ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ステルスマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「俺たちのワークマンが変わってしまう」をどう解決? ファンが離れないブランド作り
(2024/1/11)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】ステマ規制
2023年10月1日に施行されたステマ(ステルスマーケティング)規制について。(2023/11/20)

今日のリサーチ:
「クリエイターエコノミー」の市場規模は?
クリエイターエコノミー協会は三菱UFJリサーチ&コンサルティングと共同で、「国内クリエイターエコノミーに関する調査」を実施しました。(2023/11/4)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
知らないとやらかす、「ステマ規制」における各ASPの対応まとめ
ステマ規制の実施によって具体的に何が起こっているのか、ASP8社の動向を踏まえて、知っておくべきポイントを解説します。(2023/10/31)

規制:
「口コミ高評価で値引きします」は法律違反 「ステマ規制」を弁護士が解説
10月から景品表示法にいわゆる「ステマ規制」が追加されました。今後、「口コミ高評価で値引きします」は法律違反になる可能性があります。(2023/10/24)

小寺信良のIT大作戦:
「ステマ規制」スタートで混乱も? 「ステマ」は何が問題なのか、改めておさらいする
10月1日より景品表示法の一部が改正され、「ステルスマーケティング」が規制の対象となった。ただこのガイドラインの書き方が回りくどいこともあり、誤解や臆測を生んでいるのもまた事実だ。今回はこのステマ規制で、誰のどういう行為が対象になるのかを整理したい。(2023/10/19)

注意:
「知らなかった」では済まされない 新・ステマ規制のリスク
消費者庁は10月1日、景品表示法違反の「不当表示」の新たな形態として「ステルスマーケティング(ステマ)」を追加する新たな規制を施行した。発注企業、広告代理店、インフルエンサー、消費者はそれぞれ、どこに気を付けたら良いか。(2023/10/17)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ついに始まったステマ規制、SNSマーケティングの不安はどう解決すれば良い?
今週は、ステマ規制に対処するための投稿チェックサービスなど、3つのトピックスを紹介する。(2023/10/7)

Social Media Today:
X(旧Twitter)がステマ助長? 米FTCににらまれたら、どうするマスク氏
Xに掲載される広告に幾つかの不具合が生じている。この事態はFTCから警告を受ける可能性がある。(2023/9/27)

外国人の友だちとスシローに行ったところ…… まさかの結果を描いた漫画が人気 スシロー公式もリポスト
作者は日本で誰もが行くような飲食店へひと通り連れて行きましたが……。(2023/9/22)

Marketing Dive:
ステマの闇に落ちないために日本のマーケターも知っておきたい米FTCの「エンドースメント」新指針
米FTCが「エンドースメントガイド」の最新版を発表した。この新たな指針には、企業のマーケティング担当者やソーシャルメディアのインフルエンサーにとって注意すべき点が幾つかあると専門家は指摘する。(2023/9/14)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ステマ法規制への対策、もうできていますか?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、10月に始まるステルスマーケティング法規制に対応する企業のステマ対策サービスなど4つのトピックスを紹介する。(2023/9/8)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「ステマは何でやっちゃだめなの?」 ChatGPTにしつこく聞いたら真理が見えた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「ステルスマーケティング」です。(2023/4/29)

ドリームキャストの起動音も坂本龍一さんだった
2023年3月28日、音楽家の坂本龍一さんが死去した。71歳だった。(2023/4/3)

ステマ規制は10月1日から、河野大臣が発表 違反すれば行政処分の対象に
河野太郎デジタル大臣が、ステルスマーケティング(ステマ)規制について、景品表示法における「不当表示」に指定したと発表した。10月1日以降は、措置命令などの行政処分の対象になる。(2023/3/28)

広告であることを隠して口コミなど装う「ステマ」、10月から景表法で規制
(2023/3/28)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
GPT-4とは大きな差、それでもバイドゥの「中国版ChatGPT」が有望な理由
中国IT企業のバイドゥ16日、テキストや画像を生成するAI「文心一言」(ERNIE Bot)を発表した。米OpenAIが直前にリリースした「GPT-4」に比べて完成度が低いとされるが、既に650社が文心一言との協業を表明したという。この期待の高さはどこからくるのか。背景を紹介する。(2023/3/23)

スピン経済の歩き方:
「ステマ規制」によってどうなる? 担当者の“冤罪”が多発する日
2023年秋、消費者庁による「ステマ規制」が本格的にスタートする。この規制によって、どのようなことが起きるのか。マーケティングやPRの担当者は戦々恐々としていて……。(2023/2/21)

今日のリサーチ:
インフルエンサーが強化したいこと、「企画・分析力」と「クリエイティブ制作力」が上位に――LIDDELL調査
調査結果から見えた愛される企業アカウント作りの重要項目とは?(2023/2/18)

国が定める「ステマ」の基準は 消費者庁が案を公開 意見募集スタート
消費者庁がステルスマーケティングの法的定義と運用基準案を公開し、意見募集を始めた。資料は政府情報サイト「e-Gov」で閲覧できる。募集期間は2月23日まで。(2023/1/26)

ステマは「不当表示」に 消費者庁が規制の方向性を示す
「ステルスマーケティングに関する検討会」が、ステルスマーケティングは規制の必要性があるとする報告書をまとめた。現状は広告であるとの表示がない広告でも、不当表示がなければ規制できないが、ステマそのものを不当表示の一つとする方針を示した。(2022/12/27)

「トレンド操作」トレンド入り 大量解雇でTwitterはどう変わる? ITmedia NEWS編集部で考えてみた
イーロン・マスク氏による人員削減の影響で日本法人(TwitterJP)の社員も解雇になったと話題だ。ニュース欄の更新が止まるなど、人員削減の影響とみられる事象も相次いでいる。大量解雇やマスク氏による今後の施策で、言論の場でもあるTwitterがどう変わるか、編集部メンバーで考えてみた。(2022/11/7)

専門家のイロメガネ:
玉川徹氏の電通発言! テレビ朝日の「ガバナンス」は大丈夫なのか
テレビ朝日の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』で放送された、玉川徹氏の発言が注目を浴びている。問題は一社員の言動ではなく、同じような発言で訂正・謝罪を繰り返してきたことではないか。許容してきたテレビ朝日の経営陣に責任はないのか……。(2022/10/18)

ITワード365:
Arm Neoverse(アーム ネオバース)とは? 【ITワード365】PyTorch/netstat/NoSQL/キャパシティープランニング/ステマ/VoIP
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/10/6)

SEC、セレブのキム・カーダシアンに126万ドルの罰金 暗号資産ステマ加担で
米証券取引員会(SEC)がセレブのキム・カーダシアン氏に126万ドルの罰金を科した。報酬を受け取ったことを明示せずにInstagramで暗号資産の宣伝を投稿したため。カーダシアン氏は罰金を支払い、報酬も返還した。(2022/10/4)

「なぜ広告と書く必要があるのか」 消費者庁が「第1回ステマ検討会」開催 広告主の意識を調査
消費者庁が「第1回 ステルスマーケティングに関する検討会」を開催した。広告代理店などへの調査を通して、ステマの実施状況を整理。短期的な利益からステマは実施されているが、長期的に見ると悪影響があるとして規制の必要性を検討する。(2022/9/16)

消費者庁が「ステマ検討会」開催へ 規制の必要性を検討
消費者庁が「第1回 ステルスマーケティングに関する検討会」を開催する。一般消費者の合理的な選択を阻害するとして、規制の必要性と内容を検討する。(2022/9/9)

元Googleエンジニア「TikTokはパスワードなど全文字入力を取得できる」 → 公式が反論 → ニューヨーク・タイムズがさらに反論の論争に
他のアプリでも同様のものはあるようです。(2022/8/21)

デジタル・クライシスの専門家に聞く:
大阪王将「ナメクジ告発」から考える “炎上”を招きやすい企業の特徴とは?
大阪王将のSNS炎上問題。自社のネガティブな情報が拡散すると、多数の批判が寄せられ、ブランドも大きなダメージを受ける。炎上を起こさないために、企業はどんな対策を取るべきなのか。この問題に詳しい専門家に話を聞いた。(2022/8/5)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaのワクワク感はなぜ伝わらないのか
今回はTesla連載へのネットでの反応について。(2022/7/27)

TikTok、ステマ疑惑について正式謝罪 「宣伝のつもりではなかった」
TikTokを運営するTikTok Japanが、ステルスマーケティング疑惑について「多くの皆さまに不信を招いた」として正式に謝罪した。「サービスを宣伝するものではなく、広告表記は不要との認識だった」としている。(2022/1/26)

TikTokが「ステマ」疑惑巡り謝罪 のべ20人のインフルエンサーに有償依頼 広告表記は「不要」と判断
コンテンツを広く知らせるための活動であったことから、広告表記は不要との認識だったとのこと。(2022/1/26)

CloseBox:
「え、1日4時間のワークアウト?」――Apple Watchの過酷な指令に今日も運動する人たち
Apple Watchが吹っかけてくる無理難題に応えていくとアスリートにでもなれる?(2021/12/16)

PR:激化する人材獲得競争に企業はどう対応するべきか 1200万件を超える社員クチコミを公開するOpenWorkに聞く「採用活動の成功法則」とは
(2021/12/6)

独占ライセンスに基づき招待制で提供:
Microsoft、自然言語処理モデルGPT-3がAzureで使える「Azure OpenAI Service」を発表
イーロン・マスク氏らが設立したOpen AIの開発による自然言語処理モデル「GPT-3」を、Microsoftが独占ライセンスの下で、Microsoft Azure のサービスとして提供開始すると発表した。GPT-3は、人間の書いた文章と見分けがつかないほど自然な文章を作成できるとして、注目を集めている。(2021/11/4)

会社と“個人SNS”の関係:
フジテレビの女子アナ“ステマ”疑惑が突き付ける「※ツイートは個人の見解です。」のウソ
『週刊文春』4月22日号で発覚した、8人のフジテレビ女性アナウンサーの“ステマ”疑惑。そもそも何が問題だったのか。そして、フジテレビ以外の企業にもそのような問題が発生する芽はないのか、考えてみたい。(2021/6/12)

フジテレビアナのステマ問題で三田友梨佳アナらが謝罪 「代金はいつもお支払い」としつつ「ニュースに携わる人間として認識が甘かった」
無料サービスの見返りに美容室SNSに写真を掲載。(2021/6/5)

専門家のイロメガネ:
フジテレビの女子アナによるステマ疑惑が金銭トラブルに発展した理由
先日から話題になっていたフジテレビ女子アナのステマ疑惑に、新しい問題が発生した。エステサロンを無料で利用していた女子アナとサロンとの間でトラブルが発生したという。4月にはフジテレビの複数のアナウンサーが美容室から無償でサービスを受け、その代わりに自身の写真を使わせていたとしてステマ疑惑が大きく報じられた。(2021/5/30)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

今日のリサーチ:
インフルエンサーをアンフォローする理由――WOMマーケティング協議会調査
調査対象の半数以上がインフルエンサーをフォローした経験を持ち、そのうち31%が、アンフォローしたことがあると回答しています。フォローした当初とアンフォローしたころで変わった点とは何だったのでしょうか。(2021/3/22)

オルビスがステマ疑惑をTwitter上で謝罪 従業員がインフルエンサーとして自社製品を紹介していると指摘受け
「入社時の教育が不十分」だったと説明しています。(2021/1/21)

SNSのフォロワーが多いとどんないいことがあるの? キラキラな投稿をアシストする「仕組み」を漫画で解説します
数字ってすごい。(2020/11/25)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(6):
協業先からの思わぬ情報漏えいを防ぐ、秘密保持契約書の作り方と留意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社との取引時に自社の秘密情報を保護する上で重要なNDAを取り上げて、盛り込むべき条項や内容を解説する。(2020/10/2)

武井壮に届いた謎の木箱、中には既視感しかない形状の鉄アレイが ファン「天が(TENGA)らの贈り物」
武井さん「その筋力は足りてるねん」。(2020/8/30)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(5):
こんな広告活動には要注意! 比較広告や「ステマ」に潜む法的リスクとは
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。(2020/8/27)

“廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
旅館に取材しました。(2020/8/13)

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー
大ヒットと大炎上を振り返る。(2020/6/28)

【8年前の今頃は?】2ちゃんねる、まとめサイトに名指しで「転載禁止」警告
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。