ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ペニーオークション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アメーバ、芸能人のブログ広告に「PRマーク」導入 ステマ撲滅へ
導入は28日から。ガイドライン違反に対する罰則もより厳しくしていく方針。(2013/1/22)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

ペニオク詐欺事件でAmebaが対応策 違反著名人のアカウント停止も
 ペニーオークションサイトを芸能人が依頼を受けてブログで宣伝していたことが発覚した問題で、「Ameba」を運営するサイバーエージェントは、ガイドラインに違反したブロガーのアカウント削除なども含む対応策を実施する。(2012/12/20)

芸能人ブログの「ステマ」問題でアメブロが対応策 宣伝記事をより分かりやすく
ブログで商品を宣伝する場合は、「PR」マークのようなものを入れて宣伝であることをより分かりやすくする。(2012/12/20)

ペニオク問題、立川談笑は過去に受けたステマ依頼を明かす
「ある飲料について、大好きだとツイートをしていただければ謝礼を支払いますが、いかがでしょうか?」というメールを受け取ったという。(2012/12/19)

ほしのあきさん、“ステマ”記事について謝罪 「軽率な行動をとってしまった」
「軽率な行動をとってしまったことを深く反省しております」とほしのあきさんが自身のブログで謝罪した。(2012/12/13)

「1080円で落札したの(^O^)/」――ペニオク詐欺で波紋 ほしのあきさん30万円で“ステマ”請け負う
知人に誘われて記事を掲載。商品についてはオークションで落札したのではなく、直接届けられたものだという。(2012/12/12)

ペニーオークション詐欺で初の逮捕者 「格安で落札できるよ!」→できませんでした
「サクラ」botを仕込むことで、利用者が絶対に落札できない仕組みを作っていた疑い。(2012/12/7)

「最高で250万円」という芸能人ブログ“広告”も ステマに業界危機感、健全化へ動く
「高いタレントのブログだと、250万円ぐらい」という生々しい実態も。ステマ排除が広告業界の急務となり、多数の芸能人ブログを抱えるサイバーエージェントが「関係性の明示」の徹底に踏み切るなど、動きが起きている。(2012/2/6)

DMM.comなどペニオク業者に消費者庁が措置命令 「格安」誤認させる不当表示で
ペニーオークションサイトで、実際には多額の手数料がかかるのに、商品を格安で入手できるとうたったのは景表法が禁じる不当表示だとして、DMM.comなど3社に消費者庁が措置命令を出した。(2011/4/1)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(32):
ペニーオークションのセキュリティを斬る
(2011/2/14)

Weekly Access Top10:
「綾瀬ですまねぇ…」のあの店に行ってきた
「綾瀬ですまねぇ」――アルバイト募集ページのハジケっぷりがすごいと話題になったあの居酒屋に飲みに行ってきた。(2011/1/31)

ペニーオークションの相談急増 国民生活センター「利用は慎重に」
「利用は慎重に」――ペニーオークションに関する相談が急増しているとして、国民生活センターが消費者へのアドバイスを公開。注意を呼びかけている。(2011/1/24)

アメブロ芸能人がペニーオークションで続々落札? サイバーエージェント「一切関与していない」
「iPadを855円で落札」──「アメブロ」でブログを書いている複数の芸能人が、ペニーオークションで落札した体験談をそろってブログに掲載していたことがネットで波紋を広げている。(2011/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。