ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PiTaPa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PiTaPa」に関する情報が集まったページです。

阪急・阪神などで使える新磁気カード4月発売 「スルッとKANSAI」終了に伴い
阪急・阪神など4社の路線で使える磁気カード「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」の発行が来年4月に始まる。(2016/12/28)

ICカード時代になぜ? 関西私鉄4社が「新たな磁気カード乗車券」発行へ
関西の私鉄やバスで使える磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」の発行が終了する。と同時に一部の私鉄が、同じ仕様の磁気カードを、利用できるエリアを縮小して発行するという。なぜなのか。(2016/7/4)

STACIA PiTaPaカードをクルマの鍵代わりに――オリックスカーシェアリング
阪急阪神カードの非接触ICカード「STACIA PiTaPaカード」で、オリックスカーシェアリングが6月1日から利用可能になる。(2010/6/1)

日本で電車に乗ったら、支払いはウォンで:
韓国でPiTaPaカード発行――利用分をウォンで決済
スルッとKANSAIが韓国のロッテカードと提携、PiTaPa機能を搭載したクレジットカードが韓国で発行される。訪日韓国人が日本でIC乗車券を利用した金額を、ウォン建てで支払うことができる。(2008/8/15)

一番使われているFeliCa電子マネーは?:
Suica/ICOCA電子マネー相互利用開始、PiTaPa会員数100万人突破――FeliCa決済利用状況(3月版)
PASMOスタートから1年、交通系電子マネーで各種新サービスがスタートした。おサイフケータイにプリインストールされるアプリにも変化が起きている。(2008/4/21)

神尾寿の時事日想:
PiTaPa/ICOCA+ワンセグで何ができる?――大阪レポート
PiTaPaやICOCAをかざして道案内、店舗のPR動画をワンセグで受信して携帯で視聴……交通IC乗車券とワンセグを組み合わせることで、どんな情報を提供できるのか? 大阪・阪急三番街の実験では、新しいサービスの可能性を感じることができる。(2008/2/20)

クルマと電車・バスをFeliCaがつなぐ:
「タイムズ」に停めてPiTaPaで地下鉄に乗ると割引――大阪で実証実験
パーク24が運営する時間貸駐車場「タイムズ」と、大阪市交通局が発行する非接触IC乗車券「OSAKA PiTaPa」を使った“パーク&ライド”の実証実験が始まった。クルマと公共交通の連携にFeliCaを使おうという、新しい試みだ。(2007/7/3)

ポス・ポーターから駐輪場決済まで:
写真で見る、最新関西PiTaPa事情
共通ICカードでPASMO/Suicaよりも先行している関西エリア。関西圏の私鉄・バス各社の路線で共通利用できる「PiTaPa」は、乗車券以外にもさまざまな利用が進んでいる。宅配ロッカー、駐輪場など、PiTaPaを利用した各種サービスを紹介しよう。(2007/4/26)

神尾寿の時事日想・特別編:
Suica/PASMOの1歩先行くサービスを――関西の共通IC乗車券「PiTaPa」の今
エリアが広がり、岡山や名古屋でも利用できるようになった関西の私鉄・バス共通乗車券「PiTaPa」。後払い(ポストペイド)方式を生かした割引や各種新サービス、おサイフケータイクレジット「iD」との共用化が進む理由など、PiTaPaの最新事情について聞いた。(2007/4/20)

「FeliCa決済+ポイント・クーポン」を考えるセミナー、4月26日に開催
電子マネーやクレジット決済など、FeliCaを利用した決済の“次のフェーズ”として注目を集めるのが、決済に連動したポイントやクーポンだ。PiTaPa、マクドナルド、PASMOのキーマンが集うセミナーが開かれる。(2007/4/5)

PiTaPa、4月1日から中部圏でも利用可能に
関西エリアの私鉄・地下鉄・バスなどで利用できる交通乗車券「PiTaPa」がエリア拡大。西は岡山から東は名古屋まで利用できるようになる。(2007/2/1)

Interview:
公共交通事業者が、地域社会の安心のために何かできないか――PiTaPaグーパスに聞く
児童が巻き込まれる悲惨な事件が頻発している昨今、子どもの安全を確認したいというニーズはとても大きい。半年で1890円という利用しやすい値段で親に安心を提供する「PiTaPaグーパス」は、“公共交通にできる地域の安心とは?”という思いから生まれたサービスだ。(2006/8/31)

Interview:
立命館小学校はなぜ「FeliCa」を選んだのか
関西の交通乗車券「PiTaPa」を使った児童証で、児童の安全を守っている立命館小学校。GPSを利用したシステムと比較して、FeliCaを選んだ理由は何だったのだろうか?(2006/6/18)

神尾寿の時事日想・特別編:
「おはよう」&ピッ!で安心――立命館小学校のハイテク児童証
FeliCaを利用した交通乗車券「PiTaPa」を使った児童証を使い、児童の安全を守っている小学校がある。子どもが今どこにいるのか、親も学校も自然に把握できるシステムとは?(2006/6/7)

阪神沿線の駅コンビニ 「アンスリー」全店で電子マネー「Edy」を導入
京阪・南海・阪神電車沿線の駅コンビニ「アンスリー」が22日からEdyを導入する。すでにPiTaPaに対応しており、店舗ではPiTaPaとEdyの両方が使えるようになる。(2006/5/15)

Interview:
優れたサービスは「関西のお客さん」が育てる――スルッとKANSAIに聞く(後編)
関西の私鉄やバスで利用できる「PiTaPa」は、東京でSuicaを日々使っている身からすると羨ましいほどよくできたサービスだ。「便利に使ってもらうことで公共交通利用の促進を目指す」というその便利さはどのように生まれたのだろうか?(2006/4/12)

Interview:
PiTaPaはなぜ“ポストペイ方式”なのか――スルッとKANSAIに聞く(前編)
関西の私鉄・バス路線で利用できる共通乗車券サービス「PiTaPa」は、ポストペイ(後払い)方式を採用することによりきめ細かい割引サービスを受けられる、優れたサービスだ。しかしポストペイを採用することは、サービス事業者側にも大きなメリットがあった。(2006/4/10)

Interview:
鉄道サービスとしての高い完成度。JR西日本「ICOCA」
JR西日本の「ICOCA」は、JR東のSuicaと同様、FeliCaを活用した乗車券システム。私鉄系共通パスのPiTaPaとの相互乗り入れを早期に実現しているほかにも、Suicaに優る点は多い。モバイルICOCA実現の可能性など、ICOCAの今後について、JR西日本に聞いていく。(2006/3/24)

ローソン、6店舗でPiTaPaを試験導入
コンビニ大手のローソンが、一部店舗で「PiTaPa」を導入する。(2006/1/26)

神姫バス、おサイフケータイをバス乗車券に
神戸市を中心とするバス路線を展開する神姫バスが、おサイフケータイでバスに乗れるサービスを2006年2月から開始する。ICOCA、PiTaPaも利用可能だ。(2005/11/24)

関西のFeliCa乗車券「ICOCA」と「PiTaPa」が相互乗り入れ
JR西日本のICOCAと、スルッとKANSAIのPiTaPaの相互利用が1月21日から開始する。相互利用ができるのはバス、鉄道の利用乗車券機能で、物販には適用されない。(2005/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。