ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ぴちょんくん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ぴちょんくん」に関する情報が集まったページです。

進撃の「大ぴちょんくん」、実は芸達者だった
その日、人類は思い出した。ヤツが夏には「湿気」と呼ばれていたことを。(2016/3/18)

高さ13メートルの「大ぴちょんくん」登場――温度と湿度によって色が変わる
ダイキン工業は、大阪・梅田のシログチビル屋上に設置工事を進めている「ぴちょんくん」の巨大看板を「大(だい)ぴちょんくん」と名付け、16日夜から点灯すると発表した。(2016/3/4)

キティさん×ぴちょんくんのコラボグッズがもらえる サンリオとダイキンが部屋をキレイでカワイイ空間に変える「キレカワプロジェクト」発足
ぬいぐるみやクリアファイルなどを抽選でプレゼント。(2016/1/28)

live動画ピックアップ:
ぴちょんくんがUstで「24時間てれぴ」
ダイキンの「ぴちょんくん」がさまざまなゲストとともにご当地情報を配信する24時間Ustが昼から始まる。(2010/7/1)

“情報力”を磨く方法:
興味がなくとも新聞は読め――環境モニタリングのススメ
「未知の問題」に対して解決方法を探るために最初に行うであろうことが情報収集。この情報収集の1つが「環境モニタリング」です。周囲の環境をモニタリングすることですが、好きなことだけモニタリングして満足してはいけません。(2009/3/9)

それゆけ!カナモリさん:
千葉などで愛される「マックスコーヒー」……なぜ全国で販売するのか?
とにかく甘く、ほぼ無名ともいえる「マックスコーヒー」。これまで千葉と茨城県民を中心に愛されてきたが、なぜこのタイミングで販売エリアを拡大するのだろうか?(2009/3/4)

Jストリーム、ダイキン工業の携帯向け新卒採用情報サイトを制作
(2008/12/16)

組み込みイベントレポート:
SELinuxは組み込みでその真価を発揮する!?
ありとあらゆる組み込み技術が集結するET。3日間にわたる取材の中から、よりすぐりの最新情報・技術をお届け! 今年の注目は……。(2007/12/5)

木を育ててみませんか?:
うるる加湿でエコ運転、ダイキンの新「うるるとさらら」
ダイキン工業は、家庭用エアコンの新製品「Rシリーズ」を発表した。加湿と気流で体感温度を上げ、暖房の設定温度を抑える「快適エコ運転」搭載。しかも、エコ運転を続けると“木”が育つ?(2007/10/25)

東京国際アニメフェア 2007:
アニメとリアルのロボットが大集合
あの「ロボぴちょんくん」や「タチコマ」に会える。(2007/3/23)

「ロボぴちょんくん」が壁掛けぬいぐるみに
ダイキン工業は、空気清浄機「フラッシュストリーマ 光クリエール」の発売キャンペーンとして「ロボぴちょんくん」の壁掛けぬいぐるみを抽選で1000人にプレゼントする。(2006/10/12)

あの「ぴちょんくん」が二足歩行ロボに……
ダイキン工業が2足歩行型ロボット「ロボぴちょんくん」を発表した。内蔵のニオイセンサーが空気中のニオイや煙を感知するとパンチ、パンチ、パンチ、電撃パンチ! CMソングに合わせて踊ることもできる。(2005/11/24)

「ぴちょんくんの四川省」を配信
(2004/9/9)

タイトー、ボーダフォンライブ!向けに「森田の最強リバーシ」などを配信
(2004/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。