ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペニーオークション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アメーバ、芸能人のブログ広告に「PRマーク」導入 ステマ撲滅へ
導入は28日から。ガイドライン違反に対する罰則もより厳しくしていく方針。(2013/1/22)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

ペニオク詐欺事件でAmebaが対応策 違反著名人のアカウント停止も
 ペニーオークションサイトを芸能人が依頼を受けてブログで宣伝していたことが発覚した問題で、「Ameba」を運営するサイバーエージェントは、ガイドラインに違反したブロガーのアカウント削除なども含む対応策を実施する。(2012/12/20)

芸能人ブログの「ステマ」問題でアメブロが対応策 宣伝記事をより分かりやすく
ブログで商品を宣伝する場合は、「PR」マークのようなものを入れて宣伝であることをより分かりやすくする。(2012/12/20)

ペニオク問題、立川談笑は過去に受けたステマ依頼を明かす
「ある飲料について、大好きだとツイートをしていただければ謝礼を支払いますが、いかがでしょうか?」というメールを受け取ったという。(2012/12/19)

ほしのあきさん、“ステマ”記事について謝罪 「軽率な行動をとってしまった」
「軽率な行動をとってしまったことを深く反省しております」とほしのあきさんが自身のブログで謝罪した。(2012/12/13)

「1080円で落札したの(^O^)/」――ペニオク詐欺で波紋 ほしのあきさん30万円で“ステマ”請け負う
知人に誘われて記事を掲載。商品についてはオークションで落札したのではなく、直接届けられたものだという。(2012/12/12)

ペニーオークション詐欺で初の逮捕者 「格安で落札できるよ!」→できませんでした
「サクラ」botを仕込むことで、利用者が絶対に落札できない仕組みを作っていた疑い。(2012/12/7)

「最高で250万円」という芸能人ブログ“広告”も ステマに業界危機感、健全化へ動く
「高いタレントのブログだと、250万円ぐらい」という生々しい実態も。ステマ排除が広告業界の急務となり、多数の芸能人ブログを抱えるサイバーエージェントが「関係性の明示」の徹底に踏み切るなど、動きが起きている。(2012/2/6)

DMM.comなどペニオク業者に消費者庁が措置命令 「格安」誤認させる不当表示で
ペニーオークションサイトで、実際には多額の手数料がかかるのに、商品を格安で入手できるとうたったのは景表法が禁じる不当表示だとして、DMM.comなど3社に消費者庁が措置命令を出した。(2011/4/1)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(32):
ペニーオークションのセキュリティを斬る
(2011/2/14)

Weekly Access Top10:
「綾瀬ですまねぇ…」のあの店に行ってきた
「綾瀬ですまねぇ」――アルバイト募集ページのハジケっぷりがすごいと話題になったあの居酒屋に飲みに行ってきた。(2011/1/31)

ペニーオークションの相談急増 国民生活センター「利用は慎重に」
「利用は慎重に」――ペニーオークションに関する相談が急増しているとして、国民生活センターが消費者へのアドバイスを公開。注意を呼びかけている。(2011/1/24)

アメブロ芸能人がペニーオークションで続々落札? サイバーエージェント「一切関与していない」
「iPadを855円で落札」──「アメブロ」でブログを書いている複数の芸能人が、ペニーオークションで落札した体験談をそろってブログに掲載していたことがネットで波紋を広げている。(2011/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。