ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パターンファイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パターンファイル」に関する情報が集まったページです。

苦い教訓をどう生かす?:
ランサムウェア感染を機に「レスポンス」の強化に取り組むNTTデータは何を目指すのか
2018年1月に、ランサムウェア「WannaCry」の亜種に感染したNTTデータ。同社はこの苦い経験を機に根本的な再発防止策に取り組んだ。ネットワークセグメントの再設計などと並ぶ主な施策の一つが、EDR製品の導入によるレスポンスの強化だ。(2019/6/10)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第2回):
PR:Windows 10のメンテナンス 更新プログラムの管理もMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。前回は、Windows 10をモダン管理するにあたり、最初のハードルとなる「展開と設定」について解説しました。今回は、管理者が最も関心を寄せる「更新プログラム」について考えていきたいと思います。(2019/3/29)

クラウド時代に「従来型の境界セキュリティ」では、もう限界:
PR:「社員の自由な働き方を妨げず、運用管理の負荷を軽減する」新たなセキュリティ対策、CASBとは何か
社内と社外を分ける境界にさまざまなセキュリティ機器を導入する“従来型のセキュリティ対策”は、デジタルトランスフォーメーション時代にはそぐわない――。Netskopeが提示する「社員の自由な働き方を妨げることなく運用管理の負荷を軽減する」新たなスタイルのセキュリティ対策とは。(2019/3/12)

セキュリティ対策、現場の負荷を減らす道は:
PR:頑張れだけでは持たない、ひとりCSIRTの悩み
マルウェア感染で業務が停止するリスクがある今、セキュリティ対策に取り組む必要性を感じる企業が増えてきた。だが、「よろしく頼む」と現場に指示するだけでは、ただでさえ他の業務を抱えながら対応している担当者がパンクするだけだ。解決策のヒントを探る。(2019/2/6)

特集:EDRの理想と現実(1):
あらためて「EDR」とは? エンドポイントセキュリティ、2019年はどうなる?
本特集では、EDRが指す挙動や役割をしっかり理解し、あなたの理解していた“EDR”との差分を可視化することで、「本当のEDR」を実現するために足りなかった機能や知識をアップデートします。初回は、「Gartner Symposium/ITxpo」からエンドポイントセキュリティにフォーカスを当てた2つのセッションの内容をレポートします。(2018/12/18)

ランサムウェアに感染しても、あなたの会社は事業を継続できますか?:
PR:BCPの観点でサイバー攻撃対策をトータルに支援
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけの問題ではない。事業停止や、サプライチェーンへの被害拡大など、社会に大きな影響を及ぼしかねない経営課題となっている。ネットワークやエンドポイントといった個々の「防御策」にとどまらず、事業継続の観点からインシデント発生後の対応など含めた対策を検討すべき時期に来ている。(2018/11/28)

連載:ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
「一時停止」は「進め」? AIを騙す近未来
「攻撃と防御はいたちごっこ」といわれるセキュリティの世界。多くのセキュリティ製品が採用している機械学習や人工知能もまた、いたちごっこの歴史の1ページになるかもしれません。(2018/11/22)

ネットワーク可視化で未知の脅威に対処する:
PR:事例:「社内LANで何かが起きている!?」具体的な脅威の把握で対処が可能に
企業に忍び寄る全ての脅威を完全に防ぐことはできない。今、企業ができる対策は、ネットワークを可視化し、未知の脅威に気付き、自動的に対処できる体制を整えることだ。(2018/11/9)

今のセキュリティ対策で説明責任果たせますか?:
PR:感染経路のドライブレコーダーの役割を果たすEDR、運用を変えずに組み込むには
高度な脅威の侵入を100%防ぐことは、もはや不可能だ。今のセキュリティ運用を変えずに、重大なインシデントが発生した際に被害状況を把握し、説明責任を果たす方法とは?(2018/11/7)

マイナンバー事務や総合行政WANを未知の脅威から防御――徳島県庁総合ネットワークにエンドポイント対策「FFRI yarai」導入
徳島県は、県庁総合ネットワークのPC計5200台にFFRIのエンドポイントセキュリティ対策製品「FFRI yarai」を導入。インターネットに接続されていないマイナンバー利用事務系、総合行政ネットワーク接続系のネットワークでも機能する「未知の脅威の振る舞い検知機能」を有する。(2018/10/24)

Linux基本コマンドTips(250):
【 zcat 】コマンド/【 zless 】コマンド/【 zmore 】コマンド/【 zgrep 】コマンド/【 zcmp 】コマンド/【 zdiff 】コマンド/――gzipで圧縮されたファイルを操作する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、gzipやbzip2、xzで圧縮したファイルに格納されているファイルを表示するコマンドを紹介します。(2018/10/18)

ソフトバンク、迷惑メールフィルターの不具合で約1030万通のメールが消失
ソフトバンクとY!mobileのメール約1030万通が、迷惑メールフィルターの不具合によって消失していたことが判明。約436万のユーザーに影響を及ぼした。現在、不具合は解消されている。(2018/9/21)

Linux基本コマンドTips(242):
【 zipgrep 】コマンド――ZIPファイルの中を文字列検索する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ZIPファイルの中を文字列検索する「zipgrep」コマンドです。(2018/9/20)

Linux基本コマンドTips(240):
【 find 】コマンド(応用編その4)――パーミッションを指定して探す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ファイルをさまざまな条件で検索する「find」コマンドです。(2018/9/13)

Linux基本コマンドTips(239):
【 find 】コマンド(応用編その3)――リンクを探す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ファイルをさまざまな条件で検索する「find」コマンドです。(2018/9/7)

使い捨てやオンラインバンキングのマルウェアにどう対策するのか?:
PR:検知率は99.7%、未知のマルウェアも対策できる、AIを使った新たなセキュリティ対策の形とは
使い捨てマルウェアやファイルレスマルウェアなど、日々巧妙化するサイバー攻撃。セキュリティ対策が難しくなる中、どのような対策を採るべきなのだろうか。NECソリューションイノベータが開催したイベントから、最新の脅威や対策方法を紹介する。(2018/8/27)

組み込み開発ニュース:
マカフィーの新セキュリティ商品は「Windows Defender」と連携、IoTにも対応
マカフィーがPCやモバイル機器などデバイス向けの新セキュリティ商品となる「McAfee MVISION」を発表。サブスクリプションライセンスの導入、SaaSによるユーザー/デバイス管理の容易さ、「Windows Defender」との連携、PCだけでなくモバイル機器やIoTデバイスへの対応などを特徴とする。(2018/8/8)

Linux基本コマンドTips(229):
【 getfattr 】コマンド――ファイルの拡張属性を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ファイルの拡張属性を表示する「getfattr」コマンドです。(2018/8/3)

“AIカメラ”が万引きの兆候を検知する「AIガードマン」――NTT東日本らが全国展開
NTT東日本は、AIベンチャーのアースアイズと業務提携し、AIを活用した万引き防止サービス「AIガードマン」を開始する。AIを搭載したカメラが、万引きが疑われる不審な行動を自動で検知し、店員のスマホに通知。店員が“声がけ”することで万引きを防止する。(2018/5/29)

AI搭載カメラが万引きを検知する「AIガードマン」6月下旬に提供
NTT東日本とアースアイズは、6月下旬にAIカメラを活用した小売店舗向け万引き防止AIサービス「AIガードマン」を提供。来店客の不審行動を検知して店員がもつスマートフォンに通知する。(2018/5/28)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ビジネスPCと個人向けPCって何が違うの?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCには個人向けとビジネス向けでカテゴリーが分けられています。できることはほぼ同じ……一体何が違うのでしょうか。(2018/5/9)

CPUパッチ適用以外の5つの対策を整理
Spectre/Meltdown問題で脚光 「CPU脆弱性」の影響と対策
影響範囲の広さから世界中のセキュリティ担当者に衝撃を与えた「Spectre」「Meltdown」。これらによって認識が広がった「CPU脆弱性」とは、どのような脆弱性なのか。対策はあるのか。あらためて整理した。(2018/5/7)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート【大阪編2】:
偽装ウイルスからPCを守るには――ハッカーが用いる「4種の偽装」
編集部が2017年12月に大阪で開催した「ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー」のレポート。後編はコネクトワンの偽装ウイルスの防御、FFRIとTISのエンドポイントセキュリティを紹介する。(2018/2/28)

セキュリティツールの導入だけでは守れない時代の運用:
PR:“名ばかりCSIRT”から脱却する「AIと人が共存する運用サイクル」とは?
WannaCryや不正アクセスによる情報漏えいなどサイバー攻撃被害が頻発している近年、企業のセキュリティ意識は着実に高まり、多くの企業がインシデント対応の専門組織「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に関心を寄せつつある。だが、ノウハウがなく設置すること自体が難しかったり、設置してもインシデント発生時にうまく運用できるか不安があったりと課題を抱えている企業が非常に多いようだ。では、一体どうすれば自社や自社を取り巻くステークスホルダーを守れるCSIRTの構築や運用ができるのだろうか? 20年近く社内CSIRTの運用実績を持つNECに、そのポイントを聞いた。(2018/2/28)

Windows 10 The Latest:
Windows Defenderによるウイルス対策、どこまでできて何ができないか?
Windows OSに無償で付属するWindows Defender。アンチウイルス/マルウェア対策ソフトウェアとして、どのような機能を持つのか、サードパーティー製ソフトウェアと比較してどう違うのかを確認する。(2017/12/20)

Trend Micro DIRECTION 講演レポート:
脆弱性はなくならない、事故発生を前提とした対策があなたの工場を脅威から守る
トレンドマイクロ主催の情報セキュリティカンファレンス「Trend Micro DIRECTION」の講演「製造業の工場システム担当者が知っておくべき最新の工場セキュリティ動向」では、近年のランサムウェアの動向と製造業への影響、工場における具体的なセキュリティ対策の考え方について語られた。(2017/12/4)

サイバー攻撃激化に備える現実的な対策
セキュリティ対策のポイント 「AI型検知」「インターネット分離」の正体とは?
従来型セキュリティ対策では検知が難しい未知のマルウェアへの対抗には「多層防御」が不可欠だ。それを具現化する「AI型検知」「インターネット分離」の手法を見ていこう。(2017/11/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
クラウド/IoT時代の脅威から企業を守れ!――セキュリティ専門部隊「CSIRT」を作る
サイバーセキュリティの主戦場は、もはやファイアウォールの導入やマルウェア対策ではない。CSIRTを構築するなど、企業が組織で立ち向かうための新たな防御モデルが求められている。(2017/10/3)

AIを使って脅威を検出、トレンドマイクロがウイルスバスター最新版を発売
トレンドマイクロが、法人向けに続き個人向けのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター」シリーズの販売を開始した。(2017/9/8)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第11回】
一人情シスが“Windows Update放置PC”を守るための武器とは?
ウイルス対策ソフトでは防ぎきれないサイバー攻撃の1つが、「Java」や「Adobe Flash Player」などの脆弱性を突いた攻撃です。対策は最新版にアップデートして脆弱性をつぶすこと。一人情シスでもできる対策とは?(2017/8/22)

調査レポートを読み解く:
産業用ロボットがハックされる!? トレンドマイクロがサイバー攻撃のリスクを検証
トレンドマイクロとミラノ工科大学は共同で、産業用ロボットのセキュリティに関する調査を実施し、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性について検証した。その調査レポートを踏まえながら、産業用ロボットのセキュリティリスクについて、トレンドマイクロの上田勇貴氏に話を伺った。(2017/7/25)

端末やネットの制御・添付ファイル編集・マルチOS対応:
PR:サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは
スマートフォンやタブレット端末を使って企業内のシステムを利用するリモートアクセスでは、セキュリティと利便性の両立が難しい。ランサムウェアや標的型攻撃などのウイルス被害を防ぎつつ、快適に利用する――こうした目的のために開発されたのが、インテリジェントブラウザ「DoCAN」だ。セキュアブラウザと知能化ゲートウェイを一体化し、端末・ネットワーク・通信コンテンツの管理制御を実現した。(2017/6/26)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(1):
リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。(2017/6/19)

「WannaCry」拡散 そのとき情シスはどうすべきだったのか
そろそろ一段落した感もある「WannaCry」騒動ですが、セキュリティ対策は「防げたから終わり」ではありません。この事件から学ぶべきことは何か、“次”に備えて何ができるかを考えてみます。(2017/5/25)

そのトラブル「サイバー攻撃」が原因かも?:
事例で学ぶ、工場セキュリティ対策の考え方と現実的なソリューション導入の手引き
製造業のIoT活用が進む中、工場内の制御機器をサイバー攻撃などの脅威から守るためには、製造業向けセキュリティソリューションの導入が有効だ。しかし、安定稼働を重視する工場設備に導入するとなるとさまざまな課題や困難が立ちはだかる。うまく工場セキュリティ対策を進めている企業はどのような視点でソリューションを選定し、課題を解決していったのか? 2つの事例から学ぶ。(2017/5/22)

特選ブックレットガイド:
工場の安定稼働に配慮したセキュリティ対策の考え方
工場内にある生産設備や制御機器をサイバー攻撃からどう守るべきか? 工場ならではの特殊事情を加味したセキュリティソリューション導入の秘訣(ひけつ)とは。(2017/5/12)

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:
生産ラインの安定稼働を維持したまま、セキュリティリスクに備えるには?
製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。今回は、既設/新設工場向けに、現場ニーズに適した各種セキュリティソリューションを提供するトレンドマイクロに話を聞いた。(2017/3/30)

PR:パターンファイル依存に潜む“落とし穴”――鍵は「AI」による防御
ランサムウェアに代表されるサイバー攻撃の凶悪化に伴い、IT部門にはより一層の対策強化が求められている。しかし、既存のエンドポイントセキュリティ製品には、実は大きなリスクがある。NECソリューションイノベータが語った、既存の対策の問題点と、その対応策とは。(2017/3/24)

ディープラーニングを使ったサイバー攻撃対策:
PR:ひとり情シスの救世主! 人工知能を用いたマルウェア対策が、サイバー攻撃対応レベルを劇的に向上させる!
従来のウイルス対策製品では対応しきれない現状に新しいキーワードとして登場したのが「人工知能(AI)」だ。人工知能を活用することで、攻撃の進化に負けないスピード感を持って対策を講じることができる可能性があるといわれている。では、本当に人工知能でウイルス対策製品は変わるのだろうか? 詳細を専門家に探ってみた。(2017/3/1)

トレンドマイクロ セミナーレポート:
狙われる国内製造業――事例から学ぶIoT時代の「工場セキュリティ」(後編)
IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。(2017/2/7)

ランサムウェア対策を企業で行う際の3つの課題:
PR:2017年のランサムウェアは巧妙化かつ凶悪化。企業はどう立ち向かうべきか
2017年も引き続き重要となるランサムウェア対策。ランサムウェア対策を企業で行う際の3つの課題とは何か。その課題を解決するために必要な対策を解説しよう。(2017/2/1)

統合セキュリティ対策をワンストップで支援:
NEC、トレンドマイクロ、インフォセックが標的型サイバー攻撃対策で協業
NEC、トレンドマイクロ、インフォセックの3社が標的型サイバー攻撃対策ソリューションで協業。協業の第一弾として、トレンドマイクロの「Deep Discoveryファミリー」と「InfoCIC」を組み合わせた標的型サイバー攻撃監視サービスを提供する。(2017/1/18)

セキュリティ強化はDaaS利用が最適解
クラウドネイティブ時代のデスクトップセキュリティを考える
業務効率化やサイバー攻撃対策として、デスクトップ仮想化(VDI)の導入を検討したものの、初期導入コストやサイジングの煩雑さにつまづくことが多い。解決のヒントは。(2016/12/21)

現場に寄り添うソリューションでなければ意味がない:
PR:ユーザーに多くを求めず、マルウェアへの対処を自動化する――日立ソリューションズとトレンドマイクロ、連携の真意とは
2016年7月、マルウェア検知/自動遮断のためのソリューションを共同で発表した日立ソリューションズとトレンドマイクロ。その狙いは何なのか? 両社のキーマンに聞いた。(2016/12/20)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネスを守るサイバーセキュリティに強い会社の作り方
企業・組織の事業継続にとってサイバーのリスクは大きな課題となっている。これからのセキュリティ対策はどうあるべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは官民を挙げた新時代のセキュリティが提示された。(2016/12/19)

日本型セキュリティの現実と理想:
第37回 人工知能がセキュリティ対策にもたらす未来・前編
どんどん進化する人工知能は、既にニュースなどでも取り沙汰されることが珍しくなくなった。この人工知能の進化が今後セキュリティ対策に何をもたらすのかについて述べる。(2016/12/15)

セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016 レポート(前編):
地域を問わないサイバー攻撃被害――急がれる地方の啓蒙活動
地方向けに最新のセキュリティ動向や技術を伝える「セキュリティ・キャンプ地方大会」。本稿では2016年9月23日から25日にかけて広島県で開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016」の模様をレポートする。(2016/10/31)

変わるWindows、変わる情シス:
第13回 Windows 10なら「マルウェアに感染しても大丈夫」ってホント?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はAnniversary Updateで追加された、企業向けセキュリティ機能「Windows Defender ATP」について。(2016/10/6)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第4回】
「ネットバンクの残高が少ない」と真っ青になる前に、中小企業が取るべき対策は
インターネットバンキングを利用する中堅・中小企業を狙った不正送金の被害が急増しています。被害に遭ったときに金融機関の補償条件に入りやすくする、最低限必要なセキュリティ対策とは?(2016/9/26)

未知のマルウェア検知率、99%:
PR:“変化する脅威”はAIでブロック マルウェア対策ツール「プロテクトキャット」の実力は
IT資産管理と情報セキュリティ対策で定評あるエムオーテックスの「LanScope Cat」に、未知のマルウェアなどによる外部攻撃の検知・駆除・追跡を可能にした「プロテクトキャット」が登場した。10億個以上のファイルを学習した人工知能(AI)が守る新発想の対策とは、どのようなものか。(2016/8/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。