や気象状況に応じた制御が可能。(2014/3/14)

SCF2013:
フレキシブル基板への部品実装を自動化、手のあおりをロボットで再現
パナソニックはSCF2013で、フレキシブル基板にコネクタを自動で装着できる「パラレルリンクロボット」のデモ展示を行った。これまで手作業でしか行えなかった実装を自動化することが可能となる。ロボットの動作をプログラムで記述しなくても、熟練作業者の動きを忠実に再現する「手づたえ教示」のデモも行った。(2013/11/12)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、組み立てラインのミス防止に役立つピッキングスイッチ発売
組み立て作業時の部品取り間違いを防ぐピッキングシステム用のスイッチ「SL-VPK01」と、アドレス設定用リモコン「SL-VAR1」を発売。ピッキングスイッチの表示灯に従うことで、不慣れな作業者でも正確に組み立て作業が行える。(2013/9/5)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、高出力・3D制御のレーザーマーカー新製品を発売
レーザー出力40Wに向上し、レーザー光の焦点をZ軸方向に制御できる機能を搭載。安全面に配慮し、レーザー電源を確実に停止させられるよう設計した。(2013/9/3)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、省配線システム「S-LINK V」にEtherCAT対応のゲートウェイコントローラ追加
EtherCAT側の通信速度は100Mbps、最大接続局数は4095局。入出力の最大制御点数512点、接続ノード数は256台。(2013/8/9)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、計測精度を高め、電力品質管理機能を追加した簡易電力計を受注開始
従来は電流/電圧で0.5%、有効電力で1%だった計測精度を、電流/電圧で0.2%、有効電力0.5%と簡易電力計としては高精度の計測を可能にした。(2013/8/6)

FAソリューション:
三菱、生産設備のトータルコストを削減する「iQ Sensor Solution」を展開
三菱電機は、MELSECシリーズに接続したエンジニアリングツール「GX Works2」のみで、簡単に産業用センサーの接続・調整が行える新コンセプトのセンサーソリューション「iQ Sensor Solution」の展開開始を発表した。(2012/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。